2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.01.03 (Tue)

たるんでいる民進党 国会法等改正すべきだ

本稿、蓮舫代表になってから、劣化が目立つ、民進党議員に係わる「制裁法案」の骨子について、記述する。

以下、8つの提案

―――――――――――――――――

■提案1 二重国籍議員の不逮捕特権剥奪
二重国籍議員については、そもそもスパイ議員なので不逮捕特権なしで対応(田母神長期拘留した、検察はそう判断すべきだ)

■提案2 対案なき野党の国会質問時間削減
対案ない場合、当該政党について、国会での質問時間を大幅に削減し、修正案等を提出した他の野党に質問時間を割り振る。

■提案3 対案提出ない野党への国民からの質問権
(閣法について)対案提出ない野党については、納税者は、当該政党本部に質問し、回答させる権利を有する。(無回答の場合政党交付金を削減)

■提案4 対案もしくは修正案提出なき野党の政党交付金削減
年間を通じて、(閣法について)対案もしくは修正案提出ない野党について、対案(修正案を含む)提出しない分、(案分方式で)政党交付金を削減する。

■提案5 審議拒否に係わる給与削減
正当な根拠がない審議拒否した国会議員について、給与カットとする。審議拒否事由について、納税者は、政党本部に質問し、回答させる権利を有する。(無回答の場合、政党交付金を削減)

■提案6 対案提出もしくは審議拒否したことで不信任決議(問責決議)提出権はく奪
不信任決議(問責決議)については、対案提出しないか、審議拒否、どちらか一方が確認されたことで、不信任決議案(問責決議案)提出権を失うこととする。

■提案7 対案も修正案も提出ない政党については棄権を認めない
本会議の採決については、対案も修正案も提出ない政党については、棄権を認めず、賛成あるいは反対の採決の義務を負うこととする。本会議採決欠席した場合、給与カットとする。

■提案8 プラカード等の使用については採決の妨害とみなし処置する
採決の妨害については、厳格に対処。プラカードについては、使用禁止措置とする。

―――――――――――――――――

上記各項目が、民進党議員制裁法案として、議員立法化されることを期待する。

日頃から、民進党国会議員のトンデモ対応に激怒されておられる方の参考となれば幸いである。


以上


(参考)
―――――――――――――――――

国会は無法地帯!? 本会議より「用事」優先、ルール違反のプラカード… やはり永田町は世間の非常識だらけだ
http://www.sankei.com/premium/news/161228/prm1612280011-n1.html
関連記事
03:06  |  法整備  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

対案なし修正案なしは理解しますが

それでも、提案4から7は大いに検討されるべきでしょう。
この法案自体が、絶対飲めないという意味での、修正案や対案なしでの猛反対もあるでしょうし、他党の意見に賛成する上での政治的意見が意味の無いものであるとも思いませんので。

但し、正当な理由無い欠席や審議の拒否に関しては、職務放棄であるし、職務放棄をしながら、不信任案を出すなど何を考えているのかと思います。

丸飲みや丸々反対ならば、最後までその意志を示せというのにも、そう思います。(修正案や対案が出たら、それに乗っかるチャンスもあるため。そういう事が出来ないならば、自分の意志を隠さずに堂々表明するべき)

アベ政治は民主主義の危機というのなら、議場に出ない議員こそが、民主主義の危機ということを自覚すべきでしょう。
Suica割 |  2017.01.03(火) 18:01 | URL |  【編集】

Re: 対案なし修正案なしは理解しますが

> それでも、提案4から7は大いに検討されるべきでしょう。
> この法案自体が、絶対飲めないという意味での、修正案や対案なしでの猛反対もあるでしょうし、他党の意見に賛成する上での政治的意見が意味の無いものであるとも思いませんので。
>
> 但し、正当な理由無い欠席や審議の拒否に関しては、職務放棄であるし、職務放棄をしながら、不信任案を出すなど何を考えているのかと思います。
>
> 丸飲みや丸々反対ならば、最後までその意志を示せというのにも、そう思います。(修正案や対案が出たら、それに乗っかるチャンスもあるため。そういう事が出来ないならば、自分の意志を隠さずに堂々表明するべき)
>
> アベ政治は民主主義の危機というのなら、議場に出ない議員こそが、民主主義の危機ということを自覚すべきでしょう。


本稿、数カ月考えた結果の産物です。
ロジック的に行けそうだと思ったので今回、アイデアとして出稿しました。
事務局 |  2017.01.03(火) 19:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/283-4ba24845

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |