2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.10.27 (Thu)

アメリカは文明国から野蛮国に転落 フイリピン大統領がこれを読めばもっと反米となる?

アメリカ大統領選挙戦、どちらの候補者も品位も教養のかけらもない。

えんだんじさんは、トランプ候補に手厳しい。

アメリカ国民よ、トランプ氏に投票しないでください。
http://www.endanji.com/?p=868

一方、ブログ「新ベンチャー革命」はヒラリーの背後にいるアメリカの支配者とそれを支援するマスコミ勢力について懐疑的なスタンスである。

最近の米国マスコミの露骨なヒラリーびいきの偏向報道は裏目に出ており、トランプが米国寡頭勢力の傀儡候補ではないことを米国民に印象付けている
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36293801.html

私は、どう見ているか。
どちらも、アメリカの支配者の操り人形を演じているような気がする。
クリントンは現状追認型、トランプはドラステイックな安全保障の枠組みの変更、どちらが痛みを伴うのかは言うまでもない。


従って、憲法改正、防衛費大幅増加が実現するまでは、日本にとっては、クリントンの方が居心地がいいかもしれない。

要するに、選挙戦自体が茶番のようなのだ。
従来は、テレビ討論で大統領選挙の趨勢が決まるとされてきていたが、どうもそうではないらしい。

トランプ支持率がまさかの再上昇、クリントンに4ポイント差に詰める
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/10/4-19.php

テレビ討論で3連敗を喫した、トランプ候補、テレビ討論終了後に再度、支持率が上昇。今回の選挙戦、ここが注目点だと思う。

マスコミのフイルターはアメリカの支配者に操られ、操り人形に有利な操作が日常的に行われているとみるべきだろう。

さて、アメリカ大統領選挙方式でのテレビ討論、これを日本でも選挙区単位でやったらどうなるか?

審議拒否、対案なしの反対、質問に値しない質問だらけ、二重国籍問題をつかれれば、討論会で、民進党は手も足も出なくなるのは明らかだ。

アメリカでは、アメリカの支配者が、共和党、民主党どちらにも献金、都合良さそうな候補者を大統領にする、アメリカでは大統領になるよりも大統領候補者になる方が難しいと言われているそうだ。

日本でも民主、自民両方に献金する方がいる。自民党議員の中にパチンコ議員がいるのはそういうことなのだ。

パチンコに関与する政治家44名の顔・選挙区一覧
http://matome.naver.jp/odai/2135643027293121701

自民党が、二重国籍議員の追及に手加減しているのは、パチンコ業者の大半が在日か二重国籍者であることを知っているからなのであろう。


こういう現実を眺めると、保守二大政党制は、政界支配を目指すスポンサーにとって実に都合が良いシステムとみていいようだ。
二大政党制なので、寄付する額がミニマムで済みそうなのだ。多党制だとそうはいかない。
保守二大政党制についてウンチクを学問的に研究されている政治学者が、もし、かようなアメリカやイギリスの支配者の素性を知らないで研究しているとしたら、おめでたい!か民進党の御用学者としか言いようがない。

政治学を研究するよりも先に、フリーメーソン研究する方が先かもしれないのだ!?


私が、アメリカを野蛮な国とする理由は他にもある。

大東亜戦争でのアメリカ兵の日本兵への措置は目に余る。

・アメリカ兵の残虐行為(対日戦)について 
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-129.html

・アメリカ兵の残虐行為(対日戦)
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-130.html


アメリカ兵全員が野蛮人だと言いたくなる。当時、フイリピン、普天間と転線し、日本に帰化したドナルド・キーンは、これらの事実あるいは情報の一部をまったく知らないはずはない。

ドナルド・キーンは、お花畑日本人に気づかせない任務を負っているかもしれない。

ドナルド・キーン、沖縄戦を語る
http://ameblo.jp/lovemedo36/entry-11283720317.html

なぜなら、投降兵を射殺する、捕虜を射殺することは、当時のアメリカ軍内でまかり通っていた、白人優越(日本人迫害)作法であったと、リンドバーグの記述から判断されるからだ。

実際、特攻兵は救助されず射殺されたのだ。

特攻隊員を射殺するアメリカ軍 YouTube - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=aWh3CNHkWJM

このアメリカ兵は戦争犯罪者ではないのか?


終戦の詔にはこう書いてある。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


http://homepage1.nifty.com/tukahara/manshu/syusensyousyo.htm

口語訳の一部を抜粋

それぞれ最善を尽くしたにもかかわらず、戦局は必ずしも好転していないし、世界の大勢もまた我国に有利をもたらしていない。それどころか、敵は新たに残虐な爆弾(原爆)を使用して、しきりに無実の人々までをも殺傷しており、惨澹たる被害がどこまで及ぶのか全く予測できないまでに至った。
 なのにまだ戦争を継続するならば、ついには我が民族の滅亡を招くだけでなく、ひいては人類の文明をも破滅しかねないであろう。このようなことでは、私は一体どうやって多くの愛すべき国民を守り、代々の天皇の御霊に謝罪したら良いというのか。これこそが、私が日本国政府に対し共同宣言を受諾(無条件降伏)するよう下命するに至った理由なのである。


||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

文明破壊されないために終戦を受け入れると昭和天皇は述べられた。


また、あと一週間、終戦が遅れれば、次なる原子爆弾の標的は京都だったという指摘がある。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

京都の原爆投下計画の候補地(場所)は梅小路だった
http://osumituki.com/hack/kyotokanko/74875.html


http://yamada.21jp.com/oyaji-386.htm

1945年8月20日に投下予定だった原子爆弾三発目は、京都梅小路国鉄車庫の転車台がその標的だったことは、周知の事実です。
京都は 広島や長崎と同じ運命だった・・・、身の毛がよだちます。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

当時のアメリカ大統領は、人種差別主義的な文明の破壊者だったとみていいだろう。


降伏文書調印式が、如何に非礼だったかご存じであろうか?

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

国旗で見るミズーリ号での日本降伏式①
http://www.worldflags.jp/blog/3541/

まず、事実を列挙しましょう。

1. ミズーリ号はその92年前、すなわち1863年にマシュー・ペリー提督が4隻の軍艦を率いて鎖国下の日本にやってきたとき、旗艦ポーハタン号が停泊したと緯度・経度がまったく同じ場所に停泊させました。

2. ミズーリ号の甲板は「星条旗」が2枚掲げられました。1枚は真珠湾攻撃を受けた時、ワシントンのホワイトハウスに掲げられていた48星の「星条旗」です。3日かけて首都から運び込んだようです。

もう1枚は1853年にペリー艦隊の旗艦である蒸気外輪フリゲート艦サスケハナ号が掲げていた31の星を描かれた「星条旗」をメリーランドのアナポリス海軍士官学校博物館から取り寄せ、額装のまま掲げたものです。ダグラス・マッカーサー(1880~1964)の強い要望で届けられたそうです。この旗は、現在、再び米国海軍兵学校に戻されて、保管されています。降伏式場でのペリー時代の旗は、米国の国旗の扱い方からして、左右が逆です。星の並ぶカントンが常に左側に来なくてはいけません。アメリカ人、ましてこういう場面でそれを間違うということはありえません。布がこびり付いていて剥がせなかったということが真相のようです。

3. 式場には「日の丸」はもとより、署名する他の連合国の国旗も掲げられませんでした。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

少なくとも、これらの事実を以て、ハワイ、フイリピン、普天間と転線したドナルド・キーンに対し、質問する価値はあるだろう。
日本に帰化した以上、「アメリカは日本に対し、文明国として存立し得ないほどの野蛮なこと、残虐なことをした」と語るべきだ。帰化の理由は、「アメリカが嫌いになったからだ」と語れば、信用していいだろう。とにもかくにも親日的だと知れれば、無防備となる日本人が多いのは困ったことだ。


話は、変わるが歴史的には、日本軍は日露戦争で降伏したロシア側の帯刀を許可したことは世界的に評価されている。

日本軍の乃木希典大将とロシア軍のステッセリ中将が水師営で会見。
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-5239.html?sp

こういう措置などがあり、当時の乃木希典大将は世界的に英雄に知られている。

これに対し、降伏文書調印式に参加したアメリカ政府関係者は、ペリー総督時代のアメリカの野望が実現した象徴の場にしたかった点において、外交儀礼もわきまえない愚か者(無作法という点において)と、歴史的には判断されることになるだろう。

続いて、戦勝国としての日本の政治家、軍人に対する訴追・追及措置の異常さについて述べたい。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

●第一次戦犯指定・逮捕命令日:1945年9月11日
https://ja.wikipedia.org/wiki/A%E7%B4%9A%E6%88%A6%E7%8A%AF
私は、日本における暦の中で、9月11日、3月11日は特別な意味があるのではないかと思う。
アメリカの9・11事案と関連づけて、日本の3・11事案が仕掛けられたとの言説があるが、当時の民主党政権の裏切り?に対する報復措置とみなせば、菅首相が東電を恫喝したのは、その代理人としての行為かもしれない。

●A級戦犯の被告人名簿公表日:1946年4月29日(昭和天皇誕生日は4月29日)
A級戦犯に昭和天皇が入っていないが、実質的に戦犯であると暗示?
昭和天皇に対し、呪い?の始まりを通告?

●東京裁判の初公判日:1946年5月3日(後に制定・施行された憲法記念日は5月3日)
明治天皇の誕生日が11月3日であることを知れば、半年違いの日程を選ぶ意図は、たぶん、あるだろう。私は、暦の裏の読み方までは知らないが。

●日本国憲法施行日:1947年(昭和22年)5月3日に施行(東京裁判の初公判日)
日本国憲法施行日は、東京裁判の初公判日と同様、日本を滅亡させるための憲法として機能させる最初の日の位置づけ?

●東京裁判判決の言い渡し:1948年11月4日~12日
本当は11月3日開始予定だったのが?1日ずれ込む?

●A級戦犯の処刑日:1948年(昭和23年)12月23日(今上天皇誕生日)
皇室滅亡、皇太子も処刑すべきとの意思表示?
今上天皇が、歴代天皇の中でとりわけ宮中祭祀に熱心、かつ東京裁判史観のスタンスで発言せざるを得ないのは、「呪い」の存在を知っているからなのであろう。ひょっとすると、「呪い」とただ一人闘っておられるのかもしれない。

●本間雅晴中将の処刑日 1946年2月11日(紀元節)

マッカーサーをフイリピンから敗走させた恨みを処刑という形で実現、その処刑の日を紀元節の日を選んだのである。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

これらはマッカーサーの指令によるものであろうと考えるのが普通である。
こんな理不尽なことまで敗戦国は受け入れなくてはならないのであろうか?

マッカーサーは、呪術者的統治者だったのである。この人物が肩書が付いていた時代の言うこと、やること、すべてが野蛮人に思えて仕方がない。
あと10年もすれば、マッカーサーの評価は激変すると私は予想する。アメリカ政府は日本に対し、謝罪すべき恥ずべきことを多々したことを認識すべきだ。

ただ、解任され後のマッカーサーは、物事が見えていたようである。


そんなアメリカは、2060年までに非白人ウエートが60%となるのだそうだ。

米国の非白人比率、2060年までに6割に拡大=国勢調査局
http://jp.reuters.com/article/tk0573495-usa-census-idJPTYE8BC04520121213

少なくとも白人は2060年頃には、少数派となり、白人優越主義だった国家は非白人多数派の国に変わり、白人からみて念願かない?晴れて野蛮な国?に転落することを知るのであろう。

ほかにもアメリカ人が野蛮人だと断定できる情報はたくさんある。

アメリカ人はこれでも我々を歴史修正主義者だと罵るのであろうか?アメリカ人は自分たちが野蛮な人間だと理解できているのであろうか?

そのアメリカをフイリピンのドゥテルテ大統領が挑発している。

フィリピン・ドゥテルテ大統領、オバマ氏をののしる「このくそったれが」⇒会談中止
http://www.huffingtonpost.jp/2016/09/05/duterte-curses-obama_n_11869916.html

ドゥテルテ大統領は、フイリピンの麻薬ビジネスの上層部にアメリカの支配者が少なからず関与、それに気づいているはずのオバマがきれいごとを語っているから、毒づいてああ語っているのであろう。


いずれにせよ、毒気たっぷり、野蛮さを表面に出し、個性的である。
来日中のイベントに2度、遅刻するなど、無作法極まりない。

ドゥテルテ大統領また遅刻、経済界の歓迎昼食会にも30分以上
http://www.sankei.com/economy/news/161026/ecn1610260012-n1.html

が、彼は彼なりに計算し、わざとに無作法を演じているのかもしれない。

フィリピンのドゥテルテ大統領「日本は兄弟より親しい特別な友人」
http://military38.com/archives/48742486.html

世の中には、行儀だけはいいが、肝心な時に、さっぱり役に立たない人がいる。大抵の現代の日本人は、そのような雰囲気だ。
保守だ、愛国だと言いながら、裁判をやれば敗訴続き、何ら成果を出せず、同士討ちに明け暮れる者、マイナンバーカード配布されているのに通称名と思われる口座で寄付を求めるしみったれた方、歴史がご専門のはずなのにリライト原稿だらけで本職の分野でブログ登録しない不思議な研究者もいる。


日本の保守政界・活動界には

(お行儀は悪いが)やる時はやる人
口やペンは達者だが、肝心な時に役に立たない人
どう考えても肩書コレクター的な名誉欲・ビジネス目的の人

の3種類がいる。(お行儀は悪いが)やる時はやる人はごく少数。

ドゥテルテ大統領、どんな人? 「フィリピンのトランプ氏」は意外と親日家
http://www.huffingtonpost.jp/2016/10/25/who-is-duterte_n_12633698.html

こういう輩を比較すると、市長時代に自費で日本兵戦没者記念碑を設立したドゥテルテ大統領は、何かにつけて保守だの愛国だの語るお行儀の良い人、名誉欲・ビジネス目的の人よりは、信用して良さそうだ。

そして、ドゥテルテ大統領が如何に野蛮だったとして、本稿で紹介したような、フイリピンや沖縄でアメリカ軍がやったこと、占領直後のマッカーサーのようなことをするとは思えない。




いろいろ皮肉っぽい書き方となったが、アメリカは、
これら過去にあった事実を直視すべきであり、フイリピンが親中に寝返ればアメリカにとって信用しうる友好国は日本だけになるため、今後日本国内において同盟国として真摯に対応されんこと(日本の首相を嵌める等の謀略工作することは諦めること)を要望し、本稿を終える。


||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

参考文献

・ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実 水間政憲

関連記事

テーマ : 時事ネタ - ジャンル : ニュース

07:22  |  アメリカ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

フィリピン人のフィリピン大統領の評価

意外に悪くないですね。
今、やっている麻薬組織のメンバー射殺についても、余りに状況が悪いから、仕方ないという評価です。
無関係の人を巻き込まない。
巻き込んだ場合は、落とし前をつける。
この2つがきちんとされるならば、積極的反対はしないという意見らしいです。
多分、私が、フィリピンの一般市民ならば、この意見になるでしょう。
Suica割 |  2016.10.27(木) 10:57 | URL |  【編集】

イギリスの離脱もユダヤの手の平で踊らされてるだけなのでしょうけど、、アメリカ大統領選は茶番と言われようがトランプに勝ってほしいです。
その理由は次の二つです。

一 イギリスの離脱に続いてトランプが大統領になればグローバル化 移民推進に歯止めがかかる。

二 ヒラリー嫌いのアメリカ国民は多く、彼らがネットで呟くヒラリー オバマ ネオコンの陰謀論めいた話に正当性を与え、真実の追求が始まる。(アメリカがクリーンになる)

2060年までにアメリカは白人が少数派になるってことは、それ以後白人達が世界で非白人から仕返しされないよう、すべての国の主権と国境を奪い、世界の統一政府を作ることを白人のトップ(ユダヤ)は目標にしてるのかもしれませんね。

日本にやたらと移民を押し付けるのも、日本の国境と主権を奪うための一環だと思うからです。



たろう |  2016.10.27(木) 11:23 | URL |  【編集】

Re: フィリピン人のフィリピン大統領の評価

> 意外に悪くないですね。
> 今、やっている麻薬組織のメンバー射殺についても、余りに状況が悪いから、仕方ないという評価です。
> 無関係の人を巻き込まない。
> 巻き込んだ場合は、落とし前をつける。
> この2つがきちんとされるならば、積極的反対はしないという意見らしいです。
> 多分、私が、フィリピンの一般市民ならば、この意見になるでしょう。

フイリピン大統領は、まともな下層階級受けするとみております。
普段お行儀ばかりが良く、肝心な時に逃げ回る政治家よりは、頼りになる人だと思います。
事務局 |  2016.10.28(金) 06:23 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> イギリスの離脱もユダヤの手の平で踊らされてるだけなのでしょうけど、、アメリカ大統領選は茶番と言われようがトランプに勝ってほしいです。
> その理由は次の二つです。
>
> 一 イギリスの離脱に続いてトランプが大統領になればグローバル化 移民推進に歯止めがかかる。
>
> 二 ヒラリー嫌いのアメリカ国民は多く、彼らがネットで呟くヒラリー オバマ ネオコンの陰謀論めいた話に正当性を与え、真実の追求が始まる。(アメリカがクリーンになる)
>

私は、アンチクリントンですが、かといってトランプが正義とは思えません。
トランプはアメリカ一国主義に回帰しようとしており、急ぎ過ぎれば、中露復活、共産主義国拡大という流れになると見るからです。
100年先を見た場合は、トランプは良いことを言っているが、5年後に直撃される我々世代にとっては疫病神となるかもしれません。


> 2060年までにアメリカは白人が少数派になるってことは、それ以後白人達が世界で非白人から仕返しされないよう、すべての国の主権と国境を奪い、世界の統一政府を作ることを白人のトップ(ユダヤ)は目標にしてるのかもしれませんね。

> 日本にやたらと移民を押し付けるのも、日本の国境と主権を奪うための一環だと思うからです。

なるほど!
奴隷貿易、植民地支配を容認、蓄財したキリスト教会が世界的に力を失うことは確実でしょう。
日本においては、慰安婦問題をけしかけた(在日司祭、牧師だらけの)キリスト教会も含まれるでしょう。
事務局 |  2016.10.28(金) 06:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/173-5b8c2684

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |