2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.13 (Sat)

コラム記事 書く根拠の曖昧さは放置できない

外国の記事を参照して出稿するブログ記事と読売コラム記事を比較、正反対のことが書いてあることに気がついたので出稿することにした。


トランプは、不正選挙を防ぐための処置を実行するようである。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52007698.html

http://investmentwatchblog.com/trump-signs-executive-order-on-guaranteeing-a-fair-election-free-of-voter-fraud-assigns-commission-to-investigate-systemic-fraud/
5月11日付け

トランプはペンス副大統領と共に、不正投票のない公平な選挙を実現するため組織的な不正選挙を調査する大統領諮問委員会を設置する大統領令に署名しました。
不法移民が投票した場合は10年間の禁錮刑に処されます。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


次に、FBI長官解任の記事を二種類参照したい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52007634.html

コメィFBI長官の解任により、ヒラリーの捜査資料の公開と再捜査が開始されます!

コメィ長官の解任のニュースの後に、ジュリアン・アサンジ氏はツイッターで、FBIの情報筋からの情報として、FBIは捜査資料を公表する意向であると伝えました。
アサンジ氏はメディアの虚偽報道を阻止するためにFBIはただちに捜査資料を公表すべきであると言っています。さらに、副司法長官は、コメィ長官の解任後に、アンドリュー・マッコウブFBI長官(代理)と密接に連携しヒラリー・クリントンに対する再捜査を始めるとしています。

クリントンに対する前回の捜査は不十分であり政略的或は犯罪の証拠隠しが行わっれていたとしてコメィ長官の解任後に再捜査を開始することが確認されています。

―――――――――――――――――

5月12日読売朝刊 コラム記事

20170512朝刊


||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


上記読売の「編集手帳」の記事を書いたコラム記者は、外国のどの新聞社か通信社の記事を参照して書いたのか?それがなければ、フェイクということになる。

ちなみに、同じ5月12日の読売朝刊の他の記事において、クリントン国務長官のメール事件への対応についてトランプが不満を持っているとの文章が含まれている。

つまり、当該コラム記者は同日の読売の他の記事や他の外国記事を確認することなく、根拠なく、主観(願望)でコラム記事を書いた、ということになるのである。

以上

参考
―――――――――――――――――

読売5月12日朝刊記事

FBI長官解任疑惑

http://www.yomiuri.co.jp/world/20170511-OYT1T50053.html?from=yartcl_blist

FBI長官解任、「当選日から検討」と反論
2017年05月11日 11時07分
特集 トランプ大統領
 【ワシントン=黒見周平】トランプ米大統領がコミー連邦捜査局(FBI)長官を解任した問題で、ホワイトハウスのサンダース副報道官は10日、「トランプ氏はコミー氏への信頼を失い、昨年の大統領選で当選した日から解任を検討していた」と記者会見で述べた。


 トランプ氏を巡る「ロシア疑惑」の捜査妨害だ、との批判に反論した格好だ。

 コミー氏は、米大統領選へのサイバー攻撃などについて、トランプ氏の選挙陣営とロシアが連携した疑惑に関する捜査を指揮していた。このため、野党・民主党は「解任は捜査妨害」との批判を強めている。これに対し、サンダース氏は、ロシア問題の捜査の進展とコミー氏の解任は関係がないとの認識を示し、火消しに走った。

(ここまで307文字 / 残り334文字)
2017年05月11日 11時07


http://www.yomiuri.co.jp/world/20170512-OYT1T50075.html?from=ytop_top

トランプ氏、FBI前長官に「私は捜査対象か」
2017年05月12日 12時51分
特集 トランプ大統領

 【ワシントン=黒見周平】トランプ米大統領は11日、昨年の米大統領選中にロシアが行ったとされる米民主党へのサイバー攻撃に、トランプ氏の選挙陣営(共和党)が関与したのではないかとされる疑惑を巡り、解任した連邦捜査局(FBI)のコミー前長官に「私は捜査されているのか」などと尋ねたことを明らかにした。

 米NBCニュースのインタビューで答えた。

 自らの責任を問われかねない疑惑について、大統領が捜査状況を問いただした事実が表面化し、米メディアは「新たな疑念を提起することになった」(米紙ワシントン・ポスト)などと批判を強めている。

 トランプ氏によると、コミー氏との夕食の席と2回の電話の計3回にわたり、自らが捜査対象になっているかどうかを尋ねた。トランプ氏が「もし可能なら教えてほしい。私は捜査されているのか」と聞くと、コミー氏は「あなたは捜査されていません」と答えたという。

(ここまで385文字 / 残り256文字)
2017年05月12日 12時51分

以上

関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題 - ジャンル : ニュース

05:32  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/466-b3e64a28

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |