2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.04.23 (Sun)

読書 GW中にお薦めしたい本

朝鮮半島のきな臭い動きから地政学、生前譲位問題から皇室、森友騒動で話題となった教育勅語関連が読み筋と思います。


地政学

・地政学の論理 拡大するハートランドと日本の戦略 中川八洋
・スパイクマン地政学 『世界政治と米国の戦略』ニコラス・スパイクマン
・世界一わかりやすい地政学の本 世界のリーダーの頭の中  倉山満


皇室

・日本は天皇の祈りに守られている 松浦光修
・昭和天皇の学ばれた教育勅語 杉浦重剛
・皇室制度 鈴木正幸
・皇族 天皇家の近現代史 小田部雄次
・天皇家の密使たち 占領と皇室 高橋紘 鈴木邦彦
・一般敬語と皇室敬語がわかる本 中澤信弘


外交

・国際法で読み解く世界史の真実 倉山満
・日本外交はなぜ朝鮮半島に弱いのか 佐藤勝巳
・村田良平回想録 上下 村田良平
・甦れ、日本外交 なぜ外務省はダメになったか 村田良平


その他

・儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 ケント・ギルバート
・田母神裁判傍聴記 瀬戸弘幸

関連記事

テーマ : お知らせ - ジャンル : ニュース

16:26  |  その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

馬渕睦夫・高山正之 共著 4月21日新発売されました

新刊書名は「日本人が知らない洗脳支配の正体 日本を見習えば世界は生き残れる」です。ビジネス社 228p 1,404円 2017年4月21日発売。
中原 |  2017.04.24(月) 04:20 | URL |  【編集】

Re: 馬渕睦夫・高山正之 共著 4月21日新発売されました

> 新刊書名は「日本人が知らない洗脳支配の正体 日本を見習えば世界は生き残れる」です。ビジネス社 228p 1,404円 2017年4月21日発売。

情報ありがとうございます。
事務局 |  2017.04.24(月) 06:00 | URL |  【編集】

宮中祭祀のあるべき姿を、斉藤吉久氏の著書で学ぶ

管理人様ご紹介の松浦光修氏の著書と内容的に重なるかも知れませんが、一読の価値ありとして、コメントします。

斉藤吉久「天皇の祈りはなぜ簡略化されたか」並木書房 2009年1月

天皇陛下のおつとめは祈ること、宮中祭祀にある。8年前の刊行ですが、内容は全く古びていない。

憲法尊重擁護の義務(日本国憲法第99条)との兼ね合いを考慮されているのか。宮中祭祀は、天皇家の私的行事となった。

斉藤吉久氏はメルマガとブログで、著作の解説をされている。古書なら、1000円程度で入手可能。法外な価格出品もある。

斉藤吉久氏は、メルマガと同じ内容の記事をブログで発信されています。一読の価値ありと思料します。

斎藤吉久のブログ:So-netブログ
http://saitoyoshihisa.blog.so-net.ne.jp/
中原 |  2017.04.28(金) 06:13 | URL |  【編集】

Re: 宮中祭祀のあるべき姿を、斉藤吉久氏の著書で学ぶ

> 管理人様ご紹介の松浦光修氏の著書と内容的に重なるかも知れませんが、一読の価値ありとして、コメントします。
>
> 斉藤吉久「天皇の祈りはなぜ簡略化されたか」並木書房 2009年1月
>
> 天皇陛下のおつとめは祈ること、宮中祭祀にある。8年前の刊行ですが、内容は全く古びていない。
>
> 憲法尊重擁護の義務(日本国憲法第99条)との兼ね合いを考慮されているのか。宮中祭祀は、天皇家の私的行事となった。
>
> 斉藤吉久氏はメルマガとブログで、著作の解説をされている。古書なら、1000円程度で入手可能。法外な価格出品もある。
>
> 斉藤吉久氏は、メルマガと同じ内容の記事をブログで発信されています。一読の価値ありと思料します。
>
> 斎藤吉久のブログ:So-netブログ
> http://saitoyoshihisa.blog.so-net.ne.jp/


今度読んでみます。ありがとうございました。
事務局 |  2017.04.28(金) 12:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/434-b9aa9340

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |