2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.01.06 (Fri)

日韓断交 次なる措置を官邸に提言しよう!

拙ブログは、昨日下記内容で出稿した。

―― 参考情報 ――――――――――

日韓断交 いま手順書を書けば実現するかもしれない?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-285.html

―――――――――――――――――

政府は、速攻で、対抗措置をとった。

官邸スタッフは、拙ブログをご覧いただいているかもしれない。

産経はかく報道した。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/politics/news/170106/plt1701060015-n1.html

韓国・釜山の慰安婦像設置に政府が対抗措置 駐韓国日本大使ら一時帰国へ

 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、年末に韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置された国際法違反への対抗措置として、(1)長嶺安政・駐韓日本大使と森本康敬・在釜山日本総領事の一時帰国(2)日韓通貨交換(スワップ)の取り決め協議の中断(3)在釜山総領事館職員による釜山市関連行事への参加見合わせ(4)日韓ハイレベル経済協議の延期-の4項目を発表した。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ならば、
我々は、官邸スタッフを勇気づけるべく、
安倍政権の断固たる措置を支持するのであれば、第二、第三の措置をとっていただくべく、知恵を絞り、陳情する必要が出てきた。

拙ブログはアイデアを示した。

完全断交にはほど遠いが、分野別の最初の一手を示した。

よって、次なる手をどうすべきか、対応を促さなくてはならない。


日韓断交という政治的主張は、決して空想ではない。

韓国政府の対応の誤り、いい加減さを是正すべく、とるべき措置は具体的でなくてはならない。
分野別でなくてはならない。そして省庁別の対応を意図したものでなくてはならないのである!
関連記事
12:57  |  活動実践マニュアル  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

釜山港へ帰れ

 慰安婦像設置自治体からの留学生受け入れ拒否は如何でしよう?
 相互信頼・相互協力の懸け橋に反日自治体出身学生(あれ? 全員が対象)は不適当です。
 まさに「釜山港へ帰れ」で行きましよう!
鉄 |  2017.01.06(金) 14:01 | URL |  【編集】

Re: 釜山港へ帰れ

>  慰安婦像設置自治体からの留学生受け入れ拒否は如何でしよう?
>  相互信頼・相互協力の懸け橋に反日自治体出身学生(あれ? 全員が対象)は不適当です。
>  まさに「釜山港へ帰れ」で行きましよう!


ご指摘の件は、留学生受け入れ事業の①に該当するでしょう。
当該自治体との交流協定凍結、破棄は自治体マター。
特定自治体出身かどうかは、誰がチェックして、受け入れ拒否決裁するのか、手続き的な問題が気になります。

むしろ
既に受け入れている留学生で該当地区出身者の国外退去処分は効き目があるでしょう。②に該当すると思います。
当該自治体出身者の入国禁止措置も面白いかもしれませんね。
事務局 |  2017.01.06(金) 16:38 | URL |  【編集】

レスポンスが遅いのが問題

そもそも、初期にぐうの音の無いほど、証拠つきで韓国の面子を潰さなかったのが間違い。
そこのところがだんだんわかって来たのではないかと思います。
Suica割 |  2017.01.07(土) 00:16 | URL |  【編集】

Re: レスポンスが遅いのが問題

> そもそも、初期にぐうの音の無いほど、証拠つきで韓国の面子を潰さなかったのが間違い。
> そこのところがだんだんわかって来たのではないかと思います。

次の一手、局面に応じた提言が重要となってきました。
事務局 |  2017.01.07(土) 02:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/287-ad3f64a1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |