2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.03.30 (Thu)

横綱白鵬の暴力相撲  勝負哲学はジンギスカン時代と同じ?

今回は、趣向を変え、相撲について論じたい。
本稿、相撲界に蔓延る「暴力相撲」に係わる問題提起である。

ここ20年くらい大相撲をテレビで見なくなった。
外国人力士のつっぱり、かち上げで勝負がつき、手口的につまらないからだ。

なかでも、モンゴル力士の喧嘩相撲ぶりは、目に余るところがある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/20160528-OYT1T50094.html?from=ytop_main7

豪栄道が左目付近骨折…夏場所の白鵬かち上げで

2016年05月28日 18時00分

 大相撲夏場所12日目の取組で、白鵬のかち上げを顔面に受けた豪栄道が、左目付近を骨折していたことが分かった。

 28日、大関本人が明らかにした。左目奥内側の骨が折れたが、視力などに影響はなく、手術を受けずに回復を待つ考え。7月の名古屋場所には出場する見通しという。

 白鵬のかち上げは、相手の顔面などを狙って右肘をぶつける乱暴なもので、批判の声も上がっている。

2016年05月28日 18時00分

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

白鵬の相撲の手口の汚さについては以前から指摘されてきた。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://ohkowa-omosiro.cocolog-nifty.com/kotyabannba/2012/09/3-2948.html
これが相撲か!? ①張り手→②ヒジでアッパーカット&頚動脈圧迫→③顔面へ頭突き――白鵬の〝3段式暴力相撲〟で妙義龍が失神!

横綱は、ただ勝てばいいというのではない

 横綱相撲といわれるような立派な取り口で勝つのが、横綱だ。

 「はたき込み」で勝つのが横綱相撲といえないのと同様、何度も何度も「張り手」や「張り差し」を使うような白鵬は、「横綱」の権威を汚している。

 受けて立っても勝つ。それが横綱だ。

 美しく勝ってみせるのが横綱ではないのか。
  立派な横綱を目指すなら、姑息な「張り手」を頻発せず、正々堂々とした相撲を取れ。

(城島明彦)

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

こんな情報もある。

―― 参考情報 ――――――――――

大砂嵐に批判、横綱・白鵬も…相撲界にはびこる「悪質エルボー」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/152302

白鵬、美しさ欠くかち上げ 情けない下位力士の無策
http://www.sankei.com/sports/news/160516/spo1605160047-n1.html

白鵬対勢戦のかち上げは禁じ手ではないか?
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14159503714

白鵬のかち上げについて。 今日も白鵬は「十八番」のかち上げ攻撃で相手を圧倒し、白星を重ねました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10161612785

―――――――――――――――――

さて、モンゴル人力士が示す、冷徹な勝負至上主義、ジンギスカン時代のおぞましく、残酷な思想と同根である可能性がある。
これを読んでみたい。

―― 参考情報 ――――――――――

モンゴル思想の残虐性-侵略の肯定
http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/71781398.html

ユダヤとモンゴルの悪しき相乗効果
http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/71777565.html

―――――――――――――――――

相撲関係者は言うだろう。弟子入りした時から、相撲の心は教えている………………
相撲は日本の文化であり、心であると………………

では何ゆえに彼らモンゴル力士は、対戦相手を明らかに怪我をさせ破壊するような暴力相撲を繰り返すのであろうか?

いくら教えても彼らは理解しない。それが彼らに刻まれたDNAであるからだ。

そして、横綱になればどうするか?あの横綱は、おれがいなくなれば、相撲界は終わりだと相撲関係者に凄んでいるのではあるまいか。

私は言いたい。相撲の世界しか知らない、相撲関係者に日本の文化、伝統、心を教えることは無理であり、できそうもないことをできる、と強弁することはやめるべきだ。

確かに、モンゴル人と我々日本人は体型、容姿的に似ているかもしれない。

が、思想哲学はもちろん、「人の心」において決定的に違う人種だと思った方がいいだろう。

関連記事

テーマ : 時事ニュース - ジャンル : ニュース

03:55  |  友好国  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/404-fd868787

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |