2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.03.28 (Tue)

ファーストレデイに係わる業務取扱い  何が問題だったのか?

(政治には詳しいようだが、国益が何であるのかわかっていない、あら探ししか関心がない)民進党の江田憲司議員が今井尚哉首相秘書官の証人喚問を要求しているそうなので、対抗上出稿することとした。

―― 参考情報 ――――――――――

江田憲司議員、今井尚哉首相秘書官の証人喚問を要求!「夫人担当が独断でやるのは絶対にあり得ない」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16096.html

―――――――――――――――――

「夫人担当」が独断でやる、やらないの判断については、私はこうみている。
我々一般国民が、官邸に問い合わせたところで(私も何度か問い合わせくらいはしたことがある)、彼らは素性がよくわからない我々のために、取りついだり、回答文書を提示したりすることは、絶対にない。
そもそも彼らは、「見解」を言わない。
日刊ゲンダイの記事によれば、安倍首相が激怒したという情報が配信されているが、秘書業務を担当している人が、信用に値しない人に文書を手交することはあり得ない。
従って、今回表面化した「夫人担当」のFAXは、異例中の異例、すなわち、やらなくていいことをやってしまったと解していい。


私は、安倍昭恵夫人を無防備かつ無邪気な人(無邪気さでは高校生レベル)とみている。
「夫人担当」が、首相夫人がいくら親しくしていた相手だったにせよ(それは、相手が首相夫人だからニコニコしているに過ぎないのであって)、そんなことくらいわかっていない、無防備、無邪気な安倍昭恵夫人からの依頼?で諸官庁に問い合わせる、所管の部署がどこかを教えることも、「夫人担当」としてあり得ない。
安倍昭恵夫人が、「夫人担当」に対し、それくらいの対応はしてほしいと言われれば、断固として拒絶する、そういう立場であるはずなのだ。
それゆえ、安倍昭恵夫人は、一度、国会喚問されるべきだ。
自民党の長老議員でもいい、野党議員でもいい、叱っていただきたいのである。



さて、本件に関連して、田母神俊雄はかくコメントしている。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

田母神俊雄‏認証済みアカウント @toshio_tamogami 3月26日
その他
権力を握る者は謙虚でなければならない。しかし政治家が事業者などから頼まれて口利きもできないとなると何もできない政治を助長する。法令を守りながら政治家などが自分の政治信条に従って行動することに国民は寛容でなければならないと思う。多くの野党は与党を束縛するためだけに行動している。

田母神俊雄‏認証済みアカウント @toshio_tamogami 3月26日
その他
総理夫人の森友学園との関係がテレビでいろいろ報道されるがあの程度のことを総理夫人が取り次ぐことが何が問題なのか。野党は関与があったとかでまるで犯罪があったような追求をしているがいいじゃないかそのくらいと私は思う。何の力もない野党が総理なども自分たちと同じ無力状態に置きたいだけだ。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

私は、「夫人担当」がFAX文書という形で証拠を残してしまった「迂闊さ」を問題視している。



そこで、本稿、官邸スタッフが機密保持のため、関係者が決して口外しない一方、民進党江田議員が業務経験者であるがゆえに、しつこく迫ると予想する、ファーストレデイの業務取扱いについて、ファーストレデイ本人、「夫人担当」という政府機関職員の両面からどういう対処が望ましいのか、論点を示すこととした。

要するに、森友事案の経過から、ファーストレデイ本人、「夫人担当」について業務上どういう問題、官邸スタッフ側の判断として悩ましい点が発生していた可能性があるのか、個別事項に細分化し検討を行った、のである。

私は、政府機関に勤務したことはない。もちろん、官邸職員との接触もないが、民間企業における、秘書的業務経験から、おそらくそうであろうと推定した前提での原稿であること、ご承知いただきたい。


―――――――――――――――――

ファーストレデイ本人と「夫人担当」とに係わる、業務管理上の問題点?

・公人と私人の区別はどうするか?
外交に係わる首相ご同伴、政府主催イベントへの参加等については公人でいいだろう。
それ以外は、私人でいいかと言うと、事はそう簡単ではない。公人とも私人とも区別がつかないグレーゾーンがあると予想する。
グレーゾーンとしては、自宅での、ファーストレデイの対応が該当すると予想する。
明らかに私人の範疇に入れていいのは、兼職に係わること、家庭に係わることくらいであろう。

・首相の職務を代行することを想定するのか?
自宅での電話のやりとり、礼状対応など、首相に代わり、対応する機会は多いと思う。が、そのための「日当」は支払われていないと予想。「日当」が支払われないのに、政府職員としてファーストレデイにああだこうだと「指図」できるのか?という悩ましい問題が発生していると予想。

・公務拒否を認めるのか?
雅子妃みたいな例があるので、無理して公務参加を義務付ける必要はないと考える。

・官房機密費の支出はどう取扱うのか?
公人として参加される場合は、官房機密費支出対象となるだろう。
「兼職している職務に係わる事項、家庭に係わるもの」以外については、ケースバイケースで官房機密費支出対象と運用上しておいた方が緊急時等、役にたつような気がする。
ただ、本件、官房機密費が森友事案のために支出されている気配濃厚と私は読む。江田憲司議員が喰いついてきた以上、そういう追及への警戒は必要となった。「夫人担当」の配置換え?は、その追及から逃れるための手段となろう。

・ファーストレデイの兼職を認めるのか?
明らかに言えることは、営利を目的とした民間企業の兼職は認めるべきでないというスタンス。
では、学校法人、宗教法人など公共的性格を持つ組織、団体はというと、その許認可に係わる事項に関与することは禁止されるべきと考える。
安倍昭恵夫人が迂闊だったのは、「夫人担当」を介して官庁に問い合わせしたり、自分から官庁に電話してしまったことだ。
本当に愚かなことをしてくれたものだ。

・兼職の立場として、兼職した組織、団体のための許認可対応、口利きを認めるのか?
一切禁止されるべきと考える。それでも兼職するのであれば、兼職する職務について公開されるべきであろう。
既に、安倍昭恵夫人は、森友の許認可について対応してしまった。野党が追及ネタを見つけたと思いこむのは必定。そういう追及を受けることが100%予想されるのに、やらないでいいことをやってしまった、無防備で無邪気なお人柄であろうことを、一連のやり取りから私は察するのである。

・スケジュール管理をどうするのか?
業務性格的に「夫人担当」がファーストレデイについて公私含めて一括管理することは避けられない、とのスタンス。

・誰がスケジュール管理するのか?
ファーストレデイ、「夫人担当」それぞれ。疑問の余地はない。

・政府職員による、警備、随行はどのような場合、認めるのか?
「夫人担当」が都度判断。

・国家公務員法を適用するのか?
公務については、国家公務員法適用とすべきと思う。今はおそらく適用対象外?

・何らかの監査の必要ないのか?
国家公務員法適用ならば、内部牽制上の措置は必要となろう。が、実態的には適用されず?

・ファーストレデイの公人としての業務上のミスは、誰が糺し、是正させるのか?
「夫人担当」とその上司。

・ファーストレデイは、(安全保障面等)、指揮命令系統に存在するのか?
おそらく存在しないこととなるだろう。

・ファーストレデイ業務管理の決裁者は誰なのか?
「夫人担当」の上司。江田憲司議員が喰いつくのは、権限行使実態を知っているからだろう。

・ファーストレデイに権限は付与されるのか?
国家公務員法が適用されない限り、不要。

・政府職員随行の際の政府職員の日当、旅費はどうするのか?
公務については、官邸にて予算措置して支給されるべき。
私用については、安倍首相個人が、政府職員の日当、旅費を支給する。(現物支給含む)

・「夫人担当」は公務、私用両方を担当するのか?
公務、私用の判断のほか、両方の調整を行うので、両方担当する、すなわち、私用の手配等を行うと考えて差し支えないと考える。

・ファーストレデイが、公人として政府機関に直接接触することを認めるのか?
直接接触不可とし、「夫人担当」がすべて対応。

・ファーストレデイが、兼職の立場で、私人として政府機関に直接接触することを認めるのか?
直接接触不可とする。「夫人担当」も介在しないのは当然。

・ファーストレデイが、家庭に係わることで、私人として政府機関に直接接触することを認めるのか?
家庭に係わることとして、所得税の還付、不動産登記関係は、接触可能だろう。

・ファーストレデイの、公人としての安倍昭恵夫人の日当、旅費はどうするのか?
本来、支給されるべき。国家公務員法上、明文化されていないならそうすべきだろう。(法改正?)

・ファーストレデイの、公人としての対応記録はどうするのか?
記録文書に残されるべき。

・ファーストレデイの、政府職員の対応記録はどうするのか?
費用の支出を伴ったもの、外交文書化されたもの、国会審議マターとなったものについては、記録文書に残されるべき。

・ファーストレデイの首相交替に伴う業務引継ぎはどうするのか?
公務に係わる事項について、「夫人担当」が作成。ファーストレデイ間ないし「夫人担当」を介して引き継ぎするケースを想定。

―――――――――――――――――


確かに、「夫人担当」がやったことはおかしい。が、厳しい見方をすると、無防備、無邪気さゆえ、公私の区別がはっきりしない、安倍昭恵夫人の存在があって、起きてしまったと言わざるを得ない。

私は、安倍昭恵夫人に同情しない。
日刊ゲンダイ記事で安倍首相がかんかんになって怒っているという記述があるそうだが、怒られるべきことをしたのは、表面的には「夫人担当」かもしれないが、安倍昭恵夫人だという見方をしている。


他方、他の政治家が首相だった場合において、起こり得なかった事案と推定するし、自民党内の反安倍派の議員の奥さんは、一連の経緯を嘲笑し眺めているはずである。麻生副首相が、国会審議にてニヤニヤしているのは、そういう意味が込められているのではあるまいか。

政治家安倍晋三のお母さんが、嫁に激怒するのは当然のことだ。政治家の嫁として未熟だと言われるのは仕方がない。ただ、安倍晋三のお母さんは、政界のゴッドマザーと呼ばれ、嫁に厳しい人なのかもしれない。

―― 参考情報 ――――――――――

安倍首相の母親がモンゴル訪問へ=真の目的は北朝鮮との拉致問題秘密交渉か―日本華字紙
http://www.recordchina.co.jp/b92656-s0-c10.html

安倍洋子
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%B4%8B%E5%AD%90

―――――――――――――――――

嫁姑の関係で、姑が強権発動し過ぎて、嫁が外回りでの生活を好むようになる。それが、首相の言う、女性が活躍できる社会なのであろうか?
そもそも、安倍昭恵夫人は、人様の前で、講演できるほどの資質と能力と実績を兼ね備えた人なのであろうか…………………
私には、怪しげな日韓イベントにて、ニコニコしながら苦行?される無邪気な人にしか見えないのである。苦行?を楽々こなすのであれば、思想的には、さほど保守ではないような気がする、、、ネジが緩んでいると書いたら書き過ぎであろうか、、、そこに政界のゴッドマザーが嫁に激怒する?そもそもの理由があるように思うのだ。



最後に、

この種の事案の再発を防ぐために、無防備、無邪気で公私の区別さえ理解できていない?ファーストレデイのために、官邸内の誰かが、マニュアル的に文章化し、それを共有化する必要があること

本稿は、マニュアルの下書き感覚で文章化を試みたものであること(マニュアル案の構想は出来上がりつつあること)

を報告し、本稿を終える。

以上
関連記事

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

07:13  |  政府機関  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

政治家 安倍晋三の嫁ではなく、安倍晋三の嫁ならば、大丈夫な程度の人なのかもしれません。

これまでの過程を考えると、そんな人だと思います。

ならば、昭恵夫人は、これからは、ただの安倍昭恵として生きられるのが良いと思います。
Suica割 |  2017.03.28(火) 10:36 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> 政治家 安倍晋三の嫁ではなく、安倍晋三の嫁ならば、大丈夫な程度の人なのかもしれません。
>
> これまでの過程を考えると、そんな人だと思います。
>
> ならば、昭恵夫人は、これからは、ただの安倍昭恵として生きられるのが良いと思います。

政治家安倍晋三は、無防備で無邪気な人でないと気が休まらない人かもしれません。

[安倍昭恵夫人の同行職員「自ら判断」 政府答弁書]のニュース、先ほど産経から配信されましたが、無防備で無邪気な首相夫人のせいで左遷されることを怖れ、今後は、まともに相手にされないファーストレデイとなるでしょう。

事務局 |  2017.03.28(火) 12:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/399-45be8fcc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |