2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.08.18 (Thu)

日銀のETF購入→マスコミ・広告代理店業界に何かが起きる?

日経225構成銘柄ご存じであろうか?

マスコミに関係深い企業では電通が該当している。

―――――――――――――――――

https://indexes.nikkei.co.jp/nkave/index/component?idx=nk225

サービス

コード 銘柄名 社名
2432 ディーエヌエ (株)ディー・エヌ・エー
4324 電通 (株)電通
4689 ヤフー ヤフー(株)
4704 トレンド トレンドマイクロ(株)
9602 東宝 東宝(株)
9681 東京ドーム (株)東京ドーム
9735 セコム セコム(株)
9766 コナミHD コナミホールディングス(株)

通信 コード 銘柄名 社名
9412 スカパーJ (株)スカパーJSATホールディングス
9432 NTT 日本電信電話(株)
9433 KDDI KDDI(株)
9437 NTTドコモ (株)NTTドコモ
9613 NTTデータ (株)エヌ・ティ・ティ・データ
9984 ソフトバンク ソフトバンクグループ(株)

―――――――――――――――――

日銀のETF購入で、一部上場企業の筆頭株主が日銀となった事例が出てきた。

―――――――――――――――――

大株主「日銀」、17年末に日経平均4分の1で筆頭-ETF増功罪
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-08-14/OBMQHN6KLVRU01

ヤマハに加えて年内にはセコムやカシオで筆頭株主に
競争原理を体現する株式市場で一時的に「官製」の色合い強まる恐れ

追加の金融緩和策として上場投資信託(ETF)の買い入れ額を増やした日本銀行が、日本株市場への影響力を強めている。ETFの保有額から試算した結果、既に主要企業の実質的な大株主となっており、7月会合の方針に沿って今後買い進めば、筆頭株主・日銀の銘柄が急増する。

―――――――――――――――――

既に、ヤマハ、セコム、カシオでは、日銀が筆頭株主になっているそうだ。


と、考えると、日経225銘柄の電通の筆頭株主が日銀になる可能性が強まる。

何が起きるか。
電通を通じた、日銀のマスコミ支配が強まることを予想するのである。

少なくとも、電通が反日のポジションをとりにくくなるのである。

はっきり言えることであるが、マスコミがアベノミクス批判するケースが激減すると予想する。

安倍首相はしめたと思っているに違いない。


一応、反日テレビ局、電通の主要株主情報を眺めてみたい。

―――――――――――――――――

テレビ朝日、日本テレビ、TBS、フジテレビ及びテレビ東京の主要株主と持株比率を教えて下さい。
http://q.hatena.ne.jp/1285992319

電通 株式の状況・株主構成
http://www.dentsu.co.jp/ir/shares/gaiyou.html

―――――――――――――――――

テレビ局の株主には制限があり、20%を越えると、停波扱いとなるとされている。

なぜフジテレビは電波法で停波命令を受けないのですか
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8883127.html


さて、ここで、あなたが安倍首相になった場合のことを想定いただきたい。

日銀が購入した電通株、テレビ局株を日銀の金庫に入れたままにするのであろうか?

私が当事者ならこうする。

電通株を、総務省みたいな省庁所管となるよう、移管する。そのうえで、なんだかんだ口実をみつけ、分割させるよう、仕組み、弱体化させる。
口実はこうだ。マスコミ支配者としての電通は不要だ。広告代理店法法制化は避けられない状況にある。除鮮、反日企業という口実もあるが、政治家ならばスマートな切り口となるだろうと想定する。

テレビ局株はどうするか。外国人株主保有株の大半を市場外で購入する様、証券会社を通じて手配する。テレビ局は、電通の支配、外国人株主の支配を逃れることになる。晴れて、政府支配の民間放送会社となるのだ。在日枠で採用し続けた、テレビ局は、存続し得ないことになるかもしれない。
その状況で、NHKを解体する………………。とてつもなく面白いことが起きそうである。


日銀のETF購入、年金での株式購入とセットで、政府機関によるマスコミ支配が始まるのである。

その状況で放送法違反発言が目立つ、番組責任者、ジャーナリスト、学者モドキはどうなるか?

当然、業界追放扱いとなる。
総務大臣が、日銀を通じて、テレビ局社長にモノを言う機会が増えると考えるからだ。

既に、岸井成格、国谷裕子、古舘伊知郎は、番組を降りた。
次は、サンデーモーニング関係だろうと私は目星を付けた。

関口宏とそのお友達のための、座談会番組は、お役目御免となるだろう。
早い話、経済番組は、日銀筋が指定する出演者が登場する機会が増えていくのである。
金子勝や山口二郎程度の、貧相かつマナーをわきまえない、学者モドキがテレビ番組で経済を語る機会は間違いなく減るだろう。

そして、最終的には、テレビ出演機会が多い、ポンコツジャーナリスト、学者モドキ、医者モドキ、政治を語る淫行好きな芸能人は、こういうプロセスによって絶滅させられていくと予想(妄想)するのである!?

以上

関連記事

テーマ : とっておきの情報いろいろ - ジャンル : ニュース

18:50  |  政府機関  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/117-2d1a19d9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |