2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.10.04 (Tue)

押し紙問題追及 新局面に移行へ

10月2日、押し紙問題追及の全国大会が開催された。
押し紙問題の大家、黒藪氏のサイトには詳細解説はもちろんない。

MEDIA KOKUSHO
http://www.kokusyo.jp/oshigami/

次にどういう戦術とするのか、手の内を知られたくないからであろう。

黒藪氏の同志、小坪しんやは、保守・左翼相乗り路線であり、民主主義を守るための闘いだとしている。

新聞の偽装部数の追及、情報の歪みは民主主義への挑戦【保革共闘も悪くないと思ったらシェア】
https://samurai20.jp/2016/10/struggle-jointly/


政治活動の世界では、少しでも主義主張が異なったら排除する、という純潔主義者が多い中(保守も例外ではない)、部分共闘、欧米流に言えばパートナー的感覚での付き合い、私はとても大切なことだと思う。

パートナーという言葉の意味、ビジネス的には、決して永続性ある一生ものではないという意味ご存じであろうか?

その時点、その時点での業務提携みたいなものなのだ。

いろいろな企業のサイトを見ていると 「ビジネス
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111974766

ここで考えたいことがある。
自民党はダメだと日常的に批判、一方で自分は愛国者だと語る政治活動家がいたとしよう。
では自民党は100%ダメなのか。自分たちは100%完璧なのか、ということなのである。

左翼と付き合いがある保守の政治家はダメなのか、ということなのだ。


2つのケースで説明したい。

―――――――――――――――――

ケース1
実は教条主義的思考の方からの批判を受けたことがある。弟子入りした訳でもないのに、その方の教義を受け入れる必然性はあるのだろうか。どこにもない。

ケース2
かつて、たちあがれ日本結党時、平沼赳夫議員は与謝野馨と組んだことで、真正保守と自称する議員からの批判を受けた。当人たち曰く、同級生だった縁もあるとのことだった。
主義主張が少し違うだけで、(批判した人から見て)真正保守ではない?人を一人入れただけで、たちあがれ日本はダメな政党なのか?ということなのである。そう批判した人は、批判文しか書けない議員だった。

―――――――――――――――――

見方を田母神目線に変えたい。


迂闊な政権批判は、自らに降りかかるリスクを負っている。落選者に集中する公選法の摘発は、そのことを意味している。検察は田母神には厳しかった。そういう田母神は自公分断を衆議院選挙で主張した。私には、あの選挙区での出馬は、唐突な感じがした。

常識的に言えることだが、常習的な自民党批判者は、陳情を受け付けてもらえない。党本部からも都道府県連からもだ。電話くらいは取り次いではもらえるが、そこまでだ。

―――――――――――――――――

2013/12/04 自民党本部への申し入れ行動、書面の受け取りさえ拒否「私たちを危険人物とみなしている証拠だ」
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/114893

知事が政権批判したら、民主党政権は陳情拒否←これが政権与党だなんて情けなさすぎて泣けてくる。
http://nippon-end.jugem.jp/?eid=3028&guid=ON&view=mobile

―――――――――――――――――

従って、自民党はダメだと(常習的に)批判される政治活動の場合、その主張の受け皿がまるでないことになる。実現するためのシナリオ、手順なしに、自分たちの主張が正しいと主張する政治状況となるのだ。

そういう場合の政党としての政治活動は、唯我独尊ということになる。

言いっぱなし状態で、何かが変わるのであろうか。

石破茂の最近の見解を例にしたい。石破茂は4島返還が一番望ましいと言っている。

「北方領土交渉、2島では駄目。4島一括が一番望ましい」と自民党の石破茂氏★7 [無断転載禁止]©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1475449764/

悪くとると、石破茂は原則論を言っていると扱われる。石破茂が言うのであるから悪くとるしかない人が多いことを私は承知している。

4島一括返還にこだわるリスクを我々は直視しなくてはならない。



しかし、安倍首相とプーチン大統領の双方の経済協力に係わる提案は、4島一括という原則論以上の波及効果を生むであろう、提案を双方が示しつつある。

ロシアから、シベリア鉄道北海道延伸という提案があったのは注目すべきことである。

ロシアがシベリア鉄道を延伸し、サハリンから北海道までを繋ぐ大陸横断鉄道の建設を要望…対露経済協力!
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/48578348.html

こういう提案がロシア側からあると言うことは、安倍政権とロシアの協議においては、日本側から一方的に資金を持ち出しするというシナリオでの協議ではないことを意味する。
ここに私は、政治の技術を見るのだ。世耕経済産業大臣が、ロシア経済協力担当大臣を務めているが、業務的には(TPP協議を国内的に総括し二人のアメリカ大統領候補にTPPをやめたいと言わしめた甘利大臣並の)試練が待ち構えていることは明白だ。
世耕大臣には頑張っていただきたいところである!


スケールの大きな話だ。金で島を買う話とはケタが二ケタ違うようだ。ただ、北方4島は帰ってくるかもしれないが、北海道がロシアに実効支配されかねないリスキーな提案ではある。

すべてに批判的論調の純血主義者、自民党は保守ではなく自分たちこそ保守だと語られる方、ロシアにどう逆提案するのであろうか?
批判文しか書けない政治家は、プーチンにしてやられるのは必定だ。

拙ブログが、批判文しか書けない言論人が不要だと書いている理由、おわかりいただけたであろうか?


拙ブログは、シナリオ、手順重視の現実派である。批判はするが部分的、具体的提言もする。

参考までに、批判的見解に二通りあることはご存じと思う。
英文法的には、部分否定と全否定の区別は存在している。

【部分否定】と【全否定】の落とし穴
http://www.tv-naruto.ne.jp/ejyuku/english/grammar/negatives/negation.htm
 
ともすれば日本語は情緒的な言葉を好む人には情緒的なツールとなり、論理的指向を好む人には論理的なツールとなる傾向にある。
保守なら、全否定していい相手は、共産党、社民党、生活の党くらいなものだ。民進党は、民主党時代からトリッキーな論争を仕掛けているため、いきなり全否定するのではなく、その思惑を見破る必要がある。


演説的には、Yes,but的シナリオを組込められれば、全否定にはならない。

YES・BUT法
http://kutibeta.com/wp/%E5%8F%A3%E4%B8%8B%E6%89%8B%E3%82%92%E5%85%8B%E6%9C%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E8%A9%B1%E3%81%97%E6%96%B9/yes%E3%83%BBbut%E6%B3%95-2.html

まとめに入りたい。

押し紙問題については、現時点では、保守・左翼相乗りとなった。これは仕方がない。保守は中核となる組織を組織化できなかった。

政治思想的に純血でないからと言って、事が成就しない訳でもあるまい。

以上

関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題 - ジャンル : ニュース

21:10  |  マスコミ  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)

Comment

偏向報道を糺す会なら乗らなくても

嘘報道を糺し、迷惑をかけた関係者に真摯に謝らせる会ならば、左翼も乗らざるを得ないというのと同じですね。

報道の自由の侵害ではなく、間違った事を広げられ被害を受けた者を救うという、左翼が乗らなくては、批判される題材ですし、頭のいい左翼ならば、嘘はひっくり返されて、信用を無くすのを理解出来ますから、共闘するという判断をします。(事実を取り上げる限りにおいて、どの事実を使おうがそれは報道側の自由という原則を掲げるにおいて)

嘘事実を広げられて、それを否定する労力が要らなくなるだけでもやる価値ある運動でしょうね。
Suica割 |  2016.10.05(水) 12:36 | URL |  【編集】

Re: 偏向報道を糺す会なら乗らなくても

> 嘘報道を糺し、迷惑をかけた関係者に真摯に謝らせる会ならば、左翼も乗らざるを得ないというのと同じですね。
>
> 報道の自由の侵害ではなく、間違った事を広げられ被害を受けた者を救うという、左翼が乗らなくては、批判される題材ですし、頭のいい左翼ならば、嘘はひっくり返されて、信用を無くすのを理解出来ますから、共闘するという判断をします。(事実を取り上げる限りにおいて、どの事実を使おうがそれは報道側の自由という原則を掲げるにおいて)
>
> 嘘事実を広げられて、それを否定する労力が要らなくなるだけでもやる価値ある運動でしょうね。

押し紙に熱心に取り組む保守系団体が見当たらないのは残念なことです。
黒藪氏の活動は、もっと注目されるべきです。
事務局 |  2016.10.05(水) 18:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/151-0984a608

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  国士・中川昭一先生が亡くなって7年が経つ。   去る平成 21 年( 2009 年) 10 月 4 日、元財務大臣の 中川昭一氏は 東京都世田谷区の自宅寝室で死亡しているのが発見された。死因は当初「急性心筋梗塞」と説明されていたが、現在に至るも確定していない。   中川氏は「人権擁護法案」反対、外国...
2016/10/04(火) 22:06:22 | 賭人がゆく

▲PageTop

 | HOME |