2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.08.09 (Tue)

国土交通省行政はたるんでいる! 大臣が公●党出身だからつけ込まれる?

国土交通省のトロくさい、航空行政実績がまた一つ増えた。

千歳空港での中国女への対応がそれである。

―――――――――――――――――

無駄な福祉をやめて本当の福祉を充実させよ
http://ttensan.exblog.jp/23383456/

特に深刻な問題として

 ・保安検査所 →警備員に対してモンスタークレーマーと化すことで「相談のために警備員が戻る」という条件を作って通過できた。

・出発カウンターの職員にはチケットを購入したのは間違いないのだからと言って通過できた。

・問題発覚して乗客を下ろして再チェックさせる等の作業を始めた時点ですでに手遅れな上にそれでも数時間は対象を特定できなかった。

―――――――――――――――――

疑わしき者は徹底的に検査するシステムに変えるべきだ。


さて、この素通りに成功した女は中国人という噂があるが、私は領事館職員であろうと睨んでいる。領事官職員であることがバレるのがこわくて、国土交通省航空局が報道させないように、仕組んでいると私はみている。

それもこれも公明党出身大臣のメンツ?を守るためなのかもしれない。
馬鹿げたことだ!

見方を変えたい。航空法には、安全監査立入検査が存在する。

―――――――――――――――――

4.安全監査立入検査(航空法第134条)

 本邦航空運送事業者及び航空機使用事業者の運航の安全確保に係る日常業務の現状を的確に把握し、各事業者の実態を踏まえた監督・指導を行うため、計画的に、また随時抜き打ちで事業者の本社及び運航・整備の現場等に立ち入り、安全監査立入検査を実施しています。

 安全監査立入検査は各事業者の本社、基地及び運航便を対象としており、施設、要員、規定等の体制全般について、主として以下の視点で検査を行い、必要に応じて是正又はその検討の指示を行います。

検査の視点(本社及び基地関係)
組織とその機能の適切性
要員の配置とその資質の適切性
施設、設備の適切性
関連する社内規定、マニュアルの適切性
業務の実施要領と業務実施の適切性
個々の業務に関する管理方法の適切性
業務の実施記録の適切性

検査の視点(運航便関係)
航空機登録証明書、耐空証明書、航空日誌等航空機に搭載する書類の確認
技能証明、航空身体検査証明等航空機乗組員等が携行する書類の確認
航空機に装備する機器、用具等の適切性
業務(運航管理、操縦、客室、整備、地上ハンドリング)実施の適切性

―――――――――――――――――

これには、問題となった、空港施設会社は該当しないようである。


ところが、ここには、保安検査の主体は航空会社であると書いてある。

保安検査について
http://www.narita-airport.jp/jp/security/ss_passengers/#01

つまり、当該航空会社は、モンスター乗客の保安検査、搭乗させてしまった事案について、安全監査立ち入り検査対象となるのである。

さて、空港警備に係わる、一般論としての要望を書きたい。
諸外国の国際空港の場合、マシンガン携行の軍人みたいな人たちが検査場、搭乗口を警備している。日本ではそういう光景がまったくない。せめて、保安検査場には、警官を複数配置、マシンガンで応戦できる要員を常時数人配置いただきたいものである。

警視庁、屋外では撃ち負けることにやっと気付いてサブマシンガンから自動小銃へ
http://blog.livedoor.jp/ladymatome/archives/46325215.html


話題を変えたい。

過去の国内での航空機事故についての調査・追及、棚上げ状態にあるようだ。

―――――――――――――――――

【韓国アシアナ航空機事故】乗客全員に60万円の見舞金を支給。ケガの有無に関係なく一律ww
http://hosyusokuhou.jp/archives/43686223.html

広島県内の乗客の20代女性は、脱出用シューターで避難する際に左手首と首にけがを負った。
「避難時、乗務員の誘導はなかった。事故後の対応も遅く、不十分だ」と対応に不満を募らせた。

一方、事故調査官は現場での調査を終えた。日野和男調査官は調査全体の終了のめどについて
「重たい案件なので1年以上はかかる。2年になるかも」と話した。今後は回収したボイスレコーダー
(音声記録装置)とフライトレコーダー(飛行記録装置)の解析を進め、機長、副操縦士たちへの
事情聴取の内容などと合わせ、原因を究明する。

広島県警も乗員8人全員の聴取を終えており、業務上過失傷害容疑での立件を視野に入れて調べる。
機長は、着陸体勢に入った事故直前の視界などに関し具体的な数字を示して説明していたという。
機長たちは18日に帰国したとみられる。

―――――――――――――――――

なぜ1年以上もかかるのか、理解に苦しむ。メーカーの故障対応を経験した方なら私の考えに賛同いただけるはずだ。
事故調査官は韓国寄りの調査判断を出しやすいタイミングを待っているのではないかと、疑っているのだ。


韓国の漁船事故も続いた時期があった。

―――――――――――――――――

玄界灘海難事故
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%84%E7%95%8C%E7%81%98%E6%B5%B7%E9%9B%A3%E4%BA%8B%E6%95%85

韓国側から謝罪や補償が行われたという報道は一切無い。
その後、フン・ア・ジュピター乗組員の韓国人『I二等航海士』に福岡地裁小倉支部は業務上過失致死傷罪などの罪で懲役5年の求刑に対し、「わずかしか針路変更をせず、適切な回避義務を怠ったことは無謀。衝突、沈没の事故に発展する予測はできたはず」「漁船側に落ち度はなく、遺族の処罰感情は厳しい。過失は重大で、実刑は免れない」として懲役3年の実刑判決を下した[7][8]。
2003年8月6日に合同慰霊祭が行われた。

―――――――――――――――――

これは一例である。


なぜ、韓国事案について、国土交通省は、毅然と処置をしないのであろうか?

小笠原でのサンゴ礁の大量密猟事案の処置もなあなあだったような気がする。

小笠原諸島周辺海域等における中国サンゴ船問題
http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/c_m2/page3_001027.html

大臣が公●党出身だから起こるべきして起きたのではないかと、私は勘ぐっているのである。
ああいう大事件だったのであるから、適切かつ迅速な措置を躊躇った大臣は辞任させるべきだったのである。

こんなトロくさい大臣がいるせいで尖閣が中共に献上されてしまっていいものであろうか。


さて、国土交通省のトロくささの一つとして、大規模災害発生時の報道ヘリを野放しにしていることがあげられる。大規模災害発生時、生き埋めとなった人たちの救助のため、報道ヘリの飛行は、当該空域において災害発生から1週間程度は全面的に禁止されるべきであろう。

被災地支援 マスコミ監視・追及ボランテイアが必要ではないのか?
http://nihonnococoro.at.webry.info/201604/article_23.html

拙ブログは、大規模災害発生時におけるマスコミ監視・追及ボランテイアを全国組織化する必要性を指摘している。

さて、海上保安庁の広報も同様に、日々相当困難な業務遂行に直面しているにしては、HPには、呑気な記事が漂っている。

―――――――――――――――――

POKEMON GO 利用者の皆様へ
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/anzentaisaku-pokemon.pdf

2016年度ミス日本「海の日」が石井国土交通大臣、中島海上保安庁長官を表敬訪問
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/topics/2016.html

―――――――――――――――――

もっとも危険かつ難易度が高い、中共公船対応に係わる日々の記事がまるでないのである。

私は、笑ってしまった。海上保安庁(広報部門)は、中共公船よりも「POKEMON GO」の方が危険だと勘違いしているかもしれない。

尖閣での中共の公船、大量の漁船の侵入があっても、海上保安庁は、その情報をマスコミにしか提示しない。

国土交通省・海上保安庁は尖閣問題広報する気がない!?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-108.html

国民はマスコミを通じて知るだけだ。そしてマスコミは総じて、反日、親中親韓である。
国民は、第一線で苦労されている海上保安庁職員の勤務実態を知る機会がないのである。


公●党支持者諸君に申しあげたい。
これらトロくさい現象は、大臣が公●党出身だから起きたことなのではないか?と私は勘ぐっているのである。

そうではない!というのではあれば、上記すべての事案、今後発生するであろう類似事案、徹底的に取扱ってほしいものである。

特に中韓事案については、再発防止対策を含め、疑わしき外国人については徹底的に検査(捜査)するというスタンスに改めていただきたいのである。

そして、これら「たるんでいる国土交通行政」全般について、喝を入れる、愛国政治家の出現を待望するものである!

同時に公●党出身議員に大臣職を充てがう必要を感じないのである。


以上


まとめ
―――――――――――――――――

国際空港施設での警備強化に係わる要望事項

・当該航空会社、空港事業者に対する、安全監査立入検査(航空法第134条)の実施
・空港施設内でのモンスタークレーマー、挙動不審者は、即警察に通報(警察官による職務質問、所持品検査等を実施)
・空港警察職務に、保安検査所の手抜き等を監視、改善指摘する業務を加える(現状航空局扱い)
・各地の国土交通省職員は、当該施設ピーク時に各自見回りを行う
・空港警備警察官にマシンガン携行常時化
・空港警官を増員、警官は常時複数で行動
・国土交通省航空局は、全国の空港施設に対し、保安検査体制・テロ対策等が万全か、抜き打ち検査を行う

関連記事

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

19:48  |  政府機関  |  トラックバック(1)  |  コメント(1)

Comment

カルト宗教団体の大臣

カルト宗教団体の議員を大臣にするなんてあってはならないことです。
coffee |  2016.08.10(水) 21:45 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/110-a695a604

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 橋本明「天皇に残された仕事をやってほしい!それは韓国訪問だ!」 TBSの生放送・皇室特別番組で糞ジジイが暴言! 平成28年8月8日放送、TBSの生放送・皇室特別番組 番組内容 天皇陛下国民へのメッセージ ▽側近17年・前侍従次長が語る陛下の思い ▽美智子さまと共に築かれた「象徴」 ▽ご学...
2016/08/10(水) 21:46:20 | 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

▲PageTop

 | HOME |