2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.12.02 (Fri)

警察は無償の山岳救助(特に冬山)をやめるべきだ

最高裁が出した、山岳救助の過失賠償判決を受けて、提言することとした。

本件に係わる情報ならびに、ネット界の民意は、以下にてほぼ一読できる。

―― 参考情報 ――――――――――

【最高裁】「山岳救助に過失」賠償確定 死亡男性遺族、北海道警訴え
http://hosyusokuhou.jp/archives/48778583.html

―――――――――――――――――

救助時の天候ならびに救助作業者の作業状況がわからないことが非常に残念である。視界がない猛吹雪での救助活動の最中での過失であるなら、裁判沙汰にすることが問題とされるべきだ。

―――――――――――――――――

本件に係わる提言

・救助活動に免責条項があることを捜索依頼者が承諾した時点で捜索開始すること
・無料救助措置は観光客が多い地点のみに限定すること
・有料山岳救助については、費用支払い(手付金)の支払いが確約されている前提で行う
・冬山での救助活動は、所定地域以外は基本的に行わないこと
・登山禁止地域、危険箇所について救助活動について、高額の救助費用を請求すること
・救助処置について提訴する場合は、救助費用と裁判費用を相殺すること

・国会は、警察が行う救助活動について、法的に免責が確保される条項の法整備を行う(捜査依頼者が捜索対象者の委任を受けたことなどの解釈)

・警察が行う救助活動について、方針変更等ある場合は、パブリックコメント等を実施し、広く国民の声を吸い上げて、実施に移すこと

―――――――――――――――――
関連記事
03:29  |  法整備  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/230-5956c07b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |