2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.04.23 (Sat)

エコカー認定は公道走行での燃費測定によるべきだ

皆様のマイカーの燃費はいかほどであろうか?
私のクルマの場合、ハイブリッド車ではないが、いわゆるFFのコンパクトなエコカーで公道走行(高速道路ではない)だけで、リッター18キロ前後は出した。4輪駆動車では、リッター15キロ近くにはなる。

コツはというと、やはり車間距離を開けることになる。が、それほど開ける必要はない。田舎道をのんびり走る感覚でアクセルワークすることである。信号が点滅しても決してアクセルをふかしたりはしない。アクセルをふかしてその信号を通り抜けても次の信号で止められるだけのことである。

では、燃費がもっとも良い時期は、いつか、ということになるが、経験的に言えることは、日中の気温が30度前後で無風に近い時ではないかと思う。逆に、氷点下以下の気温になると、燃費がガタ落ちする。(リッター10キロを切る)

気温は燃費の一つの要素なのだ。

従って、自動車のカタログ燃費は、気温を最も良い条件に設定して測定している可能性がある。

三菱自動車の燃費データについては、これを読むと、いわゆる無負荷試験でのデータから測定することにしているようだ。
無負荷とは、この場合、道路走行を伴っていないことを意味する。

―――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160421-OYT1T50131.html?from=ytop_main1

燃費試験で公道走行…三菱自偽装受け見直し検討
2016年04月22日 03時00分
 三菱自動車が軽自動車の燃費データを偽装していた問題で、国土交通省が、新車を市場で発売する前に審査する際の燃費試験の方法を見直す検討を始めたことがわかった。


 自動車メーカーが国交省に提出するデータについて、無作為に抽出した燃費データが正しいかを実際に道路で走行試験をして確認し、裏付け資料をそろえることを求めることが軸となる見通しだ。

 また、国交省は、問題となった三菱自の計4車種の検証を検討している。他社についてもすでに売り出している車種の一部を抽出して調べる方向だ。確認には時間がかかるため、すべての車種を対象とすることは見送るとみられる。

 自動車各社は新車発売前、燃費などを調べる国交省の外郭団体の審査を受けている。燃費は、施設内の測定装置に車を固定し、エンジンを動かしたり、タイヤを回転させたりして算出する。

2016年04月22日 03時00分

―――――――――――――――――

自動車メーカーはあちこちに、走行試験場を持っているはずであるのに、その走行試験場でのデータでの実走ではない、無負荷データでカタログ燃費としていることについて、ユーザーの一人として呆れている。

ここで、話のついでに、カタログ馬力、カタログトルクについても述べておきたい。
最近のメーカーのカタログを見ていて思うことだが、その昔ならカタログに掲載あった、トルク曲線、馬力曲線が載ってないのである。

おそらく、定格ではそれなりの数値にはなるものの、低回転数でのトルクの低下、馬力の低下があり、公表したくないのであろう。

私は、こうみている。もし、轍などに自動車の一輪が埋まってしまったとして、轍から脱出しようとしてアクセルをふかそうとすると低回転数では、まったく脱出できない自動車だらけではないかと思うのだ。

つまり、AWD以外の4輪駆動車は、轍からの自力脱出は無理な気がするのである。チェックポイントは、車庫入れくらいのスピードでその自動車が轍の道をじわりと通過できるかどうか。

4輪駆動車については、かような指摘がある。参考になるだろう。

―――――――――――――――――

http://norisoku.com/archives/47088141.html

74: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/02(水) 18:23:24.35 ID:rMdI23wX.ne

4輪駆動は、必要。
もっと贅沢言うとアンチロックがついてた方が、
悪路では安心。

都内でも、かなりきつい坂道でカーブを曲がるときに。
片側の車輪が空転する場合がある。
そんなときにアンチロックは便利。

軽四輪で15万円高くなるが、ついたものを買ったほうが良い。


76: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/02(水) 18:25:28.05 ID:gz2+f6y2.ne

雨の日や滑りやすい路面だと助かるな。それと楽。
逆に小回り効かないのは欠点。
んで、FRに乗るとドライビングの楽しさが実感できる。
どちらが良いか微妙なんだよな
晴れや駐車場ではFRだし、それ以外だと4WDだし


92: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/02(水) 18:57:22.01 ID:0JyV70LU.ne

雪国の軽四はほぼ四駆だな
普通車ならFFがけっこういる。プリウスとアクアが割合を押し上げてる印象があるけど
電子制御のおかげかFFでも困らない地域が増えてきてるな


102: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/02(水) 19:17:15.96 ID:qqBlNk3z.ne

南九州だが、やっぱり雨。
高速使う仕事(白バンじゃ無い)だけど、雨では4駆と2駆じゃ本当に違う。


111: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/02(水) 19:30:57.99 ID:Uw/b+fSP.ne

無駄に、関東でエクストレイル四駆寒冷地仕様に乗ってます。
釣りの他に、台風後のグチャグチャに泥まみれな未舗装道路とかで
何度も助かってるな。
四駆以外の車はスタックしてた。
普通の人は、そんな所行かないだろうけど仕事(自営)も兼ねてるからね。
普段はFFにしてるから、デメリットなんて考えたことないな。


115: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/02(水) 19:34:32.94 ID:ue5DkTtI.ne

レガシィ乗ってたとき、降雪からだいぶ経ってから日陰の登り坂に
踏み固められた雪が残ってて、ほかの車が滑ったり左右に避ける中、
普通に走れたときは気分良かったな。


20. 774RR
2015年12月03日 09:53
※13
2000年前後から始まったメーカーの勝手な言い換え。
おおよそだけれど、

4WD
・オフロード車などの本格直結式四駆(舗装路では二駆に切り替えないとダメ)
・「滑り出すまで二駆、滑り出したら四駆」方式の、回転差感応式の生活四駆
を指すことが多い。つまりガチ四駆か一番ヘボいやつかの両極端

AWD
センターデフや電子制御クラッチなどを使って、積極的に従動輪(FFベースなら後輪、FRベースなら前輪)にも駆動力を送る方式を指すことが多い。どちらかといえば走破性能よりも、タイヤ一本あたりの負担を減らして走行性能を高めることに重きを置いている傾向にある。

ただ、AWDという言葉自体が広く使われるようになってまだそんなに歴史が深くないので、AWD相当のものでも4WDと呼ばれていたり、システムは何も変わっていないのにモデルチェンジで4WDをAWDと改名したりしている例もある。(スバルなど)

―――――――――――――――――

メーカー関係者は、私の説をウソだと言うかもしれない。
ならば、言いたい。なぜ、カタログから、トルク曲線や馬力曲線を省くのか?

営業上公表したくない理由でもあるとしか思えないのである。

ちなみに、本稿読まれた読者の皆様、所有されている自動車のトルク曲線の2000回転前後での数値をみていただきたい。
もし、トルクが出ていないようなら、その車は、1輪、雪道などで埋まった場合、自力脱出がまず難しいと予想する。

参考までに、この動画をご覧いただきたい。

【海外の反応】「次は絶対スバルを買う」 スバル車の尋常じゃないパワーに外国人が驚愕!!
https://www.youtube.com/watch?v=EKXH20Bl2d0&ebc=ANyPxKpzGRUMZoGiRhZao-sXC5AjUMx3L4p0ZfFUiOhL5-LAf8dYwE_CtiwmDbwZuBxaDodvnbW3mR61n2R1csdXUmSt0rEDAg

明らかに低回転数域で脱出を試みているように私には見える。

スバルの車は低回転数領域でのトルクが出るような気がする。(デイーゼルエンジン特性に近いガソリンエンジンという意味)

なぜそんなことを書くのか?
実は、カタログ上のトルク曲線が実走行上のトルクと大きくかい離している可能性を疑っているのである。

―――――――――――――――――

最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
http://www.jaf.or.jp/qa/mechanism/commentary/04.htm

エンジン性能曲線から見える個性(その2)
http://minkara.carview.co.jp/userid/119241/blog/29263232/

レガシイ トルク曲線
http://k63.seesaa.net/article/116518122.html

1.5L i-VTECエンジン
http://www.honda.co.jp/factbook/auto/fit/200710/09.html

―――――――――――――――――

スバル車が悪路に強いことはよく知られた事実である。悪路に強いということは、カタログ上の性能曲線と公道での(無負荷でない)性能のかい離が少ないことを暗示している。

話が横道にそれてしまった。

何を言いたいかというと、怪しいのは燃費曲線だけでないのである。エンジンの性能曲線のデータも疑うべきなのである。

さて、日産自動車は、エコカー減税分について、三菱自動車に対し、補償を求めるとの意向のようである。

―――――――――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160421-OYT1T50133.html?from=ytop_top

エコカー減税分、三菱自に請求へ…燃費偽装で

2016年04月22日 06時58分

 政府は、軽自動車の燃費データを偽装していた三菱自動車に対し、新車購入時に燃費性能に応じてユーザーが払う税金が安くなる「エコカー減税」で、過去に減免された分の税金の支払いを求める検討に入った。

 国と同じくエコカー減税を行っている地方自治体も、政府の対応と歩調を合わせる見通しだ。

 今後、実際には燃費が基準に足りず、減税対象外だったことなどが確定した場合、ユーザーに追加の納税義務が生じる。だが、偽装を知らずに購入したユーザーに支払いを求めるのは適切ではないとみている。

 税金の支払いには、納税義務のある本人以外が肩代わりする「第三者納付」制度がある。これを活用し、三菱自に納税を求める方向だ。今後の検査で、エコカー減税の基準を満たしていた場合は、三菱自に支払いは求めない。

2016年04月22日 06時58分

―――――――――――――――――

当然の措置と考えるが、それ以前に、自動車会社は消費者に対して示すべきことがあるはずだ。

公道での燃費、エンジン性能曲線が真正なものか、どの程度の悪路までなら走破できるのか、である。

ちなみに、今乗っているクルマは、動画サイトで意外に悪路に強いことを知り、購入した。もちろん、低速でじわりじわりと悪路を走破している様子を、動画で確認し、実車にても確認できた。

ポイントは低速(低回転数域)で、山道や砂浜をどの程度走破できるか、にあると私は見ている。

これは一例である。メーカーはこういう事例で紹介すべきだと思う。

【日本車】アメリカでスタックしたパトカーをスバル車が牽引【アメリカ】
https://www.youtube.com/watch?v=bQ-8vQmX7Xc

【驚愕】インプレッサが雪でスタックしている大型トレーラーを牽引!
https://www.youtube.com/watch?v=e-OQCC5Qv3M&ebc=ANyPxKpr_mi3_3v2xy0bRuXvwF7RF2X4h_R_bubpSBFfaYG5Mjj-MngA2WMFdQtZ7-BRnhP2WzHQGd00GX8GiuNirxIWgYpCPA


上記パトカーがスタックする理由は、アクセルに対応するエンジン低回転数域が狭く、(アクセルを少し踏んだだけで)直ぐに高回転領域に入るため、タイヤや空転しやすくなると私は見ている。最高馬力だけあっても、車はスタックから脱出できないのである。

これらの動画を見ると、スバル車を買いたくなるのだが、値引きはほとんど期待できない。オプションフル装備を暗に要求されて、やっとそれなりの値引きとなるようである。

最後に、

エコカー減税車については、公道走行試験での燃費公開を義務づけること
4輪駆動車を購入する場合は、公道やオフロードなどでの対スタック特性、その限界がはっきりしない4輪駆動車は購入に値しないこと

を指摘し、本稿を終える。
関連記事

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

06:43  |  社会認識  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/27-0b422175

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |