2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.04.28 (Fri)

南北朝鮮とも非国家化!? 北朝鮮の戦後処理≒韓国の消滅?

安倍首相が、プーチンとモスクワで会談した。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/politics/news/170428/plt1704280004-n1.html

安倍晋三首相「日露で緊密に協力し、北朝鮮に自制を働き掛ける」

 安倍晋三首相は27日午後(日本時間同日夜)、ロシアのプーチン大統領とモスクワのクレムリン(大統領府)で会談し、核開発と弾道ミサイル発射を強行する北朝鮮に対し、さらなる挑発行為を自制するよう働き掛けることで一致した。

 安倍首相は会談後の共同記者発表で、「日露で引き続き緊密に協力し、国連安全保障理事会決議を完全に順守し、挑発行為を自制するよう働きかけていくことで一致した」と述べた。プーチン氏は、北朝鮮の核問題に関する6カ国協議の再開を提唱した。(モスクワ 石鍋圭)

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

安倍首相は、経済協力拡大と交換条件で、拉致被害者救出に繋がるシナリオ(金正恩の亡命、北朝鮮の非国家管理化実現)の目的で訪露したとみている。
北朝鮮の核問題については、安倍首相としては、主導する立場にはなさそうだ。

そして、アメリカ軍の空母の配置、訓練状況から、トランプの斬首作戦が現実化、北朝鮮の体制消滅に向けた口実をトランプが用意してくれそうな朝鮮状況となりつつある。




以下のサイトでは、国家解体後の北朝鮮の、国連等による管理について、言及している。

―― 参考情報 ――――――――――

北朝鮮の”戦後処理”はどうなるのか?
http://blog.goo.ne.jp/kuranishimasako/e/37e26603f90259fa893093b41113b085

―――――――――――――――――

上記ブログでは、北朝鮮の戦後処理として、5ケース想定している。大変参考になる情報なので、ここで紹介したい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://blog.goo.ne.jp/kuranishimasako/e/37e26603f90259fa893093b41113b085

(1)北朝鮮の枠組みを維持した上での”金王朝”の排除と新体制の樹立
(2)韓国への併合
(3)国際共同管理
(4)国際分割管理
(5)国連における信託統治

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

倉西氏は、中国はとにもかくにも北朝鮮を直接統治したいのではないか、それによって、半島情勢は不安定化は避けられない、との見解のようだ。

では、南北朝鮮が、ほぼ同年度に、非国家化(国家でなくなる)場合はどうか?

朝鮮半島全体んちういて、(3)国際共同管理、(4)国際分割管理、(5)国連における信託統治という選択肢が採用されやすくなると、私はみる。

北朝鮮1カ国についていうと、(5)国連における信託統治、が日本にとっては望ましいのであるが中共が反対すると考えると、南北朝鮮とも(5)国連における信託統治、とするシナリオを現実化した方が、中共、ロシアが介在する余地がなくなる点において、安全保障上、好ましいのではないか。



では、どのような口実にて、そうするのか、ということになる。

歴史的には、桂・タフト協定によって、日米による合意があった。

―― 参考情報 ――――――――――

・韓国が国家として終わる!? 本当の意味
http://nihonnococoro.at.webry.info/201601/article_4.html

―――――――――――――――――

つまり、韓国という国が、日米の合意並びに主導で国連大で、日米主導によって、国家ではなくなる可能性を想定するのである。

そう判断される原因を韓国政府はつくりつつある。韓国政府が機能不全状態にあることが、国際的に周知の事実になりつつある。
加えて、韓国の新大統領が、日韓合意破棄を一方的に宣言した場合、国家として致命的状態と国際的には認識されることになる。

元TBSの山口氏は、それ以外に口実になりそうなものを、リストアップしている。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170426/frn1704261100002-n1.htm

【ドキュメント永田町】日米中が正恩氏圧殺…安倍首相、訪露で包囲網狙い 邦人を盾にする韓国に強行措置も

 安倍首相は当初、北方領土の未来を見据えて、「4島での共同経済活動など経済協力」を進め、「プーチン氏との信頼関係強化」のために訪露する予定だった。トランプ氏との会談などを受けて、これにロシアの火事場泥棒的な対北朝鮮戦略に歯止めをかけ、北朝鮮包囲網の抜け穴をふさぐ重要な役割が加わった。

 さらに、日本政府関係者をイラ立たせているのが、4日に急遽(きゅうきょ)帰任させた長嶺安政・駐韓大使に対する韓国側の扱いだ。

 慰安婦像問題を棚上げして長嶺氏を韓国に戻したのは、朝鮮半島有事に備えた「邦人保護」など、ハイレベルでの政府折衝が主眼だった。

 ところが、黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行兼首相はいまだに、長嶺大使との面会に応じていない。邦人保護についても、韓国政府は「自衛隊機の受け入れには韓国政府の同意が必要」との立場を表明したたけで、具体的協議に応じず事実上放置しているのだ。

 それどころか、日本外務省が11日、韓国滞在者や渡航予定者に対して注意を促す「スポット情報」を発表したことに、韓国政府は「観光客や日韓ビジネスの縮小につながりかねない」と不快感を表明した。

 朝鮮半島が最悪の緊張状態にあるなか、在韓邦人を盾にして平時の憂さを晴らそうとするような韓国政府のやり方に、日本政府内では「やっていいことと、悪いことがある」と強い怒りが広がっている。

 邦人保護について、韓国政府側に具体的な協力姿勢が見えないのであれば、日本政府は「渡航自粛勧告」や「退避勧告」など、邦人の韓国脱出を促す強い手段も検討せざるを得なくなる。

 関係諸国が、対北朝鮮対応で駆け引きを続けるなか、政治的機能不全に陥った韓国だけが孤立している。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

事は、政治的機能不全に陥った韓国が孤立するだけで終わらず、韓国が国家として消滅すべきとの国際世論が周知されることになる。

竹島の不法占拠への不誠実な対応も該当するだろう。




韓国の非国家化の原因となりえそうな事項をリストアップするとこうなる。

―――――――――――――――――

韓国が非国家化される場合の口実

・日韓合意を一方的に破棄した場合
・日本の駐韓大使に対し、韓国政府が会談含めて、対応拒否した場合
・韓国政府が、半島有事時、在韓邦人救出について協力せず人質状態においた場合
・竹島の不法占拠への不誠実な対応

―――――――――――――――――

タイミング的には、韓国の新大統領が日韓合意破棄を一方的に宣言した時点でクーデター発生が予見されるところであるが、日本政府は、国際司法裁判所への提訴の他に、日米共同で国連安保理事会にて、南北朝鮮の非国家管理化について提案すべきだろう。

同時期に、北朝鮮と韓国が、非国家化されることは、日本政府が、竹島を奪還、日本に居住する在日諸君の半島送還が可能となることを意味する。



日本にとっては、戦後レジーム脱却できるまたとないチャンスが到来する。

当然、我が国として、とるべき追加措置が発生する。

具体的には

・韓国籍のビザ免除廃止
・(反日政治活動に係わる)半島系帰化人の帰化取消し、送還
・政府職員、マスコミ等における国籍要件の厳格化

が予定されるべきだろう。

以上

関連記事

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

12:31  |  反日国  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

信託統治先がどこによるかによる

中国は、やみくもに反対はしない。

アメリカが信託統治先ならば、反対するが、中国ならば、現状肯定のため、中国も反対はしない。

むしろ、その場合、ロシアの動きが心配になる。

結局、信託統治という枠組みならば、ロシアと中国の共同管理という形の信託統治になると考える。
Suica割 |  2017.04.28(金) 18:54 | URL |  【編集】

密度の高いブログを紹介します

執筆者についての情報はありません。
最近の記事を読む限りでは、相当の識見の持ち主と推察します。
参考になればと思い、コメントする次第です。

masaoka2010のblog
http://blog.livedoor.jp/masaoka2010/
中原 |  2017.04.29(土) 05:56 | URL |  【編集】

Re: 信託統治先がどこによるかによる

> 中国は、やみくもに反対はしない。
>
> アメリカが信託統治先ならば、反対するが、中国ならば、現状肯定のため、中国も反対はしない。
>
> むしろ、その場合、ロシアの動きが心配になる。
>
> 結局、信託統治という枠組みならば、ロシアと中国の共同管理という形の信託統治になると考える。


ロシアと中国が持ち出しで共同管理するということで、ロシアと中国を弱らせる効果があるならいいのではないかと考えます。
事務局 |  2017.04.29(土) 07:30 | URL |  【編集】

Re: 密度の高いブログを紹介します

> 執筆者についての情報はありません。
> 最近の記事を読む限りでは、相当の識見の持ち主と推察します。
> 参考になればと思い、コメントする次第です。
>
> masaoka2010のblog
> http://blog.livedoor.jp/masaoka2010/

久々に哲学書レベルの文章を拝見しました。
凄い頭脳の方と思います。
事務局 |  2017.04.29(土) 07:34 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/441-f20e86f4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |