2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.06.15 (Thu)

ある宗教のビジネスモデルについて

フジコ・ヘミングというピアニストがいる。

クラシック通に言わせると、フジコ・ヘミングはヘタクソだという評判である。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2005/06/post-1fc5.html

大きなお世話ですが、フジコ・ヘミングはヘタクソです。

中略

とにかく難しいテクニックのてんこ盛りである。それを如何に、スピード感を維持して弾ききるか、というのがピアニストのうでの見せ所なのだ。

 ところが、フジ子・ヘミングのテンポ設定は遅すぎる。早く弾けるのに独自の解釈で遅く弾いているのではない。本来のテンポでは弾けないから、遅く弾いているのだ。彼女がチェコのオーケストラ(天下のチェコ・フィルではない、2流どころ)とチャイコフスキーのコンチェルトを合わせるのを聴いて、良く分かった。

 絶対的なテクニックが不足しているのである。

 プロのピアニストたるもの、「カンパネラ」に限らず、楽譜に指定された、本来のテンポで弾けないのなら、その曲を客の前で弾いて、或いは録音をして、カネを取るべきではない。

 そういう人物が、マスコミに乗せられて、自分が上手くなったつもりでいる。他のピアニストで「カンパネラ」を聴いたことがない人はそれでだませるだろう。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/2587019.html

No.3
回答者: 3131g 回答日時:2006/12/08 16:56
ジャーナリズムが取り上げたからでしょう。
それで普段クラシックを聴かない素人に広まっただけでしょう。
コンサートに行ったことがありますが演奏はよくなかったです。
曲目はショパンのピアノ協奏曲第1番でした。
全然よくなかったです。
「これテキトーに弾いてんだろ・・・」
と思いました。
ピアノの音色は綺麗でした。
聴衆も楽章間で拍手をしていましたから、素人ばかりでしょう。
終演後にホールの人に
「素人ばかり来ているのですか」
と聞いたらホールの人は
「そう。だから楽章間でパチパチ」
と拍手を真似る仕草をしました。

演奏が終わった後、その演奏内容から私は拍手をしませんでした。
クラシックファンの間で評価されているのは見聞したことがありません。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10135104230

kazeyobuoka35さん 2014/9/618:38:55
なぜっていう質問が出る事が不思議
なのですが、
あの方はプロのレベルにも達していません。
日本にははるかに素晴らしいピアニストが数多くいてステージに恵まれず、
地道な活動をしている人がいます。
質問者さんにはそういうピアニストの
演奏を聴いてもっと自分の耳を養って
欲しいですね。

inkono_kimochiさん 編集あり2014/9/517:39:17
フジコさんを評価しているのは日本のファンだけだからです。昔マスコミが奇跡のピアニストとして取り上げたので、国内ではだいぶお歳をめしてから有名になりました。しかし、そんなに凄いなら、なぜお若いときは無名だったのでしょうね~

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


フジコ・ヘミングは、創価系芸能事務所所属なのだそうだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://6502.teacup.com/cb1100f/bbs/5681

…佐村河内 守 氏は一連の騒動で韓国人ピアニストソン・ヨルムさんのピアノコ
ンサートを中止にしました。なにしろ彼の所属事務所が サモンプロモーション
です。所属には、フジコ・ヘミング 金 聖響 ソン・ヨルム 佐村河内 守
他大勢おります。この事務所は創価学会系であり…当然、ここの個人筆頭株主は
池田 大作です。… 何故か広島と無関係の韓国人とのコンサートを企画…交響曲
ヒロシマの演奏・指揮に親族関係の韓国人に依頼とか…。毎度繰り返される人の
好い日本人を騙す在日の手法ですが…そろそろ騙される方も…幾ら在日マスゴミ
の通名報道や欺欺瞞工作報道があっても…そろそろ気が付くべきだと思います。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ただし、フジコ・ヘミングが創価信者かどうかは、確認しようがない。

「創価学会を斬る」(藤原弘達)にはこう書いてある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

108頁
他人を「ノロウ」ものの罪
第三の罪は創価学会・公明党に一貫する反社会性とでもいえる罪である。これを解りやすくいいなおすならば、他人をノロウものの罪といってもよいであろう。他人に対する寛容性のない、いじけた人間の意識の罪である。

109頁
戦後民主主義による平均的底上げの恩典に浴することができず、また既成政党とか、既成宗教の網の目にもかからず、いうならば社会の底辺に方にンされておったようなおびただしい国民大衆に対して、「信ずれば助かる」と働きかけたのがまさに創価学会だったわけである。
”貧と病と争い”に悩む人々、つまり明日の糧に悩む人々、病気で苦しむ人々、精神的に荒廃している人びと、要するにワラをもつかみたい人々に「創価学会に入れば、そこにはご本尊という幸福製造機があるのだ」というように、いともドライな表現で近づいたのが創価学会であった。

111~112頁
人の不幸をとりあげ、これを過去世よりの罪障とか、宿命とか観念させて、こういう不幸や罰からのがれるためには日蓮正宗を信じ、創価学会に入会する以外に道はないとして、人の不幸を入会勧誘のための手段として用いてよいものかどうか。

144頁

バカバカしいほどの「虚業」繁盛にすぐるの罪
第六の罪は、「虚業」繁盛にすぐるの罪であるといってもよい。創価学会は、すでに述べてきたように実に内容の乏しい「虚業団体」である。

中略

その潜在財政能力たるやまこと膨大である。「本堂建立」といって寄附を募れば三百五十五億円がたちどころに集まり、世間を一驚させたほどである

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


どうやら、身寄りがない?ピアニストが発掘され、ある日突然、売れだしたというのが事の眞相のようなのである。

私は、フジコ・ヘミングという(売れない)ピアニストの名前は知っていたが、突然有名になった理由はわからなかった。

ブームは創られた可能性濃厚である。


彼らは、(私が知った、日本では売れない、優秀な?ピアニストがいる)という情報配信から操作していた可能性があるようだ。

私は、フジコ・ヘミングのCDは持っている。芸術性という意味ではなく、BGM向きな感じである。

つまり、フジコ・ヘミングが創価信者だとして、将来亡くなられた場合、その遺産は、折伏?という教義的義務に従えば、丸ごと教団に入る、一粒で二度おいしい宗教ビジネスということなのであろう。


以上


関連記事

テーマ : 政治の現状とマスコミによる洗脳 - ジャンル : 政治・経済

20:06  |  反日活動  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/513-26315748

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |