2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.09.21 (Wed)

ワンセグ技術の覇者は誰なのか? NHK利権が存在しているのではないのか?

高市総務大臣がワンセグ受信者が受信料を支払うべきという趣旨の発言をした。

高市総務大臣、裁判の判決無視wwwww「ワンセグはNHK契約対象」
http://okutta.blog.jp/archives/6127008.html

この大臣発言、高市大臣は比較的合理的判断を行う政治家だと思われていた方(私もそうだったが)、驚いたことと思う。

では、この大臣発言、NHKの背景事情を知ると、そう驚くべきことではないという結論に至る。


少し前の情報になるが、NHKがワンセグ技術開発に係わっていた時期がある。

―――――――――――――――――

地上デジタル放送のワンセグ技術 (平成20年2月)
http://www.nes.or.jp/seminar/2007/12/post-9/

2015 NHK放送技術研究所 研究年報
https://www.nhk.or.jp/strl/publica/nenpou-h27/index.html

―――――――――――――――――

ワンセグ技術は、日本のテレビメーカーや携帯メーカーが主導していたと、私は思いこんでいたが、ひょっとするとNHKが主導していた可能性が出てきた。

テレビメーカーの技術開発実績と付き合わせればわかることだが、私は業界関係者ではないため、実態を知らない。


ただ、NHKがワンセグ技術開発しなくてはならない事情はあるようなのだ。

NHKがテレビ技術を開発
→日本のテレビメーカーを支配
→従来はNHKが映るテレビ・携帯しか製造・販売させない
最近は、ワンセグ技術についてはNHKが開発の主導権を握ることでNHKが係わったワンセグ携帯のみを携帯メーカーに販売させる?(高市大臣にワンセグ携帯は受信料徴取対象と言わせる)
→NHKがワンセグ製品に係わる受信料収入を確保?

つまり、日本の携帯メーカー・テレビメーカーにとって、NHKは基礎研究段階から、次世代技術開発費用を惜しげもなく出してくれる大スポンサーである可能性があり、NHKに逆らう(NHKが映らないテレビを開発・販売する)必要はないのである。

日本のテレビメーカーとNHKは長年持ちつ持たれつの関係にあったようである。


では、携帯電話会社が競ってワンセグ携帯を販売する意図はどこにあったか?

携帯会社にとっては、自前の放送局を持てるという野望があったかもしれない。ドコモの場合は競争に敗れ、スマホ放送事業を終了した。

2016年6月30日スマートフォン向け放送サービス「NOTTV」の終了にともない、アプリ内の「NOTTV番組表」機能を終了いたします。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.uievolution.gguide.android&hl=ja

そして、NHKはワンセグ技術で受信料徴収したいとしている。

ここで、私は問いたい。

NHKに、受信料収入でテレビ技術開発、携帯技術開発をさせていいのか?
これは問題提起である。

テレビ技術開発、携帯技術開発は、受信料の目的外使用と私は判断する。

NHK予算は、ワンセグ技術開発費用を含め、国会で承認されてきた。
国会で承認された予算に係わる技術なのであるから、高市総務大臣の発言は、国会で予算承認された事案の事業という解釈の視点で見れば、そう矛盾する発言にはならない。

一方で、ワンセグ携帯に受信料支払い義務があるとする、高市大臣発言は、ワンセグ機能なしのスマホ(実態的に格安スマホ)に市場誘導しようとする意図があったかもしれない。


既に、携帯電話会社において、iphone最新機種乗り換えを誘発する、キャッシュバック優先のビジネスモデルは大臣の強い意思によってしにくくなった。

高市総務大臣が携帯大手3社の社長を呼びつけたった結果!
http://au-wallet.com/archives/7831

一方で、大臣による携帯会社への要請前に、スマホの売れ行きが鈍り始めたそうだ。

―――――――――――――――――

携帯 スマホ 値上がりで売れない 2月 3月の CB 安売りは微妙
http://keitaijoho.com/archives/8914

ドコモショップ店員の悩み 2015年に入ってスマホが売れない
http://keitaijoho.com/archives/1799

―――――――――――――――――

要するに、携帯販売店は高機能、高付加価値の製品だらけなので、2年しばりで月1万円支払える層が徐々に減って来たのである。


そして、昨今は格安携帯ブームである。あの楽天でさえ、格安携帯電話事業を始めた。(私は楽天と聞いて、大量に送りつけられる不要なメルマガをつい思い浮かべてしまう)

携帯電話会社店頭に並ぶスマホは、機器の定価が7万~9万前後。ワンセグ、防水、カメラなど最新機種の携帯で機種変更すれば、月間使用量が、機種変更した端末の24回払い分を加えると、値引きサービス適用なければ月1万円前後となる。

では、格安携帯電話会社が販売する端末のスペックは、ワンセグなし、防水機能なし、カメラは数年前のスペック、実用レベルで問題はない。価格的には、2~3万、高くて4万で済む。
私は、ワンセグ機能なしのスマホを2台購入した。
私はテレビを見ない。防水状態にしたいときは防水ケースに入れるだけのことである。カメラはデジカメ派なのでスマホで高機能である必要はない。

既に、格安携帯電話会社にMNPで手続き完了しつつある。実績的にデータ通信使用量が月間1Gに満たないレベルだが、スマホ端末2台で格安電話会社2回線を確保し、合算して、携帯電話代が、以前の半額となりそうである。


想像するに、大手三社の携帯電話料金の原価の半分程度が、販売店の店舗費用と人件費に該当しているのではないかと予想する。

参議院選一大公約とすべきかもしれない 携帯電話料金の30%引き下げ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-70.html

つまり、格安携帯会社の電話料金は、市内あちこちにある携帯ショップの費用が省かれ、その分安くなっているという見方ができるのだ。
ドコモなど、大手携帯電話会社は、卸販売事業者みたいなものに変身しつつあるようだ。


ただ、格安電話会社のダウンロードスピードは、ドコモより少し遅いようである。が、私は、高速でなくても問題ない。

そのドコモは、4K対応強化するため、回線の高速化を進めるそうである。

ドコモのLTE、来年3月に512Mbpsへ高速化。4x4 MIMOと256QAM活用、70都市で一斉展開
http://japanese.engadget.com/2016/09/13/lte-512mbps-3-4x4-mimo-256qam-70/

これによって、回線的にはドコモの寡占化が一層進む。ソフトバンクには追従は難しいと私は見る。

見方を変えたい。
ドコモが、4K対応強化、回線スピードの高速化に取り組むことは、ドコモがNHKの利権構造に組み込まれてしまったことを意味する。

ドコモもNHKも所管官庁は、同じ総務省である。

そのNHKは、現在4Kではなく、8Kの技術開発に取り組んでいるそうである。

―――――――――――――――――

今年もやってきた!「NHK技研公開2016」
http://4k8ktv.jp/2016/04/11/2016-nhk-giken/

NHK技術の活用と実用化開発の紹介
https://www.nhk.or.jp/strl/open2016/tenji/f1.html

―――――――――――――――――

こういう情報を知らされると、NHKの研究所は、実態的にメーカー派遣の研究者だらけではないかと思いたくなる。

NHK職員がそういう研究が自前でできるはずがなく(役所組織の業務執行レベルから類推)
テレビメーカーの技術者に丸投げでやらせたものをNHKがやりました!
とか
テレビメーカーの技術者をこの研究所に常駐させ、囲い込み研究をやらせNHKがやりました!
と言っているのではないか………………………
と私なりのビジネス経験から想像するのである。

何が真実かは、その研究所に常駐している、常駐させられている、あるいは囲い込まれている人たち(メーカー研究所の人たち?)の勤務実態を確かめなくてはならない。


どうやら、我々には、2つの選択肢しかないようである。

・NHKを技術開発させない組織にするか、NHK技術開発部門を分離、民営化させる(要陳情)
・ワンセグ携帯を購入しない

では、NHKは仮に、ワンセグ技術で受信料収入を確保できたとして、その先もビジネスモデル的に順風満帆かと言うと、どうもそうではないようだ。

―――――――――――――――――

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1609/09/news073.html

石川温のスマホ業界新聞:
高市総務相「ワンセグでもNHK受信料は支払うべき」――もはや「設置」か「携帯」で区分するには限界も
 今回の経緯を見ると、もはや「設置」と「携帯」という言葉の定義、区別には限界があり、一度、抜本的に放送法を見直す時期に来ているのではないかと思う。

 さいたま地裁が下した「設置ではなく携帯できればNHKの受信料を支払わなくもいい」となると、今後、普及が見込まれるVRを体験するようなヘッドマウントディスプレイは、NHKの受信料を支払う必要がなくなってくる。今回、ドイツ・ベルリンで開催されているIFAではクアルコムがSnapdragonをベースとしたVRの開発デバイスを発表している。今後は、ヘッドマウントデバイス単体にSnapdragonが載り、フルセグのチューナーもおまけで搭載されてもおかしくない。

 また、レノボ「Moto Z」のようにこれからはスマホにプロジェクター機能を付加できるものも続々と出てくるだろう。自宅にいるときに、スマホにプロジェクターデバイスを接続すれば、テレビ以上に大画面の映像を視聴できるようになる。そんな環境であっても、NHKの受信料が不要で見られる可能性だってあるのだ。

 タブレットにおいても、20インチクラス画面サイズのデバイスにフルセグチューナーを搭載すれば、テレビと同等の見え方でNHKを楽しむことができる。タブレットも「携帯」でき、自宅に「設置」するわけではない。これもNHKの受信料が不要という解釈になってしまう。

 将来的に、多様なデバイスが登場してくることを考えると「設置」とか「携帯」という言葉だけで区切りをつけるのは難しくなってきているのではないか。

 ただ、高市総務相のいうように、ワンセグ付き携帯電話やスマホにすべてNHK受信料を支払うように命じるとなると、今後はワンセグやフルセグチューナーを内蔵したスマホは一切、売れなくなる可能性だってありえる。これでますますiPhone人気が高まることだろう。

―――――――――――――――――

今までは、技術開発競争に負けてもガラパゴス化という逃げ道はあった。
しかし、格安携帯の大部分が台湾製、中国製という状況で、従前のガラパゴス化という形態で安穏とできる可能性はなさそうだ。
上記の記事を読んで私はそういう印象を持った。


ただ、NHKは生き続けるために、NHKが主導して技術開発したワンセグ技術、4K・8K技術をテレビメーカーに搭載することを義務付け続ける可能性がある。テレビメーカーは、技術開発費用を負担してくれるNHKに頭が上がらない…………ただ、1社を除いて。それは台湾企業の支配下にあるシャープである。シャープがワンセグ技術でどうでるか?

目の付け所が本当にシャープなのか、シャープは世界市場において存在意義を問われている!

シャープがNHK切り捨てを前提とする革新的なテレビ、携帯電話を開発販売する可能性があるのだ!

ずばり言うと、テレビとスマホが連結したシステムでテレビに受信機能がない場合を想定したい。技術的には可能なようだ。

スマホが受信する電波は、テレビ塔が配信する電波ではないとすれば、NHKがワンセグ受信料にこだわる理由が透けてくる。

そして、YOUTUBEが有料化しテレビ事業みたいなことを始めた場合どうなるか?
当然、料金的に安くするためにNHK外し(受信料不要という前提)となるはずだ。もし、日本政府がGoogleに受信料支払い対応を確約させようとするとどうなるか?おそらくアメリカ政府の外交圧力を駆使することになるだろう。

NHKはハードシステム的に不要となるのは明らかだ。NHKの研究所で技術開発する必要性が果たしてあったのかという時代に近づいているのである。

その時期は2~3年以内に来るかもしれない。


まとめに入りたい。


私には、NHKは技術開発に参画、それを根拠に市場にしがみつき、市場の利権構造の支配者として君臨し続けたいように見える。

が、単純化して眺めれば

NHKは技術がどう進歩しようが、受信料収入を得る根拠を確保、受信料収入で生き残り続けるために、受信料収入の相当部分をテレビ技術、携帯のワンセグ技術開発を充当、続けざるを得ない、という負のスパイラルにある。

そしてさらに、単純に考えれば、
ワンセグ技術は携帯メーカー・テレビメーカーのための受信料の目的外使用であり
NHK技術開発予算は、開発予算計画段階から受信料収入の前提となる技術開発と位置付けているであろうことを
指摘し、本稿を終える。

関連記事

テーマ : ITニュース - ジャンル : ニュース

06:43  |  マスコミ  |  トラックバック(2)  |  コメント(4)

Comment

NHKにカネを払うな!

誰が何と言おうと、NHKにカネは払いません!
coffee |  2016.09.22(木) 14:27 | URL |  【編集】

せっかく、Bキャスもあることだし

日本放送協会はスクランブル放送にすればよいのでは?
払いたいやつが払えばよい。
みんながみんな払う義務を持たされる必要はない。
Suica割 |  2016.09.23(金) 12:45 | URL |  【編集】

Re: NHKにカネを払うな!

> 誰が何と言おうと、NHKにカネは払いません!

金を払わせることを目的とする技術開発はやめさせるべきです。
事務局 |  2016.09.24(土) 04:20 | URL |  【編集】

Re: せっかく、Bキャスもあることだし

> 日本放送協会はスクランブル放送にすればよいのでは?
> 払いたいやつが払えばよい。
> みんながみんな払う義務を持たされる必要はない。

B-cas方式の技術開発にNHKの研究所が係わっていれば文句なしに導入させられるのですが。
事務局 |  2016.09.24(土) 04:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/141-224e11ec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

海外へ行ってはお金をばら撒いているようですが、まずは日本人の援助が優先ではないのですか。災害に遭って、住む場所を失った日本人多数なのに、なぜ海外にそんなにお金をばら撒くのですか。そんなに余裕のお金があるのなら、まずは日本人を助けるために使ってください。もういい加減海外に行って、お金をばら撒くことは止めて欲しいです!
2016/09/24(土) 13:24:29 | 雨上がりの散歩
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2871110.html 野田元総務会長、次の自民党総裁選に出馬明言 TBSニュース  自民党の野田元総務会長は、TBSテレビ「時事放談」の収録で、2年後に予定されている次の総裁選に出馬すると明言しました。  「(Q...
2016/09/22(木) 14:28:19 | 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

▲PageTop

 | HOME |