2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018.07.01 (Sun)

汚鮮された?「日本サッカー協会」が責任をとるべきこと

ワールドカップサッカー、日本チームは決勝トーナメント戦進出を決めた。
西野監督は、セネガルが負けていることを試合中に知り、パス廻しで時間潰しして、フェアプレイポイント差で決勝トーナメント進出を決定した。
監督として非難されることを承知で、そういう選択をしたのだと私は理解している。

日本サッカー協会はどうだったか?

―― 参考情報 ――――――――――

どこまで汚染されているのか
https://blog.goo.ne.jp/dankaidamyutaka/e/1098072f743b5f9c484423ff70080889

―――――――――――――――――

どうやら乗っ取られているようである。


その原因をつくったのが、竹下登元首相であるとの説がある。
「軍国主義が日本を救う」にて倉山満はこう述べている。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

竹下登の大罪についても触れておかなければなりません。彼こそ親中・親韓議員はの最たるものです。とにかく中国の言いなりであり、二○○二年の日韓ワールドカップ共催の発案者も竹下でした。
ちなみに、竹下は島根県の出身で、韓国利権は自分の縄張りですが、北朝鮮は金丸信や野中広務に対応させていました。そういう危ないところに自分はタッチしないというのが、竹下のやり口です。例えば、大蔵省は自分が押さえるが、郵政省は金丸にやらせるという具合でした。一番強いところは自分が握り、そこと対立するところは別の者にやらせるという手法です。


||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


その、日本サッカー協会は、企業内の人事屋に見える。自分たちは、安全な立場に居座り、監督人事だけにこだわっているように見えるからだ。
ここで言う人事屋とは、仕事らしい仕事をせず、人事権だけで組織を支配しようとしているということ。



しかし、安泰に見える、日本サッカー協会中枢。ポカをいくつかしでかした。

決定的なのは、先発選手の情報リーク問題である。


―― 参考情報 ――――――――――

【スタメン漏洩問題】長友「一緒に戦う日本人として選手全員が残念な気持ち。この期間だけでいいので、同じ日本人・仲間として力を貸して」報道陣に
http://www.honmotakeshi.com/archives/53734187.html

本田圭佑キレる「非公開のスタメン情報が漏れた。メディアが追求する真実はいつもズレてる」
http://gahalog.2chblog.jp/archives/52442727.html

―――――――――――――――――


先発情報リーク源は、サッカー協会上層部、おそらく広報責任者であろうと私は推測している。長年、マスコミと懇ろな関係を築き、(してはならない)先発メンバー報道をしたのが数社だった関係でそう推定するのだ。

選手たちの言い分は、マスコミに向けられているが、(汚鮮された?)日本サッカー協会に責任をとるべきだと言いたいのであろうと、私は解した。


また、ハリル監督辞任のゴタゴタもそうだ。

サッカー指導者を育成・確保せず外国人監督に依存していたことは、サッカー協会が責任をとらなくてはならない。



要するに、西野監督で予選リーグ突破したのだから、今後の日本サッカー協会は、西野監督が中枢に居るべきだとの結論となるのであり、そうするためにも、汚鮮されているとみられる、現日本サッカー協会上層部は、総入れ替えすべきだとの結論に達するのである。


以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本を憂う - ジャンル : 政治・経済

06:00  |  企業・団体  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

日本ポーランド戦の個人的雑観

会場とか有料の中継見ていた人がブーイングするのはわかる。
金払って、わざわざ見ているのに、あれは無いということがわかるだけに否定出来ない。
あの場所にいたら、金払っていたのに、あんなの見せられたから、1割金返せと言っていたと思う。
フェアプレーポイントについては大賛成である。
危険なプレーをする理由づけが減り、紳士の競技というサッカーの目指すところに合致するからだ。
むしろ、入れようとしたのが遅いとさえ思っている。

Suica割 |  2018.07.01(日) 12:11 | URL |  【編集】

続きです。

西野監督の采配については、薄氷のリカバリーというものだと感じている。
岡崎一人抜けてからボロボロになるようなメンバーチェンジは失敗であったと思う。
せめて、半数の三人くらいでいくか、六人変えるなら、脆弱性を押さえる人選をすべきだったと考える。
今回のような点は絶対にやらないが、結果は他の試合任せが良いのか、あくまで、自力で決めることも放棄しない(防御最重視は忘れない)が良かったのかはわからないが、日本の決勝トーナメント進出という勝利のために西野監督は知恵を絞り、あのやり方を実行したということは理解するし、結果を残したという点では否定しない。
胆力という面では尊敬すらする。
Suica割 |  2018.07.01(日) 12:15 | URL |  【編集】

最後です。

セネガルは負けても、一点差ならば、点さえ入れれば総得点で勝てる状況かつ、セネガルが点を入れて引き分けにするかもしれない可能性があるなかであの采配は私には取れない。(2対1で負けても、総得点で一点上回るために、日本は敗退する。2点差以上でセネガルが負ければ、得失点差で日本が勝利する。引き分ければ、コロンビアに得失点差で負ける。)
消極的にやって目論見通りに終わっても、他試合の結果により、失敗したら、積極策で負けるよりも叩かれる。
それを思うと、胆力は世界一流レベルといえる。
Suica割 |  2018.07.01(日) 12:15 | URL |  【編集】

Re: 日本ポーランド戦の個人的雑観

> 会場とか有料の中継見ていた人がブーイングするのはわかる。
> 金払って、わざわざ見ているのに、あれは無いということがわかるだけに否定出来ない。
> あの場所にいたら、金払っていたのに、あんなの見せられたから、1割金返せと言っていたと思う。
> フェアプレーポイントについては大賛成である。
> 危険なプレーをする理由づけが減り、紳士の競技というサッカーの目指すところに合致するからだ。
> むしろ、入れようとしたのが遅いとさえ思っている。


先発メンバーが事前に漏れ、想うような試合運びとならなかった木がします。
そのうえでの苦渋の決断だったのでは?
管理人 |  2018.07.01(日) 15:53 | URL |  【編集】

Re: 続きです。

> 西野監督の采配については、薄氷のリカバリーというものだと感じている。
> 岡崎一人抜けてからボロボロになるようなメンバーチェンジは失敗であったと思う。
> せめて、半数の三人くらいでいくか、六人変えるなら、脆弱性を押さえる人選をすべきだったと考える。
> 今回のような点は絶対にやらないが、結果は他の試合任せが良いのか、あくまで、自力で決めることも放棄しない(防御最重視は忘れない)が良かったのかはわからないが、日本の決勝トーナメント進出という勝利のために西野監督は知恵を絞り、あのやり方を実行したということは理解するし、結果を残したという点では否定しない。
> 胆力という面では尊敬すらする。

暑い場所での選手の疲労、想像以上のレベルだったのではないかと。
管理人 |  2018.07.01(日) 15:54 | URL |  【編集】

Re: 最後です。

> セネガルは負けても、一点差ならば、点さえ入れれば総得点で勝てる状況かつ、セネガルが点を入れて引き分けにするかもしれない可能性があるなかであの采配は私には取れない。(2対1で負けても、総得点で一点上回るために、日本は敗退する。2点差以上でセネガルが負ければ、得失点差で日本が勝利する。引き分ければ、コロンビアに得失点差で負ける。)
> 消極的にやって目論見通りに終わっても、他試合の結果により、失敗したら、積極策で負けるよりも叩かれる。
> それを思うと、胆力は世界一流レベルといえる。


Suica割さんに、書きたいことを先に書かれてしまったようです。
本稿では、西野監督の胆力について述べる構想で進んでおりましたが、サッカー協会という人事集団の問題点を問題提起とすべく、西野監督がサッカー人生を賭けてパス廻し指示したことについてはふれないことにしました。
管理人 |  2018.07.01(日) 15:57 | URL |  【編集】

いや、むしろ触れて頂きたい

同じ結論でも、そういう結論になった過程が違うこともあるし、自分が見落とした点があるかもしれないので、胆力の点についても触れてもらいたいと思います。
Suica割 |  2018.07.01(日) 18:54 | URL |  【編集】

Re: いや、むしろ触れて頂きたい

> 同じ結論でも、そういう結論になった過程が違うこともあるし、自分が見落とした点があるかもしれないので、胆力の点についても触れてもらいたいと思います。

一言で言うと胆力ということになるでしょう。
リクエストがありましたので、西野監督の決断の背景事情について、次稿で分析いたします。
管理人 |  2018.07.02(月) 02:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/1034-fd24b557

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |