2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.03.13 (Mon)

検察の威信 こんなことやっていて大丈夫か?

本稿、保守主義的でないサイトの情報を含むことを最初におことわりさせていただく。

いわゆる小沢一郎に係わる刑事裁判、検察が無理筋で臨み、「取り調べの可視化」という事態を招いた。

―― 参考情報 ――――――――――

検察の権威を失墜させた田代政弘検事、佐久間達哉検事らを「懲戒免職」(退職金なし)にすべきだ
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/681e4616e58462afb3d66d72d6510195


田代政弘
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%BB%A3%E6%94%BF%E5%BC%98

佐久間達哉
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E4%B9%85%E9%96%93%E9%81%94%E5%93%89

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この結果、刑事訴訟法改正に結びついた、とされる。

―― 参考情報 ――――――――――

第20話 取り調べの可視化
http://www.horiuchi-yasuhiko.jp/tackle/index_20.html

取り調べ可視化義務付け、通信傍受の対象拡大……【刑事訴訟法改正案可決】の意義と懸念
http://biz-journal.jp/2016/05/post_15233.html

―――――――――――――――――

ところが、刑事訴訟法改正とヘイト法法制化が時期的に重なった。

―― 参考情報 ――――――――――

衆議院法務委員会で刑事訴訟法改正案、民法再婚禁止期間短縮法案、ヘイトスピーチ法案可決【きょうの国会】
http://blog.goo.ne.jp/kokkai-blog/e/a23d379f582033d552f882c1dc2e6e02

―――――――――――――――――

私は、野党が、刑事訴訟法改正案について呑む代わりに、ヘイト法法制化にこだわったとみている。

西田議員は否定しているが。


さて、田母神裁判、私は、今村さん被告の刑事裁判くらいしか知らないが、一連の経緯から今村さんを有罪とするのは難しいのではないかとみている。

―― 参考情報 ――――――――――

田母神裁判 今村直樹さん被告裁判からわかる検察への疑問点
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-358.html

―――――――――――――――――

私は、検察という組織に憎しみを抱いているとか、恨んでいるとか、そういう気持ちはない。
ただ、今村さんの裁判経緯を眺めていて、常識的にみて無理筋?のような気がするのである。


一連の裁判を膨張していた関係者から、田母神俊雄に、無罪の可能性が高いとする連絡が入っているそうだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

田母神俊雄‏認証済みアカウント
@toshio_tamogami

昨日公職選挙法違反(運動員買収)で起訴された私の裁判があり、検察側は懲役2年を求刑しました。しかし検察の私を有罪にする根拠は、私の弁護団長中村弁護士の弁論によって悉くひっくり返されたように思います。裁判を傍聴した友人たちからも無罪だとの連絡が多数入りました。判決は5月22日です。
486
リツイート
940

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


ただ、当裁判の担当検事は、別の裁判の被告を検察側証人として申請、以下のようなやりとりがあったそうだ。

―― 参考情報 ――――――――――


私は大物なのか(笑)東京地検特捜部に名指しされ・・・・
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53224928.html

―――――――――――――――――

今村さんの裁判ではこんな経緯があったそうだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53224928.html

今村直樹氏の裁判終了後、鷲見茂秋証人と満面の笑みで握手をしていたという
男女の検事についての質問です。

ほんの個人的興味なのですが、傍聴したかたで担当の女性検事の名前が
おわかりになるかたがいたらお教え願えないでしょうか。
一般傍聴人であるせと先生を恫喝するかのようなイレギュラーな質問をした
男性の検事については名前が分かっていますのでけっこうです。
以上、よろしくお願いします。

2010年4月1日 法務省人事
西田将仁 水戸地方検察庁検事(東京地方検察庁検事)

2012.4.1付 法務省人事
西田将仁 松山地検 検事(大阪地検検事)

2014.4.1付 法務省人事
西田将仁 松山地検検事(さいたま地検検事)

2016.4.1(2)付 法務省人事
西田将仁 東京地検検事(松山地検検事)
Posted by GM at 2017年03月10日 20:20

女性の検察官はヨシオカ検事ですね
youtubeにアップしている支援者という所はこの検事の最後の質問でした
Posted by けぶり at 2017年03月10日 21:07


けぶりさん:
>女性の検察官はヨシオカ検事ですね
>youtubeにアップしている支援者という所はこの検事の最後の質問でした


迅速な回答と訂正、ありがとうございます!
 感謝です。
 実は、件の男女の検事の写真は入手したのですが女性検事の名前が確認できませんでした。
この人↓ですね。

2015.4.1付(1) 法務省人事
 吉岡和美 東京地検検事(前・秋田地検大館支部)

Posted by GM at 2017年03月10日 21:27

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


見方を変えたい。
田母神俊雄裁判で検察が、別の裁判の被告を証人喚問し、あのように言わせることが許されるなら、たとえば、担当検事の素行を知る人を弁護側が証人として申請したらどうなるのであろうか?

当該裁判中に、週刊誌などに、検察官の行状などについてスッパ抜かれたらどうなるのであろうか?

検察がやった証人申請の異常さを指摘するのである。
検察がそうやるなら弁護側も同じことをやることが許されると考えて不思議ではないのだ。

私は、検察をいたずらに刺激するような事を書いているつもりはない。
検察を批判するつもりも、憎んでいるつもりも恨みも何もない。

が、検察側証人と握手したり、検察側証人にあのような証言をさせることが、法と正義において為される手順において必要不可欠なことか、許容されることなのか?という意味で書きたくなったのである。

私は、当該検察官と、互いの肩書がない状態で、議論したいのである。
または、互いの立場が入れ替わった視点で議論したいのである。

そして、(読者の皆様がそう思われているように)拙ブログは多少に怒りや憤りがあっても通常は、淡々と書いている。

ゆえに、検察官におかれては、淡々となすべきことをおやりいただきたいのである。
別の裁判の被告に対し、あのような証言をさせる意味を感じないのである。また、当然のことであるが、検察側証人と検事が握手する必要も感じないのである。

繰り返す。検察官という職務は、法と正義の名において淡々と為されるべきであり、それによって検察の威信は維持される性格のものではなかったのか!


以上

関連記事

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

06:40  |  政府機関  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/379-1c89a722

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |