2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.10.30 (Sun)

韓国の支配者は誰なのか?

今の韓国の支配者は少なくとも大統領ではないようだ。
そのことを確信させる事案が起きた。

ついに韓国・朴大統領にも強制捜査ww 大統領府に検察が乱入 年内に死刑の公算
http://hosyusokuhou.jp/archives/48760818.html

韓国の有力企業の支配者が実質アメリカであるという情報もある。

「韓国」経済の実態 米日独占が実質的に支配
http://ww5.tiki.ne.jp/~people-hs/data/5711-22.html

アメリカは、日本との経済戦争において、日本企業の力を削ぎ、一方でアメリカ企業の利益とするために、動いてきたようだ。

アメリカが日本に経済戦争を仕掛け始めたのは
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1061335645

ロックフェラーセンターの買収がすべての発火点だったかもしれない。

CIA東京支局 公開されている情報から読み解くと…
http://nihonnococoro.at.webry.info/201508/article_6.html

ビル・クリントン大統領による、多分に差別的な対日制裁発言の動機は、どうもそこにあるようだ。

ビル・クリントンはウィンスロップ・ロックフェラーの隠し子
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14121969949

―――――――――――――――――

http://nihonnococoro.at.webry.info/201508/article_7.html

ハリントンなる人物、在米日本大使館嘱託からCIA東京支局長に転身
 日米貿易摩擦のアメリカ政府対応シナリオの台本を用意
 電話盗聴に関与?
その後の日本の市場開放シナリオをアメリカ政府に提供

―――――――――――――――――

CIA東京支局 公開されている情報から読み解くと…
http://nihonnococoro.at.webry.info/201508/article_6.html

アメリカ政府・CIA東京支局はフェアではない
http://nihonnococoro.at.webry.info/201508/article_3.html

こういうのを読み込んでいくと、今の韓国の経済発展の筋書を準備、作成したのが、C●Aの東京支局ではないかと思い至る。(勝手な推論)

すべては、一見バラバラな様に見えるものの、動機は一筋の意図で繋がっている!

そして、今朴大統領周辺に捜査が及んでいるのも、中国との二股外交をやめようとしないことに業を煮やしたアメリカが裏でシナリオを書き、焚き付けていそうな気がする。

一方、産経支局長は、一連の捜査の最終目標がどこにあるのか、大統領のバックにいる人物の存在を指摘した。

【韓国崩壊】産経の加藤達也元支局長が衝撃の暴露
http://www.news-us.jp/article/20161029-000008k.html

前李明博の場合といい、在日勢力は韓国を支配しようとして失敗したようだ。動機は、自身の納税特権(日韓両国どちらにも納税しないで済む特権)継続のためと推定する。

どうやら、韓国の支配者は、韓国の国外にいて大統領以上の権限を有しているようである。


日本の場合はどうだったか?

ロッキード事件で、検察は当時の首相を逮捕した。外国政府における簡略化した手続きを正当なものとして認め、日本の検察が追従したことで、当時の田中角栄首相は、辞任、刑事裁判で有罪となった。
その時から、我々は事件を通して、日本の支配者は検察だと教えられ、検察がアメリカCIAのエージェントだという想定のもとで、びくびくして生活する羽目になった。
不思議なことに、捏造慰安婦問題を焚き付けた政治屋、マスコミ記者、キリスト教会関係者は一向に逮捕されない。どうしてか。アメリカ国務省が黒幕と考えれば辻褄があいそうである。

そんな状況で、微罪相当事案であるのに、田母神がかつての同士からの告発を受け逮捕、長期拘留されることとなった。

田母神は持論として、日本に輸入されるアメリカ製兵器は格落ちであり、日本が核武装しない限り外交交渉はうまくいくはずがない!と再三主張、アメリカ支配者にとっては目障りな存在となってしまった。
なぜなら、我々ネット界でこぞって田母神を支持、一大勢力となりつつあった。アメリカの支配者はそうなることを怖れ、エージェントたる●●に逮捕を打診、長期拘留が実現したのである。

長期拘留されている間、格落ちかもしれない、F35が破格の値段で日本に納入された。これは、偶然であろうか?

トランプ旋風ーF35納入ー田母神逮捕は連動している?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-153.html

価格が性能に見合ったものか、検証しようとした言論人はいるのであろうか?


私は書き過ぎであろうか?
実相そのものではないのか?
こうして、シナリオをイメージ、文章化、シナリオに矛盾が生じないか、書きながら確認しつつ出稿を続けている。だからこう書けるのだ。

もちろん、シナリオに矛盾点を見出せば、都度軌道修正する、当然のことだ。


少なくとも我々は、田母神逮捕、そしてかつての検察庁ペンキ事件、アメリカに示唆されて検察が動いたロッキード事件に学んだはずである。

たとえば、二重国籍議員の逮捕を実現するのに、政治テクニックはいらない。

既に、告発状は1通作成、受理されたようである。
もし、捜査しないのであれば、次は100通用意しなくてはならない。
もし、逮捕しないのであれば、告発状は1000通用意しなくてはならない。
もし、起訴しないのであれば、告発状は10000通用意しなくてはならない。

なぜなら、エージェントと化したことが知れ渡り、さらに金丸への穏便な処置で怒りを買い、検察庁ペンキ事件が発生、検察は敗北?したのである?この意味おわかりであろう。
国民各層からの告発状が続々地検に提出されれば、それが山のように積み上げられれば、検察はその権威を護るために、動かざるを得なくなるのである。

二重国籍議員問題 1人1通東京地検に告発状を出す戦術が有効かもしれない
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-172.html

検察は、どの組織よりも権威(良い意味:国民の信頼、悪い意味:エージェントしての権力?)を大切にする組織である。
いや権威がなければ検察は検察でなくなってしまうかもしれない。
検察は、権威を失うことを何よりも恐れる組織なのである。

「政界のドン」金丸元自民党副総裁逮捕の翌朝、特捜部長は目を潤ませた
(10) 電撃作戦で金丸氏を逮捕し国民の信頼を回復
http://judiciary.asahi.com/fukabori/2012102900007.html

繰り返す。検察は支配者のように見えて、実質敗北?しているのである。
若狭が政界入り、小池の選挙区から出馬した動機を、そこに見るのである。

少し脱線してしまった。

次に、韓国国防相の発言を参照したい。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.asahi.com/articles/ASJBX4WVHJBXUHBI02G.html

在留邦人救出に必要な軍情報「渡さない」 韓国国防相
2016年10月28日22時44分

日韓の防衛情報を共有する基礎となる「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」を巡る問題で、韓国の韓民求(ハンミング)国防相は28日、韓国在留邦人の救出に必要な空港や道路の状況、韓国軍の展開などの情報について「それは(日本側に)渡さない」と語った。

韓国政府が27日、日韓GSOMIA締結交渉の再開を発表したことを受けて開かれた国会国防委員会で答弁した。韓氏は「必要な情報だけを必要な水準でやり取りする」とした。

韓氏は「日本は監視や偵察など、海洋での情報収集能力で我々よりも多くの資産を持っている」と指摘。北朝鮮の核・ミサイルや潜水艦に関する情報交換に期待感を示した。日米主導のミサイル防衛体制への参加は否定した。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ここで、平和安全法制の一部を参照したい。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/gaiyou-heiwaanzenhousei.pdf

自衛隊法の改正(在外邦人等の保護措置、米軍等の部隊の武器等の防護関連)

在外邦人等の保護措置
○ 外国における緊急事態に際して生命又は身体に危害が
加えられるおそれがある邦人の保護措置を自衛隊の部
隊等が実施できるようにする。(第84条の3)
【手続】防衛大臣による命令
○外務大臣からの依頼・協議、内閣総理大臣の承認
【実施要件】以下の全てを満たす場合
① 保護措置を行う場所において、当該外国の権限ある
当局が現に公共の安全と秩序の維持に当たっており、
かつ、戦闘行為が行われることがないと認められること。
② 自衛隊が当該保護措置を行うことについて、当該外
国等の同意があること。
③ 予想される危険に対応して当該保護措置をできる限
り円滑かつ安全に行うための部隊等と当該外国の権
限ある当局との間の連携及び協力が確保されると見
込まれること。
【武器使用権限】
○いわゆる任務遂行型の武器使用が可能。
○危害許容要件は正当防衛・緊急避難。
保護措置:警護、救出その他の当該邦人の生命又は身体の保護のた
めの措置。輸送を含む。
※ 邦人以外の外国人も一定の条件の下、保護することが可能。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

韓国国防相は、日本の自衛隊に対し、邦人保護名目であっても、朝鮮半島上陸を認めたくないようである。


つまり、北朝鮮有事に、日本政府は、拉致被害者を救出できなくなる可能性がある。
言い換えると、韓国国防相は、日本の拉致被害者救出を阻止しようとしているとみなすことができる。

安倍政権は拉致被害者救出に向けた措置を何一つしていないという趣旨の発言を昨年聞かされたことがあるが、少しは安倍首相を弁護したくなる。

韓国の国防相の了解をとらないと、拉致被害者の救出もできないのか?

そう考える根拠は、あの日韓基本条約にある。北朝鮮政府がいない前提での条約とすることで、韓国は朝鮮半島全体に係わる独占的な利権を手に入れた。

水間政憲は指摘する。捏造慰安婦問題は、韓国の財政問題とリンクしているとしている。

拡散希望:白熱!!討論・討論・討論
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1407.html

水間政憲 ひと目でわかる慰安婦問題の真実からの引用

ひと目でわかる慰安婦問題の真実 水間政憲


アメリカの支配者の立場ならどう読むであろうか?
韓国経済が傾いているなら、日本に金を出させ、てこ入れさせることを思いつく。日本政府にはATMとして振り込ませる口実が必要なので、それを捏造慰安婦問題にしたのではないか???

実際、韓国は朝鮮戦争の後にアメリカの都合で創られた国ではなかったか?

時期的に冷戦後の日米経済戦争勃発、ビルクリントン大統領の対日蔑視・制裁発言、と一致するはずだ。

既に、CIA東京支局は、日米経済戦争のシナリオ作成者であることが公表されている文書から確認……………

では、韓国国防相発言の真意をどう読むか。

私はこう解する。
邦人救出、拉致被害者救出のための自衛隊の朝鮮半島派遣実現に際し、韓国国防相筋に、巨額の●●を●●することを確約しない限り、日本政府(自衛隊)による朝鮮半島での邦人救出を認めないということではないかと。

既に、捏造慰安婦カードは韓国にとって無効になった。彼ら支配者は新たな切り札を欲しているのだ。

すなわち、韓国の支配者(どうも大統領ではないらしい)は、捏造慰安婦問題の代替利権を在韓邦人に向け始めたようである。
韓国国防相は、自身が手にできる、みみっちい(それでも数億程度?)の利権のために、そう発言しているかもしれない。

その第一弾は、ロッテ創業者事案。

ロッテ会長逮捕
http://hosyusokuhou.jp/archives/48527560.html

その一方で、中国にすり寄っている。

韓国政府、中国に軍事情報協定締結を提案
http://hosyusokuhou.jp/archives/48760692.html

韓国の支配者が、軍事・国防・検察を押さえていることは確かなようだ。それが、韓国の保守政界の実相のようである。

日本に難癖をつけつつ、日本政府から金をむしり取るために手段を選ばず、孤立する中国に対してはすり寄り何かを得ようとする…………………

歴史は繰り返すというが、韓国の場合は、日露戦争前夜のあの閔妃がコウモリの如く軍事・国防・検察を支配し、あっちにフラフラこっちにフラフラ、国民の生活のことなど眼中にないようである。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

閔妃
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%94%E5%A6%83

親日開化主義から親清事大を経て親ロシアへと次々に方針を転換したかのように見える閔妃の政策は、まさに大院君への怨念ともいえる姿勢で貫かれており、これらが原因で大院君に代表される反対派勢力による反感を買うことになる。閔妃の動きは閔妃に不満を持つ大院君や開化派勢力、日本などの諸外国から警戒され、開国504年(1895年)10月8日早朝、景福宮に日本軍守備隊、領事館警察官、日本人壮士(大陸浪人)、朝鮮親衛隊、朝鮮訓練隊、朝鮮警務使らが侵入する事件が発生、その混乱の中で殺害された(乙未事変)。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

朝鮮半島史をきちんと読めば、こういう理解となるはずだ。
日本が朝鮮の独立を認めようとした際に、朝鮮の支配者たちは清になびき、日本は日清戦争を余儀なくされた。
やがてロシアが南下政策を強化、朝鮮半島がロシアの影響下になりそうな状況下で、清はロシアの南下を容認?、朝鮮は日本支持・ロシア支持に分断され、閔妃は親日開化主義から親清事大を経て親ロシアへと次々に方針を転換した。


まさに、今朴槿恵大統領がやった外交も似たようなものだ。
韓国の朴槿恵大統領は、安倍政権との慰安婦問題に係わる日韓合意でヘマをしたと韓国の支配者から睨まれ、政治生命は風前の灯状態にある。

つまり、安倍政権は、韓国の支配者からみればうまく立ち回ったように映っているはずである!

それゆえ、朴槿恵があれだけ政治的に追い詰められているのに、捏造慰安婦日韓合意した安倍政権を批判している者の中に、韓国KC●Aのエージェントがいるのではないかと、勘ぐってしまうのである?

ただ、閔妃は殺害されたことを知るならば、韓国国防相は朝鮮半島有事に自身に危害が及ぶことを避けるべく、自衛隊の朝鮮半島派遣を拒否する動機を見出すことができる。


視点を変えたい。

一連の流れを追っていくうちに、日本の民主党の発想がどこにあったのか?について気が付いてしまった。

朝鮮半島史は、庶民の生活を顧みない、怠惰で傲慢な両班によるおぞましい支配の歴史である。そう総括することができれば、韓国に優しい、(日本人なりすまし、二重国籍議員が150人いると噂される)日本の民主党は、暗黒の朝鮮半島政治史を振り返り、当時「国民のために」というキャッチフレーズを掲げ、2009年の衆議院選挙に臨み、民主党政権は、韓国民そして在日韓国民に異常に配慮したかもしれないのだ。
我々保守層は、それら一つ一つに愕然とさせられたのであるが、あれは、暗黒の朝鮮半島史への反省から編み出された、(韓)国民そして(在日韓)国民向けの日本の(一時的)支配者としてのメッセージでもあったのだ。

以上、面白がって書いていくうちに、かようにフィクション化してしまったことを反省していることを表明し、本稿を終える。

関連記事

テーマ : 時事ネタ - ジャンル : ニュース

06:19  |  韓国  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

日本のカネと技術で強力な韓国を作り、それにより日本を潰す計画がアメリカにあったのでしょう。
ベンジャミンフルフォード氏が小泉政権で日本のメガバンクの実質支配者はユダヤ金融になったと発言してましたが、それを裏付けるものだと思います。ソフトバンクやサムスンが日本のメガバンクから無尽蔵に金を借りれる仕組みをアメリカが手助けしていたのだと分かりました。

韓国軍のトップが邦人の情報を教えないと言った発言に対し日本政府が何も出来ないのは、アメリカの圧力があるのでしょうか?だとするなら依然韓国はアメリカにとって日本への間接支配の道具なんでしょうね。普通の国なら韓国への渡航を禁止します。
たろう |  2016.10.30(日) 11:12 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> 日本のカネと技術で強力な韓国を作り、それにより日本を潰す計画がアメリカにあったのでしょう。
> ベンジャミンフルフォード氏が小泉政権で日本のメガバンクの実質支配者はユダヤ金融になったと発言してましたが、それを裏付けるものだと思います。ソフトバンクやサムスンが日本のメガバンクから無尽蔵に金を借りれる仕組みをアメリカが手助けしていたのだと分かりました。
>
> 韓国軍のトップが邦人の情報を教えないと言った発言に対し日本政府が何も出来ないのは、アメリカの圧力があるのでしょうか?だとするなら依然韓国はアメリカにとって日本への間接支配の道具なんでしょうね。普通の国なら韓国への渡航を禁止します。

極論するとお見立てのとおりで宜しいかと思います。
安倍政権が出来ることは限られています。おそらく、針の穴を通すくらいの精度でないと、成就しないのではないかと。
事務局 |  2016.10.30(日) 13:50 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/176-db98b4b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |