2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.05.27 (Sat)

皇室ブログ・ランキング急上昇中  保守と左翼の最終決戦が始まった!

最近、皇室系ブログの筆頭格「BBの覚醒記録」が政治ブログランキング再登録した。
再登録でいきなり4位とは凄い。
昨今の皇室周辺の状況などから、ブログ「BBの覚醒記録」は、注意喚起を促し、援軍を求める意図で、ブログランキング再登録したと解している。

そして、残念なことだが、政権は、保守系ブロガーの意図を汲み取ろうとしていない。

皇室系ブロガーの数は、意外に多い。驚くなかれ、皇室問題に特化したブログが多いのだ。多くの政治ブロガーがともすれば、つまみ食い状態、テーマが日替わりのものが続出しているのに対し、皇室系ブロガーは覚悟を以て取り組んでいるようだ。

ランキング的には、先日、ランキング再登録し直し、トップ10入りのものが一つ。
ランキングで20位前後のものが二つある。ランキング登録してなくても、それなりのアクセスのものもある。

時々であるが、訪問し、皇室問題について情報入手を心がけているブログは以下。

―― 参考情報 ――――――――――

○BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001

○これでいいのだ日記part2
http://koredeii.com/

○伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」
http://blog.goo.ne.jp/duque21

○伏見顕正の政経塾
http://fushimi.hatenablog.com/

○でれでれ草 DereDre Gusa
http://e-vis.hatenablog.com/

○remmikkiのブログ
http://blog.livedoor.jp/remmikki/

○井沢満ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mannizawa

―――――――――――――――――

私は、論争を煽っているのではない。
論理的かつ客観的視点で、皇室ブロガーが指摘するさまざまの問題の打開策を見出そうとしているのである。

たとえば、生前譲位特例法。閣議決定された内容?原文そのまま報道されていないが、皇室解体のきっかけとなりかねない内容が含まれているようだ。批判する急先鋒は、中川八洋である。
中川八洋は、保守政治哲学、歴史、皇室問題等について、ここ20年、鋭く問題提起し続けている。

―― 参考情報 ――――――――――

中川八洋掲示板
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/

―――――――――――――――――

中川八洋の本、(ゴーストライターなどによる手抜きがなく)密度が濃い。真面目に読もうとするとヒートアップするくらい、どの本も自身による渾身の作文のものだらけである。きちんと読んでいる人ならわかることである。20年前の本でも、引用したい箇所がたくさんあるのだ。

それゆえ、最近は、中川八洋の本を購入、読む機会が増えた。
また、皇室問題については、特にしかるべき本を読む必要性を痛感している。


ここで、皇室テーマの本で、推薦できそうなものを紹介する。

―――――――――――――――――

・日本は天皇の祈りに守られている 松浦光修
・皇室制度 鈴木正幸
・皇族 天皇家の近現代史 小田部雄次
・天皇の祈りはなぜ簡略化されたか 宮中祭祀の危機 斎藤吉久
・昭和天皇の学ばれた教育勅語 杉浦重剛
・一般敬語と皇室敬語がわかる本 中澤信弘

―――――――――――――――――

これらの本は、一般向けにわかりやすくかかれている。

ただ、良書が少なすぎる。「天皇の祈りはなぜ簡略化されたか 宮中祭祀の危機」(斎藤吉久)に書いてあったと思うが、神道指令以降の神道全般のあり方について、論理的にまとめた本が少なすぎる。
そこに皇室問題を扱う難しさがある。
かつての神道指令に対峙し、天皇陛下の靖国神社参拝を促す、神道のスタンスでの政教分離的視点での解釈文献が不足しているのである。


それゆえ、ローマ法王来日に、天皇陛下の靖国参拝の口実が見つからないか、そういう意図で以下に出稿した。

―― 参考情報 ――――――――――

今上陛下靖国参拝のシナリオ ローマ法王来日が鍵?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-472.html

―――――――――――――――――

次に、中川八洋や上述の本を読みつつ、活動戦術的な視点から提案したいことがある。

皇室ブロガーはともすれば、現象面でのアプローチが多かった。これからもそうなるだろう。

三つほど提案がある。

―――――――――――――――――

■提案1
現象面で起きていることに加え、テーマによっては愛国言論人の保守思想的論理を、組み合わせることで、主張がパワーアップできる可能性はないか(こうすることで言論界はもちろん政治家も無視しにくくなる)

■提案2
これまでは、他の皇室ブロガーの提案を積極的に参照するケースは少ないが、これは凄い問題提起、提案と思えるものについて、相互に拡散協力してはどうか(こうすることでネット界が一つにまとまりやすくなる)

■提案3
ブログでの提言、問題提起等について、官邸や宮内庁にメール、FAXされる読者のために、原稿内の特定部分、参考文例と記す、あるいは、そういう用途で活用することを意図した形式で区切って書いてはどうか(こうすることで意見提出する人が増える)

―――――――――――――――――

(危機が深刻にならないうちに)皇室問題について勉強いただき、保守陣営で問題意識を共有化し世論を喚起したい、そういう思いで書いている。


これに対し、不敬問題は枝葉末節でしかない。不敬問題は、上述の皇室ブロガーを攻撃、批判する口実になっている。今もそうなっている。日本人になりすました人、保守になりすました人が殊更不敬問題に熱心に取り組んできた?可能性を指摘するのである。

かくいう拙ブログは、(ブログ運営され不敬問題で攻撃されていると思われる)女性ブロガーから皇室問題に係わる必要性を示唆いただき、2~3年がかりで勉強、皇室テーマで提言的スタンスで出稿し始めた。

「皇室」テーマの原稿は結構な原稿数になった。



市井のブロガーでできることは限られている。が、GHQによる神道指令に始まり、皇室破壊工作と思われる占領施策が相次ぎ、それを現在の皇族の一部が継承している様子であることが表面化すると放置はできない、そういう気持ちになっている。

眞子様ご婚約報道についても、書きたい気持ちであるが、迂闊なことは書けず、事の推移を見守っている。
生前譲位と同様、NHKが報道主導した点において、作為的なものを感じている。眞子様のお気持ちはどうであられのか?

ご本心を知ることは難しい。

生前譲位、眞子様婚約の件、どちらもしかるべきシナリオによって仕掛けられているとみた場合、傍観できようか?


一方でネット界は嫌韓ネタで溢れている。まとめサイトで皇室ネタを扱っているサイトはないに等しい!
まとめサイトの中には、北の工作員が運営していると判断しうるものもある。また、ランキングブロガーの中には、内容から判断するに本来の分類で登録していない、マナー違反のものもある。朝鮮寄りの街宣保守崩れの活動家が運営するようなサイトが増えている?と言いたいのである。

確かに、皇后様、東宮ご一家の様子は変だ。
ブログ「でれでれ草」を見る限り、明らかに影武者揃いのようだ。

http://e-vis.hatenablog.com/
でれでれ草


が、国会等で質問趣意書で質問頂くには、決定的証拠がいささか不足している。

―――――――――――――――――

・影武者の出自は?
・影武者の国籍、本名は?
・影武者は、表に出てこない時、出番を待つ間どこで生活しているのか?
・本物と影武者が入れ替わる場所はどこなのか?
・影武者はどういう移動手段を使うのか?
・影武者が公務している間、本物はどこで生活しているのか?
・影武者を活用している点において、いわゆる「共謀罪」に該当するのではないか?

―――――――――――――――――

そういう疑問が湧くのである。

それゆえ、皇居周辺の秘密の地下通路?の存在について注意喚起したいのである。

―― 参考情報 ――――――――――

辻元清美と皇室の「闇」を繋ぐもの
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-429.html

―――――――――――――――――

なぜなら、決定的証拠は、影武者がいるのであれば、証拠は秘密の地下通路で得られる?!と睨んでいるからなのである。

以上

関連記事

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

19:11  |  活動実践マニュアル  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

保守言論人の「皇室」に関する「知識不足」の問題について

そもそも、保守系の言論人でさえも「皇室」や「天皇(帝)」の存在意味を理解できていない者が多すぎると思っています(皇室否定の左翼は尚更ですが)。

例えば、現在の保守系言論人の中で「宮中用語」、「神道(天皇、皇族)の祭祀」について正確に述べられる者が、果たしてどれだけいるのかと思います。

そして、日本の歴史における「天皇(内裏、皇室)」という存在が、どのように関係していたのかという点についても、どこまで熟知しているのか、恐らく正確に語れる者は僅かではないかと思います。

古代(縄文(古墳?飛鳥?正確な皇室の成立時期が不明です)から奈良時代)、中世(平安から室町時代あたりまで)、近世(江戸時代)、近代(明治から昭和(戦前))、現代(昭和(戦後)から現在)までの「天皇」の役割にどのような変化があったのか、逆に変化が無かったものがあるのか、皇室や天皇に関する数多くの疑問と謎に答えられるものがいるのかいないのか、そういった「最も知らなければ、また、多くの国民に知らせなければならない事」を理解している者が少なすぎる事は、非常に深刻な事だと思います。

天皇(大王と同一?)がいつの頃から存在、また統治者として君臨したのか(古墳時代なのか弥生時代なのか飛鳥時代なのか、古代史は、資料が少ない為、不明な所が多すぎます)、古代の天皇(安徳天皇、崇峻天皇など)が何故暗殺されたのか、中世史において、自らが正当な「天皇」であると称し、反乱を企てたとして処刑された平将門は「叛逆者」だったのか、南北朝時代において、皇統が南朝と北朝に分かれた理由と、どちらの皇統が正統で(北朝が正統?どちらとも正統?)、現在の皇統がどちらの皇統であるのか、キリスト教宣教師と皇室の関係、江戸時代の宮中(朝廷?)と徳川幕府との関係、明治維新時の皇室の立ち位置、明治維新以降の皇室の立ち位置の変化、共産主義(反天皇制)の蔓延とユダヤ商人、昭和天皇と周辺部の動き(戦前、戦中、戦後、占領憲法とGHQとのやり取りなど)、今上天皇の占領憲法擁護と宮中祭祀の確実な完遂への疑問と不必要(と思われる)公務への参加の是非など、皇室への「疑問」について、明確に答えられる者で無ければならないと思います。

他にも、「皇室(天皇と皇族等の宮家)はいつの頃に、何故作られたのか(天皇制という制度的意味ではないはずですが、天皇だけでなく皇族が存在する事は意味があるはずです)」、「女性天皇(孝謙天皇、斉明天皇など)が一時的とはいえ、存在した理由と、現在でも伝統的に考えても、女性天皇の擁立が可能なのかどうかという点(女系になる恐れがあると思いますが、女性天皇が存在する理由を答えなければならなくなると思います)」、「皇室や天皇が政治に関与する事(平安時代の上皇による院政、建武の新政、明治憲法下の政治関与、GHQとのやりとり、占領憲法擁護の表明など)への正当性」など、保守側自身もこれらの重大な質問に対してまともに答えられる人は少ないのではないかと思います。

他にも、平安時代の藤原一族の天皇の政治利用(?)、江戸時代以前の朝廷の政治や祭祀の準備等を取り行う「公家」、明治以降の「華族(公家と上級士族が合体した存在?)」の役割など、皇室以外の皇室に関係する者達と天皇との関係に対する疑問など、数多くの疑問があります。

左翼側が皇室に関してよく理解できていないと言っても、保守側も皇室に関する「知識不足」が深刻であった場合、左翼側の「皇室廃止(天皇制廃止)」への「反論」や「不当性」を指摘する事ができなくなるだろうと思います。

どこかに、こういった「皇室に関する基礎知識」、「想定出来得る皇室やその歴史への疑問への回答」、「現在でも皇室が必要な理由」をまとめた、真正保守が「知らなければならない事」、「読まなければならない本」を知らしめる必要がありそうです。

自分自身も、まだまだ皇室について理解が進んでいるとは言い難いですから、保守系言論人の間で「皇室の基礎知識」を身に付け、皇室知識の共用をしなければ、来るべき論戦に臨むことはできないと思います。

西 |  2017.05.27(土) 23:11 | URL |  【編集】

Re: 保守言論人の「皇室」に関する「知識不足」の問題について

> そもそも、保守系の言論人でさえも「皇室」や「天皇(帝)」の存在意味を理解できていない者が多すぎると思っています(皇室否定の左翼は尚更ですが)。
>
> 例えば、現在の保守系言論人の中で「宮中用語」、「神道(天皇、皇族)の祭祀」について正確に述べられる者が、果たしてどれだけいるのかと思います。
>
> そして、日本の歴史における「天皇(内裏、皇室)」という存在が、どのように関係していたのかという点についても、どこまで熟知しているのか、恐らく正確に語れる者は僅かではないかと思います。
>
> 古代(縄文(古墳?飛鳥?正確な皇室の成立時期が不明です)から奈良時代)、中世(平安から室町時代あたりまで)、近世(江戸時代)、近代(明治から昭和(戦前))、現代(昭和(戦後)から現在)までの「天皇」の役割にどのような変化があったのか、逆に変化が無かったものがあるのか、皇室や天皇に関する数多くの疑問と謎に答えられるものがいるのかいないのか、そういった「最も知らなければ、また、多くの国民に知らせなければならない事」を理解している者が少なすぎる事は、非常に深刻な事だと思います。
>
> 天皇(大王と同一?)がいつの頃から存在、また統治者として君臨したのか(古墳時代なのか弥生時代なのか飛鳥時代なのか、古代史は、資料が少ない為、不明な所が多すぎます)、古代の天皇(安徳天皇、崇峻天皇など)が何故暗殺されたのか、中世史において、自らが正当な「天皇」であると称し、反乱を企てたとして処刑された平将門は「叛逆者」だったのか、南北朝時代において、皇統が南朝と北朝に分かれた理由と、どちらの皇統が正統で(北朝が正統?どちらとも正統?)、現在の皇統がどちらの皇統であるのか、キリスト教宣教師と皇室の関係、江戸時代の宮中(朝廷?)と徳川幕府との関係、明治維新時の皇室の立ち位置、明治維新以降の皇室の立ち位置の変化、共産主義(反天皇制)の蔓延とユダヤ商人、昭和天皇と周辺部の動き(戦前、戦中、戦後、占領憲法とGHQとのやり取りなど)、今上天皇の占領憲法擁護と宮中祭祀の確実な完遂への疑問と不必要(と思われる)公務への参加の是非など、皇室への「疑問」について、明確に答えられる者で無ければならないと思います。
>
> 他にも、「皇室(天皇と皇族等の宮家)はいつの頃に、何故作られたのか(天皇制という制度的意味ではないはずですが、天皇だけでなく皇族が存在する事は意味があるはずです)」、「女性天皇(孝謙天皇、斉明天皇など)が一時的とはいえ、存在した理由と、現在でも伝統的に考えても、女性天皇の擁立が可能なのかどうかという点(女系になる恐れがあると思いますが、女性天皇が存在する理由を答えなければならなくなると思います)」、「皇室や天皇が政治に関与する事(平安時代の上皇による院政、建武の新政、明治憲法下の政治関与、GHQとのやりとり、占領憲法擁護の表明など)への正当性」など、保守側自身もこれらの重大な質問に対してまともに答えられる人は少ないのではないかと思います。
>
> 他にも、平安時代の藤原一族の天皇の政治利用(?)、江戸時代以前の朝廷の政治や祭祀の準備等を取り行う「公家」、明治以降の「華族(公家と上級士族が合体した存在?)」の役割など、皇室以外の皇室に関係する者達と天皇との関係に対する疑問など、数多くの疑問があります。
>
> 左翼側が皇室に関してよく理解できていないと言っても、保守側も皇室に関する「知識不足」が深刻であった場合、左翼側の「皇室廃止(天皇制廃止)」への「反論」や「不当性」を指摘する事ができなくなるだろうと思います。
>
> どこかに、こういった「皇室に関する基礎知識」、「想定出来得る皇室やその歴史への疑問への回答」、「現在でも皇室が必要な理由」をまとめた、真正保守が「知らなければならない事」、「読まなければならない本」を知らしめる必要がありそうです。
>
> 自分自身も、まだまだ皇室について理解が進んでいるとは言い難いですから、保守系言論人の間で「皇室の基礎知識」を身に付け、皇室知識の共用をしなければ、来るべき論戦に臨むことはできないと思います。

書かれていることは概ねご指摘のとおりと思います。
最大の問題は、論理的かつ明快に神道と関連づけて皇室の存在、政教分離のあり方を説明できる言論人が少なすぎることではないかと思います。
生前譲位退位法案のベースを作成した、有識者会議、半数以下の人が皇室問題の有識者に該当しないレベルかもしれません。
あまりわかっていない人たちが徴集され、宮内庁事務局の作文に乗せられて、特例法を作ってしまったのではないかと。
問題ばかりを言っても何も始まりませんが、少なくとも、レベルの低い?有識者会議では話にならず、皇室ブロガーはこれまで後手で対応してきた感じです。また、言論人で、皇室関係の問題で一歩リードしていると、はっきりとそうだと思える人が見当たらない、そんな感じです。(竹田恒泰は一時期そういう存在であったはずですが)

西さんのコメントは、2回目だと思いますが、非常に思慮深い内容のもので、私よりも深く考え、いろいろ読まれていると推察します。もし宜しければ、こういうテーマで、こういうアプローチで出稿してはどうか、テーマ別にお考えを表明いただければ、ブログにて紹介させていただきたいと思っております。

皇室関係、神道関係について、拙ブログで取り組み始めたのが約3年前。それまで私は無関心でありました。神道に対してもです。(そういう意味で、皇室関係の原稿は自分が学んだ結果の記録文書ということになるのですが)
しかし、そんなことではいけない、我々世代が学び直し、孫瀬在、ひ孫世代にきちんと手本を示し、伝えなくてはならない、そういう気持ちになっております。

これからも宜しくお願いします。
管理人 |  2017.05.28(日) 02:10 | URL |  【編集】

影武者だって生きているのですから病気にもなります。
ひとりひとり血液検査、健康診断して、DNAや歯形、骨格が異なるのを証明すべきです。
身支度だってひとりでやっている訳ではないのですから、宮内庁職員ぐるみで見てみぬふりでしょう。
御所内、東宮御所内をきちんとお掃除すべきだと思います。
天皇を読み解くのに、宮中祭祀、伊勢神宮の遷宮、稲作などは欠かせないと思います。
新嘗祭で五穀豊穣を祈らず、四方拝をしない天皇は機能していませんが、天皇は辞める辞めないではなく終生天皇なので、祭祀と国事が出来なくなったら摂政に任せられます。
退位譲位と皇位を揺らがせにしては、皇室乗っ取りたい創価学会や中共、朝鮮など反日勢力の思うつぼです。
内親王殿下にいかがわしい男との婚約飛ばし報道がいまこの時期に出され、混乱を招くのも皇室乗っ取りの一手段だと思います。
少しでも多くの日本人に皇室の抱えている問題を知らせて、国そのものの存亡の危機だときちんと教えて、政府にこれを正せと訴えるべきだと思います。
 |  2017.05.28(日) 04:48 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> 影武者だって生きているのですから病気にもなります。
> ひとりひとり血液検査、健康診断して、DNAや歯形、骨格が異なるのを証明すべきです。
> 身支度だってひとりでやっている訳ではないのですから、宮内庁職員ぐるみで見てみぬふりでしょう。
> 御所内、東宮御所内をきちんとお掃除すべきだと思います。
> 天皇を読み解くのに、宮中祭祀、伊勢神宮の遷宮、稲作などは欠かせないと思います。
> 新嘗祭で五穀豊穣を祈らず、四方拝をしない天皇は機能していませんが、天皇は辞める辞めないではなく終生天皇なので、祭祀と国事が出来なくなったら摂政に任せられます。
> 退位譲位と皇位を揺らがせにしては、皇室乗っ取りたい創価学会や中共、朝鮮など反日勢力の思うつぼです。
> 内親王殿下にいかがわしい男との婚約飛ばし報道がいまこの時期に出され、混乱を招くのも皇室乗っ取りの一手段だと思います。
> 少しでも多くの日本人に皇室の抱えている問題を知らせて、国そのものの存亡の危機だときちんと教えて、政府にこれを正せと訴えるべきだと思います。


そのとおりです。
宮内庁職員の点呼とか身体検査を徹底すれば、影武者が活動しにくくなるかもしれません。
管理人 |  2017.05.28(日) 06:56 | URL |  【編集】

Re: 皇室関連ブログ「BBの談話室」さま、活動中です。

> 皇室関連ブログ「BBの覚醒記録」は強制削除されましたが、その後継と目されるブログ「BBの談話室」が登録されています。現在25記事配信中。人気ブログランキング(政治)現在第9位、ブログ村政治ブログ人気ランキング現在第1位。チェックされているとは存じますが、敢えてご紹介します。リンク先登録はせずとも、時々ウォッチする価値はあると思います。単なる「工作ブログ」とは思えない内容です。

遠出していたので返信が遅くなりました。
ご指摘のブログの管理人は、推測ですが、ある選挙に出馬されたことがある方ではないかと予想しております。

管理人 |  2017.09.23(土) 17:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/488-01a66cb0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |