2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.11.18 (Fri)

安倍・トランプ怪談 安倍首相はトランプに「貸し」を作った!?

本稿のタイトル、安倍・トランプ「怪談」としている。これは誤変換の結果ではない。敢えてそうしているのである。

産経はかく報道した。

―― 参考情報 ――――――――――

http://www.sankei.com/politics/news/161118/plt1611180012-n1.html

2016.11.18 09:19

安倍首相「トランプ氏は信頼できる指導者と確信した」 NYトランプ・タワーで会談

 【ニューヨーク=田北真樹子】米国訪問中の安倍晋三首相は17日夜(日本時間18日午前)、トランプ次期米大統領とニューヨークの同氏の自宅のあるトランプタワーで会談し「胸襟を開いて率直な会談ができた。共に信頼関係を築いていくことができる確信を持てる会談だった」と評価した。会談後、記者団に語った。

 会談の内容については、トランプ氏が大統領就任前であることや非公式の会談であるとして明かさず、「私の基本的な考え方を話した」とするにとどめた。ただ、今後も「二人の都合の良いときに再び会って、広い範囲について、より深い話をしようということで一致した」と述べた。

 トランプ氏が大統領選中に見直しについて言及した日米同盟のあり方に関連して「同盟は信頼がなければ機能しない。トランプ氏は信頼できる指導者と確信した」と強調した。

―――――――――――――――――

この報道、非常に意味がある。



読売はどうだったか?

―― 参考情報 ――――――――――

安倍首相「信頼関係築ける」…トランプ氏と会談
2016年11月18日 11時53分

 【ニューヨーク=田島大志】安倍首相は17日夕(日本時間18日朝)、米ニューヨークでドナルド・トランプ次期大統領と会談した。

 首相は日米同盟や環太平洋経済連携協定(TPP)をはじめとした自由貿易体制の重要性を訴えたとみられる。首相は会談後、「信頼関係を築いていくことができると確信の持てる会談だった」と記者団に語り、再会談することで一致したことを明らかにした。

 トランプ氏が大統領選で勝利後、外国の首脳と会談するのは初めて。日本の首相が、就任前の次期米大統領と会談するのも極めて異例だ。会談はマンハッタンのトランプ・タワーにあるトランプ氏の自宅で、当初予定した45分間から延長され約1時間半行われた。首相は通訳だけを同席させた。

(ここまで314文字 / 残り687文字)
2016年11月18日 11時53分

―――――――――――――――――

産経よりも2時間半以上遅れての配信となった。

この記事がなかったら、拙ブログはボロクソに読売批判するところだった。官邸職員から産経記事の意味についてレクチャーを受け、慌てて出稿したのではないかと私は推定する。
読売は、トランプとの怪談に、平均レベル以上の記者を配置したのであろうか?そうは思えない。


読売の社主は、記者がコネ入社、在日枠入社だらけとなっている弊害を認識しているのであろうか?
拙ブログは、本原稿に限らず、内閣記者クラブ記者たちの能力のなさを指摘している。どう考えても、平均的ビジネスマン以下の者だらけにしか見えないのである。

秋葉原で選挙戦最終日にマスゴミと馬鹿にされるのは、能力ない者が、社説・コラムなどで戯言を書き連ねてきた、その仕事ぶりに対する批判なのだ。

少し脱線してしまった。

これら、産経・読売報道での、安倍首相の発言から、私は安倍首相の訪米目的を、トランプ勝利を否定する世界のマスコミ界の報道を払拭する目的と解した。

トランプ候補の支持層を悪し様に扱い、トランプ候補を泡沫候補並に扱い、トランプ勝利を否定する、ユダヤ資本に言いなりの世界のマスコミに対し、「トランプ氏は信頼できる指導者と確信した」という一言を発する目的で、世界の指導者の誰よりも早くアメリカ行きを決断、トランプも快諾した可能性がある。

だとすれば、安倍首相は、トランプに「貸し」をつくったということになる。



案の上、トランプの外交デビューについて言及する報道が世界に配信された。

―― 参考情報 ――――――――――

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161118-OYT1T50088.html?from=ytop_main3

トランプ氏の「外交デビュー」注目…首相と会談
2016年11月18日 14時13分

 【ニューヨーク=八角一紀】安倍首相は17日(日本時間18日)、各国首脳の先陣を切る形で米国のトランプ次期大統領と会談した。

 トランプ政権発足を控えて同盟関係の行方に不透明感が漂う中、個人的信頼関係をいち早く構築することで不安払拭を図った。

 会談はトランプ氏の「外交デビュー」となったため、世界中の注目を集め、トランプ・タワーは各国の報道陣でごった返した。首相は会談後、「まさに今、人事で大変お忙しい時に、時間を割いていただいた」と記者団に述べ、予定の倍の1時間半に及んだ会談を満足げに振り返った。「信頼」という言葉を4回繰り返し、手応えを隠そうとしなかった。外務省幹部は「首相はトランプ氏と馬が合う」と語った。

(ここまで306文字 / 残り192文字)
2016年11月18日 14時13分

―――――――――――――――――

世界各国のメデイア向けにトランプとの協調を鼓舞!、安倍首相は、トランプ外交デビューを演出したのである!

安倍首相は、いろいろ叩かれ続けたトランプの外交デビューを支援したことを世界に宣言したことになるのである。
世界中のメデイアがそう配信するのであるから、トランプの支持者はとんでもない連中だと報道しまくっていた新聞社の出番などあるはずもない。

二人の握手画像を眺めてみたい。

―― 参考情報 ――――――――――

【日米会談】トランプ次期大統領「安倍晋三首相が私の家に来た。素敵な友好が始まるのは喜ばしいことだ」とfacebookに投稿
http://hosyusokuhou.jp/archives/48776701.html

トランプ1

トランプ2


―――――――――――――――――

安倍首相はいつもより小狡そうな感じ、トランプは何も考えていない、脱力状態に見える。
そして、トランプは嬉しそうで、とにかく楽しそうだ。やはりアメリカ人なのだ。

トランプは、安倍首相が直ぐに駆けつけるようにして来てくれてほっとしているように見える。この「貸し」は大きい!

安倍首相の側近は、「貸し」を作る目的で訪米したとしたら、凄いとしか言いようがない。私はそこまでは読めなかった。



今回の訪米により、安倍首相は、今後世界に向けて、トランプ=信頼できる指導者という情報の発信源となり、こう語ったニュースが世界の新聞・テレビを介してを駆け巡ることで、安倍首相はトランプ最大の守護神、いや世界のフィクサー的ポジションを得たことになるのだ。

私の見立ては、間違っているであろうか?



トランプは、安倍首相を信頼しうる唯一無二のパートナーと認識したはずである。トランプは、安全保障外交について、選挙戦で語ったような、背伸び(無理)をする必要はなくなったのである。

肝心な安全保障外交は、安倍首相に語らせつつ、安倍・トランプ協議で確認された路線に、各国を引きずり込む………………その間、トランプは自分がやりたい国内対策、インフラ再整備、減税、不法滞在者狩り等に専心、共和党支持基盤を固めればいいのである。

さて、安倍・トランプ、双方の思惑が一致したことを確認したことを受けて、実務的な協議について、双方の窓口を決め、実施することとなる。

同行した議員、職員等のリストが交換されているはずだ。

私は、それを日米首脳「怪談」における口約束と名づける。なぜなら45分で終わる予定のところ、1時間半も話したのだ。通訳を介していても、社交辞令は最初の1分、握手した瞬間以降、本音の話が始まる、、、、、密度は濃いはずだ。

では、45分、時間延長までした話し込んだ話題は何だったのか?

私が、安倍首相ならこうする。筋書はこうだ。

―――――――――――――――――

「貸し」をつくったことで、あることを依頼するのである。
具体的には、トランプ批判に加担した勢力で、安倍政権にとって邪魔な勢力について、トランプ勝利の引き金を最後に引いたFBI(クリントン候補のメール捜査を公言)に対応依頼したのではないかと、推測するのである。

―――――――――――――――――

あのチャッカリ屋の安倍首相ならやりそうな気がする。以下に、4つの怪談ネタを紹介する。

ことわっておくがこれらは、フィクションである。

―――――――――――――――――

4つの怪談小話(フィクション)


■怪談小話 その1 クリントン候補に同行した日本のマスコミ記者の取扱い

日米のマスコミは、トランプ候補、トランプ支持者のことを悪し様に扱った。中でも、日本の全国紙はトランプ支持者を「悪意ある集団」だと選挙後も報道し続けている。
NHKや読売は、クリントン候補に同行取材を続け、クリントン本まで出す準備をした。結果はボツとなったが、以降、これら反日的記事を書いてきた日本のマスコミ記者の活動について、FBI等による通信傍受いただくなど、違反行為等、スパイ行為等、徹底摘発を検討いただきたい。


■怪談小話 その2 クリントン候補への支援を請け負ったエージェント(電通?)の取扱い

日本のマスコミは、トランプ候補者の選挙期間中の報道について、クリントン陣営の意向を受け、クリントン有利となるような報道を続けた。アメリカにいる日本の特派員は特にそうだった。そういう取材活動を主導したのが、ケネデイ大使→C●A東京支局→電通である。
ケネデイ大使の意向を受けて動いた、C●A東京支局への対処、エージェントの電通の海外業務について、厳格な対処をお願いしたい。
なお、日本国内では、電通は、アメリカ民主党と組んで、終戦の日の首相の靖国不参拝を画策している一味である。
電通については、過労死事案で、一連の捜査を続けている。これは「官邸の報復」である。電通については、国税査察、マイナンバー交付された直後でもあり社員個人のマイナンバー口座の洗い出しも進めている。


■怪談小話 その3 パチンコ資金等のマネーロンダリング調査

トランプ候補が選挙戦で勝利した後、在米の不法滞在者と思われる韓国人が、反トランプデモを企画、全米規模でバスを手配し、実施したそうだが、この反トランプデモの資金の出所、実は日本のパチンコマネーの可能性がある。FBIにおかれては、このデモに係わる資金の流れ、日本のマチンコマネーの追跡調査に配慮お願いしたい。


■怪談小話 その4 パナマ資金のフォローアップ

オバマ政権の置き土産となるが、パナマ資金、日本の電通など、反日企業の裏金の金庫としてプールされている可能性がある。クリントン候補への献金の出所もそうかもしれない。
この点については、FBIから情報いただければ、日本としてのしかるべき対処をしたいと思っている。


―――――――――――――――――


TPPについては、アメリカが参加しないと、日本の一人勝ちになってしまうと日本サイドの読みを披露する。公約した手前、路線変更は容易ではないかもしれないが、協力はする。なんとかTPP陣営に踏みとどまっていただけないか?

続いて、これはとっておきのお土産となる。もちろん、口約束である。
アメリカ利権のカジノ誘致の可能性を打診するのである。トランプは喜ぶだろう。

交換条件は、反日マスコミ、電通、パチンコマネー等の摘発である。トランプはのむだろう。


こうやって、「首脳怪談」時に、相互にWin-Winネタを交換するのである!

そして、自民党には共和党政権だった方が居心地が良さそうな雰囲気もある。

最後に、安倍首相が握手写真の小狡そうな表情、私には、安倍首相が語る「怪談小話」の意味をトランプが正確に理解したことに満足した?表情に見えるのである。

以上
関連記事

テーマ : 時事ネタ - ジャンル : ニュース

17:54  |  外交  |  トラックバック(2)  |  コメント(2)

Comment

私が巡行者であった場合、するであろう裏話と提案

まず、本当によほどの事が無い限りは、今の日本の政権であるかぎりは、今の米国債の保有高を割り込むことはないとトランプに提案しますね。
明言することで、今の日本政府保有高分のファイナンスは考えなくて良くなるので、疑心暗鬼で無茶な事を言おうという気持ちを減らす効果があります。
たとえ、売るにしても、日本によほどの事があれば、日本からアメリカに資金が行くから、慌てずに構えておけば、安心感から値崩れしない。しても、小幅ですぐにリカバリーされると思わないか?アメリカはそれだけの力がある国ではないのか?むしろ、絶対的にやめさせようとする方が、投資家が疑心暗鬼になるのではないか?売らせる事の方が、アメリカの自信を表すことにならないか?
と、持ち上げつつ、アメリカの信頼と日本の一定条件下での売却の自由を得る交渉をしますね。
ようは、日本が弱り目の時にアメリカは相対的国力が上がる。この事は、強いアメリカの宣伝になると思えというレクチャーをするわけです。
裏話としては、ゼロか百かではなく、日本が払う額に応じて米軍の規模を増減させるのも考えてみたらどうかといいます。
公約の一つは、外国駐留の米軍のコストは、貧乏国で無い限りは全額の負担をしていただく。
この負担額スライド式の駐留協定を結べば、一部公約達成になり、トランプの政治成果のひとつになります。
日本にとっても、いきなり米軍の影響力を失うリスクを負わずに済みます。
撤退となっても、日米安保条約はそのまま継続したほうが良いとも言います。
お互い直接的な軍事関係が無くなっても、最低、日米が敵対的関係にならない外交的な利益が継続すること。(お互いに適切な対処を取る事を約束しているので、不適切な敵対的対応を取らない証拠になる。)
その他、様々なメリットを話、切らない利点を納得して貰い、条約解消だけはお互いに避ける決断に持っていくでしょう。
おそらく、この二つの話は、後者についてはやっていると思いますし、前者についても遣ってないとはいえません。
Suica割 |  2016.11.18(金) 19:26 | URL |  【編集】

Re: 私が巡行者であった場合、するであろう裏話と提案

> まず、本当によほどの事が無い限りは、今の日本の政権であるかぎりは、今の米国債の保有高を割り込むことはないとトランプに提案しますね。
> 明言することで、今の日本政府保有高分のファイナンスは考えなくて良くなるので、疑心暗鬼で無茶な事を言おうという気持ちを減らす効果があります。
> たとえ、売るにしても、日本によほどの事があれば、日本からアメリカに資金が行くから、慌てずに構えておけば、安心感から値崩れしない。しても、小幅ですぐにリカバリーされると思わないか?アメリカはそれだけの力がある国ではないのか?むしろ、絶対的にやめさせようとする方が、投資家が疑心暗鬼になるのではないか?売らせる事の方が、アメリカの自信を表すことにならないか?
> と、持ち上げつつ、アメリカの信頼と日本の一定条件下での売却の自由を得る交渉をしますね。
> ようは、日本が弱り目の時にアメリカは相対的国力が上がる。この事は、強いアメリカの宣伝になると思えというレクチャーをするわけです。
> 裏話としては、ゼロか百かではなく、日本が払う額に応じて米軍の規模を増減させるのも考えてみたらどうかといいます。
> 公約の一つは、外国駐留の米軍のコストは、貧乏国で無い限りは全額の負担をしていただく。
> この負担額スライド式の駐留協定を結べば、一部公約達成になり、トランプの政治成果のひとつになります。
> 日本にとっても、いきなり米軍の影響力を失うリスクを負わずに済みます。
> 撤退となっても、日米安保条約はそのまま継続したほうが良いとも言います。
> お互い直接的な軍事関係が無くなっても、最低、日米が敵対的関係にならない外交的な利益が継続すること。(お互いに適切な対処を取る事を約束しているので、不適切な敵対的対応を取らない証拠になる。)
> その他、様々なメリットを話、切らない利点を納得して貰い、条約解消だけはお互いに避ける決断に持っていくでしょう。
> おそらく、この二つの話は、後者についてはやっていると思いますし、前者についても遣ってないとはいえません。

アメリカ国債の話は、トランプが国際金融資本の立場なのか、純粋な国益派なのか、国会財政をどうみているのかによるような気がします。インフラ整備を公約にしているので、国債はたくさん発行しそうです。
在日米軍については、Suica割さんのアイデアは、交渉時にそのまま使えそうですね。
事務局 |  2016.11.19(土) 18:40 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/215-3236f531

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

11月21日、月曜日、本日放送された青山繁晴氏の「真相深入り!虎ノ門ニュース」を貼り付けておく。
2016/11/22(火) 01:02:23 | 風林火山
アメリカの次期大統領が政権発足前に行う最初の人事が、 「大統領就任式実行委員会( PIC )」 の委員の任命である。新政権が重点を置く政策の予測や、政権のキーマンに関わる人脈の傾向性を探る上で、この委員の人選は参考となる。   トランプ次期大統領とマイク・ペンス次期副大統領の就任式は来年 1 月 20 日の予定だが、これを仕切る大統領...
2016/11/19(土) 03:06:28 | 賭人がゆく

▲PageTop

 | HOME |