2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.03.03 (Fri)

天皇皇后両陛下ベトナムご訪問  日越軍事同盟?&残留日本兵が歴史教科書に載る日

天皇皇后両陛下がベトナムご訪問された。かねてからのベトナム政府からの招請にお応えになられたとのこと。

タイミング的には、日越軍事同盟?を中共に印象づけることになるだろう。

―― 参考情報 ――――――――――

歴史に翻弄された残留日本兵のベトナム人妻、夫の軍服を巻いた枕を抱き眠る
http://www.viet-jo.com/news/social/170228122336.html

日本兵家族4

―――――――――――――――――

ベトナム訪問の両陛下、残留日本兵の妻子と面会 (必見!)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2996201.html

日本兵家族1

 日本兵家族2

日本兵家族3 

残留元日本兵の妻、スアンさん「ご訪問うれしい」…感謝の涙
http://www.sankei.com/life/news/170302/lif1703020058-n1.html

【ベトナム国民絶賛!!】ベトナム残留の元日本兵家族との面会に込めた【天皇皇后両陛下】の行動と想いに感動!【皇室・天皇】海外の反応
https://www.youtube.com/watch?v=ZbGaXo6Hv0w

―――――――――――――――――

さて、敗戦時、歴史研究者の情報によれば、600名ほどの日本兵が、ベトナム女性たちに懇願され、ベトナム独立のために戦ったとされる。つまり、天皇陛下に会われた、ベトナム女性は、国家を独立させるべく、(自国の男ではなく)それを異国の日本兵に託したことになる。

凄い話だ。上記の画像で拝見するベトナム女性たちは、気高い。そして気品に満ちている。
仏印駐留の日本軍は、一晩であのフランス軍を攻略したことなどから、ベトナム女性にとってカッコイイ存在に見えたに違いない。


文献情報的に、集められるものを揃えてみた。

―― 参考情報 ――――――――――

インドシナ残留日本兵の研究 - 防衛研究所
http://www.nids.mod.go.jp/publication/senshi/pdf/200203/06.pdf

ベトナム秘史に生きる日本人
http://web.soshisha.com/archives/vietnam/2007_0906.php

日本とベトナムの仲…独立戦争で共にフランス軍と戦った残留日本兵たち
http://blog.goo.ne.jp/irukanoutada11/e/b5a0a78142449dca7190b13dfcb5eb5e

日本軍がかかわったベトナムの独立戦争
http://www.sanspo.com/geino/news/20141015/sot14101515300014-n1.html

ベトナム独立のために戦った日本人将兵がいたことを忘れるな
http://blog.livedoor.jp/waninoosewa/archives/1552580.html

クァンガイ陸軍士官学校 - ベトナムの戦士を育み共に闘った9年間
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784870151635

―――――――――――――――――


今回の天皇陛下のベトナム訪問、政治的にも、歴史的にも、ベトナム残留日本兵家族の立場においても重要な意味を持つ。

以下に、その概要を列挙し、本稿を終える。

■日越軍事同盟?(中共に対しベトナムは日本政府と共同で対処?、ベトナム政府は天皇陛下ご訪問により国内世論親日化に成功!)
■戦後レジーム脱却(仏印関連)
■村山談話は与太話の類であることに気づく人が激増
■植民地解放史観の認識拡大(残留日本兵が独立のために戦った、インドネシア、ベトナムについて)
■歴史教科書に残留日本兵の存在が掲載なるか?(現在、文科省にて、小中の学習指導要領、パブリックコメント期間中)
■「ベトナムは韓国とは違う」と認識する国内世論が増える?(残留日本兵(故人)を愛し続ける、ベトナム女性に私は感動した)
■慰霊目的での最後の?皇室外交


以上

関連記事

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

04:55  |  皇室  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/364-a62f80e7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |