FC2ブログ
2019年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2019.01.16 (Wed)

語学力が重要視される時代

企業等においては、取引行為を除き、語学力は重要視されていない。日本人は日本語という語学バリアに安住し過ぎているように思う。
本稿では、語学力が重要視されるべきと考える根拠として、三つのケースについて紹介させていただく。


■ケース1 言葉をきちんと定義しない言論活動(政治活動)が放置されている問題

まず、日本人と思われる言論人が使う、日本語の問題について指摘しておきたい。

「日韓断交」、「NHK解体」という言葉がある。
どちらも一部保守層が無意識に使い続けている言葉だが、「日韓断交」について厳密に定義すると、不完全断交、完全断交という分類となる。完全断交派にとっては、現実社会はいつまで経っても不完全断交となることは避けられない。ちょっと考えてみればわかる話である。
仮に、政権が韓国を制裁する目的で、不完全断交を選択したとしても「完全断交を指向する?日韓断交派」は、政権は間違っていると主張するのではないかとみている。

政権が如何に、韓国にとって強硬措置をとろうが、何らかの交流状態が続く限り、不完全断交状態は続く。
比較対象として、北朝鮮の場合はどうだったか?私の会社でも北朝鮮に出張した人が居た。アントニオ猪木議員も渡航した。よって、厳密な意味で言うと、完全断交状態ではない。(と見なさざるを得ない)

日朝が完全な断交状態にないのに、「日韓断交」とは一体どういう状態を指すのであろうか?

「NHK解体」も同様。何を以て解体とするのか?解体状態の定義をせずに、解体だと叫んでも、活動目標を曖昧にしているだけだ。ビジネス上は、目標設定せず、手段、手順、時期としての計画を明らかにしない活動、それ自体結果を出せない(出さない)活動であると、普通はみなされる。

冷静になって考えてみたい。
「完全断交を指向する?日韓断交派」は、最初から完全断交派であると定義し、不完全断交ではダメで完全断交と主張すべきだったのではないか。

似たようなことは、「在日特権」廃止に係わる政治活動についても言える。公に「在日特権」とは何であるか、定義し、実態面含めて調査分析したのは誰であろうか?

なんと、警察OBの坂東忠信である。彼が書いた「在日特権と犯罪」(2016/10/8)によって、私は初めて在日特権の全貌を知った。

定義すべき言葉についてきちんと定義、実態を調査分析し公に公表する義務があるのは、その言葉を最初に使った言論人であることは言うまでもない。


■ケース2 韓国政府の蛮行・奇行について、日本人ボランテイア語学兵が各国語で発信する必要性

実は、外務省は韓国の通信社の記事すら把握していないことが明らかとなった。

―― 参考情報 ――――――――――

韓国の通信社の記事も把握してない外務省
https://blog.goo.ne.jp/dankaidamyutaka/e/62c0f51db6f606f5919b9e2c6ce28f2c

―――――――――――――――――

外務省組織を見ておきたい。

情報収集機能を有するのは、地域別に区分された局、総合外交政策局、国際法局、国際情報統括官であろうと私はみている。

―― 参考情報 ――――――――――

https://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/sosiki/index.html

外務省

―――――――――――――――――

これだけ大所帯で活動している組織が、韓国の通信社の記事を把握していない事実は何を意味するか?
わざとに見落とししていると私は推定する。
極論すると、外務省の中にスパイ(KC●A)が居るということである。

よって、韓国政府の蛮行・奇行について、日本人ボランテイア語学兵が各国語で発信する必要性があると言わざるを得ないのである。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1254.html#comment1864

逆説的ながら

友好関係の醸成という名目で外国語教育の強化が良いのでは?

原文が読める人間が増えれば増えるほど、マスコミの恣意的報道を行う余地が減る。
日本人に知られたくない情報をカットするという方法論が有効ではなくなる。

潜在的語学兵を養成しておくのです。

Suica割 |  2019.01.07(月) 12:27 | URL |

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


■ケース3 業種別に外国人労働者の語学力設定・管理等しなくていいのか?

安倍政権は、外国人労働者受入れ拡大を表明している。私は、懐疑的ながらも仕方がないとする見方と果たして大丈夫なのかという見方をしている。
ただ、諸外国の中では、外国人労働者に対し、語学力管理をしているケースがあるようだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1264.html#comment1877

クレムリンメソッドの著作者である北野幸伯氏のロシアでは、外国人労働者にロシア語能力を問うという指摘、大前研一氏のシンガポールではきっちりと厳格な外国人労働者管理がされているという指摘は示唆に富んだものであろうと考えます。

いかなる属性の労働者を入れるのかという点をないがしろにしたままでは賛成できない。
しっかりと詰めろ。それまではまかりならぬというアプローチもありだとは思いますね。

Suica割 |  2019.01.15(火) 11:18 | URL |

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

つまり、今回受け入れ拡大を予定している外国人労働者について、業種別に求められる日本語能力はどの程度のレベルなのか、実際に配属された外国人労働者の語学力は配置された当初はどの程度でその後どの程度に向上したのか(経過把握)、政府として把握しなくていいのか?ということなのである。


本稿では、三つの視点から、語学力の重要性を指摘させていただいた。
言論活動上は、国語辞典、類語辞典等、言葉の定義や分類について、こだわりをもつことは必要不可欠であることを指摘し、本稿を終える。

以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

08:17  |  活動実践マニュアル  |  コメント(9)

Comment

Re: 北朝鮮と交流があるのは不思議ですが

> 北朝鮮に渡航する人が、日本でもたまにいますが、何のために渡航しているのかが今一つ良く分からない人が多いですね(単純馬鹿なだけ?)。
>
> 確かに断交状態でも「個人」の渡航自体までは制限されませんが(ただし日本側の大使が駐留していない為、邦人拘束などの問題には一切対応できないことを留意する必要がありますが)、何らかの違法ビジネスに関わっているなどであれば「制裁対象」のなるのは間違いないと思います。


早く制裁決断いただきたいものです。
管理人 |  2019.01.18(金) 08:19 | URL |  【編集】

Re: 語学力向上案

> 現在、英語の早期教育(小学校段階から)を始めていますが(自分は英語の早期教育には反対しています)、英語力を高める方法に「受験」などの「一種の強制力」によるもの以外に何らかの作文スキル(英語論文作成など)を教育課程(大学、特に文系学部は必須? 理系側もあるのが望ましいが、必ずしも必須にしなくてもよい)で義務付ける必要もあるような気がします。
>
> 英語以外の言語(朝鮮語、支那語)でもいいのですが、やはり、世界的に「一番目に触れる言語」が「英語」であることは間違いない為、最優先で育成する必要があると思います。
>
> これから外国人労働者を受け入れるにしても「英語」はある程度重要になってきますから、一般庶民層であったとしても「避けられない」のは事実でしょう(学校に通う子供がいる親御さんなどもこの辺りの事情を自覚していない人が多いような気がします)。
>
> 語学力に関して言えば、「論文」や「国際学会」、「国際会議」の「翻訳、通訳」を担当している人の方がそのあたりの事情に詳しいのではないかと思いますが、彼らを起用するのも一案ではないかと思いますね側(語学兵には英米圏への留学を義務付けるなど)。


想定している語学兵のレベルですが、「論理性ある日本語を駆使でき、外国語をしかるべきレベルで操れるレベル」を想定しています。
外国語を知っているだけでなく、国家、諸官庁、組織を動かせる日本語を使える人という意味です。
管理人 |  2019.01.18(金) 08:19 | URL |  【編集】

この2つの混成かもしれない

頭はいいが、育ちが良すぎて無類のお人よし、知恵がなく、注意力散漫な人たちである可能性もあります。

それと、スパイ。

御人好しとスパイの組み合わせは、ある意味最悪です。
悪人にいいように使われるバカ集団の連合体が外務省ということになってしまいます。
Suica割 |  2019.01.17(木) 22:14 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> >大所帯で活動している組織が、韓国の通信社の記事を把握していない事実は何を意味するか?
> わざとに見落とししていると私は推定する。
> 極論すると、外務省の中にスパイ(KC●A)が居るということである。
>
> よって、韓国政府の蛮行・奇行について、日本人ボランテイア語学兵が各国語で発信する必要性があると言わざるを得ないのである。
>
> きちんと勤務していない。
> 無能の集まりという面もありそうです。
>
> スパイの先輩から、適当にやっとけと言われた後輩も、問題意識なく仕事を適当にやる。
> その連鎖もないとは言えない。
>
> 外務省の掃除と平行で公開情報収集分析の部署を作るべきかもしれません。
>
> 気質的に友好とは、相手に嫌がられる事をしないこと。その路線に従い、日本と外国の仲介をするのが外交官と思っている連中が多いのかもしれません。


頭はいいが、育ちが良すぎて無類のお人よし、知恵がなく、注意力散漫な人たちである可能性もあります。
管理人 |  2019.01.17(木) 08:19 | URL |  【編集】

Re: 説明不足でした

> シンガポールの場合、しっかりとした資格認定、就労に関する厳格な管理を行っています。(語学能力に関しては私は知りません。管理はしていると思ってますが)
> 外国人労働者を入れるにしろ、今のままの権利義務関係もあやふやな制度のままやるべきかと言えば、否というのが私の意見です。


了解しました。
管理人 |  2019.01.17(木) 08:17 | URL |  【編集】

北朝鮮と交流があるのは不思議ですが

北朝鮮に渡航する人が、日本でもたまにいますが、何のために渡航しているのかが今一つ良く分からない人が多いですね(単純馬鹿なだけ?)。

確かに断交状態でも「個人」の渡航自体までは制限されませんが(ただし日本側の大使が駐留していない為、邦人拘束などの問題には一切対応できないことを留意する必要がありますが)、何らかの違法ビジネスに関わっているなどであれば「制裁対象」のなるのは間違いないと思います。
西 |  2019.01.17(木) 02:17 | URL |  【編集】

語学力向上案

現在、英語の早期教育(小学校段階から)を始めていますが(自分は英語の早期教育には反対しています)、英語力を高める方法に「受験」などの「一種の強制力」によるもの以外に何らかの作文スキル(英語論文作成など)を教育課程(大学、特に文系学部は必須? 理系側もあるのが望ましいが、必ずしも必須にしなくてもよい)で義務付ける必要もあるような気がします。

英語以外の言語(朝鮮語、支那語)でもいいのですが、やはり、世界的に「一番目に触れる言語」が「英語」であることは間違いない為、最優先で育成する必要があると思います。

これから外国人労働者を受け入れるにしても「英語」はある程度重要になってきますから、一般庶民層であったとしても「避けられない」のは事実でしょう(学校に通う子供がいる親御さんなどもこの辺りの事情を自覚していない人が多いような気がします)。

語学力に関して言えば、「論文」や「国際学会」、「国際会議」の「翻訳、通訳」を担当している人の方がそのあたりの事情に詳しいのではないかと思いますが、彼らを起用するのも一案ではないかと思いますね側(語学兵には英米圏への留学を義務付けるなど)。

西 |  2019.01.17(木) 02:17 | URL |  【編集】

>大所帯で活動している組織が、韓国の通信社の記事を把握していない事実は何を意味するか?
わざとに見落とししていると私は推定する。
極論すると、外務省の中にスパイ(KC●A)が居るということである。

よって、韓国政府の蛮行・奇行について、日本人ボランテイア語学兵が各国語で発信する必要性があると言わざるを得ないのである。

きちんと勤務していない。
無能の集まりという面もありそうです。

スパイの先輩から、適当にやっとけと言われた後輩も、問題意識なく仕事を適当にやる。
その連鎖もないとは言えない。

外務省の掃除と平行で公開情報収集分析の部署を作るべきかもしれません。

気質的に友好とは、相手に嫌がられる事をしないこと。その路線に従い、日本と外国の仲介をするのが外交官と思っている連中が多いのかもしれません。
Suica割 |  2019.01.16(水) 11:21 | URL |  【編集】

説明不足でした

シンガポールの場合、しっかりとした資格認定、就労に関する厳格な管理を行っています。(語学能力に関しては私は知りません。管理はしていると思ってますが)
外国人労働者を入れるにしろ、今のままの権利義務関係もあやふやな制度のままやるべきかと言えば、否というのが私の意見です。
Suica割 |  2019.01.16(水) 11:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |