2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.05.24 (Wed)

与謝野馨元衆院議員が逝去されました

与謝野馨元衆院議員が逝去されました。

与謝野

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/politics/news/170524/plt1705240019-n1.html

与謝野馨元衆院議員が死去 閣僚歴任、与謝野鉄幹・晶子夫妻の孫

 政策通として知られ、内閣官房長官や財務相などを務めた自民党の与謝野馨元衆議院議員が24日までに死去していたことが、分かった。78歳だった。

 与謝野氏は東京都千代田区生まれ。東大法学部卒業後、中曽根康弘元首相の秘書を経て、与謝野氏は昭和51年の衆院選で初当選。文相や通産相や官房長官、財務相などを歴任した。

 平成22年、自民党を離党し、たちあがれ日本の結成に参画。23年に菅直人第2次改造内閣の経済財政担当相に起用され同党を離党した。24年に病気療養のため議員を引退。今年5月1日、自民党に復党した。

 父は、昭和39年東京五輪の組織委員会事務総長も務めた与謝野秀元駐イタリア大使。母は随筆家の与謝野道子氏。祖父母は歌人の与謝野鉄幹、晶子夫妻。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

与謝野元議員については、一般的には愛国議員であると認知はされていません。民主党政権時代の経済財政政策担当大臣就任、その後の増税路線のレールを敷いたこともあり、保守層の評価は今一つです。

が、私は、多少の政策の違いを越えて、与謝野先生の存在、特に政策通であったことを尊敬しております。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8E%E8%AC%9D%E9%87%8E%E9%A6%A8

与謝野馨

政界屈指の政策通という評判
商工族として地歩を築いたが、通信傍受法制定や人権擁護法案を巡っては法務省との折衝にあたるなど、「法務族」議員でもある。薬害肝炎訴訟では、法務省との調整に与謝野があたり、議員立法の私案を作成、2007年12月に福田康夫が政治決断する環境を整えた。また与謝野は、官僚の作成した政策を説明できる能力に長けていることから、自民党時代から「政界きっての政策通」として評価されている[26]一方、獨協大学教授の森永卓郎は「財政再建を優先する与謝野の主張は財務省の主張そのもの」と批判している[27]。事実「経済書は日銀OBの吉野俊彦の岩波新書を一冊読んだだけだ」と告白している。安倍晋三は当初、安倍内閣発足時に与謝野を内閣官房長官に起用する人事を構想していたが、安倍周辺が与謝野の官僚寄りの姿勢を警戒し、官僚嫌いで知られる塩崎恭久が起用されるという経緯があった(後に与謝野は第1次安倍改造内閣で官房長官として入閣)。日本銀行の国債直接引き受けについて、特別な事由がある場合、国会の議決を経れば可能であり、現時点でも日銀は年に10兆円程度の国債直接引受を実施しているにもかかわらず、「法律が禁じているため、不可能だ」と発言し復興増税を推進している[28]。

【訃報】与謝野馨氏が死去 官房長官などの要職を歴任 癌との闘病生活を続ける
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16919.html

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ブログ活動8年を経てもなお、与謝野先生の域には程遠い、それくらい偉大な存在でありました。
趣味も多彩。本業である政治活動も、趣味の世界、どちらも手を抜くことなく、徹底的に玄人肌でした。

中でも、民主党政権時代(閣議決定寸前まで行った)外国人参政権反対の「与謝野論文」を初めて読んだ時に、その冷静かつ理性的な文章、筆致に圧倒されたことを昨日のことのように覚えております。

―― 参考情報 ――――――――――

与謝野論文
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8E%E8%AC%9D%E9%87%8E%E8%AB%96%E6%96%87

―――――――――――――――――

多くの保守系言論人たちは、例外なく昂奮して外国人参政権反対と叫ぶ中で、与謝野先生の、この論文に勇気づけられたはずです。
保守陣営は、外国人参政権反対の理論構築に、難儀したことを忘れてはなりません。

さて、私個人は、あることで、与謝野事務所に問い合わせしたことがある。快く対応いただき、ここで感謝申し上げます。
また、与謝野先生、たちあがれ日本時代、平沼赳夫先生と並んで、街頭演説された際、わかりやすい言葉で聴衆に語りかけ、気分が乗ってくると左手を拳を握りしめ、あるいは人差し指を上に向け、右手にマイクを握る、そういう演説シーンが多く、そういう機会があればマネしたいと何度も思ったものでありました。

―― 参考情報 ――――――――――

7月2日 横浜駅西口 共同代表・与謝野馨の演説
https://www.youtube.com/watch?v=ggPAW3o6d8s

7月10日 新宿西口 共同代表・与謝野馨の演説
https://www.youtube.com/watch?v=Rqgub985_Ho

―――――――――――――――――


真正保守だったかそうでなかった、そんなことは抜きにして、戦後保守政治の重要な一幕、荒波をその類稀な政治の技術、
「政治の技術」という言葉は安倍首相が最近使い始めた言葉ですが、
「政治の技術」を縦横無尽に駆使した、卓越した玄人政治家、私にとって政治の技術のウンチクの手本みたいな存在だった、与謝野先生のご冥福をお祈りいたします。

合掌

関連記事

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

20:35  |  保守政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/484-2fd316f5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |