2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.01.22 (Sun)

生前譲位 重要公務は内閣が承認→「摂政」格確定?

本稿、皇室公務に焦点をあて、政権が、今上陛下の譲位表明を受け、規定路線として皇室公務の割り振りを始めたこと、それによって、ある宮家が現時点で「『摂政』格確定状態にあることを説明すること」を試みる前提での出稿となる。

基本的に推論であること、ご理解いただきたい。


産経記事にある、閣議決定という文字が含まれた、何気ない一文から私はあることを発見した。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/life/news/170121/lif1701210027-n1.html

東日本大震災追悼式、両陛下のご臨席は見送り 秋篠宮ご夫妻に

 3月11日に政府が主催し、国立劇場(東京都千代田区)で行われる予定の「東日本大震災六周年追悼式」に、秋篠宮さまご夫妻が臨席されることが20日、閣議で決まった。天皇、皇后両陛下のご臨席は見送られた。両陛下は昨年までは毎年臨席していたが、震災発生5年を過ぎたことなどから、今後は節目でのご臨席が検討される。

 菅義偉官房長官は同日の記者会見で「過去の事例も踏まえ、改めて検討した結果」と説明。陛下の譲位をめぐり、政府の有識者会議が検討している公務負担軽減の一環ではないとの見方も示した。一方、皇太子ご一家のお世話をする宮内庁の小田野展丈東宮大夫は同日、「特段のコメントはない」としている。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

さて、本閣議決定、保守層の一部の中に、秋篠宮家に過重な公務が押し付けられ、皇太子は何にもさせないという認識があるようだが、私はその認識は違うのではないかと思う。
むしろ、飛び越して即位いただくための実績づくりであり、政府主催の公務を担当することで予算・要員配分上、別枠で手厚くするための根拠となると考える。公務放棄された皇族の方々の分の予算が秋篠宮家に回されると判断するのである。

そうでないならば、我々は強い姿勢で陳情しなくてはならない。

企業在籍の方ならおわかりのことと思う。
業績の出せない社員と、業績を伴ったその一期下の社員がいたとしよう。当然、難しい仕事は一期下の社員に回されるが、次なる人事異動の際に、一期上の先輩を飛び越してしかるべき部署に異動、昇格する。サラリーマン人生はその繰り返しである。
この感覚を皇位継承に適用するだけのことである。
皇室典範第三条に「皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前条に定める順序に従つて、皇位継承の順序を変えることができる。」とあり、この規定を適用することに、私は躊躇しない。

少し脱線してしまった。

政府主催行事について、開催2カ月前のこの時期に閣議決定したこと、閣議決定でどの宮家が出席するのか閣議決定し公表したこと、どちらも私には異例のことの様に思える。

官房長官や東宮大夫の発言も素っ気ない。素っ気ないということは、規定路線であり、今後この種の判断で政権としては迷うことはないということを意味する。

拙ブログの2年近く前の原稿であるが、イメージ的にこれに近い状態と認識されるだろう。

―― 参考情報 ――――――――――

・東宮問題 外交公務・神事等は秋篠宮家シフトを要望します
http://nihonnococoro.at.webry.info/201505/article_4.html

―――――――――――――――――

皇太子殿下は、即位された場合、国事行為としての国会公務中心となるだろう。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E4%BA%8B%E8%A1%8C%E7%82%BA

内閣総理大臣を任命すること(日本国憲法第6条第1項)
最高裁判所長官を任命すること(第6条第2項)
憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること(日本国憲法第7条第1号)
国会を召集すること(第7条第2号)
衆議院解散(第7条第3号)
国会議員の総選挙の施行を公示すること(第7条第4号)
国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること(第7条第5号)
大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権(恩赦)を認証すること(第7条第6号)
栄典を授与すること(第7条第7号)
批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること(第7条第8号)
国事行為の委任(日本国憲法第4条第2項)

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

秋篠宮家が「摂政」格となった場合、公務、宮中祭祀を避けてきた雅子妃の出番は、公務的にはどうやらほとんどなさそうだ。


そして、東日本大震災の政府主催の追悼式での経緯から、今後、新天皇が即位されるまでの間、政府主催行事について、都度、皇族の出席者が閣議決定されることになると予想する。

重要なイベントは、内閣主導で、内閣が決定することになる。現時点において、政府主催の重要公務について、今上天皇が口をはさむ余地はなくなった、とみていいだろう。

どうやら、憲法第3条の規定「天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。」、が条文どおり機能し始めたようである。


ここで、今上陛下による「平成28年のおことば」があったイベントを参照したい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

主な式典におけるおことば(平成28年)

http://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/menu/1

新年一般参賀
平成28年1月2日(土)(宮殿)
第190回国会開会式
平成28年1月4日(月)(国会議事堂)
東日本大震災5周年追悼式
平成28年3月11日(金)(国立劇場)
第191回国会開会式
平成28年8月1日(月)(国会議事堂)
全国戦没者追悼式
平成28年8月15日(月)(日本武道館)
第192回国会開会式
平成28年9月26日(月)(国会議事堂)
国賓 ベルギー国王陛下及び王妃陛下のための宮中晩餐
平成28年10月11日(火)(宮殿)
国賓 シンガポール大統領閣下及び同令夫人のための宮中晩餐
平成28年11月30日(水)(宮殿)

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

既に、最もフリーハンドで発言できる「天皇陛下のご感想(新年に当たり)」は、今年から天皇公務からはずされた。(皇太子が即位しても復活しないかもしれない?)

そして、今回の閣議決定から、政府主催の重要公務は、今上天皇がご担当されることは、なくなったとみていいだろう。政権としてもこれ以上、振り回されたくはないはずだ。


気が付かれたことと思うが、東日本大震災5周年追悼式が秋篠宮家ご担当となったことは、同様に、出席者が多く政治的に注目されるイベントである、全国戦没者追悼式も秋篠宮家ご担当となると予想する。

同様のことは、次なる国家的イベントである、東京オリンピックについても言える。政府主催イベントであれば、閣議決定にて、皇室の出席者が決まるのだ。

現時点で、秋篠宮家が東日本大震災六周年追悼式にて決定されたので、東京オリンピック開会式あるいは、その1年前のオリンピックでの皇室出席者は、秋篠宮家でほぼ確定と予想するのである。

リオのオリンピック1年前に開催された記念イベントを振り返っていただきたい。

―― 参考情報 ――――――――――

リオ五輪1年前イベント 大統領「格別な大会を届ける」2015.08.06
http://www.joc.or.jp/news/detail.html?id=6727

―――――――――――――――――

安倍政権である限り、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が余程変な細工をしない限り、ご夫婦での臨席が可能な宮家が記念イベント参加となると予想する。

東京オリンピック開会式そして1年前の記念イベントに係わる、皇室の出席者は、ご夫婦で出席可能な宮家であろうことは疑う余地はない。

ちなみに、JOC竹田恒和会長の息子、竹田恒泰は、生前退位報道について憲法違反との見解を出している。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

竹田恒泰、天皇陛下の生前退位報道に「憲法違反の可能性」 宮内庁は全面否定 2016.07.13 23:22
https://abematimes.com/posts/1021148


竹田氏は、「それを聞いた人が公に話してしまうことが、憲法上の問題になりうる。天皇陛下を政治利用して法改正に持ち込むという…。本来であれば内閣総理大臣が内々に伺って、粛々とすすめられるもの。スクープのような報道は非常に乱暴、陛下も望んでいなかった可能性もあるわけで、大問題です」と、情報の流れを問題視。生前退位そのものについては理解を示しながらも、

「今回これをきっかけに生前退位ということを制度としてつくってしまった場合、内閣が退位を決定するということも起こりうるんです。これはわたくし個人の見解ですが、特別措置として一代限りでおこなうべきであって、皇室典範に組み込むべきではないと考えます」

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

どうやら、竹田恒泰は、皇室の安寧を願い、一代限りの生前譲位とするシナリオを主導したようだ。
渡部昇一も櫻井よしこも生前譲位ではなく、摂政で対応可能とするコメントを出したが、スタンス的には竹田恒泰に近い?かもしれない。

同時に、竹田恒泰の発言は、あることを暗示している。
竹田恒泰が、生前退位報道をリークした勢力を憲法違反と批判したことは、
竹田恒泰は、皇室内に、(憲法違反したと批判されても)生前退位を強行させたい勢力、憲法違反と解釈する勢力がいることを知っている、と解することができるだろう。

結果、どうなったか?生前譲位という形は実現しそうだ。譲位される方はまだ確定していないし、摂政を置くか否かも確定していない。

それでも、3ケースくらいは想定可能である。
また、分担をどうするかも確定した訳ではない。

さて、倉山満は意味深な言葉を発している。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

尊号一件
https://office-kurayama.co.jp/


ゆめゆめ、油断するなかれ。

政府首脳、毎日新聞の「前天皇」報道を否定

敵も必死だ。
死に物狂いで毒を混ぜてくる。
事実を確認する前に動揺するなかれ。

我々は既に勝っているということを自覚しよう。
敵がいかなる悪あがきをしようが、皇室にかすり傷一つ、つけることはできない。


||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


どうやら、今上陛下について譲位後も影響力を保持いただきたい勢力が、いろんな記事を書かせているようである。

譲位後も影響力を保持したい勢力とは、生前譲位スクープ報道を主導、秋篠宮家いじめを画策されたお方ではないかと………

本稿の総括に入りたい。

重要公務に係わる閣議決定、そして憲法第3条の規定「内閣の助言と承認」が機能し始めたことは
、既に、皇位継承事案のシナリオが規定路線化していることを意味する。

実質的に2ケース存在する。(想定)

―――――――――――――――――

■ケース1

皇太子が即位するにしてもご担当は主に国会国事行為中心?、秋篠宮家はご夫婦で外交公務・神事等をご担当となる場合(この場合、秋篠宮家は「摂政」格?)

■ケース2

皇室典範第3条の規定「皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前条に定める順序に従つて、皇位継承の順序を変えることができる。」により、秋篠宮家が即位する場合

―――――――――――――――――

どうやら、我々は、重要なシグナルを見落としていたようだ。

それは、秋篠宮家のご夫婦でのバチカン訪問である。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

秋篠宮夫妻がイタリアへ国交樹立150周年で
http://this.kiji.is/102605304126636033?c=39550187727945729

秋篠宮ご夫妻は10日、日本とイタリアの国交樹立150周年に当たり、祝賀式典などに臨席するため、羽田空港発の民間機でイタリアに出掛けられた。滞在中はバチカンにも立ち寄り、ローマ法王フランシスコを表敬し、17日に帰国する。

宮内庁によると、ご夫妻は現地時間の11日にローマで150周年祝賀行事に臨み、イタリアのマッタレッラ大統領を表敬する。ローマ法王には12日に会う予定。その後はミラノやフィレンツェにも足を運び、地元の博物館や美術館を視察。各地で在留邦人とも懇談する。

http://this.kiji.is/103465461034993145?c=39546741839462401
秋篠宮夫妻、ローマ法王を表敬
皇室として1993年以来
2016/5/12 21:25
 【ローマ共同】イタリアを公式訪問中の秋篠宮ご夫妻は12日、バチカンを訪れ、ローマ法王フランシスコを表敬された。宮内庁によると、皇室による法王表敬は1993年に天皇、皇后両陛下が当時の法王ヨハネ・パウロ2世と会見して以来。

 秋篠宮ご夫妻は法王から「ようこそいらっしゃいました」と歓迎を受け、約25分間会見。有田焼のつぼなどをプレゼントし、法王は「とても素晴らしい」と笑顔を見せた。法王は環境保護への思いを込め、昨年発表した環境問題に関するカトリック教会の重要文書「ラウダート・シ」などを贈った。


【翻訳編集】 AFPBB News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00000033-jij_afp-int
バチカン訪問1


http://media.zenfs.com/en_us/News/Reuters/2016-05-12T081820Z_1054034755_LR1EC5C0N29ZN_RTRMADP_3_POPE-VATICAN-ROYALS.JPG
バチカン訪問2


||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


―― 参考情報 ――――――――――

秋篠宮両殿下、ローマ法王を表敬
http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5048732.html

・秋篠宮家バチカン訪問 宮内庁記者会は機能していないのではないのか?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201606/article_1.html

―――――――――――――――――

皇室のローマ法王表敬は、1993年に天皇、皇后両陛下が当時の法王ヨハネ・パウロ2世と会見して以来だそうである。

この件について、マスコミ報道は限定的、不報道に近かったのは、宮内庁記者会を支配したお方の仕業であろう。

1つめの画像の、紀子様の和服姿、和服のデザイン、いささか涙ぐんた目(画像をしっかりみれば気がつくはず!)から、私は、この時点ですべてが確定していたのではないかと察するのである。(推論)

2つめの画像、ローマ法王と懇談の場での画像、法王と紀子様に光が降り注いでいるように見える。気のせいであろうか?他の画像も眺めた結果だが、紀子様が二番目の主役にみえる。


この時点で、秋篠宮家について言えそうなことがある。国内の重要イベント(政府主催)、外交公務は秋篠宮家ご担当確定的であるということ。

もし、そう確信するのであれば、来年1月1日の四方拝について、秋篠宮家ご担当となるべく陳情する必要がある。
もし、政権(宮内庁長官)が陳情を受け入れれば……………公に認めたことになるだろう。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-308.html

既に生前譲位が既定路線であるならば
来年の1月1日以降の正月最初の四方拝について、
従前のごとく簡略化した内容で、あるいは、誰かが陛下の代理?で執り行うのではなく
即位いただきたい宮家にご担当いただくべく
皇室会議関係者全員、宮内庁長官に陳情するという奇手?が存在する

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

国内の重要イベント(政府主催)、外交公務、重要な宮中祭祀のご担当が揃えば、皇室典範第三条を適用して当然ではないか?
と考えてしまうのである。

以上で推論を終える。

そして、これらのことが確定(内定)していたことにヒステリーを起されたお方が、生前譲位を含めた一連の騒動を…………と推定するのである。(推論)


以上
関連記事

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

16:23  |  皇室  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

内調に勤務されておられた千葉という方のサイト(現在は閉鎖)に、秋篠宮妃殿下の赤十字名誉副総裁へのご就任が、秋篠宮殿下が次期天皇であることを意味する旨のことが書かれていた記憶があります。同じようなことが、伏見顕正の「時を斬る」というサイトにも掲載されておりました。赤十字名誉副総裁というポストは、次期皇位承継者のお妃という不文律があるのでしょうか?
不良定年 |  2017.01.22(日) 21:28 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> 内調に勤務されておられた千葉という方のサイト(現在は閉鎖)に、秋篠宮妃殿下の赤十字名誉副総裁へのご就任が、秋篠宮殿下が次期天皇であることを意味する旨のことが書かれていた記憶があります。同じようなことが、伏見顕正の「時を斬る」というサイトにも掲載されておりました。赤十字名誉副総裁というポストは、次期皇位承継者のお妃という不文律があるのでしょうか?

以下のサイトにてご確認ください。
http://www.jrc.or.jp/about/organization_summary/
常陸宮、三笠宮、高円宮も名誉副総裁です。

千葉さんのサイト、閉鎖されてますね。伏見さんのサイトにもそう書いてあったのであれば、根拠がないことではないと思われます。ポイントは、秋篠宮がいつ名誉副総裁になったかにあります。
私は、秋篠宮のバチカン訪問が決定的だったのではないかとみております。バチカンでローマ法王の部屋で何かの書類にサインした?
事務局 |  2017.01.23(月) 03:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/312-e1dbf6f0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |