2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.02.11 (Sat)

一体どの言論人が怪しいのか

本稿、怪しい言論人が誰なのか?怪しくない言論人は誰なのか、見極める目的で文章化を試みたもの。

ここで言う、「怪しい言論人」とは、ユダヤ、統一教会、CIAなどと繋がりがあるという意味である。

しかし、それを個別にそうだと断定するのは、難しいため、「ユダヤ、統一教会、CIA」などと無縁でありそうな方々の立ち位置の特徴について紹介させていただく。


まず、私が考える、保守系言論人の「正統な立ち位置=作法?」について、私の見方を述べさせていただく。 

―――――――――――――――――

■保守系言論人としての正統な立ち位置(私見)

・ブルーリボンを付けて拉致問題に取り組む一方、国防を正面から論じ、侵略国家としての中共の危険性と対米従属をやめるべきと訴えつつ、韓国を批判、竹島奪還を主張
・憲法改正派あるいは現憲法無効派
・TPP、慰安婦問題日韓合意については、完全否定派かやや否定派のどちらか
・アメリカ大統領選挙はトランプ支持派
・移民受け入れは反対
・同士討ちを嫌う
・行動が必要となる状況において、体を張って行動する

―――――――――――――――――

その前提で、分析を試みる。

■西村眞悟元衆議院議員の場合

西村眞悟のことを、「ユダヤ、統一教会、CIA」と繋がりがあると言う人は、いないだろうと思う。もし、そう疑う人がいた場合、その人の方が、怪しいと普通は考える、それくらいの方なのだ。
従って、西村眞悟の政治的立ち位置を分析することで、怪しい言論人の見分け方のヒントが得られる、私はそう考えるのだ。

西村眞悟は、国会で拉致問題を初めて追及した。当時は民社党議員だった。今も当時と変わらず、扱うテーマは、拉致と尖閣に集中している。

―― 参考情報 ――――――――――

無念の二十年、拉致と尖閣
http://www.n-shingo.com/jiji/?page=1290

―――――――――――――――――

韓国ネタ、直近では実は、これくらいしか見当たらない。

―― 参考情報 ――――――――――

「最終的かつ不可逆的な解決」とは何か
http://www.n-shingo.com/jiji/?page=1156&premode=year

―――――――――――――――――

が、一方で、正攻法で竹島奪還について語っておられる。

―― 参考情報 ――――――――――

西村眞悟氏、竹島奪還について述べる!in「竹島の日」記念式典会場
https://www.youtube.com/watch?v=gGQNBtcEgZQ

―――――――――――――――――

慰安婦問題日韓合意については、相当程度否定的スタンス。

その西村眞悟でもプーチンに対しては極めて懐疑的スタンスで眺めている。

―― 参考情報 ――――――――――

プーチンを日本に入れるな
http://www.n-shingo.com/jiji/?page=1275&premode=year

―――――――――――――――――

アメリカについては、F・ルーズベルト大統領については懐疑的、トランプ大統領については好意的。

―― 参考情報 ――――――――――

F・ルーズベルトという暗黒と北方領土
http://www.n-shingo.com/jiji/?page=1271&premode=year

ドナルド・トランプ当選を歓迎する
http://www.n-shingo.com/jiji/?page=1263&premode=year

―――――――――――――――――

国防は最大の福祉であるとしている。

―― 参考情報 ――――――――――

国防は最大の福祉である
http://www.n-shingo.com/jiji/?page=1215&premode=year

―――――――――――――――――

西村眞悟は、全包囲的に、網羅して眺め、批判すべきところはきちんと批判している。つまり、西村眞悟的価値観でみれば、拉致を扱わず、竹島ネタにふれず、異常に韓国ネタに明け暮れる言論人は、怪しい?ということになる。

私は、西村眞悟に、他の誰よりも、正統な保守系言論人の姿を見出すのである!


■三宅博の場合

三宅博元衆議院議員の立ち位置も西村眞悟に近い。

http://blog.goo.ne.jp/yaonomiyake/arcv

拉致問題反対、捏造慰安婦問題日韓合意反対、北朝鮮核実験反対、NHK前での街頭演説、朝鮮総連前での街頭演説、汚職教科書の排除などが、最近の政策的主張である。

どちらかと言うと、韓国よりも北朝鮮ネタの方が多い。愛国者らしい、立ち位置と私は思う。

■田母神俊雄の場合

では、田母神俊雄はどうか?
話題となった田母神論文にて、「ヴェノナ」ファイルの存在について一早く言及した。ヴェノナファイルとは、F・ルーズベルト政権の中枢に入り込んだ、300人規模のソビエトコミンテルンスパイ集団に係わる調査レポートのこと。
日本のマスコミ、野党は、田母神論文を抹殺、麻生政権に田母神俊雄解任を迫り、田母神俊雄は退職を選んだ。
「ヴェノナ」という本が出版されたのは、 2010年1月末。田母神論文が発表されたのは、2008年10月末。
「ヴェノナ」という本、既に絶版で、アマゾンの古書価格は8万円台である。それほどの意味を持つ本が、田母神論文前に出版されていたなら、田母神論文の評価は変わっていたはずである。

言論界に転出した田母神俊雄は、国防強化を唱え、中共批判、北朝鮮批判が多かった印象がある。アメリカを腹黒いと批判した。韓国批判はなぜか抑制的?。NHK、フジテレビ、朝日新聞抗議のため街宣活動もあった。
頑張れ日本全国行動委員会時代は、水島にすべてを相談、相談を受けた水島がある時期以降、チャンネル桜で数十回規模で田母神批判特集を組んだのに対し、田母神俊雄からの批判は抑制されたものだった。
田母神俊雄は、同士討ちを嫌ったのだと私は思う。
その逮捕、勾留中の田母神俊雄を、前回の参議院選挙戦、それも田母神俊雄が出馬予定だった本命の選挙戦にて、西村眞悟は、「我が友」と呼んだ!

―― 参考情報 ――――――――――

我が友、田母神俊雄
http://www.n-shingo.com/jiji/?page=1220&premode=year

田母神俊雄の故郷にて
http://www.n-shingo.com/jiji/?page=1199

―――――――――――――――――


■裁判中の田母神俊雄を支援する人 えんだんじさんの場合

高卒たたき上げ、隠居後に、歴史書を書いている。経歴をご覧いただきたい。
http://www.endanji.com/?page_id=2

高卒たたきあげで80歳の人を、ユダヤ、統一教会、CIAの手下だと疑う人は、まずいないだろう。

えんだんじさんは、元自衛官諸橋茂一、三橋貴明についてかく評している。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.endanji.com/?p=855

痛恨の極み! 嵌められた田母神俊雄元空幕長

話しの都合上大分前にさかのぼります。私の記憶が正ければ平成19年のある日、ある保守の団体から私宛にメイルが入りました。石川県の中小企業経営者、諸橋茂一氏が以前から村山富市元首相を裁判で訴えていたが、今度は河野洋平を裁判に訴えた。こんど東京地裁で裁判が開かれるから、諸橋氏応援のため裁判を傍聴してくれとの依頼だった。私は悪名高い、「村山談話」と「従軍慰安婦事件」の大元、村山や河野を裁判に訴えるとはたいしたものだ、称賛に値する男だと思い。喜んで裁判傍聴に参加した。この時私は初めて諸橋茂一氏にお会いした。同時に現在は高齢で鎌倉に隠居されている伊藤玲子先生に初めてお会いした。当時先生は日教組から天敵のように嫌われていると紹介された。最終的には諸橋氏は、裁判の目的は達することはできなかったが、私は確か合計三度裁判を傍聴したと思います。私と諸橋氏とのつきあいはこの時から始まっています。今では諸橋氏は「つくる会」の理事であり私は「つくる会」の会員です。現在では私は自分のブログを更新するときは、必ず諸橋氏に送っています。また諸橋氏は、毎月自社の社内報を私に送ってくれます。毎年「つくる会」の総会のとき、二人は出席しお互い挨拶をかわしています。

田母神氏は、石川県にある小松基地の司令官でもあったので諸橋氏との付き合い18年になるということです。その田母神氏が水島社長などに誘われて平成26年2月に都知事選に立候補しました。選対本部長に水島氏がなりました。そのとき諸橋氏は、社業は社長の息子に任せ、自分は東京のホテルに泊まり込み田母神氏を一身に支えました。その時私は、選挙の陣中見舞に田母神氏の選挙事務所に伺うことができなかった。私がごく軽い症状とはいえ脳梗塞になり入院し10日間点滴を受けていたからです。この選挙立候補時に諸橋氏が田母神氏のそばにいてくれたことが、田母神氏にとって不幸中の幸いでした。諸橋氏が最近本を出版しました。本のタイトルは、「日本が世界の植民地を解放した」です。高木書房から平成26年6月26日に1600円で発売されています。本のタイトルは都知事選と何も関係ないが、最後の方に「追記その1からその5」まで書いてあります。その1が「田母神俊雄元空幕長 不当逮捕の真実」です。実に詳細に且つ簡略に書かれています。しかしこの本はあまり読まれていないでしょう。保守の人たちは、田母神/水島事件をどう対処するかといえば、チャンネル桜を見るかネット情報を見ることでしょう。水島氏はチャンネル桜という自前のテレビ局を持っていますから、自らチャンネル桜で自分の主張、自分の弁護もできます。それがそのままユーチューブに流れますから、情報戦では圧倒的に水島氏が有利です。さらに第三者による水島援護があります。例えば、若手気鋭の経済評論家、三橋貴明氏です。今年4月15日の三橋氏のブログは、水島氏支持一辺倒です。三橋氏も「つくる会」を支援してくれていますから、あまり悪口いえないのですが、田母神氏をぼろくそです。チャンネル桜を応援した方が営業上得するからです。三橋氏も諸橋氏の本を読めば多少とも意見を変えるかもしれません。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


■田母神俊雄を昔も今も支え続けている人 諸橋茂一の場合

あまり知られてはいないが、航空自衛隊OB諸橋茂一は、田母神俊雄の有力な支援者の1人である。

諸橋茂一の言語道断
http://www.kbmgroup.co.jp/gonngodoudann.htm

村山富市、河野洋平、水島聡を告訴した、その執念と気迫には頭が下がる。


■瀬戸弘幸の場合

私は、瀬戸弘幸という人物、2007年の参議院選挙の時に、遊説先で知った。演説会場での人影はまばら、しかし、「日本は今のままでいいのか!」という真摯な訴えは、当時ノンポリだった私の心に響いた。
実は、私を政治の世界、政治ブロガーの世界に引き寄せたのは、瀬戸弘幸である。
あれから10年が経過、瀬戸弘幸の演説はややアバウトとなった印象はあるが、かといって、桜井誠が、2007年の瀬戸弘幸を越えているかというと、まだ越えていない。瀬戸弘幸が日本第一党の顧問であるのはそういうことだと理解している。

長期拘留中の、田母神俊雄、長引く裁判での助太刀、田母神俊雄と瀬戸弘幸は同じ福島出身、同郷の人たちは、そう簡単に裏切ることはない。

―― 参考情報 ――――――――――

田母神先生の保釈が決定!
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53202781.html

―――――――――――――――――

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/2017-01.html?p=6

 私が秋口に関わるようになってからこれだけの進展がありました。

 (1)長期間不当な勾留が続いていた田母神先生の保釈が何故認められないのか?その不当性を強くネット上で訴え、多くの賛同が得られた。勿論それとは関係なくその後保釈は認められた。

 (2)横領でチャンネル桜の水島社長が告発した件で、却下されておりそれを検察審査審査会に審査を申し立てていたが、それが「不起訴相当」との結論が出た。これも私の活動とは直接の関係はないが、検察審査会のメンバーにこの田母神裁判の不当性を訴える声を聞いて反映された可能性もゼロではないかも知れない。

 (3)チャンネル桜の「田母神裁判報告」は余りにも一方的過ぎる批判でしかなく、多くの人がそれによってしか公判の状況を把握することが困難だった。しかし、私がチャンネル桜よりも早く、真実を報道することによって、いかにこの公判が検察側の描いたシナリオ通りに進められているかの、その不気味さに気がついて声を出し始めた。


http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53200238.html

田母神俊雄先生の孤独な闘いを支援

―――――――――――――――――
田母神俊雄 認証済みアカウント
‏@toshio_tamogami

経済制裁で北朝鮮のミサイル発射や核実験をやめさせることが出来るのか。これまでの歴史的経緯を見ればそれはできないと思う。我が国は経済制裁で何を達成しようとしているのか。達成できないことを目指すだけでなく、北朝鮮の核武装が完成した時にどうするのか、そこを考えるべきだ。

―――――――――――――――――

 田母神先生は口を封じられ、何も言えない状態に置かれていることは、本当に国家の損失だと思う。田母神先生もさぞや無念さを噛み締めているのではないか。

 田母神先生の長期に及ぶ不当な拘留が続いている。

 チャンネル桜の水島某は執念深く田母神先生への批判を続けている。

 この現状にに対して真正面から怒りを持って戦いを挑む人がいない。私は田母神先生の「無罪を主張」する戦いに連帯して支援の為に立ち上がりました。是非とも皆様のご支援を頼みます。

 先ずはこの映像の拡散です。再生回数を伸ばすことが国家権力やチャンネル桜への打撃となります。祖国日本を守る為に戦って来た田母神先生を孤独なままにしておくことは出来ません。


http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53197783.html

 終戦記念日の九段下交差点を水島某がデモの先頭で歩いていた。行動する保守運動関係者からかなり離れた場所には高木脩平氏率いる護国志士の会のメンバーが陣取った。

 それはある男性の一言から始まった。私と同年代の人が水島某に対して「この裏切り者!」と声をかけた。水島某の反応を私はみていない。

 この時続けて高木脩平局長が「田母神、不起訴」「田母神・不起訴」と大きな声でデモ隊に言葉を投げつけた。デモ隊の最後の一人が通過するまでそれを言い続けた。デモに参加した人達は全員高木君を見ていたので、それが何の意味か分かった筈だ。

 事情を良く呑み込めていない人が、「同じ日の丸を持っているのだから・・・」と止めにきた。私はその人に対して「確かにこの場所としては相応しくないが、今水島某に告発され、それが不起訴となっても執拗に攻撃している水島某に対して、若い彼が抗議しているので、ここはじっと見ていて欲しい」と話をして、田母神先生がまだ東京拘置所に収監されたままだと言ったら、この人は驚き黙って見守ってくれた。

 有門氏はこの高木局長のことを次のように書いていた。

 チャンネル桜系の日の丸デモ行進に対して終始「田母神(俊雄)、不起訴!」
をコールし続けた護国志士の会の高木局長。こうした場面でも恐れることなく、タブーのコールを主唱する高木局長には「若きリーダー」としての風格が備わっている

 その高木局長の下には先輩方も結集し協力を惜しまない。戦いはこれからです。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ここまで説明しても、瀬戸弘幸を「ユダヤ、統一教会、CIA」の手先と疑う人はいるかもしれない。

ならば、そういう人には、2008年の長野聖火リレーの際の、かなり危険な状況での、瀬戸弘幸の(体を張った)立ち位置をご覧いただきたい。

―― 参考情報 ――――――――――

過去最高のツイート 共産シナへの対応は言葉だけでは駄目
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53220104.html
瀬戸弘幸


―――――――――――――――――

瀬戸弘幸は、覚悟を決めて活動に参加してきたのである。

この時代、保守系言論人で、行動する方はごく少数。デモを企画する団体が存在しなかった。
体を張った活動家を続けている、瀬戸弘幸を疑い批判できる人は、いるはずがないのである。

以上
関連記事

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

06:18  |  言論人  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

・西村眞吾氏は、スタンスが一貫しており、最も信用できる。
・瀬戸氏のサイトは毎日拝見しています。この方も、ぶれないようです。昔、左翼エコノミストの岩国哲人が出雲市長になったとき、役所で元号不使用命令を出したことがありました。瀬戸氏は、岩国哲人を説得して、元号不使用命令を撤回させました。何かの雑誌に小さく掲載されていたように思います。
・既に鬼籍に入られましたが、竹村健一が、TV番組の中で、こう言っていました。「朝日新聞が言うことと反対のことをやれば、日本は、全てうまくいく」と。
不良定年 |  2017.02.11(土) 20:33 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> ・西村眞吾氏は、スタンスが一貫しており、最も信用できる。
> ・瀬戸氏のサイトは毎日拝見しています。この方も、ぶれないようです。昔、左翼エコノミストの岩国哲人が出雲市長になったとき、役所で元号不使用命令を出したことがありました。瀬戸氏は、岩国哲人を説得して、元号不使用命令を撤回させました。何かの雑誌に小さく掲載されていたように思います。
> ・既に鬼籍に入られましたが、竹村健一が、TV番組の中で、こう言っていました。「朝日新聞が言うことと反対のことをやれば、日本は、全てうまくいく」と。

本稿は、怪しい言論人を怪しいと評価する基準を示すべく、最も怪しくない言論人のモデルを示す目的で出稿しました。
私は政治に関心を持ち始めて10年程度。不良定年さんは、私よりも長く政治の世界を見つめておられたようです。
瀬戸弘幸、いろんな分野で活動していたのですね。頭が下がります。
竹村健一、名前を知っているだけでしたが、惜しい言論人だったのですね。
事務局 |  2017.02.12(日) 07:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/338-7ef17a28

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |