2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2016.05.16 (Mon)

[考察] 何故フランスだけ得したように見えるのか

最近、起きている不可解な事案、フランス界隈に集中しているような気がして出稿を決断した。

とりあえず、何が起きているのか、項目のみリストアップする。

―――――――――――――――――

①オーストラリアの潜水艦をフランスが受注
②日仏首脳会談(経済分野で,成長戦略を推し進め,先般の三菱重工とアレバ社の連合によるトルコの原発プロジェクトでの成功を先例に,航空宇宙や原子力などの分野で日仏の企業間協力を一層推進していくこと。)
③東京五輪招致で国際陸連関係者に送金…仏で捜査
④オバマの広島訪問
⑤田母神逮捕
⑥舛添疑惑再発

―――――――――――――――――

日仏首脳会談
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/page1_000043.html

3.二国間関係について,主に次ぎの3つの点で一致しました。

(1)政治・安全保障の分野で,「共通の価値に基づく世界を実現」するため,(ア)外務・防衛担当大臣会合の開催,(イ)防衛装備品に関する協力を構築,(ウ)輸出管理に関する協議を創設すること。

(2)経済分野で,成長戦略を推し進め,先般の三菱重工とアレバ社の連合によるトルコの原発プロジェクトでの成功を先例に,航空宇宙や原子力などの分野で日仏の企業間協力を一層推進していくこと。

(3)文化面で,日本とフランスという東西の食の大国が,双方の食文化を互いに世界に向けて発信していくこと。

―――――――――――――――――

東京五輪招致で国際陸連関係者に送金…仏で捜査
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20160512-OYT1T50089.html


2016年05月12日 22時57分

 【パリ=三好益史】フランス検察当局は12日、2020年東京五輪・パラリンピックの招致活動について声明を発表し、日本側が13年に国際陸上競技連盟(IAAF)のラミン・ディアク前会長の息子に関連する口座に計280万シンガポールドル(約2億2000万円)を送金していたことを確認し、捜査を始めたことを明らかにした。
  
 声明によると、送金は13年7月と10月の2回に渡って実行された。日本の銀行口座から、ディアク氏の息子が関わるシンガポールの会社口座宛てだった。明細には「2020年東京五輪招致」と記されていた。

 仏当局は昨年12月、ロシア選手のドーピング問題を巡ってディアク氏の汚職を捜査していた際に送金の事実を把握したとしている。

―――――――――――――――――

本稿では、視点を変えた場合、どういう現実が発生しているのか、シナリオ構築を試みる。
シナリオ構築なので、書いたことについて真実かどうかは保障いたしかねる、という意味である。

以下に、いくつかのシナリオを示す。たとえば、「■ ①と②と③で見ると何が起きているのか」とは、「■ ①と②で見ると何が起きているのか」のシナリオに付記されるシナリオという意味である。

■ ①と②で見ると何が起きているのか

フランスが潜水艦ビジネスを一人占めするのではなく、三菱重工に下請けとして仕事が廻ってくることを両国首脳が協議、確認している。安倍政権は、原子力潜水艦の動力技術、トマホーク搭載技術をフランスがオーストラリアから受注した結果、三菱・アレバ連合での連携を通じて取得したいと考えたのかもしれない。
もし、日本勢が受注すると、原子力潜水艦の動力技術、トマホーク搭載技術をマスコミに嗅ぎ付けられた場合、政権として立ち往生することを危惧したとすれば、日本政府としてオーストラリア潜水艦受注について、フランス勢となる様、事前打診したと見るべきだろう。

当たり前のことだが、入札に際して、本命、バックアップ、二本立てで応札することはままあることだ。
そして、オーストラリアの潜水艦をフランスが受注したこと、日仏首脳会談で確認された、「輸出管理協議」は、フランスがこれまでのように共産圏への輸出をやめさせることを意図しているような気がする。
オーストラリアへの潜水艦輸出は失敗したように見えるが、安倍政権が外交的に放った手段は、鋭い、と言わざるを得ない。


■ ①と②と③で見ると何が起きているのか

一見、フランスが日本の足を引っ張っているように見えるが、「問題児は排除する?」ことで両国首脳の認識が一致?


■ ①と②と③と④で見ると何が起きているのか

オバマの広島訪問については、アメリカ国内で異論があることは当然だ。アメリカ国民の60%が原爆投下に肯定的なのだから。

また、広島で4月に、G7外相会談が開催された。

私は、フランス国民もドイツと戦い、軍事占領を経験しているので、原爆投下に肯定的と予想する。

―――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20160512-OYT1T50089.html

G7外相会合とは

G7外相会合は、サミットに合わせて開催される関係閣僚会合の一つで、直近の国際情勢について外相間で議論を行い、その後の首脳会合での議論の基礎ともなる重要な会合です。2016年のG7外相会合は、伊勢志摩サミットに関連した10の関係閣僚会合の中で最初となる2016年4月10日、11日に、広島で開催されます。

サミットとは

サミットとは、日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダの7か国(G7)の首脳並びに欧州理事会議長及び欧州委員会委員長が参加して、国際社会が直面する様々な地球規模の課題について議論する首脳会議です。伊勢志摩サミットは、2016年5月26日、27日に三重県伊勢志摩で開催されます。

―――――――――――――――――

そこで、このブログの記述を参考としたい。

―――――――――――――――――

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35822091.html

みんな知れ!:2009年、米大統領オバマの初訪日時、オバマの要請した広島訪問を妨害したのは日本の外務省だった!

さて、本ブログは米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、今の日本は米戦争屋に完全に乗っ取られていると観ています。そして、外務省を筆頭に、日本の悪徳ペンタゴン官僚は米戦争屋の奴隷に等しいわけです。
 
 したがって、上記、オバマの広島訪問を断固、拒否したのは、外務省を背後から自在に操る米戦争屋ジャパンハンドラーということです。

―――――――――――――――――

安倍政権は、戦争屋ジャパンハンドラーと暗闘、広島でのG7外相会談、そしてオバマ訪問を実現したことになるのだ。

そう考えると、熊本地震は、戦争屋ジャパンハンドラーが仕掛けた可能性がある。

熊本地震が人工地震か自然地震かわれら日本国民には判別できないが、ハックアタック戦法としての人工地震津波技術は存在するという事実を知っておくべき
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35900071.html

ところで、フランスの大統領は、日本の常任理事国入りに賛成している。

―――――――――――――――――

http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/page1_000043.html

(2)オランド大統領より,日本の国連安保理常任理事国入りを支持する旨の発言があり,国連安保理改革の早期実現に向け引き続き緊密に対話していくことを確認しました。

―――――――――――――――――

以下のブログでは、近い将来、核戦争を暗示している。

【ダヤン氏寄稿】すべての事象に前兆あり!?
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/cca1648ca9a4189eb59ce87eb54b5a08

アメリカ戦争屋ジャパンハンドラーがオバマ広島訪問を受け入れざるを得ないのは、アメリカが核戦争勃発を予見した証左ではないのか?

そして、G7外相会談は、先制核攻撃を辞さない、あの国に対し、核攻撃すれば、常任理事国を日本に差し替え、国家として政権として消滅するという意志表示ではないのか?


■ ①と②と③と④と⑤で見ると何が起きているのか

田母神俊雄は拘留されたままである。保釈申請は却下されたようだ。どういう事情かはわからない。
心配している。

ただ、西村眞悟情報によれば、田母神俊雄は元気であるそうだ。

「田母神俊雄は元気である」との情報が入っております
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-50.html

さて、田母神俊雄逮捕に至った公選法事案の視点で見れば、田母神俊雄の廻りは、情報管理できない(旧世代の)元自衛官がいそうな気配である。(選挙責任者が赤坂の韓国バーで飲み歩いた事案からの推測)
つまり、安全保障上の重大情報が漏れそうな気配があるのだ。普通は、特定秘密保護法での管理下にあるが、一色某のようなケースもある。

安倍政権は、某国政府との密約が、田母神俊雄の周囲から漏れるケースを危惧した可能性はないのか?
現役自衛隊員の中に田母神俊雄の支持者がおり、陳情したいことがあったとして、核搭載、原子力潜水艦、次期戦闘機………都知事選挙の時期、田母神俊雄が水島某に何でも正直に相談した時期があったとという噂から、そう判断するのである。
すなわち、田母神俊雄に対して、異常に厳しい処置をしているのは、当局が機密情報漏洩にかなり敏感となっている可能性を疑っているのである!

なぜなら、田母神俊雄の周囲にいた、あの選挙責任者経由で「いろんな機密情報」を提供する、自衛官が増えていると予想するからである。
そして、これは自衛隊情報収集ブログに対する警告かもしれない。(「自衛隊情報収集 ブログ」で検索いただきたい)

従って、田母神俊雄事案、「特定機密保護法」あるいは「自衛隊法」の別件逮捕を疑っているのだ。おそらく、これら二法との関連を検察は否定するだろう。

そうでなければ、検察が、アメリカ戦争屋ジャパンハンドラーの手先ということになるのかもしれない。


■ ①と②と③と④と⑤と⑥で見ると何が起きているのか

いささか無理筋であることを承知で作文を試みたい。

舛添とフランス。一見、何の関係もないように見える。

実はあるのだ。

舛添都知事一行の欧州出張費5000万円は高すぎるのか 「豪遊批判」に東京都が説明した明細は...
http://www.j-cast.com/2016/03/10260870.html

豪遊ネタの提供者、都の職員の内部告発が相次いでいるが、そもそもはフランス仕込みかもしれない、と私は思いつつある。

第二次安倍政権、安倍首相は女性の活用拡大を常日頃、口にしている。
拡大解釈すると、安倍首相は、猪瀬直樹都知事辞任後の都知事に女性候補を立てたかったかもしれない。

それを、石破幹事長時代、舛添にさらわれたようだ。

―――――――――――――――――

圧勝で舛添都知事を誕生させた自民党「菅・石破コンビ」の周到な情報戦略
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38326

独自調査と情報網で精度高まる自民党の世論分析

前東京都知事・猪瀬直樹が5000万円資金提供問題の責任を取って辞任したのが昨年12月19日。この日以降、自民党は週末ごとに党独自の世論調査を実施した。調査対象を普段より多い3000サンプルとし、調査した候補者は最初、14人だった。

昨年暮れの調査で前衆院議員の元宮崎県知事・東国原英夫が支持を失っていること、首相・安倍晋三が挙げた厚労事務次官・村木厚子や自民党女性議員らが極めて低い支持にとどまっていることが分かった。

ダントツの1位は常に舛添だった。自民党は国政選挙の時に用いているオートダイヤル・自動音声システム、つまりコンピューターが作り出した番号に電話し、録音した音声で質問、調査対象となった人はプッシュホンで答える方式の調査を毎週実施。世論調査を実施している公明党と情報交換するとともに、マスコミの調査も入手し、対策を練った。

―――――――――――――――――

この時期、自民都連の動きも不可解だった。

―――――――――――――――――

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS10009_Q4A110C1EB1000/

自民都連、都知事選で舛添氏推薦を決定
2014/1/10 10:53 (2014/1/10 13:00更新)

 自民党東京都連は10日午前、党本部で幹部会を開き、都知事選(23日告示、2月9日投開票)に出馬する意向を表明した舛添要一元厚生労働相を推薦する方針を決定した。都議会自民党が前日に決めた結論を了承した。

 都連会長を務める石原伸晃環境相は幹部会後、石破茂幹事長と会談し、「都連として舛添氏を推薦したい。党本部で十分検討してほしい」と伝えた。舛添氏が2010年に自民党を離党して除名処分となった経緯から、党本部としての公認や推薦は見送るとみられる。

―――――――――――――――――

自民都連がボンヤリしていたという情報もある。

―――――――――――――――――

http://ttensan.exblog.jp/23140516/

パチンコ屋の倒産を応援するブログ

告発されたようですし、辞職カウントダウンという可能性を見越して
自民党都連には次の都知事候補を今すぐに決めておくようにみなで要求していきましょう。

舛添は自民党都連がぼんやりしている間に公明党に話をもっていき
公明党が決めたからという理由で自民党都連を押し切らせました。

今でもやっぱり自民党都連は受け身のままでのんびりだらけています。
そういう「選挙やり過ごしたから次の選挙までのんびりしています」
という間抜け集団だからこそ舛添に主導権を持っていかれたわけです。

どんなことでも「準備が重要」です。
仕掛けてこられる前に仕掛けられないようにするには
候補者選定を先に済ませておくようにさせなければなりません。

こういうもので「そのときになってから考える」「本番勝負で決める」のは負ける人の考え方です。

勝負の前に勝敗が決している状態に持っていくのが正しい戦い方です。

―――――――――――――――――

石破と舛添がグルになって、都知事候補シナリオを構築した……安倍首相は自滅するタイミングを待った……情報はフランス政府経由で?

どうやら、安倍首相は、女性都知事誕生を女性活用のシンボルにしたい腹積もりなのではなかろうか?

以上が、各事象を組み合わせた推論である。

すべて正しいかどうかは保障いたしかねるが、それらしい根拠情報が存在するケースについては、確度が高まると考えるのである。

関連記事

テーマ : とっておきの情報いろいろ - ジャンル : ニュース

06:24  |  社会認識  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)

Comment

仕事のできる実務者、下村博文氏を都知事に

下村博文衆院議員(当選7回・文部科学大臣)を推す意見があるようです。東京五輪2020については、返上論もあり予断を許しません。
「下村都知事誕生を待望する」
http://blogos.com/article/175472/
栗原明 |  2016.05.19(木) 20:11 | URL |  【編集】

Re: 仕事のできる実務者、下村博文氏を都知事に

> 下村博文衆院議員(当選7回・文部科学大臣)を推す意見があるようです。東京五輪2020については、返上論もあり予断を許しません。
> 「下村都知事誕生を待望する」
> http://blogos.com/article/175472/

舛添事案については、決定打が不足しているとみております。トドメを刺すタイミングではありますが、参議院選挙が近づいており、悩ましいところです。
そこに付けこんで、舛添は、延命を画策している?
事務局 |  2016.05.20(金) 19:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/51-b4c88fc9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 平成19年(2007年)9月の舛添要一の発言 「横領したような連中はきちんと牢屋に入ってもらうことは当たり前」 「泥棒でしょ これは盗人なわけですよ」 舛添会見に「納得できない」98%、「辞任すべき」94%、「東京五輪まで知事を続ける資格がない」97% http://www.nikkanspor...
2016/05/17(火) 23:37:40 | 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

▲PageTop

 | HOME |