FC2ブログ
2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2019.01.17 (Thu)

移民受入れ反対派が個別具体提言すべきと考える事項(重要)

前稿で述べたとおり、「移民受入れ反対派が個別具体提言すべきと考える事項」をリストアップした。

全部で八十項目以上ある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

移民受入れ反対派が個別具体提言する必要があると考える事項(案)


・補助金比率が高い業種、事業者において、外国人労働者(実習生含む)雇用は制限されなくていいのか
・法人税等、納税しない事業者の、外国人労働者(実習生含む)雇用は制限されなくていいのか
・日本人を雇用する方針ではない事業者の登記、事業所設置等は制限されなくていいのか
・日本人学生ではなく、外国人学生受け入れを前提とする学校等の新設・継続は制限されなくていいのか
・一つの事業者、事業所において、日本人従業員の半数以上の外国人労働者(実習生含む)雇用は制限されなくていいのか
・外国人実習生に依存する特定業種について、効率化等抜本的対策がなされなくていいのか
・外国人労働者雇用比率が高い企業について、法人税等引き上げる措置がなくていいのか

・労働力不足を理由に、外国人労働者受入れ方針とするなら、24時間営業の自粛や公的組織の効率化を国家レベルで進めなくていいのか
・労働力が特に不足する業種においては、不足する労働力を引き当てるべく効率化する別の業種を探さなくていいのか(たとえば教育、水道等)
・少子高齢化が進む時代において、かつてと同数の教員数(小中高で90万人)を抱える必要はないのではないか
・キャッシュレス化、水道事業民営化等により、労働力不足を解消する手段をもっと国家として推進しなくていいのか
・労働力不足であるなら、なおさらパチンコは国策で廃止させなくていいのか

・国籍によっては入国税を徴収すべきではないか
・国籍によっては損害賠償責任保険を滞在者に付保させるべきではないか

・朝鮮総連、民団等の政治活動を規制しなくていいのか
・外国籍の人の国内での反日活動を規制しなくていいのか
・外国籍の人の本国政府と連携した政治活動を禁止しなくていいのか
・国内の反日マスコミと外国籍との共謀行為を禁止しなくていいのか

・特定国籍の医師、弁護士等の国家受験資格等制限しなくていいのか
・特定国籍の弁護士等の活動について制限しなくてはいいのか
・特定国籍の人による行政訴訟等について制限しなくていいのか

・特定国籍の人の、日本のマスコミ等への就職制限しなくていいのか
・特定国籍のマスコミ関係者について、記者倶楽部記者としての登録を制限しなくていいのか

・特定の国についてビザ免除廃止しなくていいのか
・入国審査について、特定の国についてさらに厳格化しなくていいのか
・旅行者犯罪が多い国に対し、特別な措置なしでいいのか
・不法滞在者が多い国に対し、特別な措置なしでいいのか
・外国人実習生失踪者が多い国に対し、特別な措置なしでいいのか
・強制送還対象者が多い国に対し、特別な措置なしでいいのか
・強制送還拒否国に対し、特別な措置なしでいいのか
・放火等、テロ行為が多い国について、特別な措置なしでいいのか

・強制送還対象者に対する措置を新設しなくていいのか
・強制送還対象者による犯罪、文化財等破壊行為について損害賠償請求しなくていいのか
・犯罪捜査に協力しない国に対し、特別な措置なしでいいのか(世田谷一家殺人事件等)

・増え続ける外国人犯罪に対する予算原資は、税金として本来、外国人に負担させなくていいのか
・外国人犯罪捜査に係わる警察要員は倍増しなくていいのか
・外国人犯罪捜査に協力した日本人に、もっと多額の報奨金等支払われるべきではないか
・特定国の不法滞在者の通報に対する報奨金は、もっと引き上げられるべきではないか
・外国人犯罪を防止するため、監視機器はもっと設置されるべきではないか
・特定国の外国人犯罪について、微罪であっても徹底的に取り締まられるべきではないか

・外国人の健康保険適用は現状のままでいいのか
・健保で高額医療適用者が多い国に対し、特別な措置なしでいいのか

・外国人の生活保護支給は今のままでいいのか
・生活保護受給者が多い国に対し、特別な措置なしでいいのか
・外国人生活保護者については、重複受給を防ぐために、国全体で徹底個体管理しなくていいのか

・地下銀行等、不正送金者が多い国に対し、特別な措置なしでいいのか
・携帯電話の不正使用(オレオレ詐欺に転用)者が多い国に対し、特別な措置なしでいいのか
・白タク違法行為事業者が多い国に対し、特別な措置なしでいいのか
・ニセパスポート、ニセ国際運転免許証にて入国するケースが多い国に対し、特別な措置なしでいいのか

・帰化は国によっては制限しなくていいのか
・帰化申請者が多い国について総数制限しなくていいのか
・帰化は、条件にとっては取消できるようにしなくていいのか
・帰化しても問題ある国籍の帰化申請等について、追跡調査しなくていいのか
・帰化申請に係わる費用を大幅に引き上げなくていいのか
・帰化に際して、遵守事項を厳密に明確化、遵守事項を守れない人は帰化取り消しとしなくていいのか
・二重国籍者が多い国に対し、特別な措置なしでいいのか
・二重国籍者状態の帰化者について、帰化取り消しすべきではないか
・二重国籍者の被選挙権、選挙権、選挙運動は制限しなくていいのか
・二重国籍者の政治資金規正法における寄付行為は禁止され、帰化取り消し対象としなくていいのか
・帰化人の犯罪が多い国に対し、特別な措置なしでいいのか

・特別永住者に係わる日韓間の条約的取り決めがもしあるなら、一旦破棄としなくていいのか
・特別永住者が今のまま日本での居住を認めるつもりか
・特別永住者の犯罪者は、他国籍の犯罪者と同様、強制帰国としなくていいのか
・外国人労働者を受け入れ拡大するなら、特別永住者を増えた分、帰国させなくていいのか
・特定国にて行われている、外国人労働者向けの日本への就職相談、PRは本当に必要なのか
・韓国籍の労働者、特別永住者の総数は、今後、総量規制しなくていいのか
・特別永住者については、外交ルートを通じて韓国政府と帰国に向けた交渉を始めなくていいのか

・現在は、通名は一つまで使用可としているが、これを禁止とするべく法改正しなくていいのか
・外国人あるいは特別永住者の中で、三つの名前で郵便等を受け取るケースがあるが、逮捕訴追できるように法改正しなくていいのか
・外国人、特別永住者については、例外なくマイナンバー等で徹底管理しなくていいのか

・在留資格を得て、自動車を運転する外国人について、自賠責保険に加えて任意保険の付保を義務づけなくていいのか
・無保険での自動車事故が多い国について、民間自動車保険付保を運転の条件としなくていいのか
・山スキーなど、コース外での救助が多い国について、民間保険付保を入国の条件としなくていいのか
・冬山遭難など、救助が多い国について、民間保険付保を入国の条件としなくていいのか
・外国人の遭難、救助について、警察等公的組織が対応する場合、無料であることをやめ、支払い者と支払い方法をまず確認しなくていいのか
・漁船員救助、難破漁船の処理費用等、損害賠償請求しなくていいのか

・日本人が支払う、公共料金等に係わる工事について、外国人ではなく地元雇用を義務付けなくていいのか
・日本人が支払う、再エネ賦課金対象工事について、外国人ではなく地元雇用を義務付けなくていいのか

・日本人の不動産所有を認めない、特定国の人の国内の不動産所有を認める土地保有制度を変えなくていいのか
・日本の土地を海外で売買したり、海外の不動産業者が海外で介在する実態を変えなくていいのか
・日本の防衛上の重要な地点について、特定国の人の不動産所有を認める制度は変えなくていいのか

・日本人が支払う、NHK受信料において、特定国の海外ドラマ等の購入は制限しなくていいのか
・日本のマスコミが、特定国の補助金を得たドラマ等を購入することについて制限しなくていいのか

・特定の日本人をスパイだと訴追する、特定国について、日本もスパイ防止法を法制化しなくていいのか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これらのリストからわかることは、日本の法規制は移民問題に関しては総じてザル法状態であるということである。


ただし、上記事項について対策すべて実施すれば、外国人問題は半減するような気はする。

各項目について、私の結論はほぼ出ている。拙ブログは上記事項を念頭に入れて出稿してきたつもりである。目先、腹が立つ事案も、個別提言はするように心がけてきた。

移民受入反対派は、各人が各人の意思で、上記各項目について、ビジネス文書レベルの精度で文章化し、政府や与党に提言、陳情すべきだ。移民受入反対派を名乗るならそれぐらいやるべきだろう。

闇雲に、移民受入れ絶対阻止を叫ぶのではなく、移民受入反対派各人が各人の視点で調べ、問題点を明らかにし、個別具体的に提言、陳情すべきことが、想像以上に存在していることを指摘し、本稿を終える。

以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 移民問題 - ジャンル : 政治・経済

07:59  |  政府機関  |  コメント(4)

Comment

Re: 私見その2

> ・補助金比率が高い業種、事業者において、外国人労働者(実習生含む)雇用は制限されなくていいのか
> >制限されるべき。ただ、個別に総合的な判断により、個別事業者に対し、基準緩和はあると考える。
> ・日本人を雇用する方針ではない事業者の登記、事業所設置等は制限されなくていいのか
> >日本国内向けと思われないものについては、制限緩和について、考える余地がある。
> ・日本人学生ではなく、外国人学生受け入れを前提とする学校等の新設・継続は制限されなくていいのか
> >公金を学生や運営主体に投入しない限りは制限される必要はないと考える。
> ・一つの事業者、事業所において、日本人従業員の半数以上の外国人労働者(実習生含む)雇用は制限されなくていいのか
> >原則、制限されるべき。
> ・外国人実習生に依存する特定業種について、効率化等抜本的対策がなされなくていいのか
> >抜本的対策が必要。


外国人起業を政府が支援するとの報道がありましたが、外国人に起業させて、外国人だけを雇用して、日本を外国人の乗っ取らせる気かと思ったほどです。政府はノー天気すぎます。
管理人 |  2019.01.20(日) 06:50 | URL |  【編集】

Re: いくつかの私見

> ・二重国籍者状態の帰化者について、帰化取り消しすべきではないか
> >国籍離脱出来ない国を除きそうするべき。
> 合理的な国籍管理制度になってないのが問題。
> ・二重国籍者の被選挙権、選挙権、選挙運動は制限しなくていいのか
> >国籍離脱出来ない国以外はそうするべき。
> ・二重国籍者の政治資金規正法における寄付行為は禁止され、帰化取り消し対象としなくていいのか
> >国籍離脱出来ない国以外はそうするべき。ただし、帰化取り消しか国籍離脱かの選択はさせる。

国籍離脱の件を我が国の法律で明記すべきかどうか、ポイントとなりそうですね。
管理人 |  2019.01.20(日) 06:47 | URL |  【編集】

私見その2

・補助金比率が高い業種、事業者において、外国人労働者(実習生含む)雇用は制限されなくていいのか
>制限されるべき。ただ、個別に総合的な判断により、個別事業者に対し、基準緩和はあると考える。
・日本人を雇用する方針ではない事業者の登記、事業所設置等は制限されなくていいのか
>日本国内向けと思われないものについては、制限緩和について、考える余地がある。
・日本人学生ではなく、外国人学生受け入れを前提とする学校等の新設・継続は制限されなくていいのか
>公金を学生や運営主体に投入しない限りは制限される必要はないと考える。
・一つの事業者、事業所において、日本人従業員の半数以上の外国人労働者(実習生含む)雇用は制限されなくていいのか
>原則、制限されるべき。
・外国人実習生に依存する特定業種について、効率化等抜本的対策がなされなくていいのか
>抜本的対策が必要。
Suica割 |  2019.01.19(土) 14:00 | URL |  【編集】

いくつかの私見

・二重国籍者状態の帰化者について、帰化取り消しすべきではないか
>国籍離脱出来ない国を除きそうするべき。
合理的な国籍管理制度になってないのが問題。
・二重国籍者の被選挙権、選挙権、選挙運動は制限しなくていいのか
>国籍離脱出来ない国以外はそうするべき。
・二重国籍者の政治資金規正法における寄付行為は禁止され、帰化取り消し対象としなくていいのか
>国籍離脱出来ない国以外はそうするべき。ただし、帰化取り消しか国籍離脱かの選択はさせる。
Suica割 |  2019.01.19(土) 12:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |