2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018.06.25 (Mon)

書店に行かない・新聞読まない・テレビニュース見ない  マトモな人の選択

麻生副総理が、新聞読まない若者層について言及したので、応援の意味で出稿することとした。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180624-OYT1T50071.html?from=ytop_main3

麻生氏「新聞読まない人は自民支持」…不満示す

2018年06月24日 18時15分

 麻生副総理兼財務相は24日、新潟県新発田市で講演し、「はっきりしていることは10代、20代、30代前半、一番新聞を読まない世代だ。新聞読まない人たちは全部、自民党(支持)だ。新聞取るのに協力しない方がいいよ」と述べた。
  
 最近の選挙では若年層の自民党支持率が高い傾向にあるとして、安倍内閣に批判的な新聞への不満を示したものだ。
 
2018年06月24日 18時15分

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

読売新聞としては不満だろう。
私は読売読者だが、読売の論説主幹向けに、なぜ麻生副総理の発言を支持するのか、書店、新聞、テレビニュースに係わらない理由について、以下に説明する。

■書店に行かない理由

最近の若者は、書店に行かないようだ。

私も確認しているが、ジュンク堂の平積み本は、左翼本だらけである。

―― 参考情報 ――――――――――

ジュンク堂がSEALDsと一緒に反政府活動する本屋だったとは・・・
https://ameblo.jp/calorstars/entry-12087307884.html

#ジュンク堂不買
https://twitter.com/search?q=%23%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%82%AF%E5%A0%82%E4%B8%8D%E8%B2%B7

―――――――――――――――――

紀伊国屋ではそんなことはない。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/53706575.html

6:名無しさん@涙目です。 2018/06/24(日) 09:51:47.27 ID:EZo6hLHi0.net
いや普通の本屋も同じらしいよ
全体的に本は読まなくなったんじゃないだろうか?

477:名無しさん@涙目です。 2018/06/24(日) 15:11:30.09 ID:72+cXI7k0.net
>>6
スマホに依存してるからな

31:名無しさん@涙目です。 2018/06/24(日) 09:58:57.08 ID:jxuRv/dc0.net
>>6
本の値段が無駄に高いし糞本多いし携帯代にお金かかるし。でも一番の原因はワクワクする本が無くなったことだな。昔の大型書店に置いてあるスピリチュアル本は怪しい本から真面目な本まで幅が広くて面白かった。今はカルト宗教絡みの本ばかりでつまらん。

179:名無しさん@涙目です。 2018/06/24(日) 11:15:46.91 ID:dmnSrMdF0.net
>>6
郊外の本屋がどんどん無くなっていく
街中まで行くのめんどい

7:名無しさん@涙目です。 2018/06/24(日) 09:52:10.15 ID:6/vbtZ3g0.net
KINDLE派に転向した奴も多い

13:名無しさん@涙目です。 2018/06/24(日) 09:53:50.05 ID:tuOUlEgq0.net
基本的にkindleでしか本は買わない。
「よつばと!」は電子書籍化しないから紙の本買ってるけど。

12:名無しさん@涙目です。 2018/06/24(日) 09:53:43.25 ID:0H9CGELQ0.net
大量に抱えたお宝(ガラクタ)はどこへやるん? 焼却炉?

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

書店がはやらない理由はいろいろあるだろう。スマホ普及の影響もあるだろうが、反日本を殊更平積みする(反日)書店に、誰が好き好んで行くものか!
従って、本の購入は、紀伊国屋やアマゾンで済ませている。昔のように書店巡りなどする気はない。

■新聞を読まない理由

若者たちは新聞を読まなくなったそうだが、いろいろ理由があるだろう。
私は麻生内閣時代の、各紙の報道実態が根本原因であるように思う。
麻生内閣時代、新聞はほぼ全紙と言っていいくらい、麻生首相の失言でないものまで失言だと報道、漢字の読み間違い含めて、面白おかしく報道した。
首相を貶めて、得意になっているのが新聞だった。首相を貶める記事を書いて満足している論説主幹が馬鹿に見えた。馬鹿の書いた記事を読む気になるだろうか?
新聞記者たちは、若者に人気があった麻生首相を徹底的に馬鹿にし、貶める記事をほぼ全紙が報道した。若者たちが、そういう現象を知り、新聞離れが始まったと分析するのである。
新聞についての、私の評価はこうだ。

・論説記事、大部分が左翼的。(産経と一部地方紙を除くほとんどの新聞)
・読者投稿が新聞社の編集方針に沿うものだらけ。(特に、朝日)
・週刊誌や本の広告欄の方が政治的に中立でマトモ。

新聞を読まない若者よりも、新聞社の記事に根本的な問題があるという認識なのだ。新聞記事でじっくり読むのは、週刊誌広告と新刊書の広告なのである。

■テレビニュースを見ない理由

最も劣化したのがテレビニュースである。放送法違反について、国会で取り上げないから、テレビ局の放送法違反報道がどんどん増えている感じである。

・ニュースの素材・加工、総てが作為的。切り貼り報道が氾濫し、真実が隠蔽されている。
・出演者の大半が、3流レベル、ゲテモノ、馬鹿の類
・アナウンサー、プロデユーサー等、見るからに、日本人でない人たちが番組に係わっている

お馬鹿の話など、聞くだけ時間の無駄。パチンコCMが激増し、日本の男を貶める、ソフトバンクCMなど見る気もしない。
保守層の中で、ソフトバンク携帯、LINEなどを利用している人、本当に保守なのか?と言いたいくらいである。

■まとめ

マスコミ報道は、麻生内閣以降、偏向がひどくなった印象がある。
麻生内閣以前はまだ抑制されていた。麻生内閣時代、麻生首相を貶めるだけ貶め、ルーピーが代表を務める民主党が選挙で大勝し、ルーピーが首相になった。マスコミはルーピーを首相にするために、麻生首相を貶めるだけ貶めたのだ。
森友国会以降、マスコミの政治報道は、再びおかしな状態に戻ってきた感じである。
国家の首相を貶めて、得意になっているのがマスコミであることがわかったので、私は、マスコミを馬鹿にすることに躊躇しない。私は、マスコミ業界人は、総じて、人間の●であると思っている。
論説記事を書き綴っている、その辺にいる論説主幹たちは自分たちが過去にやってきたこと、マスコミ業界に多く発生する不祥事を振り返るべきだろう。

以上

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

08:21  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

Comment

戦後日本の諸悪の根源は

戦後日本の諸悪の根源は、白人支配層の日本弱体化計画と それに便乗した在日朝鮮人が支配する反日勢力です。李明博が「日本乗っ取り完了宣言」を宣告した当時は 既に政官財および教育・報道・宗教そして暴力団に至るまで 反日の朝鮮人が日本のあらゆる組織を乗っ取ってしまった。今は 日本社会のあらゆる分野で 朝鮮人が日本全体の劣化を主導し、日本人を奴隷化しようとして 合法にも違法にも 最大限に工作活動している。
日本を守りたい |  2018.06.25(月) 13:14 | URL |  【編集】

戦後日本の諸悪の根源は

日本人の貧困化・少子化を推進する財務省、朝鮮人の帰化を最大限にして日本人を少数派に至らしめる法務省、反日メディアを擁護する総務省、反日教育を推進する文科省、シナ人に日本国土を円滑に買収させるためのマニュアルまで作成している国交省など、例を挙げれば切りも無い。あとは シナ大陸・朝鮮半島から移民を大量に招き入れれば、軍事衝突も必要とせずに 日本列島は 日本人から奪われ、数十年後には、日本列島の支配者としてシナ人と朝鮮人の一パーセントの富裕層が君臨し、残りの九割はシナ人・朝鮮人の労働者イコール経済奴隷、九パーセントの日本人奴隷 という人口構成に成るだろう。富裕な日本人は 日本列島に見切りをつけて海外に居住し、百年後には日本民族は滅亡。
 日本人は 日本を取り戻すためには、既に背水の陣の戦い。あと十年のうちに 存亡を懸けた戦いに敗れれば、私の予想通りに 日本人は滅亡させられる。共に戦おう。
日本を守りたい |  2018.06.25(月) 13:15 | URL |  【編集】

Re: 戦後日本の諸悪の根源は

> 戦後日本の諸悪の根源は、白人支配層の日本弱体化計画と それに便乗した在日朝鮮人が支配する反日勢力です。李明博が「日本乗っ取り完了宣言」を宣告した当時は 既に政官財および教育・報道・宗教そして暴力団に至るまで 反日の朝鮮人が日本のあらゆる組織を乗っ取ってしまった。今は 日本社会のあらゆる分野で 朝鮮人が日本全体の劣化を主導し、日本人を奴隷化しようとして 合法にも違法にも 最大限に工作活動している。

ならば、スパイ防止法等の請願活動を始めなくてはなりません。
拙ブログは、その最初の段階として北朝鮮に限定した、「北朝鮮スパイ工作防止法」法制化を提言しております。
管理人 |  2018.06.25(月) 13:54 | URL |  【編集】

Re: 戦後日本の諸悪の根源は

> 日本人の貧困化・少子化を推進する財務省、朝鮮人の帰化を最大限にして日本人を少数派に至らしめる法務省、反日メディアを擁護する総務省、反日教育を推進する文科省、シナ人に日本国土を円滑に買収させるためのマニュアルまで作成している国交省など、例を挙げれば切りも無い。あとは シナ大陸・朝鮮半島から移民を大量に招き入れれば、軍事衝突も必要とせずに 日本列島は 日本人から奪われ、数十年後には、日本列島の支配者としてシナ人と朝鮮人の一パーセントの富裕層が君臨し、残りの九割はシナ人・朝鮮人の労働者イコール経済奴隷、九パーセントの日本人奴隷 という人口構成に成るだろう。富裕な日本人は 日本列島に見切りをつけて海外に居住し、百年後には日本民族は滅亡。
>  日本人は 日本を取り戻すためには、既に背水の陣の戦い。あと十年のうちに 存亡を懸けた戦いに敗れれば、私の予想通りに 日本人は滅亡させられる。共に戦おう。


おそらくですが、ご指摘のとおりであろうと推測します。
しかし、戦いに勝利するには、精緻な言論活動を必要とします。
目標、シナリオ、手順、活動計画、、、とこれらを繋ぐ各論がなければ、戦いになりません。
言論人たちの主張は、多くの場合、総論の次元にとどまり、実現を前提とする各論のレベルに達していないと認識しております。
保守派は、これまでのようなアバウトな活動では話になりません。
管理人 |  2018.06.25(月) 13:58 | URL |  【編集】

御返答を ありがとうございます。

ヘイトスピーチ法案を作成して 日本人の表現・言論の自由を封殺したのは 法務省の人権擁護局。その局長は 帰化人。反日の朝鮮人が 容易に日本国籍を得て、日本人を弾圧する法律を制定して、朝鮮人が日本人を滅ぼすための法秩序を形成しています。朝鮮人の悪事が 正当化され、国家権力が 朝鮮人の利益の最大化のための体制と成ってしまっているのが 今の日本。全ての公務員・公職から帰化人・朝鮮人を排除せねばなりません。日本政府を 日本の国家権力を 日本人の手に取り戻さねばなりません。それが出来ないなら、日本人は、奴隷化され、滅亡させられます。
日本を守りたい |  2018.06.27(水) 03:15 | URL |  【編集】

合法の戦いでは もはや手遅れ。

朝鮮総連も韓国民団も 日本人にとっては 百害あって一利も無い犯罪組織。奴らの犯罪を容認し、ノービザで韓国人を入国させたり、日韓議員連盟の会合では 「在日に参政権を与えろ」と命令されて「実現させるために努力する」と応じる 日本の議員たち。今や国籍条項の廃止で 地方公務員は朝鮮人だらけ。既に日本政府は 日本の国家権力は 日本人のための機関ではなく、朝鮮人のための機関である。この現状は絶望的であり、私自身は合法の戦いしか出来ないが、客観的に合理的に考察すれば、合法の戦いだけでは、日本人が日本を取り戻す事は不可能だろう。ブログ主様の御意見は 如何でしょうか。
日本を守りたい |  2018.06.27(水) 03:34 | URL |  【編集】

Re: 合法の戦いでは もはや手遅れ。

> 朝鮮総連も韓国民団も 日本人にとっては 百害あって一利も無い犯罪組織。奴らの犯罪を容認し、ノービザで韓国人を入国させたり、日韓議員連盟の会合では 「在日に参政権を与えろ」と命令されて「実現させるために努力する」と応じる 日本の議員たち。今や国籍条項の廃止で 地方公務員は朝鮮人だらけ。既に日本政府は 日本の国家権力は 日本人のための機関ではなく、朝鮮人のための機関である。この現状は絶望的であり、私自身は合法の戦いしか出来ないが、客観的に合理的に考察すれば、合法の戦いだけでは、日本人が日本を取り戻す事は不可能だろう。ブログ主様の御意見は 如何でしょうか。

かなり、悲観的な見方をすればそうなります。
ヘイト法へのご関心が強いようですね。
官邸、行政機関、政党に対し、陳情活動する予定がない団体が、ヘイト法に係われば係わるほど、状況が悪化するように思います。政権批判する勢力が、敢えて不利な場所、不利な地区で、ヘイト法問題で騒いで、確実に勝てるのかという意味です。
拙ブログは、官邸、行政機関、政治家向けに陳情活動を想定した原稿を日々出稿しております。
「合法の戦いだけでは、日本人が日本を取り戻す事は不可能」という見解とはスタンスが異なります。あくまで、陳情行為を想定します。
従って、ヘイト法については、粘り強く陳情活動すべきとの見解となります。陳情活動を予定するなら、安易に政権批判すべきではないということです。自民党批判も抑制されるべきです。


管理人 |  2018.06.27(水) 11:41 | URL |  【編集】

Re: 御返答を ありがとうございます。

> ヘイトスピーチ法案を作成して 日本人の表現・言論の自由を封殺したのは 法務省の人権擁護局。その局長は 帰化人。反日の朝鮮人が 容易に日本国籍を得て、日本人を弾圧する法律を制定して、朝鮮人が日本人を滅ぼすための法秩序を形成しています。朝鮮人の悪事が 正当化され、国家権力が 朝鮮人の利益の最大化のための体制と成ってしまっているのが 今の日本。全ての公務員・公職から帰化人・朝鮮人を排除せねばなりません。日本政府を 日本の国家権力を 日本人の手に取り戻さねばなりません。それが出来ないなら、日本人は、奴隷化され、滅亡させられます。


書かれていることについて、事実かどうかは客観的情報からは確認できませんが、状況的にはそうであろうと認識はします。
ただし、客観的情報から確認できないものを事実だと周知するつもりはありません。
管理人 |  2018.06.27(水) 11:43 | URL |  【編集】

良書を探すのは難しい

所謂「良書」というのを探すのは非常に難しいですね。

小生、和洋、高尚物、通俗物問わず、様々な本を読んできましたが、やはり最終的にたどり着いたのは、古典的な名著や辞典、学校の国語の授業などで取り上げられる「名作」などを読む事、という結論に至りますね。

それ以外では、ある程度、教養人の間で評価を得ている人物が書いている本か、著名人(古典的学術本、および、学会や論壇、文壇、文芸批評界などの重鎮など)が書いている本などですかね。それらを探すのは、意外と大変で、やはりある程度「知識層」と接点がある人が近くにいないと、分からないような気がします。

意外にも、書店で売られているどこの誰だか分からないような本や、流行ものの本などが素晴らしいとは限りません。世の中には、怪しげな本や、実際には無価値に近いような本が宣伝される事の方が多いように思います。

流行しているからといって、あまりよく考えずに、無価値で怪しげな本を購入するのだけは避けたほうがいいように思います。
西 |  2018.06.29(金) 01:47 | URL |  【編集】

Re: 良書を探すのは難しい

> 所謂「良書」というのを探すのは非常に難しいですね。
>
> 小生、和洋、高尚物、通俗物問わず、様々な本を読んできましたが、やはり最終的にたどり着いたのは、古典的な名著や辞典、学校の国語の授業などで取り上げられる「名作」などを読む事、という結論に至りますね。
>
> それ以外では、ある程度、教養人の間で評価を得ている人物が書いている本か、著名人(古典的学術本、および、学会や論壇、文壇、文芸批評界などの重鎮など)が書いている本などですかね。それらを探すのは、意外と大変で、やはりある程度「知識層」と接点がある人が近くにいないと、分からないような気がします。
>
> 意外にも、書店で売られているどこの誰だか分からないような本や、流行ものの本などが素晴らしいとは限りません。世の中には、怪しげな本や、実際には無価値に近いような本が宣伝される事の方が多いように思います。
>
> 流行しているからといって、あまりよく考えずに、無価値で怪しげな本を購入するのだけは避けたほうがいいように思います。


読書案内本のことについてコメントされていると思います。
渡部昇一、谷沢永一など蔵書量の多い言論人が書いた本の中に、読書案内があるので、それを読めば、ハズレはないのかと。
管理人 |  2018.06.29(金) 12:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/1028-1d05e54f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |