2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.02.19 (Sun)

「米中電話首脳会談」何者かに盗聴され北朝鮮に伝達された? 安倍首相の役割は?

私は、安倍・トランプ会談に係わる以下の「推論」を読み、あるシナリオを見出した。

ポイントは、日米首脳会談直前に、米中電話首脳協議を行ったこと、トランプが非常に、東アジア情勢に関心を示していることにある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

安倍・トランプ会談

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170215/plt1702151130004-n2.htm

【ドキュメント永田町】安倍-トランプ極秘交渉…議題は「中国」「北朝鮮」「韓国」 異例の厳戒態勢、密室車中会談の中身 (2/3ページ)
2017.02.15

 さらに、トランプ氏は「私は確信した。私とあなた(安倍首相)で、史上最高の日米関係をつくれる」とまで言い切ったのだ。蜜月関係のステージが上がった。

 自動車の貿易不均衡や、為替操作、日米FTA(自由貿易協定)など、日本側が懸念していた課題にも、トランプ氏はほとんど言及しなかった。もちろん、「アメリカ・ファースト」(米国第一主義)のトランプ氏が、この要求を取り下げることはあり得ない。

 いずれ厳しい交渉が待っているが、安倍首相は仕掛けをつくった。麻生太郎副総理兼財務相と、マイク・ペンス副大統領をトップとする「日米新経済対話」だ。国益が激突しかねない経済や通商、為替などの問題は、首脳レベルに軋轢を持ち込ませない知恵である。

 政府関係者が「満額以上の成功」と胸を張る今回の首脳会談だが、日程上、不可思議な点がある。肝心の首脳会談が40分しか設定されておらず、すぐに共同記者会見が行われ、共同声明も発表された。主要部分が、初日の開始から1時間半程度で終了したのだ。

 実は、本当に重要な「真の首脳会談」はフロリダでひそかに設定されていたことが、関係者取材で明らかになった。

 ゴルフ中は、他のメンバーもいたため難しい話は出なかったが、「別荘からゴルフ場」「ゴルフ場から別のゴルフ場」「さらにゴルフ場から別荘」と3度にわたる移動は、トランプ氏の専用車に安倍首相と通訳だけが同乗した。

 車中という密室に、事実上2人だけになる時間が1時間以上あったのだ。そして、両首脳はこの間に、絶対に漏れてはならない、突っ込んだ話を行ったのである。


http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170215/plt1702151130004-n3.htm

関係者の話を総合すると、トランプ氏は車中でも経済の話は持ち出さず、もっぱら世界情勢について集中して議論したという。議題の中心は、中国、北朝鮮、韓国といった東アジア情勢だった。

 トランプ氏は、安倍首相との首脳会談前日、中国の習近平国家主席と、米中首脳電話会談を行った。トランプ氏は東・南シナ海や、サイバー、為替操作といった問題について、習氏の発言を開示しながら、安倍首相に見解を求めたとみられる。

 確かに、当初は一緒にゴルフをするはずだった夫人の日程が変更になり、同行記者団はゴルフ場の待機室で長時間缶詰めにされた。両首脳の「2人きりの時間」については、異例の厳戒態勢が敷かれたのである。

 安倍首相は車中での会談について、「絶対に口外できない話ばかりだった」と周囲に漏らしている。この車中会談こそが、今回の「真の首脳会談」だったと指摘されるゆえんである。

 外形的にも内容的にも、両首脳は「戦略的蜜月関係」を構築した。安倍首相は、国際的批判が止まないトランプ米政権との蜜月という、リスクを承知で勝負に出た。

 それは、急激に緊張感を増す北朝鮮情勢と、先鋭化する米中対立を踏まえて、まったく新しい日米関係の構築に向けて、退路を断ったといえる。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

安倍首相が、絶対に口外できない話、それは、アメリカ政府に関わる軍事的動きに他ならない。

同時期、北朝鮮は二つの手段にうって出た。

一つは、日米首脳会談で安倍首相がアメリカ滞在中に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことである。

―― 参考情報 ――――――――――

日米首脳会談…北朝鮮ミサイルを非難
http://www.yomiuri.co.jp/matome/20170208-OYT8T50071.html

―――――――――――――――――

もう一つは、中国政府保護下にあったとされる金正男の暗殺。暗殺されたのは替え玉のようだ。

―― 参考情報 ――――――――――

【画像】マレーシア紙が公開した「襲撃直後の金正男」の写真に入れ墨なし、殺害されたのは替え玉か?
http://hosyusokuhou.jp/archives/48785373.html
金正男

―――――――――――――――――

つまり、北朝鮮は失敗した!ことになる。

が、北朝鮮が矢継ぎ早に、二つの対抗措置を行うのは、米中電話首脳会談、ひょっとすると日米首脳会談に係わる事項についても何者かに盗聴され、北朝鮮に伝達されている可能性を疑う必要が出てきた。

5年前、東京新聞記者が金正男の本を出版化したそうだ。

―― 参考情報 ――――――――――

金正男お願い、本を出さないで。私に危険をもたらす可能性があります⇒ 東京新聞五味記者お断りだ⇒
http://hosyusokuhou.jp/archives/48785349.html

―――――――――――――――――

五味洋治、五味宏基、あまり聞かない苗字なので、覚えておきたいところだ。取引先に五味という苗字の人がいたが、雰囲気は日本人的ではなかった。

北朝鮮としては、トランプから、何かを打診されて動かざるを得ない中国との関係を断ち切りたいのであろう。

―― 参考情報 ――――――――――

金正男殺害でシナは?
http://nangoku851.at.webry.info/201702/article_14.html

―――――――――――――――――

その中国は、北朝鮮に経済制裁を発動。中国には、軍事的手段しか残されていないようだ。

北朝鮮にとって、頼れる国で残るはロシアということになる。

ここで、なぜ、北朝鮮が矢継ぎ早に、政治的意図ある、二つの措置をタイムリーに敢行できたか、考えなくてはならない。

金正男(替え玉)暗殺のタイミングから三つの可能性がある。

・米中首脳電話会談が何者かに盗聴された?
・盗聴されることを前提に米中電話首脳会談を行った?
・第三国に金正男処置させ、中国と北朝鮮の関係を断ち切らせる目的で米中電話首脳会談の盗聴を容認した?

ウイーン在住ブロガーはかく分析している。

―― 参考情報 ――――――――――

「正男氏暗殺」の主犯は本当に北側か
http://blog.livedoor.jp/wien2006/archives/52166814.html

―――――――――――――――――

面白いことに、中立国は、歴史的に北朝鮮関係者が出没する国でもある。

安倍首相は、フランス、ドイツを訪問予定とされる。
目的は、国内対応で忙しいトランプの名代としての訪問であろう。安倍首相は、トランプの側近券アメリカの外交代表、かつてのキッシンジャーみたいな存在となったとみていいだろう。

シナリオはこうなる。

―――――――――――――――――

安倍首相の調整力によって、フランス、ドイツに対し、対ロシア制裁の部分的緩和?あるいはそれに近い措置についての協議が行われる?

ロシアは、交換条件として、東アジア地域における何らかの措置について、対応義務を課される?

ロシアは、朝鮮半島有事の際の何らかの協力を行う?

米露首脳交渉による協力関係構築

日露平和条約とセットでの日露交渉再開?(ロシアは対日外交上譲歩せざるを得ない局面となる?)

―――――――――――――――――

ここで、ロシアが、米露冷戦終結、日露平和条約とセットで北朝鮮の非武装維持に何らかの主導的役割を担った場合のことを想定したい。

(無理筋ではない!)[北方領土問題解決シナリオ]が、浮上する。

安倍首相の地球儀外交が、この段階でやっと成果として花開くのだ!

妄想話が多い、まとめサイトがかようなタイトルで出稿したのは偶然ではない。

―― 参考情報 ――――――――――

【緊急拡散】韓国はロシアの一部になることが決まったらしいぞwww 金正男暗殺の裏で と ん で も な い 中国解体計画始動キタ━━━━━
http://www.news-us.jp/article/20170218-000011c.html

―――――――――――――――――

安倍首相が、アメリカへの投資を日米首脳会談の前に言及したが、それは巡り巡って、北方領土のみならず、国内の特別永住者問題の抜本解決をもたらすかもしれないのである。

シナリオとしては、今までは無理筋とみられたことが、近い将来、無理筋ではなくなりつつあることを指摘し、本稿を終える。


以上

関連記事

テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

05:36  |  アメリカ  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/346-c590ae15

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  2009 年1月、東京地検特捜部は外為法違反容疑で、準大手ゼネコン「西松建設」元副社長ら4人を逮捕した。容疑は同社が海外(香港)でつくった裏金約7000万円を無届けで国内に持ち込んだことである。その後の調べで、同社は海外事業で捻出した裏金(総額10億円以上)を香港のペーパー会社名義の銀行口座で管理し、約 3 億 3000 万円を不正に国内へ持ち込んでいた。 &nbs...
2017/02/20(月) 02:41:32 | 賭人がゆく

▲PageTop

 | HOME |