2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.05.05 (Thu)

押し紙新聞社の記者に質問したいこと

ある情報によれば、押し紙率の最大は74%となっているそうだ。

―――――――――――――――――

【押し紙問題】販売店主が告白 朝日新聞30%、読売新聞40%、日経新聞20%、産経新聞26%、毎日新聞74%が水増しの店も …週刊新潮
http://hosyusokuhou.jp/archives/47487223.html

71. 名無しさん@ほしゅそく   2016年05月04日 20:54  ID:QoSUI8gt0 このコメントへ返信
俺コンビニでバイトしてるけど
毎日新聞なんか全然売れて無いよw
日経と読売新聞と産経新聞とたまに朝日新聞
メインは、スポーツ新聞だけどねw
新聞のラック(販売用)あるんだけど
左側に朝日新聞と毎日新聞
右側に産経新聞と読売新聞
真ん中に日経
夕刊の日刊ゲンダイも左側に無理やりねじ込んでるw

誰か気付くかと思ってんだけど
案外気づかん・・・寂しい

112. 名無しさん@ほしゅそく   2016年05月04日 21:32  ID:3DPTc0HkO このコメントへ返信

聖教新聞、うちの母親も5部とか取ってたよ。
知り合いに配るとかの名目付けられて。

じゃあ外部啓蒙は要らないって事なのに、また外部啓蒙させられてた。

功徳が積めるとか言われて、馬鹿馬鹿しいったらない。

母親は亡くなったけど、騙されてたんだなって思う。

117. 名無しさん@ほしゅそく   2016年05月04日 21:36  ID:QoSUI8gt0 このコメントへ返信
普段全く新聞を読まない層には、関係ない話に感じるかも知れないけど
ネットニュースは、だいたい読まれているんだよね
あとはさ、競馬好きな人達が東スポをよく買っているんだよね
知らない人も多いかも知れないけど
一応 政治面があるんですw物凄くコンパクト
案外保守系な簡単な記事なんですw(基本スタイル)
駅売りやコンビニなどでは、ダントツに売れてるからね
発行部数は少ないかも知れないが
職場の休憩所などに置いてあると
みんなで回し読みされてるからね
案外影響力あると思うよw

155. 名無しさん@ほしゅそく   2016年05月04日 22:38  ID:E7mbfC6h0 このコメントへ返信
本来であれば、ネットなんていう不確かなものじゃなくて、新聞が健全に運営されて行ってほしいと思う。
ネットなんか不確かで不連続な情報の集まりでしかないから、必要だと思われる情報も消えてしまう。
新聞は1949年の情報でも縮刷版として図書館で読める。

GHQが日本に必要なものを壊した。新聞もそのうちの一つだと思う。
156. 名無しさん@ほしゅそく   2016年05月04日 22:38  ID:lK.9yzuK0 このコメントへ返信
基本新聞は 新聞法がない以上 自称すれば新聞なだけの自称屋稼業だよな。
実態が無いんだよな ビルはあるけどw 根無し草業界だろw
権力から独立した機関がーといいながら 捏造 副業もやりたい放題。他者は糾弾 自分達は謝罪もしない。
事実を書く必要もないといい 記者クラブで他は排除。
こんな無法で治外法権の民間企業が必要か。いらんわな。
暴力団でさえ暴対法という法律的根拠があるんだがw

203. 名無しさん@ほしゅそく   2016年05月05日 04:09  ID:s8VoD8KA0 このコメントへ返信
10年くらい前に変態新聞配達員バイトしてたが、店長夫婦が販売数を誤魔化してるのがバレて店潰れた。
昔から色々悪い事やってるはずw

―――――――――――――――――

この中で、押し紙率が74%となっている、新聞社にターゲットを絞り、質問状を出すことを想定し、質問項目をリストアップした。

―――――――――――――――――

押し紙新聞社の記者に質問したいこと(案)


・押し紙実態を知っているか?

・押し紙は犯罪ではないのか?

・押し紙は広告主に対する詐欺行為ではないのか?

・記者は、押し紙について知っていることを内部告発する立場にあるのではないのか?

・押し紙実態を知っていて、政権批判、企業批判の記事を書くことは、記者のモラルに反するのではないのか?

・押し紙は環境保護に反しているのではないのか?

・押し紙古紙の輸出は、エネルギー資源の無駄遣いではないのか?

・押し紙実態を隠蔽する新聞社に、政治・経済・社会批評する資格はあるのか?

・押し紙新聞社は、社会的に最も糾弾されるべき存在で、かつ社会的に最も不要な存在ではないのか?

・押し紙について内部告発することを躊躇う記者は、記者である必要はないのではないか?

―――――――――――――――――

別に、難しい質問ではない。ビジネスとして係わっているなら、押し紙の有無について当然知っていることである。従って、すべての新聞記者が答えられなくてはならない。

これくらいの簡単な質問に答えられなくて、政治・経済記事が書けるはずがないのである。


特に、南京虐殺はあった、と記事に書いた記者諸君に問いたい。
記者諸君が押し紙で問い詰められた場合、記者諸君は、押し紙問題について、知らぬ存ぜぬを繰り返すことはできない。押し紙が存在しないというのであれば、南京虐殺問題について、田中正明氏が「南京事件の総括」という本において、試みた「悪魔の証明」と同様、の手法で証明しなければ、押し紙はないという証明が難しい社会状況になっていることを、新聞記者たちは知るべきだ。


マスコミの使命は政権批判にあると豪語する記者には、かく問いたい。
自身の新聞社の押し紙がないことを証明できずして、政権批判できる正当性はどこにあるのか?

かように、押し紙新聞社の記者が、追及される時代に入ったのである。

押し紙新聞社は、社会的責任追及から逃れることはできないのである。


さて、岸井某は、放送法違反に係わる質問や公開討論の場から逃げ続けているそうだ。

であれば、なおさら、出演する番組のスポンサー経由あるいは、関係者経由、いろんな経路で、岸井某の出身だった新聞社の押し紙実態について、追及すべきであろうと思う。

全国1000人の同志が、同時期、押し紙追及に係わる、かような追及行動を一斉に開始すれば、事は一瞬で処置可能かもしれない。

スポンサー企業には、岸井某があらゆる追及から逃げ回っていることを示し、押し紙新聞社の関係者が出演する番組に………と書けば、コンプライアンス対策上、手も足も出なくなることになるだろう。

スポンサーが、「押し紙という違法行為に係わる新聞社の系列となっているテレビ局」と取引することを含め、スポンサー行為についても社会問題化できる可能性があるのだ。

皆様、お住まいの地域の最も廃れた販売店は、どの社であろうか?
上記押し紙率の最大値は当たっているのではないかと思う。それくらい、あの新聞社販売店は人気(ひとけ)がないのである。

その人気(ひとけ)ない新聞社販売店を、遠くから望遠カメラで撮影するなど、紙の厚さで搬入した量と、日々配布した量を画像ベースで比較することができれば、とりあえず、あの新聞社については、実態解明可能なレベルであろうということを指摘し、本稿を終える。

関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題 - ジャンル : ニュース

05:41  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/39-32a8742e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |