FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.11.15 (Thu)

韓国人入国ビザ免除廃止と徴用工関係者入国制限を早急に実施せよ

日本の国会議員が竹島視察目的で韓国に入国しようとしたところ、入国拒否された事案、ご存じであろうか?

質問主意書の記録を参照したい。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b177370.htm

答弁本文情報

平成二十三年八月十二日受領
答弁第三七〇号

  内閣衆質一七七第三七〇号
  平成二十三年八月十二日
内閣総理大臣 菅 直人

       衆議院議長 横路孝弘 殿
衆議院議員小野寺五典君提出わが国の国会議員が韓国において入国を拒否された事案に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

衆議院議員小野寺五典君提出わが国の国会議員が韓国において入国を拒否された事案に関する質問に対する答弁書

一及び二について
 御指摘の我が国の国会議員の大韓民国訪問は、単なる視察目的で通常の適正な手続を経て行うことを意図していたものであり、当該訪問に対する大韓民国側の措置は日韓間の友好協力関係に鑑み極めて遺憾である。政府としては、これまでも大韓民国政府に対し、累次にわたり竹島問題に関し厳重な抗議を重ねてきたところであり、引き続き、竹島問題の平和的な解決を図るため、粘り強い外交努力を行っていく考えである。
 また、図書に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定(平成二十三年条約第六号)第一条の規定により、政府としては、同協定の附属書に掲げる図書を、同協定の効力発生後六か月以内に大韓民国政府に引き渡す必要がある。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



日本の国会議員の正当な視察ですら拒む韓国の国民の入国、それも、とんでも判決の関係者など入国許可する必要はないだろう。
しかし、入国管理局は、元徴用工原告側の入国を認めた。



||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181112-OYT1T50072.html

元徴用工原告側、新日鉄住金本社へ…面談応じず
2018年11月12日 21時51分
 韓国大法院(最高裁)が新日鉄住金に韓国人の元徴用工への賠償を命じた判決を巡り、原告側の弁護士らが12日、東京・丸の内の新日鉄住金本社を訪れた。判決を受け入れるよう要請しようとしたが、新日鉄住金は面談に応じなかった。弁護士らは改めて要請書を送付するとしている。

 新日鉄住金は本社の受付前で応対した警備会社の関係者を通じ、「(判決は)日本政府の見解に反するもので極めて遺憾」「日韓両政府の外交交渉を見極めたい」などとするコメントを原告側に伝えた。

 弁護士らは報道陣の取材に対し、「いつまで逃げ続けるのか」などと新日鉄住金を批判した。今後、韓国内にある同社の資産を差し押さえる手続きに入る方針を明らかにした。

 新日鉄住金広報センターは、面談に応じなかった理由について「当社の見解に変更はなく、新たに伝えることはない」としている。

(ここまで362文字 / 残り81文字)
2018年11月12日 21時51分

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



万が一、白眞勲などの帰化国会議員が手引きのために、入国管理局に圧力をかけていることが発覚した場合(沖縄の反米基地活動含めて)、国会にて徹底追及するとともに、外患罪改正の口実とすべきだ。

産経が、徴用工問題で白眞勲に取材したのは、徴用工問題に係わる韓国人の入国に際して便宜を図るつもりかかどうか確認したい動機があるような気がするのである。

―― 参考情報 ――――――――――

徴用工問題を問われた白真勲が物凄く情けない発言を漏らす いつもの饒舌ぶりはどこへ?
http://japannews01.blog.jp/archives/50515394.html

―――――――――――――――――



外務省は、徴用工と造船分野のWTO提訴を決断した。

―― 参考情報 ――――――――――

元徴用工とWTO、2つの提訴で国際社会に韓国の「不当性」周知
https://www.sankei.com/politics/news/181107/plt1811070006-n1.html

―――――――――――――――――



次は、法務省の番である。


―― 参考情報 ――――――――――

【ペンス氏】来日…日米で“中韓締め上げ”か 徴用工“異常”判決には「韓国人の入国審査厳格化を」
http://kimsoku.com/archives/9941308.html

―――――――――――――――――

今までとは変わり、韓国政府、(少しでも政治活動をする疑いがある)韓国人に対する底意地の悪い対応(入国拒否徹底)をすることで、ヘイト騒動で親韓組織と疑われつつある法務省の疑惑払拭となる気がするのである。



韓国政府は、同盟相手ではなく、締め上げる相手でいいのである。ベンス氏来日は、締め上げる手順の再確認であって欲しいのである。



以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 無法国家-韓国 - ジャンル : 政治・経済

04:54  |  韓国  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

Re: アメリカや中国での訴状対策

> 日本は韓国の個人に賠償し、韓国は日本にその分の金を渡すしかないように思いますね。
>
> アメリカは意外に人権系裁判では、情に流される傾向が強い。
> 中国は何らかのアクロバティック解釈で日本に煮え湯を飲まそうとする。
>
> ならば、捻れを解消して、本筋に戻しましょうという話に持っていって、日本は現在価値での賠償をし、韓国は個人補償した分を返すようにいう方がいいように思います。
>
> 元々が日本は個人補償は、個別に行うことを軸にしていたので、話的には、問題ないことですし、民間人の分は自分達が解決すると言っていたのは韓国ですから、その分は責任を持ってもらいましょう。


日本は韓国のために何もしなくなる状況にあると思いますが。
管理人 |  2018.11.19(月) 19:44 | URL |  【編集】

アメリカや中国での訴状対策

日本は韓国の個人に賠償し、韓国は日本にその分の金を渡すしかないように思いますね。

アメリカは意外に人権系裁判では、情に流される傾向が強い。
中国は何らかのアクロバティック解釈で日本に煮え湯を飲まそうとする。

ならば、捻れを解消して、本筋に戻しましょうという話に持っていって、日本は現在価値での賠償をし、韓国は個人補償した分を返すようにいう方がいいように思います。

元々が日本は個人補償は、個別に行うことを軸にしていたので、話的には、問題ないことですし、民間人の分は自分達が解決すると言っていたのは韓国ですから、その分は責任を持ってもらいましょう。
Suica割 |  2018.11.17(土) 18:40 | URL |  【編集】

Re: こういう戦いは手札を切った者勝ち

> 日本側が韓国に対し、個人賠償は日本がするという提案を蹴り続けた件に関して、国際社会に提起すべし。
>
> その義務を果たさない韓国政府の対応にきちんと抗議すべし。
>
> そこが出発点ですね。
>
> 俺が韓国政府の代表だったら、歴史問題で全く折り合わなくても、不法労働の問題に落とし込み、日韓個人補償協定に持ち込みますね。
>
> 絶対に国交より先に賠償をなんとかしてはならない常識があるわけでもないですから。
>
> ここまで拗れたら、日本は韓国の個人に賠償し、韓国は日本にその分の金を渡すしかないように思いますね。



手の込んだことまで韓国のためにするメリットは日本にあるのか、普通は疑問を持ちます。
むしろ、世襲の特別永住者の引き渡し(財産とセットで)、の方が釣り合うような気がします。

管理人 |  2018.11.15(木) 20:03 | URL |  【編集】

こういう戦いは手札を切った者勝ち

日本側が韓国に対し、個人賠償は日本がするという提案を蹴り続けた件に関して、国際社会に提起すべし。

その義務を果たさない韓国政府の対応にきちんと抗議すべし。

そこが出発点ですね。

俺が韓国政府の代表だったら、歴史問題で全く折り合わなくても、不法労働の問題に落とし込み、日韓個人補償協定に持ち込みますね。

絶対に国交より先に賠償をなんとかしてはならない常識があるわけでもないですから。

ここまで拗れたら、日本は韓国の個人に賠償し、韓国は日本にその分の金を渡すしかないように思いますね。
Suica割 |  2018.11.15(木) 18:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/1192-a395b775

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |