2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.12.17 (Sat)

見えてきた プーチンの正体

プーチン来日で、北方領土が本当に帰ってくると期待されていた皆様には申し訳ないが、今の状況では、本気で経済協力する相手ではなく、その段階でもないと私は見ている。

ただ、プーチンは嫌々ながらも安倍首相の提案には喰いついてきている(安倍首相が用意した餌に!)と思われ、今後、平和条約交渉、領土返還に向けて、その言動、挙動を分析することで、外交交渉上のシグナルを見出せる可能性があると判断、プーチンのこれまでの対応状況から、プーチンの性格等についてプロファイリングすべく、報道されている情報7つを収集した。


以下、類推されることを記す。


●事例その1 プーチンは時間の約束を守る気がそもそもない

―― 参考情報 ――――――――――

ローマ法王もお怒り!?ロシア・プーチン大統領の遅刻歴がある意味凄い
https://matome.naver.jp/odai/2138579445399821801

―――――――――――――――――


●事例その2 プーチンは一度遅刻しても悪びれず遅刻を繰り返す

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161216-OYT1T50062.html

プーチン氏また遅刻…長門の旅館出発50分遅れ
2016年12月16日 13時26分

安倍昭恵さんら関係者の見送りを受け、宿泊先を出るロシアのプーチン大統領(左)(16日、午前10時30分、山口県長門市で)=代表撮影

 来日中のロシアのプーチン大統領は16日午前、滞在先の山口県長門市の温泉旅館を予定より約50分遅れて出発した。

 山口宇部空港から大統領特別機で羽田空港に向かい、予定より遅れて到着した。プーチン氏は15日も当初予定より3時間近く遅れ、山口宇部空港に到着した。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


●事例その3 プーチンの遅刻には交渉有利としたい思惑がある?

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

プーチン大統領の遅刻はよくあること?裏にある本当の「思惑」
http://news.livedoor.com/article/detail/12425807/

<外国の首脳らとの会談に、プーチンはどうやらわざと遅刻しているようだ。ロシアでは、そのことで交渉を優位に進められると考えられている>

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


●事例その4 プーチンは西側首脳的な倫理感がない

―― 参考情報 ――――――――――

【山口】プーチン大統領、夕食時に用意された秋田犬の箸置きに一目ぼれ…女将の私物を持って帰る [無断転載禁止]©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1481904903/

―――――――――――――――――


●事例その5 プーチンは口が堅い

プーチンが安倍首相にプレゼントした刀、口が堅いので入手できたのではないかと私は推定する。

―― 参考情報 ――――――――――

プーチン大統領が安倍首相に昭和天皇「即位の礼」の際に作られたという刀をプレゼント…日ロ首脳会談!
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/48375144.html

―――――――――――――――――


●事例その6 プーチンは身内には誠実である

日本の政治家で、このような言葉で殉職者遺族を慰労できる方は何人いるだろうか?

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

プーチンが英雄的な殉職者の両親にかけた言葉
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12212660688.html

プーチン大統領:
「ようこそお越しくださいました。

あなた方が今、最も辛い時期をお過ごしで、公式の会合や会談などに参加されたくないお気持ちはお察しします。このような大変な時にあなた方をこちらにお招きしたことをどうかお許しください。ただ私はあなた方に握手を求め、あなた方のご子息のことで感謝の気持ちを伝えたかったのです。

中略

繰り返しますが私はあなた方に深い恩義を負い、あなた方のご子息に深く感謝しております」

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

一国の首相が、遺族に感謝するという言葉を使う懐の深さ、(特攻指令に係わり戦後栄華を極めた?)海軍関係者は戦後、どう弁明したか、比較検証する素材となるだろう。


●事例その7 プーチンは意外に子供っぽい

こういう反応を示す点において、プーチンは子供っぽい可能性がある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/politics/news/161216/plt1612160008-n1.html

 「安倍には裏切られた。全く信用できない男だ」

 平成26(2014)年8月、露チェリャビンスクで開かれた世界柔道選手権の最中、プーチンは、柔道家で五輪金メダリストの山下泰裕に対し、ロシアのクリミア併合を受け、欧米が行った対露経済制裁に日本が同調したことへの怒りをぶちまけた。

 これに先立つ同年2月、安倍は露ソチで冬季五輪開会式に出席した。欧米首脳がロシアの人権問題などを理由に相次いで出席を見送る中での訪露だっただけにプーチンは心から喜び、自らの別荘でもてなした。そのわずか1カ月後の経済制裁は、プーチンの目に「裏切り」に映った。

http://www.sankei.com/politics/news/161216/plt1612160008-n2.html

日本が行った制裁は、ロシアに実害を与えぬ内容だった。安倍は制裁発動を逡(しゅん)巡(じゅん)したが、外務省幹部に「これは真空斬りですから」と説得され、渋々応じたのが実情だった。

 プーチンの怒りを知った山下は、自らとプーチンの仲を取り持った元首相の森喜朗に連絡した。「これはまずい」と考えた森は1カ月後に訪露し、プーチンと向き合った。

 「シンゾーへの怒りは誤解にすぎない。経済制裁はすべて実害がないものばかりだ。信じられないなら調べてごらんなさい」

×  ×  ×

 森は25年2月に訪露した際、プーチンに1枚の写真を見せたことがある。安倍の父で元外相の安倍晋太郎と旧ソ連大統領、ミハイル・ゴルバチョフとの最後の会談の写真だった。

 「この痩せ細っているのがシンゾーの父親で、後ろで支えているのが若き日のシンゾーだ。シンゾーの父親は直後に亡くなった。『日露関係をよくしたい』というシンゾーの思いは本物だ」。森の話を聞いたプーチンはじっと写真を見入っていた。

 森は写真の話を再び持ち出し、「シンゾーは昔と少しも変わっていない」と説いた。直後の9月21日、プーチンは安倍に誕生日祝いの電話をかけた。安倍も10月7日のプーチンの誕生日に電話で祝意を伝え、なんとか両者の絆は保たれた。

 それでもプーチンの非礼は相変わらず。「遅刻常習犯」らしく訪日は予定より2時間以上遅れた。先に長門入りした安倍は余った時間を利用して晋太郎の墓参りをした。会談を前に一体何を報告したのか-。=敬称略(田北真樹子)

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


とりあえず、ホンモノの「プーチン」の性格を把握すべく、7つの事例を列挙した。


ここで、プーチンが、雄の秋田県の贈呈を断った理由を考えてみたい。
概して言えることは、日本犬は、本当のご主人様以外には決して懐かないことだ。
「ユメ」が雌なので、そういうことは表面化しにくいのであるが、「雄」の場合はそうはいかない。

プーチンには影武者がいると噂されている。
ホンモノの「プーチン」には、犬は懐くだろうが影武者はそうはいかない。秋田犬は、噛み癖がつくと手に負えなくなると言われている関係で、ホンモノの「プーチン」には懐いても、影武者に対しては攻撃的になる可能性大なのだ。

日本犬の雄犬は、飼い主、明確に序列をつける習性がある。私は、単身赴任中、家を不在としていた時期があり、犬からみて、私の序列が最下位に転落。その時期、犬は私に対して不愛想だった。
日本犬の雄犬は、優先順位1番の飼い主には、普段見せないようなやわらかな表情を見せる。序列3番目以下は決してそうならない。犬の写真を撮っている人ならわかる話である。

―― 参考情報 ――――――――――

秋田犬しつけ方法
http://mfdgeg.seesaa.net/article/432546637.html

秋田犬のしつけは特にしっかりしましょう
https://wanchan.jp/osusume/detail/2817

―――――――――――――――――

秋田犬を飼うことは容易ではないのである。噛まれる覚悟がある人でないと難しいのである。噛まれた傷の深さも半端ではないはずである。手の甲を噛まれた場合、貫通するくらいの深さで噛まれる可能性があるのだ。

そう考えると、モスクワでの取材の際、日本の記者が日本から贈呈した秋田県の所在を確かめたそうであるが、それは、記者会見に臨んだ「プーチン」が「ホンモノ」なのか影武者なのか、犬の素振りから確かめようとしたととれる。
犬をどう扱うか、懐いているかどうかからホンモノの「プーチン」であるか、確かめようとしたかもしれないのだ。

一方で、その新聞記者がC●Aのエージェントだった場合、ホンモノの「プーチンの特徴をビデオカメラに記録、今頃は、C●Aにその画像が送付され分析作業が行われている可能性があること

そういうことを予期して、影武者が犬を懐かせるために、命懸けで渾身の努力?を今日もしている可能性があり、そのことが雄の秋田犬の提供を断った最大の理由であるかもしれないこと

を指摘し、本稿を終える。

以上
関連記事

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

16:30  |  反日国  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

領土問題・拉致問題も同じだがまず仲良くなってから交渉しましょう!という外務省の方針のせいで解決しない。相手側からしたら日本が擦り寄ってきている間は返すわけがないし、適当に相手して裏切っても日本は戦争できないから怖くない。成果ばかり焦ってそれに気づかない無能安倍が一番悪い。一番の近道は9条を改正し核武装し普通の国になることだ。結局はどんな問題も9条と外務省が足を引っ張っている。
 |  2016.12.18(日) 10:58 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> 領土問題・拉致問題も同じだがまず仲良くなってから交渉しましょう!という外務省の方針のせいで解決しない。相手側からしたら日本が擦り寄ってきている間は返すわけがないし、適当に相手して裏切っても日本は戦争できないから怖くない。成果ばかり焦ってそれに気づかない無能安倍が一番悪い。一番の近道は9条を改正し核武装し普通の国になることだ。結局はどんな問題も9条と外務省が足を引っ張っている。

そのとおりです。最新稿でそういう趣旨の内容で出稿予定です。

<成果ばかり焦ってそれに気づかない無能安倍が一番悪い。
この点については、私はそうはみておりません。が手順的には、こういう交渉となるのは最後のような気がします。
事務局 |  2016.12.18(日) 12:27 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/253-e6665fc6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |