2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.04.11 (Mon)

民進党議員よりも無名の新人「小野ゆきこ」候補の方が政治家にふさわしいのでないのか?


ともすれば、民進党議員は他党議員の批判だけは一人前なのだそうだ。

【突破する日本】民進党に政権は任せられない 代案がないのに他人の批判だけは得意
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160409/plt1604091530001-n1.htm

そして、民進党に党名ロンダリングした後も、国会論戦は非生産的である。

非生産的な国会論戦は民進党のせい
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3814.html

私は、民進党議員の給与、ボーナスを一律30%カットを提言したいくらいである。

その民進党のホープ、山尾政調会長が民進党のお家芸、ブーメランを連発している。

民進・山尾政調会長のブーメランを産経が証明
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3813.html

ガソリン代疑惑の民進・山尾政調会長 民主の“ブーメラン”しっかり継承 甘利氏追及で
http://www.sankei.com/politics/news/160407/plt1604070057-n2.html

画像


ブーメラン!山尾志桜里!甘利に「秘書の責任にするな」→「秘書の不正」・コーヒー代、携帯電話代
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6182.html

こういう対応を見ると、検察官として、適切に職務遂行できていた人物なのか私は疑問に思うのである。今般話題となっているようなことが、検察官時代にもあったのではないかと予想するのである。

―――――――――――――――――

吉田康一郎 ‏@yoshidakoichiro · 5時間5時間前

その検察官という職歴を有し、その様な見識のある政治活動を期待され、他者を厳しく追及していた山尾志桜里氏。この人の政治資金不正問題は、我が国の検察庁と検察官の権威と信頼感を著しく失墜させました。
少なくとも私は、我が国の検察官にこの様な人物がいたのかと、暗澹たる思いです。

―――――――――――――――――

対応そのものが非常識だとする意見もある。

「民進党」と書いて「ヒジョウシキ」と読む
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-2291.html

また、(本題とは無関係の話題となるが)司法試験を経ずに検察官になれる道があるようで、検察界はそういう人事システムで本当にいいのかと思いつつある。

検察官になるのに、司法試験を受けなくてよいルートがある
http://matome.naver.jp/odai/2136400545930293301

検察官の人事・教育面においても、態度、識見等についての指導を強化し、従わない者はどんどん任用をやめるなどの運用がなされるべきではなかったのかと思う。

続いて、民進党の二番手として、有田芳生を紹介する。
画像


改めて解説するまでもないが、こんな程度の国会議員については、給与、ボーナス50%カットでいいだろう。
ジャーナリスト出身でもあり、マスコミ界は、この程度の人物だらけであろうと私は思っている。
そうではないと思う記者諸君、どれだけ有田芳生がとんでもない人物であり、とんでもない言動を繰り返しているのか、記事にすればいい。ところが、有田芳生の問題を記事にするのは、保守系ブロガーくらいなものだ。
逆に言うと、有田芳生の言動があまり記事にならないのは、マスコミ界は、この程度の「人間の●」だらけである証左なのであろう。

続いて、何かと話題?の「憲法一条の会」にもっともマークいただきたい議員、横路孝弘である。昭和天皇の葬儀に欠席、金日成の葬儀に参加したのは、かつてWikipediaに記述されていた有名な話である。(当該箇所は民主党政権時代に削除された)今上天皇の見送りに際しても、目礼すらしなかったことが確認されている。
画像


この議員、弁護士出身、1999年の衆議院本会議における国旗及び国歌に関する法律案の採決では反対票を投じたそうだが、司法修習時代、どういう研修を受けていたのであろうか。国歌斉唱、国旗掲揚は当時の司法修習生に課されていなかったのではないかと思わざるを得ない。
また、こういう議員を二度と生まないためにも、司法修習制度において、国歌斉唱、国旗掲揚、自衛隊体験入隊、皇居清掃奉仕等はやらせるべきだと思う。

憲法一条の会は、警察署での国旗掲揚状況全国調査を行ったそうだが、是非司法修習関係の調査、研修実態にメスを入れていただきたいものだ。そうすることで、反日弁護士集団への睨みにもなるだろう。

私見となるが、冒頭で紹介した、検察出身の山尾議員の言動、弁護士出身で皇室不敬な横路議員、変な判決が続出することなどを踏まえると、司法修習時代の研修を厳格化させるべきだろう。
とりあえず、民進党の悪しき?有名議員3人について、行状等紹介させていただいた。

なお、民進党の彼ら3人は、日本国や日本国民のためではなく、「韓国民」、「北朝鮮人民」、「中共人民」のための政治家を目指しているようでもある。

他の議員もすべてそうだとは言わないが、似たり寄ったりだろう。違うと言うなら、離党すればいいだけではないか?

民進党の中の保守だとされる、長島明久一派は一体どうなってるんだ?と言いたい。本稿で紹介した民進党議員を3で割った程度なのであろう。

私は、これら民進党の議員に決定的に欠けているもの、それは、「日本のこころ」ではないかと思う。

ここで、無名の新人候補、小野ゆきこ候補についてふれておきたい。
画像

又聞きとなるが、平沼赳夫先生がたちあがれ日本時代に開いた「かけはし塾」出身、皇居清掃奉仕、天皇・皇后両陛下がベリリュー等慰霊された際の随行者の一人と聞いている。

画像


画像


小野ゆきこ 候補ブログ
http://ameblo.jp/kyoto-onoyukiko/

小野ゆきこ 候補ツイッター
https://twitter.com/Ono_Yukiko1203

日本のこころを大切にする党 公式ツイッター
https://twitter.com/nipponkokoro?lang=ja

日本のこころを大切にする党 メルマガ
http://nippon-kokoro.jp/admission/mailmagazine/

日本のこころを大切にする党
https://nippon-kokoro.jp/

本稿で紹介した、3人の民進党議員と比較して、小野ゆきこ候補は、学歴や肩書などないが、その心、その性格、その人格において、数段まともであり、国会議員になるにふさわしいのではないかということを指摘し、本稿を終える。
関連記事

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

06:36  |  民進党  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/14-6c766125

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |