2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.11.14 (Tue)

審議拒否野党を審議拒否期間中監視し、国民からの質問に答えさせるべきだ

立憲民主党が早くも審議拒否姿勢を示したので、対抗措置として提言することとした。

―― 参考情報 ――――――――――

枝野代表「質問時間削減はご都合主義」と自民を批判
http://hosyusokuhou.jp/archives/48805357.html

衆院質問時間「5対5」の自民案を立憲民主党が拒否 「『与党2、野党8』にならなければ、審議入りできなくてもやむを得ない」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48805314.html

―――――――――――――――――

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査では、衆院の質問時間が「与党2割、野党8割」と野党に手厚く配分されている慣習について、「議席数に応じて厳密に配分するのがよい」「野党に手厚く配分するが、より議席数に応じた配分に近づけるのがよい」との回答が合計で53.1%で「今のままでよい」42.8%を上回った。

―― 参考情報 ――――――――――

立憲民主党支持層ですら6割が「建設的でない質問が多い」 質問時間配分見直し論が上回った背景に国会論戦への不満
http://www.sankei.com/politics/news/171113/plt1711130028-n1.html

―――――――――――――――――

世論は、質問時間は議席数比例配分方式を支持している。



そこで、拙ブログは立憲民主党に対する、陳情要請文を用意した。

以下は、陳情要請文(サンプル)

―――――――――――――――――

国会質問時間見直し対し、審議拒否方針を表明した野党に対する要望


野党各党党首殿

ここ数年、重要法案(閣法)に対する野党による審議拒否が目立っております。
北朝鮮ミサイル発射問題が広く認識、共有化されている中で、森友・加計事案ばかり国会で集中的に審議しようとする、野党各党の国会審議姿勢に疑問を持っており、野党議員の質問時間削減、処分、給与引き下げ等は避けられないと考えております。

拙ブログは、以下の内容で提言済みであります。


・野党追及手段拡充  質問主意書制度の変更を提言する
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-163.html

・たるんでいる民進党 国会法等改正すべきだ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-283.html

・解散の大義  いい加減な野党発言を許していいのか?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-683.html

・党籍ロンダリング候補対策  政党交付金削減すべきだ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-684.html



つきましては、審議拒否期間中の野党国会議員におかれましては、さぼっていないことを証明するためにも、「審議拒否期間中の『国民からの文書での質問』に対し、各党首決裁で「質問主意書」制度に準じて、真摯に回答する(道義的)責任と義務があると考えます。
ここで言う、道義的責任と義務とは、これまで、野党各党がさんざん政権与党批判してきた口実であることを私は知っております。

今後も審議拒否を繰り返され、さぼれるだけさぼって国会議員としての給与、政党交付金を満額受領される、野党議員の(たるんだ)姿勢は正されなくてはなりません。

宜しくご配慮の程、お願いいたします。

―――――――――――――――――

もちろん、審議拒否期間中、立憲民主党の議員について議員の動静を監視し、昼間に酒を飲んだり、ゴルフしたりしていれば追及することになるだろう。



立憲民主党の議員に申しあげたい。あなた方は、審議拒否しようがしまいが自由だ。が、国民は監視し追及する時代となったのだ。むしろ、国会審議の間、こっそり居眠りしていた方が楽ではないのか??

さて、この種の話、野党各党は支持者とそうでない人を区別して回答する習性がある。
そこで、支持者でない国民からの回答に対して、真摯に対応する義務があることを強調する必要があることを指摘し、本稿を終える。

以上


追記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本原稿の趣旨に賛同いただける方、枝野議員にご自身の意見を提出されてみてはいかがでしょうか?

立憲民主党選挙対策事務所を開設しました。

電 話 : 03-6811-2301
FAX : 03-6811-2302
E-mail : goiken@cdp-japan.net


テーマ : 立憲民主党 - ジャンル : 政治・経済

18:21  |  反日政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |