2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.04.27 (Thu)

道路・駅表示等でのハングル表記を一切廃止すべきだ

第二次安倍政権において、観光庁が「観光地や交通機関・道路標識などの外国語表示統一」をすすめ、結果、ハングル表示が全国規模で氾濫する事態となった。

―― 参考情報 ――――――――――

観光庁「観光地や交通機関・道路標識などの外国語表示を統一へ」支那・朝鮮語は断固イラネ!の凸っ
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/be5fe5581a77cf69900052eec42ddfd8

―――――――――――――――――



そのハングル語だが、北朝鮮人も理解できるそうだ。

―― 参考情報 ――――――――――

韓国と北朝鮮は同じハングル語ですが、ニュアンスの違いや方言的な違いはあるんでしょうか?
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1119113651

―――――――――――――――――



北朝鮮首脳は、既に日本攻撃について言及した。

―― 参考情報 ――――――――――

黒電話「懲罰の先制攻撃を加える」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48791049.html

【マジで飛んでくるんじゃねえか?】 安倍首相官邸がメルマガで北朝鮮ミサイル警戒しつこく注意喚起へ
http://hosyusokuhou.jp/archives/48791015.html

北朝鮮 「生存を許さない無慈悲な破滅的懲罰を加える」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48791009.html

【速報】 北朝鮮 「カールビンソンを撃沈する」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48791012.html

北朝鮮 「神聖な祖国の領土に核惨禍を被らせようとする悪の群れを無慈悲に撃滅、掃討する万端の戦闘態勢を整えて革命の首脳部の最後の命令を分分秒秒待っている」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48791004.html

【無慈悲な声明】北朝鮮「全面戦争には全面戦争で!核戦争には核で応じる」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48790883.html

北朝鮮「日本列島が沈没しても後悔するなよ!」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48790835.html

【宣戦布告】北朝鮮「超強力な先制攻撃で、米本土は全部消滅して灰と化す」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48790736.html

北朝鮮大使「気分を損ねたら全面戦争」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48790562.html

―――――――――――――――――

マスコミ関係者は、ハッタリだと済ませるだろうが、政府機関的にはハッタリで済ますことはできない。
北朝鮮政府首脳の発言として、記録されるべきものであるからだ。

スパイ工作員が、日本に潜入、国内でいつでも破壊工作を行える状況にあるとすれば、明らかに敵国が使用する言語を、道路・駅表示にて使用する必要があるのか?



小野寺まさる元議員は、氾濫するハングル表記についてかく問題提起している。

小野寺まさる



ハングル表記を増やせば増やすほど、北朝鮮の破壊工作員による破壊工作の成功確率が高まるだけではないのか?

最後に、政府機関として執るべき対応措置を二点提言し、本稿を終える。

■提言1
道路・駅表示等に係わる、外国語使用に係わる、法律上の規定の所管を国土交通省から国家公安委員会に移管(観光優先をやめ、治安対策を優先)

■提言2
道路、駅表示における、ハングル表記をすべて取りやめる

以上

関連記事

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

04:19  |  法整備  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/438-8cae53f0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |