2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.11.04 (Fri)

トランプもクリントンもなぜTPPに反対するのか?

本稿、推論として作成したもの。正確性について保障するものではありません。


TPP承認案・関連法案が衆議院特別委員会で可決したそうである。

そのTPP、そもそもがアメリカのオバマ政権のゴリ押しであったことは周知の事実である。民主党菅政権が、震災前後に、TPP参加を公言したことなどから、私は、東日本大震災の地震は、人工地震の疑いがあるとみている。
早すぎる、アメリカ空母の援軍はそれを裏付けている。あの空母に長期間にわたって救援活動できる余裕があったことがそもそも不思議なのである。

人工地震かどうか、その首謀者がいるのであれば、トランプ大統領となった場合、ロシアプーチン大統領と連携、ウイキーリークスが事の次第を国連大で公表するだろうとと、予想する。
それゆえ、アメリカには、トランプ大統領となることをなんとしても阻止したい勢力がいる、それは確かなようである。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

FBIに残っていた正義漢によって、ヒラリーが窮地に陥れば、トランプ大統領シナリオが実現する:北朝鮮脅威が除去されて極東米軍の撤退も夢でなくなる
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36325447.html

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ヒラリーがここに来て窮地、それは、フリーメーソン界が割れていることを意味する。アメリカ支配層の中には様子見を決め込む勢力がいるなど、どうも一枚岩ではなさそうだ。



私は、そもそもTPP反対論者なのであるが、ここに来て、なぜ次期アメリカ大統領候補が二人ともTPPに反対し、安倍政権がTPPを推進しようとするのか、安倍政権の政治的立ち位置との比較などからその理由を考えてみたい。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://mainichi.jp/articles/20161104/k00/00m/020/020000c

 日米財界人会議
東京で開幕…TPP早期実現で認識共有

毎日新聞2016年11月3日 19時13分(最終更新 11月3日 19時13分)

 日米の企業経営者が世界経済や政治情勢について意見を交わす日米財界人会議が3日、東京都内で開幕し、貿易や投資拡大に向けた環太平洋連携協定(TPP)の早期実現の重要性について認識を共有した。約230人が参加。共同声明をまとめ4日に閉幕する。

 日米経済協議会の石原邦夫会長(東京海上日動火災保険相談役)は「経済界としてTPPの早期実現を求めることが、われわれの使命だ」と指摘。アジア太平洋地域の発展のため両国政府の早期承認が急がれると強調した。米製薬大手イーライリリーのレックライター会長も「国際的な経済秩序を形成する上で、TPPは成立させないといけない」と応じた。(共同)

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



実は、日米のTPPについては、自動車と米が主要なテーマであると認識する。



そこで、TPP協議で日米が激突したアメリカ国内での自動車販売実績について、調べてみた。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://car.lifelifelife.net/?p=9078
アメリカ 10月の新車販売台数

http://frequ2156.blog.fc2.com/blog-entry-161.html
2012年~2015年 主要8社の米国月別新車販売台数推移

http://jp.reuters.com/article/autosalesusa-top-idJPL4N1D2597

再送-〔表〕10月の米自動車販売台数トップ20車種
 (年初来のデータを追加して再送しました。)
    [1日 ロイター] -
 RANK  VEHICLE                  Oct-16    Oct-15    PCT CHNG
 1     Chevy Silverado-C/K P/U  49,768    51,647    -3.6
 2     Ram P/U                  43,891    41,042    +6.9
 3     Honda CR-V               30,306    29,032    +4.4
 4     Toyota Corolla           29,735    29,359    +1.3
 5     Toyota Camry             29,562    34,781    -15.0
 6     Toyota RAV4              26,429    28,256    -6.5
 7     Honda Civic              26,359    27,789    -5.1
 8     Honda Accord             25,551    30,121    -15.2
 9     Nissan Rogue             21,179    24,939    -15.1
 10    Nissan Altima            20,257    20,948    -3.3
 11    Chevrolet Equinox        19,664    22,086    -11.0
 12    Jeep Grand Cherokee      17,867    16,405    +8.9
 13    Toyota Highlander        17,668    13,316    +32.7
 14    Chevrolet Cruze          17,126    15,710    +9.0
 15    Chevrolet Malibu         16,151    24,725    -34.7
 16    Hyundai Elantra          15,917    15,868    +0.3
 17    Toyota Tacoma            15,875    15,233    +4.2
 18    GMC Sierra P/U           15,050    18,521    -18.7
 19    Hyundai Sonata           14,972    16,071    -6.8
 20    Jeep Wrangler            14,469    15,632    -7.4

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

どうやら、日本の自動車メーカー各社は、TPPで勝てると踏んだようである。
主力車種の販売台数の動向を見て、私はそう思った。
日本車が、トップ10のうち8車種も占めているのがそれだ。
日本メーカーは、かなりハイレベルの競争に打ち勝っているようなのだ。

つまり、オバマ政権にとっては、TPP参加を日本にごり押ししたものの、甘利大臣の頑張りで、日本優位に事が進む。

TPP交渉で優位に?導いた甘利大臣に、刺客を差し向けたのは、アメリカかもしれない。
また、クリントン候補は、中共寄りと言われており(中共に都合悪いことはしたくない)ため、TPPに反対のポジションとなったのであろうと解している。



では、米(コメ)の問題はどうなのか?
実は、個人的な都合で、3年くらい前、ある稲作専業地区で聞き取りをしたことがある。すると、その地帯一帯、小規模専業農家は土地を売り離農、20町歩くらいの専業稲作農家に集約、TPPを迎え撃つとのことであった。
日本産日本米の稲作農家の心意気を見た思いがした。ただ、これは、地力ある農地での話である。

従って、日本は、TPPへの対応は万全、よって安倍政権はTPPをアメリカ議会よりも先に批准、アメリカ政界に圧力をかけようとしているとみる。

小泉進次郎が、農協向けにやっているのは、取り残された旧態全とした組織の後始末、ということになるのだ。それでも彼は彼なりに根気強くやろうとしている。




アメリカ政界が、TPPを批准しなければどうなるか、以降、アメリカの対日要求はすべて無視される。C●Aはもはや違法な謀略工作は日本ではできなくなる。C●A職員の違法行為は、徹底的に捜査されるべきだという世論となる。

盗聴がバレレば、即捜査されるべきだという世論となる。従って、盗聴は不可となる。
日米地位協定も同様の扱いとなるだろう。
これもそれも、トランプがああ言ってくれたお蔭なのだ。



では、トランプ候補がTPPについて反対なのは、どうか。トランプ候補を支持する白人貧困層が反対していると私はみる。

日米の貧困の質の違いがそこにある。いくつか比較データを集めてみた。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

日本のホームレスが4分の1に減少 アメリカは増加の一途
http://thutmose.blog.jp/archives/48748375.html

全国のホームレス人口推移
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2970.html

【図解・社会】生活保護受給者数の推移
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_general-seikatsuhogo

NYの見えない闇、若年ホームレス
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/11/post-4085.php

アメリカの貧困と格差の凄まじさがわかる30のデータ
http://socius101.com/poverty-and-inequality-of-the-us/

「トランプ現象」格差拡大で貧困層が富の象徴である不動産王を支持するの怪?
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/20160304-00055041/

トランプ氏の人気を支えるアメリカ社会の「格差と貧困」 ノーム・チョムスキー氏に聞く
http://www.huffingtonpost.jp/2016/02/28/donald-trump-noam-chomsky-white-mortality_n_9343538.html

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

一言で言うと、アメリカの所得格差は、加速しホームレス人口増を止められないようである。アメリカン・ドリーム、それは一握りの金持ちがさらに金持ちとなり、アメリカの富を独占、極大化する動きでしかない。

白人貧困層にはTPPは致命的と映るはずだ。

そして、アメリカ財界では、そういう思惑のもとで、中共経済を孤立させ、日本の経済力を弱める目的でTPPが編み出されたのは周知の事実である。

だが、トランプが言いだすのは5年遅かった。オバマ大統領が言いだした時にそうすべきだった。
トランプが大統領に仮になり、TPPに参加しない決断をした場合は、合理的でない対日要求は、たとえ、C●Aが日本の首相を連れ出し脅迫めいた行為を行おうとも(小渕首相時代にあった?、中川昭一先生も受けた?)我々は、従わない。




安倍政権は、対米従属をやめる切り札として、勝てるTPPに参加し、(何かと反日的な)アメリカ国務省に挑もうとしているように私には見える。




さて、トランプはポーランド系ユダヤ人だそうだ。情報によれば、ロシアのプーチンの操り人形との指摘がある。

トランプはプーチンの操り人形?
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/07/post-5568.php

だとすれば、安倍政権の日露平和条約とセットでの北方領土交渉は、世界経済だけでなく世界の安全保障の枠組みを一変しかねない動きととれる。

以下のブログの推論をご一読いただきたい。驚くべきことが書かれている。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

日露友好通商条約(仮称)の締結が世界的規模の地政学的変動を誘発する。
http://blog.livedoor.jp/gold_7777/archives/52050389.html

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

残念ながら、コネ入社、在日枠で入社する程度の、偏差値50前後の記者、テレビ出演する3流の記者たち(論説主幹)にこのレベルの原稿を書くことは不可能である。私は、記者と喧嘩した経験があるのでわかるのだ。
既に、ネット論壇は、マスコミを乗り越えたのである!




上記ブログでの推論
オバマ大統領、クリントン候補が日露の外交交渉の動きについて了解していることが意味するもの、

それは、安倍首相が、今、世界で最も重要な国家指導者と認識されたことを意味する。

最近になって、外国の要人がひっきりなしに来日、会談、天皇陛下に謁見して帰られるのは偶然であろうか?

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/


平成28年11月

安倍総理大臣とアウン・サン・スー・チー・ミャンマー国家最高顧問との会談等
マトヴィエンコ・ロシア連邦連邦院議長による安倍総理大臣表敬

平成28年10月

日・ヨルダン首脳会談
日・フィリピン首脳会談
日・ブラジル首脳会談
ハリス米国ユダヤ人協会理事長による安倍総理大臣表敬
日・モンゴル首脳会談
安倍総理大臣夫妻主催ベルギー国王王妃両陛下との晩餐会及び安倍総理大臣と同国王陛下との懇談
ルフット・インドネシア海洋担当調整大臣による安倍総理大臣表敬
シャナナ・グスマン東ティモール指導大臣兼戦略投資大臣による安倍総理大臣表敬
日英21世紀委員会の英国側メンバーによる安倍総理大臣表敬
第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)
ドヴォルコヴィッチ・ロシア連邦副首相による安倍総理大臣表敬
日・スロベニア首脳会談



平成28年9月

日・シンガポール首脳会談
安倍総理大臣のキューバ訪問
日・キューバ首脳会談
安倍総理とフィデル・カストロ前国家評議会議長の会談
安倍総理大臣のキューバ訪問
安倍総理大臣の第71回国連総会出席
安倍総理大臣及び岸田外務大臣の第71回国連総会出席
安倍総理大臣の米国金融関係者との対話
日・トルコ首脳会談
日・イラン首脳会談
バイデン米副大統領による安倍総理表敬
安倍総理夫妻の和食レセプション出席
安倍総理大臣のシリア情勢に関する安保理ハイレベル会合出席
安倍総理大臣のオバマ米国大統領主催難民サミット出席
安倍総理大臣と潘基文国連事務総長との会談
第3回日本・太平洋島嶼国首脳会合
日米首脳立ち話
日・パキスタン首脳会談
日・ウクライナ首脳会談
日英首脳会談
クリントン元米国務長官による安倍総理大臣表敬
安倍総理の難民及び移民に関する国連サミット出席
日・コロンビア首脳会談
安倍総理大臣とトムソン第71回国連総会議長との会談
日・アフガニスタン首脳電話会談
日・カタール首脳会談
日加首脳電話会談
日韓首脳電話会談
東アジア首脳会議(EAS)
安倍総理大臣のG20サミット及びASEAN関連首脳会議出席
ASEAN+3(日中韓)首脳会議
日・ASEAN首脳会議
第8回日本・メコン地域諸国首脳会議
日・ベトナム首脳会談
日印首脳会談
日豪首脳会談
安倍総理大臣とアウン・サン・スー・チー・ミャンマー国家最高顧問との会談
安倍総理大臣とブンニャン・ラオス国家主席との会談
日・ラオス首脳会談
日・フィリピン首脳会談
日中首脳会談
日・エジプト首脳会談
日英首脳立ち話
日・ブラジル首脳会談
G20杭州サミット(平成28年9月4日~5日)
第2回東方経済フォーラムの際の日露首脳会談
安倍総理大臣の東方経済フォーラム出席(平成28年9月2日~3日)
安倍総理大臣とムハンマド・ビン・サルマン・サウジアラビア副皇太子との会談
第14回G7下院議長会議出席者による安倍総理大臣表敬

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


例によって、官邸のこれらの対応をすべてカバーできてる記者は皆無なようである。なぜなら、これら全部について記述した報道機関はないと思われるからだ。内閣記者クラブ所属記者がビジネススキル的に3流以下である証左と私はみている。

3流以下とわかって、有り難がって、新聞記事を隅から隅まで読む人など、いるはずはないのである!

ここ3カ月の外交対応を眺めると、各国の指導者たちは、安倍首相を世界のリーダーと認めている、そうであるが故の相次ぐ訪日なのであろう。




日本の馬鹿野党ども、審議拒否癖が抜けない野党、質問らしい質問もできない野党、対案すら提出できない野党に国会質問の時間は必要であろうか。与党議員と同じ給与にする必要はどこにあるのか?

これだけ多忙な安倍首相が、馬鹿議員を相手にしたくなくなる理由をここに見出すのである。
対案提出実績ない野党議員には、国会の掃除をさせたいくらいである!

それゆえ、自民党総裁任期延長は、世界の平和と安定の視点でみた場合、当然の措置とみなすことができることを指摘し、本稿を終える。

以上

関連記事

テーマ : 時事ネタ - ジャンル : ニュース

17:38  |  アメリカ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

安倍政権はトランプ勝利に賭けてるってことですか?ヒラリーが勝てばTPPを締結するでしょう。
そしてISD条項で日本の主権はなくなりますね。
たろう |  2016.11.04(金) 18:11 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> 安倍政権はトランプ勝利に賭けてるってことですか?ヒラリーが勝てばTPPを締結するでしょう。
> そしてISD条項で日本の主権はなくなりますね。

安倍首相は、どちらが大統領であってもいいように、両面作戦であるように思います。
万が一、アメリカ批准しなかった場合、安倍政権は対米従属する義務がなくなります。
ISD条項についてはなんとも言えません。業種によるのでは?
ただ、日本の雇用を支える、自動車がTPPによって最も得をする業種で、このままいけば日本の自動車メーカーが勝者となるであろうと予想します。
「外国企業のISD条項」の可能性はないとは言えませんが、日本の自動車産業等がアメリカにISD条項を適用申請する可能性はあるはずです。
事務局 |  2016.11.04(金) 18:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/183-eb848626

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |