2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017.02.08 (Wed)

文科省天下り問題 文科省リストラ・天下り根絶・現役出向解除が必要だ!

今国会で、文科省天下り問題の集中審議が行われている。

文科省天下り斡旋問題、文科省は組織的かつ慣例的にやってきたように思える。
以下のブログで書かれていることに私は全面的に賛同する。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

教育予算を食い潰す文科省の天下り利権
http://blogs.yahoo.co.jp/kohou5382/12548853.html

文科省は霞が関で一番天下りしやすい省庁と言われています。文科省は職員数2000人強の小さな組織ですが、職員数より天下りOBの数の方が多い省庁だというのです。

文科省はとにかく天下りの受け皿が多いのが特徴です。学校運営に関する補助金や許認可権を武器にして全国の学校法人に天下っています。文科省官僚が国立大に数多く天下ることは有名な話ですが、私立大学や私立高校を運営する学校法人にも天下っているのです。

何より許しがたいのが、教育予算でさえも食い潰していることです。文科省は日本教材備品協会という天下り法人を有しています。

文科省の天下り斡旋問題
http://blogs.yahoo.co.jp/kohou5382/15411938.html

何故かというと、官僚OBの天下り斡旋など全省庁で普通に行われているからです。
今回の文科省の一件はやり方が下手で、たまたま表面化しただけなのです。今さら、
何を騒いでいるのかと思います。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


ここに来て、文科省天下り事案で、安倍政権が大騒ぎする理由はどこにあるか?

このタイミングにて、政権が敢えてそうする政治目的はどこにあるのか?ということである。

どちらかというと、リベラル勢力と見られてきた文科省、国立大学について、政権としてここで一気に叩くことで、国立大学文系学部の効率化・統廃合、文教予算から防衛費へのシフト、共謀罪法制化、憲法改正に向けた地ならしと私はみている。

要するに、安倍政権は、トランプとの会談を間近に控え、自動車輸出対策の代わりに、アメリカから輸入する軍事機器予算を捻り出したいのであろう。ここで、文科省の大学天下りを大々的に叩くことで、リベラルの巣窟と化した、国立大学の教官たちは、動けなくなる。

どうしてか???

国立大学教官たちの、1週間の講義コマ数は、なんと数コマなのだそうだ。
要するに、想像以上に!かなりヒマな職場であるようなのだ。

この状況で、勤務時間中に、政治活動、特に歴史認識問題等で、反日活動に勤しんでおられた大学文系学部の教官の皆様に申しあげたい。今後、数年間は肩書を使った政治活動など為されず、じっとしておられることを推奨する。

なぜなら、あの山口二郎の如く、派手にテレビ出演したり、勤務時間中に?政治活動したり、捏造歴史認識事案で反日賛同者として名を連ねていることが表面化すると、当該教官が、1週間の講義コマ数、数コマで(余りに)暇すぎる優雅な身分であることがバレてしまい、暇すぎる大学教官としてリストラ対象と全国的にみなされ、
文科省追及の第二幕として、教官としての勤務実態全般を説明すべく国会招致?されかねないと予想するからなのである。

それにしても、文科省職員の天下り実態は、想像以上に優雅なものである。

―― 参考情報 ――――――――――

【驚愕】文部科学省、天下り先「月2回勤務で年収1000万円」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48784248.html

―――――――――――――――――

ならば、二度とこうならない様にするべく、文科省で採用する職員について、資格要件を強化しなくてはならない。
小中高の教員免許がないと文科省職員になれない、文科省職員として採用後、数年間は、小中高の教員として働いていただくという、研修システムはどうであろうか?

このような制度を導入することで、少なくとも、退職後天下りで渡り鳥しようなどと考えるような人材は文科省を目指さなくなるように思う。


次に、文科省所管の天下り、現役出向で支配している組織、無駄の塊ではないかという指摘があるので紹介させていただく。

―― 参考情報 ――――――――――

国立大学財務・経営センターを廃止せよ
http://blogs.yahoo.co.jp/kohou5382/13050766.html

日本芸術文化振興会にメスを
http://blogs.yahoo.co.jp/kohou5382/12931276.html

資格ブームの陰で拡大する天下り利権
http://blogs.yahoo.co.jp/kohou5382/13347787.html

―――――――――――――――――

それにしても、いつから文科省はこんな無駄だらけの役所となってしまったのか?
2月8日の読売記事によれば、文科省職員は3000人もいるのだそうだ。

職員の数より、天下りOBの数の方が多いという情報は何を意味するか?
要するに、要員以上に、どうでもいい許認可権限、物品等発注権限を抱え込んでいることを示す。

教科書検定やいじめ問題に係わる対応は重要だ。
が、渡り鳥のように、あちこちに天下る文科省職員は必要なのであろうか?

ではどうするか?文科省職員数を半減させるべく、職員総入れ替えを行うしかあるまい。

以下、文科省リストラする前提で、天下り問題への対策を記す。

―――――――――――――――――

■文科省枠での職員採用数半減措置による、リストラの実施

文科省枠での採用を半減させる。半減した分を他省庁採用枠の職員で埋め、数年間、文科省職員として業務遂行させる。
数年後、他省庁枠で採用した職員を当該省庁に異動させる。(異動させた分、文科省はリストラされる)
数年間で、文科省要員半減を実現


■文科省から国立大学や自治体都道府県教育委員会等への出向職員、一旦出向解除

実は、国立大学にはOB天下り、現役出向が続出し、文科省の直轄管理みたいな状況になっているとの噂がある。私立大学の新設等の認可は野放し、その一方で、国立大学については文科省OBと現役出向職員による植民地支配みたいな状況にあるのだそうだ。
都道府県教育委員会への出向ポストが政策的ポストに集中するのであれば、それも見直しせざるを得ないだろう。
そういうことを踏まえると、文科省から国立大学や都道府県教育委員会等に現役出向している文科省職員、すべて一旦出向解除させるべきだろう。


■文科省職員の資格要件

文科省職員の小中高分野の担当職員については、小中高いずれかの教員免許取得者であることを採用条件とする。(教員養成課程6年制としたこととの整合性確保は必要)


■採用した文科省職員の研修配置

小中高教員免許取得者を対象に、20代のうち、全国の小中高に出向、5年間程度、実際に教員として勤務していただく。


■文科省職員の再就職先

定年退職後は基本的に小中高教師としていただく前提で、職員教育を行う。
職員には、教員の免許更新と同様の研修受講を義務づける。
さらに、文科省職員全員、法令遵守教育、道徳教育(高校生レベルのもの)受講義務を課す。


■問題天下り職員に係わる退職金返納

問題天下り職員について、文科省職員としての退職金返納、天下り先での退職金を返納させる。


―――――――――――――――――

以上
関連記事

テーマ : 時事ニュース - ジャンル : ニュース

17:03  |  政府機関  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

・国立大学を法人化した究極の目的は、官僚が天下りしやすいようにするためだったと思われ。また、渡り鳥して、退職金を複数回受領できるようにするためもあるでしょう。
・国立大学法人化の折、教職員を非公務員化しようとされたが、世論の厳しい批判に遭い、看做す公務員とされた。収賄しても不可罰の目論みが達成できなかった。
・兼業が大ぴっらにできるようになった。大手企業の社外監査役をやれば、「月一回(実働、2、3時間)勤務で、年収1000万円以上」は、当たり前。本務校で真面目に研究・教育やっているのがばかばかしくなる、とセンセイ方は、思うようになる。また、学外での講演も、センセイ方にとっては、おいしい副業。昭和の終わりころ、東大工学部の教授の2時間の講演を依頼した場合、交通費+講演料で、50万円だった。
不良定年 |  2017.02.09(木) 10:21 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> ・国立大学を法人化した究極の目的は、官僚が天下りしやすいようにするためだったと思われ。また、渡り鳥して、退職金を複数回受領できるようにするためもあるでしょう。

補助金減少とセットで編み出されたのでしょう。

> ・国立大学法人化の折、教職員を非公務員化しようとされたが、世論の厳しい批判に遭い、看做す公務員とされた。収賄しても不可罰の目論みが達成できなかった。

今後は、天下り110番みたいな組織が設置されることになるでしょう。ふんぞり返る、天下りにとっては居心地が悪いことにしなくてはなりません。

> ・兼業が大ぴっらにできるようになった。大手企業の社外監査役をやれば、「月一回(実働、2、3時間)勤務で、年収1000万円以上」は、当たり前。本務校で真面目に研究・教育やっているのがばかばかしくなる、とセンセイ方は、思うようになる。また、学外での講演も、センセイ方にとっては、おいしい副業。昭和の終わりころ、東大工学部の教授の2時間の講演を依頼した場合、交通費+講演料で、50万円だった。

今も講演料相場はほぼ同額と思われます。桜井よしこで100万?という噂がありました。
事務局 |  2017.02.09(木) 12:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/334-83c8ac41

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |