FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.06.24 (Sun)

米朝首脳会談  トランプ・金正恩の密約の可能性

米朝首脳会談後の北朝鮮問題、保守系言論人たちの分析は、総じて悲観的である。
制裁強化の話がしぼみ、非核化について中途半端な結果に終わるだろうという予想が支配的である。
米韓軍事演習中止は、北朝鮮を利するとの見解である。



ただ、これらの指摘は、北朝鮮が中露陣営に留まる前提での分析である。



専門性を発揮し、いい線言っていると言いたいものもあるが、前提条件の設定が十分ではない気がする。

私は、トランプと金正恩の密約の可能性を疑っているため、シナリオ的視点から点検を行ってみた。

まず、公開され、誰もが知り得る、重要事項を並べてみる。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


・米朝開戦するのか?

・北朝鮮に対し更なる圧力をかけるのか?

・北朝鮮を寝返らせ、中共包囲網とするのか?

・朝鮮半島統一(平和的手段、武力)

・在韓米軍を引き揚げ(非核化と交換条件で引き揚げ、非核化なしに引き揚げ)

・非核化(平和的手段、武力)

・拉致問題解決(平和的手段、武力)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



このうち、米朝首脳会談によって、最初の二項目について、当面の動きがどうなるのか、確定した。

米朝開戦は遠のき、北朝鮮に対する更なる圧力は中断したということだ。


北朝鮮を中露陣営とみなした前提条件での、以下の指摘は至極尤もだ。

―― 参考情報 ――――――――――

【激変する安全保障】米朝会談で消えた「最大限の圧力」 中朝ロの思うつぼ、火消しにやっきの日米
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180621/soc1806210003-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop

―――――――――――――――――



しかし、見落とされているシナリオがあるような気がする。



どういうことかというと、現段階で、北朝鮮問題について、ひょっとすると以下の三つの事項について密約が存在するのではないか。
簡単なシナリオを書き出しておく。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■北朝鮮を寝返らせ、中共包囲網とする?
米朝首脳会談の演出から、トランプが北朝鮮を寝返らせるシナリオで動いた可能性?

■朝鮮半島統一(平和的手段、武力)
北朝鮮を寝返らせることにアメリカが成功した場合、アメリカは北朝鮮に韓国を支配させることを唆す?(アメリカ大使がイラクのフセイン首相に唆した事例がある)

■在韓米軍を引き揚げ(非核化と交換条件で引き揚げるケース、非核化なしに引き揚げるケース)
北朝鮮を寝返らせ、非核化に成功すれば、アメリカは在韓米軍引き揚げが可能となる?



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これらは、北朝鮮が寝返った場合に予想されるシナリオである。
北朝鮮が寝返り、アメリカが北朝鮮に韓国支配を唆し、在韓米軍を引き揚げた場合、北朝鮮はどういう手段で朝鮮半島統一を目指すのであろうか?



ひょっとすると、北朝鮮寝返りを促すべく、トランプと金正恩は密約したのではないか……………



非核化、拉致問題解決の後に、経済協力の可能性があるのではなく、、、寝返りすれば、、、それなら、トランプが主張したように、対北朝鮮への経済協力の可能性は出てくる。



密約が存在している場合、非核化はどうなるのか?
建前では、トランプは非核化に成功したと宣言するだろう。が、中共包囲網形成のために、北朝鮮の核を容認する可能性がないとは言えまい。

この場合、拉致問題はどうなるのか?

ここが悩ましいところとなるが、在日生活保護者の1年分の生活保護予算とセットで在日を帰還させ、拉致被害者と交換するというシナリオがあるかもしれない。

北朝鮮がアメリカに寝返った場合、トランプは、北朝鮮は準同盟国なので、拉致問題はカネで解決しろと言うだろうという意味である。

なお、本稿は、シナリオ的に見落とされている可能性があることについて、言及したものである。そうなるのがベストとは思わないが、「外交にあまり関心を示さない、トランプにとって在韓米軍コスト削減が選挙対策的に優先順位が高そうである」関係で、同様に、「外交コストについてもカネをかけずに、北朝鮮を寝返らせるシナリオを必要としている」ケースも、想定されるべきと考えるのである。


以上
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題 - ジャンル : 政治・経済

05:14  |  友好国  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/tb.php/1027-fa1d9473

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |