2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.07 (Wed)

レベルの低い批判では話にならない


拙ブログは、批判文しか書けない(書かない)言論人を批判している。
言論人として、スキル的に問題があるという意味においてである。



批判するだけなら何もいらない、これは事実である。
提言するのは本当にしんどい。
そういう点で、評論家は気楽な商売である。実施計画ないし実績が揃うまで、ダンマリできる点において…………

世の中で、最も不要なのはテレビ番組のコメンテーターではないかと思っている。



さて、産経は、民進党関係者について、「批判」のレベルが低すぎると批判している。

―― 参考情報 ――――――――――

蓮舫代表に元首相、元総裁…「批判」のレベルが低すぎやしないか
http://www.sankei.com/politics/news/170603/plt1706030003-n1.html

―――――――――――――――――

ここで指摘される、批判のレベルが低すぎるとの指摘、実は双方向で対等な議論における批判ではない。

一方通行状態が許される状況での批判である。

感情論丸出し、決めつけでの批判の世界である。
自分が批判された場合の回答を準備していない。



長尾たかし議員は、野党の対応を眺め、反対を貫くことだけが、野党の存在意義なのか、問題提起している。

―― 参考情報 ――――――――――

反対を貫くことだけが、野党の存在意義なのでしょうか??
http://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/67d1c067c91a5bcec682e159e5a14fd2

―――――――――――――――――



自民党の石破茂は、党内の憲法の議論に注文を付けている。

―― 参考情報 ――――――――――

石破茂前地方創生担当相ますます孤立 党改正推進本部幹部会、「対案」なく異議ばかり
http://www.sankei.com/politics/news/170606/plt1706060053-n1.html

―――――――――――――――――

本来は、そうあるべきだ。が、当事者としての石破茂は、韓国のマスコミに報道された慰安婦問題の件、外交的決着した日本政府、政府与党議員の認識すらない、とんちんかんな発言をしたとされる。

―― 参考情報 ――――――――――

【韓国】石破茂「日本、韓国納得するまで慰安婦謝罪すべき」
http://milfled.seesaa.net/article/450168805.html

―――――――――――――――――


石破茂本人は韓国紙の報道を否定している。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/politics/news/170524/plt1705240033-n1.html

韓国紙、自民・石破茂氏が「納得得るまで日本は謝罪を」と述べたと報道 本人は「謝罪」否定

 韓国紙の東亜日報(電子版)は23日、自民党の石破茂前地方創生担当相が慰安婦問題をめぐる平成27年の日韓合意に関し「(韓国で)納得を得るまで(日本は)謝罪するしかない」と述べたとするインタビュー記事を掲載した。

 記事は、石破氏が日韓合意に反する発言をしたと受け取られかねないが、石破氏は24日、産経新聞の取材に「『謝罪』という言葉は一切使っていない。『お互いが納得するまで努力を続けるべきだ』と話した」と述べ、記事の内容を否定した。ただ、抗議はしない意向という。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

否定するなら抗議くらいすべきだ。
政府が締結した外交文書について、一議員が、ああでもないこうでもない、自分の意図と異なることを報道されたことよりも、安倍政権が締結した日韓合意を壊したくて、石破茂はこう発言したのではないのか?

だとすれば、一国民として、石破茂が自民党内の憲法改正議論にこだわるのと同様、石破茂の公的発言すべてについて、石破茂が党内議論で求めるのと同じ精度で「厳密に」追及しなくてはならない。

石破茂は、国民から見て、どれだけとんちんかな発言をしているようにみられている認識があるのだろうか?
時折見せる顔の表情を含めて、こんなとんちんかんな議員、国会議員にふさわしいとは思えない。



見方を変えたい。

「皇室消滅」(渡部昇一、中川八洋)にて、中川八洋は、民族系論客の批判スキルのなさを酷評している。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

28~29頁

中川八洋

「有識者会議」の報告書について、「たった十カ月で書き上げた」「不十分な審議」だとの、的外れの批判が民族系の論客に目立ちます。何とナンセンスで馬鹿馬鹿しい批判であることか。現実を知らないものの”無知な戯言”です。そもそも、何事であれ、内容を批判すべきで、かかった表向きの時間など批判の対象にはなりませんよ。
実際には、『報告書』は、「二○○一年四月から」ですから、四年半の歳月をかけています。十カ月ではありません。文章は高校生レベルだから、一見やっつけ仕事のように見えますが、怖ろしい天皇制廃止のマニュアルとしては、論理明快で、これ以上何もつけ加えるものはない、出来栄えです。

もし問題としたいのならば、あらゆる詭弁と歪曲が、ふんだんに駆使されている『報告書』の内容を攻撃し、具体的に突き崩すべきです。とくに、正常な憲法学説を天皇させた、妄論狂説の”狂った憲法学説”を展開しているのが『報告書』です。これを、正しい憲法理論で粉砕すべきでしょう。
また、『報告書』には、暴力革命時の血腥い雰囲気すら漂っています。天皇・皇族に対する殺意です。批判すべきものは、このような核心部分なのに、民族系論客は、これらを批判することがさっぱりできません。民族系論客の質的劣化は、目を覆うばかりです。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

では中川八洋自身はどうやっているのか。
中川八洋は、上記に書いてある趣旨に沿って実行している。「悠仁天皇と皇室典範」という本にて、憲法学者の重鎮、園部逸夫、横田耕一たちの、(とんでもない)教説をきちんと読み、分析して、ぶった斬っている。

51nrRT2EPtL__SX338_BO1,204,203,200_

批判の手法、論法が、とにかくすさまじい。
園部逸夫、横田耕一たちが心酔していたであろう、ルソー、マルクスなどを熟知、その思想的根源までも批判しているのである。
この本を読めば、スキル不足の保守系言論人と中川八洋自身を比較すると、(中川八洋から見て)スキル不足続出している保守系言論人の意味が理解できる。
文章量、論理、これだけ圧倒的な「批評」を私は初めて読んだ。
おまけに、中川八洋は航空工学専門である。元々の専門を乗り込えて果敢に挑戦している姿勢、アッパレと言うしかない。



私は、一般の文系学者たちのスキル不足を指摘するのである。
中川八洋以上に切り込んで批評・提言する、保守系文系学者の不在を、私は指摘している。



私は、錯乱癖がある、あの方に申しあげたい、日韓合意したのを「許せない」、よって反対、安倍談話についてもどちらかと言うと否定的な部分があった。超有名ブロガーも同調した。
こういう批評に対し、私が思うに「分析」が足りないと思う。結論を急ぎ過ぎているか、感情論で結論を出す癖が抜けていないと言いたい。

ここでいう「分析」とは、多面的に行うことであり、分析結果をそれなりのボリュームで文章化することである。
ツイッターなどで「私は反対だ」と、述べる言論人をみかけるが、みっともないからやめて欲しい。原稿でメシを食っている「プロ」だという自覚あるなら、我々レベルからみて、さすがだと思える手本としての文章と論理と根拠を、それなりの字数で示していただきたい。

そういう意味で、中川八洋の「悠仁天皇と皇室典範」は、批評手法・批判テクニックの最高峰の位置づけとなるのである。



批判文しか書けない(書かない)言論人の皆様、この意味おわかりであろうか?

プロだと自覚あるなら、プロの作法でお願いしたいのである。
それなしに、ツイッター程度の字数にてああだこうだでは、中川八洋が指摘するように「私は劣化言論人です」と宣伝しているとしか、言いようがないのである。

―― 参考情報 ――――――――――

全方位的な「情勢分析」の必要性について
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-428.html

―――――――――――――――――

以上

関連記事

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

20:57  |  民進党  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

反日勢力と「同じ穴のムジナ」になってはいけない

工学者の中川八洋氏や、英語学者の故渡部昇一氏のように、「本来」ならば、「門外漢」になるはずの言論人に、専門を自称する言論人の「スキル不足」を指摘されるようでは、非常に情けない話ではないかと思います。

正直、皇室(神道)に詳しい言論人は、以前は、所功氏、竹田恒泰氏あたりでしたが、所氏は、実は皇室の事を丸で分かっていない(どころか、隠れ皇室廃止派ではないかと思います)人物で、あろう事か、主張内容はほぼ「共産党」の「皇室廃止(明確に廃止せよとは言っていませんでしたが)」の「綱領」と同じになっているという有様で、馬脚を現しました。

竹田恒泰氏は、明治天皇の玄孫(旧皇族?)だけあってか、皇室に関する知識は豊富でしたが、何故か自身の法学博士号取得時の指導教授が隠れ共産主義者と目される憲法学者の小林節氏でしたし、最近では、東宮、雅子妃、愛子さま擁護といった、皇統の維持を真剣に考えている保守側から見れば、「不審人物」としか思えない言動もありますから、氏の思想(?)的なものがよく分からない所があります(もしかしたら、僅かながらも赤い思想の毒気に当たっているのかもしれません、それとも、公で活動している立場からして、東宮非難がしづらいのかもしれませんが(それでも東宮や雅子妃の反皇室行為を擁護している所はおかしいのですが。))。

正直、「神道学者」と名乗る者で、皇室伝統に詳しい者は、寡聞にして存じません。

そういえば、「三島由紀夫」が皇室伝統を守らなければならない理由として、「三種の神器」を挙げていましたが、そもそも「三種の神器(天叢雲剣、八尺瓊勾玉、八咫鏡)」の存在自体は知っていても、それを「何故」守らなければならないのか、というところまで知る者は少ないのではないかと思います。

三島は、正真正銘の「知識人」でしたから、その意味は分かっていたのだろうと思いますが、それを「平易な言葉」で語る事が出来たら、我々しがない庶民であっても、その「重要性」を理解できただろうと思います。

要するに、皇室と天皇陛下というものは、単なる宗教指導者とその親族からなる「家族」ではなく、「国体」である「三種の神器」を守るために存在しているという事なのだろうと思います。

従って、本来ならば「天皇家」などという呼称も、「皇室」は「家族」ではありませんから、誤りであると思われます。

そして、「国体」である「三種の神器」を破壊しようとする「良からぬ者」が入り込まないように、「男系男子」、男性民間人の入内を防ぐ(女系の誕生を防止、皇統断絶阻止)ために「男性宮家」のみで「皇室」が作られているのだろうと思います。

「男子宮家」というのは、どこの馬の骨か分からぬものが入り込むことで、皇統が断絶されるような事態を防ぐ役割があるわけです。

三島は、厳密には「作家」ですから、「神道学者」ではありません。しかし、本来ならば部外者になる三島ですら、「三種の神器」を死守する事の「重要性」を理解していたのにもかかわらず、最も肝心な「神道学者」が理解していないとはどういう事なのか。

そして、最も懸念しなければならない事は、もしかしたら、有り得ない事と思いたいのですが、「皇室内部」にいる「反皇室勢力」を含め、皇室の御方ですら、「三種の神器」を、命に代えても死守しなければならない事が、皇室および天皇陛下の「使命」である事を理解していない自称保守系言論人がが多すぎるのではないかと思います。

そして、その自称保守系言論人が、首相の日韓合意の文書すらまともに読まず、理解せず、現在の我々の立場(ゼロでは無く、マイナスからスタートしているという立場)を理解しないまま、「批判」のみに明け暮れ、挙句の果てには、感情だけが先走って、首相辞めろ(辞めさせて、代わりは誰がやるのか?)、アベじゃなければ誰でも良い(北や支那の走狗である民進党でもいいのだろうか?)、共謀罪などは、アベが保守派の抗議活動を取り締まる為の悪法で、左翼運動には適用しない(法律の運用面の課題は残るものの、法案の趣旨(テロ、密輸など)にすら賛同しないだろうか?)

などといった、清濁併せのんででも自らの信条を、「(時には暗殺覚悟で、時には身内から攻撃されることも覚悟で)できる限り押し通さなければらない」首相に対して、内容も立場も理解しないまま、憎悪的攻撃しかしないようでは、自分達自身が、結局のところ「反日左翼」と同じ穴のムジナになってしまっている事を理解していないところが、致命的な知的劣化を象徴しているのだろうと思います。

首相というのは、あくまで「行政府」の長官であり、首相一人ですべてを動かせたり、変えられるわけではありません。憲法上の制約などがあって、できない事の方が、むしろ多いのです。そこで、我々が首相を、外から外部団体などがサポートする体制が必要になります。

奴等(反日勢力)は、目的の為ならば、違法(違憲)行為すらも厭わず、時として敵対し、時として味方の振りをして、保守系団体等に近づき、保守になりすまし、保守勢力を分断したり、重要人物を●す事だってあります。

こういった所は、世間体を気にしてしまい、「違法行為」がやりづらい保守側としては、非常に困難というか、厄介な戦術を取られていると思います。

正直、こういった「ゲリラ戦術」を得意としている反日勢力は、ある程度保守思想の事も研究しているでしょうから、こちら側も保守思想に詳しくなければ、簡単に工作に嵌ってしまう事でしょう。奴等は、単独では無く、集団で動いているという事を理解していなければなりません。

愛国者や保守を語っているにもかかわらず、知識をまともに身に付けず、議論の為の理論すら身に付けず、首相や反日左翼を、場外から攻撃する時だけは勇ましいが、いざ、議論の時になれば、相手の質問(時として、詭弁と悪意を込めたような質問もありますが)などに答える際に、感情論を撒き散らすだけか、知識不足でまともに答えられない、論理的におかしな答えを出してしまったりと、結局のところ「戦力」にすらならないどころか、下手をすれば、他にまともに戦っている「保守」の足を引っ張る自体になる事だってあります。

少なくとも、同じ保守の中で、議論を戦わせても構いませんから、「保守共通の認識」を「常識」として確認していれば、保守分断工作に引っかかるような事は無かっただろうと思います。
西 |  2017.06.08(木) 00:07 | URL |  【編集】

Re: 反日勢力と「同じ穴のムジナ」になってはいけない

> 工学者の中川八洋氏や、英語学者の故渡部昇一氏のように、「本来」ならば、「門外漢」になるはずの言論人に、専門を自称する言論人の「スキル不足」を指摘されるようでは、非常に情けない話ではないかと思います。
>
> 正直、皇室(神道)に詳しい言論人は、以前は、所功氏、竹田恒泰氏あたりでしたが、所氏は、実は皇室の事を丸で分かっていない(どころか、隠れ皇室廃止派ではないかと思います)人物で、あろう事か、主張内容はほぼ「共産党」の「皇室廃止(明確に廃止せよとは言っていませんでしたが)」の「綱領」と同じになっているという有様で、馬脚を現しました。
>
> 竹田恒泰氏は、明治天皇の玄孫(旧皇族?)だけあってか、皇室に関する知識は豊富でしたが、何故か自身の法学博士号取得時の指導教授が隠れ共産主義者と目される憲法学者の小林節氏でしたし、最近では、東宮、雅子妃、愛子さま擁護といった、皇統の維持を真剣に考えている保守側から見れば、「不審人物」としか思えない言動もありますから、氏の思想(?)的なものがよく分からない所があります(もしかしたら、僅かながらも赤い思想の毒気に当たっているのかもしれません、それとも、公で活動している立場からして、東宮非難がしづらいのかもしれませんが(それでも東宮や雅子妃の反皇室行為を擁護している所はおかしいのですが。))。
>
> 正直、「神道学者」と名乗る者で、皇室伝統に詳しい者は、寡聞にして存じません。
>
> そういえば、「三島由紀夫」が皇室伝統を守らなければならない理由として、「三種の神器」を挙げていましたが、そもそも「三種の神器(天叢雲剣、八尺瓊勾玉、八咫鏡)」の存在自体は知っていても、それを「何故」守らなければならないのか、というところまで知る者は少ないのではないかと思います。
>
> 三島は、正真正銘の「知識人」でしたから、その意味は分かっていたのだろうと思いますが、それを「平易な言葉」で語る事が出来たら、我々しがない庶民であっても、その「重要性」を理解できただろうと思います。
>
> 要するに、皇室と天皇陛下というものは、単なる宗教指導者とその親族からなる「家族」ではなく、「国体」である「三種の神器」を守るために存在しているという事なのだろうと思います。
>
> 従って、本来ならば「天皇家」などという呼称も、「皇室」は「家族」ではありませんから、誤りであると思われます。
>
> そして、「国体」である「三種の神器」を破壊しようとする「良からぬ者」が入り込まないように、「男系男子」、男性民間人の入内を防ぐ(女系の誕生を防止、皇統断絶阻止)ために「男性宮家」のみで「皇室」が作られているのだろうと思います。
>
> 「男子宮家」というのは、どこの馬の骨か分からぬものが入り込むことで、皇統が断絶されるような事態を防ぐ役割があるわけです。
>
> 三島は、厳密には「作家」ですから、「神道学者」ではありません。しかし、本来ならば部外者になる三島ですら、「三種の神器」を死守する事の「重要性」を理解していたのにもかかわらず、最も肝心な「神道学者」が理解していないとはどういう事なのか。
>
> そして、最も懸念しなければならない事は、もしかしたら、有り得ない事と思いたいのですが、「皇室内部」にいる「反皇室勢力」を含め、皇室の御方ですら、「三種の神器」を、命に代えても死守しなければならない事が、皇室および天皇陛下の「使命」である事を理解していない自称保守系言論人がが多すぎるのではないかと思います。
>
> そして、その自称保守系言論人が、首相の日韓合意の文書すらまともに読まず、理解せず、現在の我々の立場(ゼロでは無く、マイナスからスタートしているという立場)を理解しないまま、「批判」のみに明け暮れ、挙句の果てには、感情だけが先走って、首相辞めろ(辞めさせて、代わりは誰がやるのか?)、アベじゃなければ誰でも良い(北や支那の走狗である民進党でもいいのだろうか?)、共謀罪などは、アベが保守派の抗議活動を取り締まる為の悪法で、左翼運動には適用しない(法律の運用面の課題は残るものの、法案の趣旨(テロ、密輸など)にすら賛同しないだろうか?)
>
> などといった、清濁併せのんででも自らの信条を、「(時には暗殺覚悟で、時には身内から攻撃されることも覚悟で)できる限り押し通さなければらない」首相に対して、内容も立場も理解しないまま、憎悪的攻撃しかしないようでは、自分達自身が、結局のところ「反日左翼」と同じ穴のムジナになってしまっている事を理解していないところが、致命的な知的劣化を象徴しているのだろうと思います。
>
> 首相というのは、あくまで「行政府」の長官であり、首相一人ですべてを動かせたり、変えられるわけではありません。憲法上の制約などがあって、できない事の方が、むしろ多いのです。そこで、我々が首相を、外から外部団体などがサポートする体制が必要になります。
>
> 奴等(反日勢力)は、目的の為ならば、違法(違憲)行為すらも厭わず、時として敵対し、時として味方の振りをして、保守系団体等に近づき、保守になりすまし、保守勢力を分断したり、重要人物を●す事だってあります。
>
> こういった所は、世間体を気にしてしまい、「違法行為」がやりづらい保守側としては、非常に困難というか、厄介な戦術を取られていると思います。
>
> 正直、こういった「ゲリラ戦術」を得意としている反日勢力は、ある程度保守思想の事も研究しているでしょうから、こちら側も保守思想に詳しくなければ、簡単に工作に嵌ってしまう事でしょう。奴等は、単独では無く、集団で動いているという事を理解していなければなりません。
>
> 愛国者や保守を語っているにもかかわらず、知識をまともに身に付けず、議論の為の理論すら身に付けず、首相や反日左翼を、場外から攻撃する時だけは勇ましいが、いざ、議論の時になれば、相手の質問(時として、詭弁と悪意を込めたような質問もありますが)などに答える際に、感情論を撒き散らすだけか、知識不足でまともに答えられない、論理的におかしな答えを出してしまったりと、結局のところ「戦力」にすらならないどころか、下手をすれば、他にまともに戦っている「保守」の足を引っ張る自体になる事だってあります。
>
> 少なくとも、同じ保守の中で、議論を戦わせても構いませんから、「保守共通の認識」を「常識」として確認していれば、保守分断工作に引っかかるような事は無かっただろうと思います。


なぜ男子男系なのか、根源的なところに遡るうえでの、問題提起として受け止めました。
コメント部分、原稿にて引用すること、ご了承ください。
管理人 |  2017.06.08(木) 07:41 | URL |  【編集】

徳俵は残したという印象ですね

女性宮家について検討するということで、左翼は不十分ながらも一定の成果を得たと喜び、保守は腰砕けと憤慨してますけど、役人用語の検討の意味を知らないようですね。

民間でも、そうかもしれませんが、検討とは、やりたくない事をずっと、議論で先伸ばしすることや、反対だけど、この場は収めるために、課題にしておいて、議論の場でまた、完全にぶっ潰すからなという意味です。

ようは、やらないよ。今はやらないし、後から話し合う時も否定派として動くよという意味ですから、これからが本番であり、後々、ぶっ潰すために準備をしておく期間をやったから、お前ら頼むよと理解するのが正解です。

女性宮家まで一瀉千里にいかれるところを止め、反撃の時間が出来たとよい方に考えましょう。
Suica割 |  2017.06.08(木) 12:20 | URL |  【編集】

皇室の慣習や伝統にそうならば

譲位と女性天皇は事例があるだけに反対出来ない。
女性天皇の子孫が皇位を継ぐことは反対する。
秋篠宮家は、今上天皇が譲位されたら、秋篠宮殿下を皇太子か皇太弟として遇し、秋篠宮家を東宮家として扱う。

これが、最低限のラインですね。
Suica割 |  2017.06.08(木) 12:26 | URL |  【編集】

Re: 皇室の慣習や伝統にそうならば

> 譲位と女性天皇は事例があるだけに反対出来ない。
> 女性天皇の子孫が皇位を継ぐことは反対する。
> 秋篠宮家は、今上天皇が譲位されたら、秋篠宮殿下を皇太子か皇太弟として遇し、秋篠宮家を東宮家として扱う。
>
> これが、最低限のラインですね。

特例法で政権は譲歩し過ぎた気がします。
お言葉会見で規定事実をつくられてしまった感は否定できません。
管理人 |  2017.06.08(木) 17:11 | URL |  【編集】

Re: 徳俵は残したという印象ですね

> 女性宮家について検討するということで、左翼は不十分ながらも一定の成果を得たと喜び、保守は腰砕けと憤慨してますけど、役人用語の検討の意味を知らないようですね。
>
> 民間でも、そうかもしれませんが、検討とは、やりたくない事をずっと、議論で先伸ばしすることや、反対だけど、この場は収めるために、課題にしておいて、議論の場でまた、完全にぶっ潰すからなという意味です。
>
> ようは、やらないよ。今はやらないし、後から話し合う時も否定派として動くよという意味ですから、これからが本番であり、後々、ぶっ潰すために準備をしておく期間をやったから、お前ら頼むよと理解するのが正解です。
>
> 女性宮家まで一瀉千里にいかれるところを止め、反撃の時間が出来たとよい方に考えましょう。

官僚の世界ではそのとおりなのですが
相次ぐ、マスコミの女性宮家報道に対し、政権は陛下に遠慮し、保守は行儀作法にごだわり過ぎて(不敬と言われることを嫌って?)ガチンと言わなかった、それにつきると思います。
管理人 |  2017.06.08(木) 17:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/504-8cb45808

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |