2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.03.09 (Thu)

天皇陛下の本務とは何か?

このテーマに合致する専門家が書いた文献を探していたところ、「日本は天皇の祈りに守られている」(松浦光修)の32~33頁に、なるほどと思われる記述を見つけたので紹介する。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

天皇陛下のご本務とは?

天皇陛下のお仕事は、たくさんあります。よく知られているところでは、国会を開会したり、大臣を任命したり、いろいろな式典に出席されたり、戦跡や被災地を訪問されたりするお仕事があります。また、外国の要人たちを親交を深められたり、「歌会始」「園遊会」「晩餐会」などを主宰されたりすることも、もちろん大切なお仕事です。けれども、さまざまなお仕事のなかで、これこそ天皇陛下の「ご本務」と言えるものは、なんでしょうか?
それは「皇室祭祀(宮中祭祀)」です。わかりやすく言うと「神々をお祭りすること」です。
「お祭り」という言葉を聴くと、今の人々は、すぐに参道に「タコ焼き」とか「わたあめ」とかの露店の並ぶ、あのにぎやかな”お祭り”を創造してしまうかもしれません。けれども、本当の「お祭り」というのは、そういうものではないのです。

「お祭り」とは、もともとは伝統的な作法にしたがって行なわれる、”神々への厳粛なご奉仕”のことを言います。わかりやすく言うと、日本の神々への「祈り」です。
その「お祭り」は、初代天皇である神武天皇から、現在の百二十五代の今上陛下(今の天皇陛下)まで、一貫して変わりません。つまり、アマテラス大神をはじめとする神々、また「皇霊(ご歴代の天皇の神霊)」に「祈り」をささげられることが、天皇陛下の「ご本務」なのです。

皇居のなかには「賢所」「皇霊殿」「神殿」の「宮中三殿」があります。天皇陛下は、今もそこで、ご先祖のアマテラス大神をはじめとする神々と、神武天皇をはじめとする「皇霊」をお祭りされています。そのお祭りこそが、初代の神武天皇以来、今の天皇陛下にいたるまで、天皇としての、もっとも大切なお仕事なのです。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


この説を受け入れた場合、天皇陛下、それ以外の皇族に係わる業務上の重要度は、左から順に

宮中祭祀>国会公務>外交公務(内閣の助言と承認によるもの)>国内公務>その他>私事

という位置づけとなるだろう。

やや極端にまとめれば、

宮中祭祀>>国会公務≒外交公務(内閣の助言と承認によるもの)>>国内公務>>その他>私事

という位置づけとなるだろうし、ここに書かれていることは、歴史教科書に記述されるべきことであろう。

以上

関連記事

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

16:33  |  皇室  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

総書記または宗教指導者たちと決定的に異なる点は
過去、現在、未来と国民を統合する歴史そのものであること。
どんな時代においても歴史的な視点で物事を語る場合、
偽りのない共有ソースとしての役割があることによって、
私たちが得られる恩恵は計り知れません。また、国家元首では
ないため政治的権能は有しないとは名ばかりで、国事行為は
事実上、常に最高責任者としてのお役目であり、祭祀と
合わせて最重要な使命だと思われます。この点はブログ主様の
意見と少し異なるでしょうか。

あと個人的な考察として、天皇家において自然環境に
根差した研究が専門家レベルで行われている意味は非常に
大きいと感じます。繊細で壊れやすい自然の意味を理解して
ゆく作業はあらゆる学問の集約地点であり、このような研究を
通して日本的な価値観を体現されているような気がします。
アナンケ |  2017.03.09(木) 19:34 | URL |  【編集】

NoTitle

天皇陛下の本務を今上陛下ご自身が理解なさっていない、これが何ともやりきれません。

それから、森友学園問題と天皇譲位問題の間に政治的な取引関係があるように感じます。
根拠のない感覚で書いています。すみません。
NoName |  2017.03.10(金) 00:29 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> 総書記または宗教指導者たちと決定的に異なる点は
> 過去、現在、未来と国民を統合する歴史そのものであること。
> どんな時代においても歴史的な視点で物事を語る場合、
> 偽りのない共有ソースとしての役割があることによって、
> 私たちが得られる恩恵は計り知れません。また、国家元首では
> ないため政治的権能は有しないとは名ばかりで、国事行為は
> 事実上、常に最高責任者としてのお役目であり、祭祀と
> 合わせて最重要な使命だと思われます。この点はブログ主様の
> 意見と少し異なるでしょうか。
>
> あと個人的な考察として、天皇家において自然環境に
> 根差した研究が専門家レベルで行われている意味は非常に
> 大きいと感じます。繊細で壊れやすい自然の意味を理解して
> ゆく作業はあらゆる学問の集約地点であり、このような研究を
> 通して日本的な価値観を体現されているような気がします。

アナンケさんは、かなりの見識をお持ちの方をお見受けします。
アナンケさんの指摘、天皇陛下の憲法に規定された役割、憲法上規定されていないが担われている重要な役割、という意味で拝読させていただきました。
アナンケさんは、既にお見通しでおられるかもしれませんが、生前譲位、1代限りということで特例法法制化の動きの中で、妥当な落とし所を思われる筋を見出しており、本稿そのための、概論的位置づけとなります。

事務局 |  2017.03.10(金) 05:25 | URL |  【編集】

Re: NoTitle

> 天皇陛下の本務を今上陛下ご自身が理解なさっていない、これが何ともやりきれません。

男子宮家復活の根拠にできるのではないかと、みております。

> それから、森友学園問題と天皇譲位問題の間に政治的な取引関係があるように感じます。
> 根拠のない感覚で書いています。すみません。

森友学園、民主党政権時代のあるミス?について、自民党が決定的証拠を握っており、その証拠をネタに、民主党に働きかけたのではないか?一昨日だったと思いますが、野田幹事長が生前譲位特例法について自民党案について妥協する趣旨の発言をしたようです。

シナリオをしてはあり得ます。

私は、陛下は、民進党と通じているのではないかと、疑っております。そこで、自民党は、森友学園のあるネタを利用し、、、
事務局 |  2017.03.10(金) 05:34 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/374-bd46b609

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |