2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.10.09 (Mon)

日本人学者ノーベル賞受賞の背景にあるもの

ノーベル賞受賞、理学・工学系ないし文学の受賞者が出ることが例年予想、ないし期待されてきた。

しかし、私は、日本人学者のノーベル賞受賞は、一部の真面目な研究者がいて受賞できただけであって、学界全般の奮起、少数精鋭化を目指さなければ、将来の日本人受賞者は激減すると予想する。


既に、河野太郎議員は、一握りの研究者しか論文発表しない現状について、学界研究者に問題提起している。

―― 参考情報 ――――――――――

もう一度研究者の皆様へ
https://www.taro.org/2017/01/%E3%82%82%E3%81%86%E4%B8%80%E5%BA%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8.php

―――――――――――――――――

論文引用数ランキングでみた場合、日本の大学が、世界の下位レベルにあることは衝撃的である。

―― 参考情報 ――――――――――

THE世界大学ランキング-国内トップ校、論文引用数の世界での位置は?
http://between.shinken-ad.co.jp/univ/2017/10/the-wur2018-2.html

―――――――――――――――――


日本の大学の世界ランキングは、下位。アジアでは中国に抜かれているそうだ。この現象は何を意味するか?

それは、世界的に見て、日本大学が極めて生産性が低い職場であることを意味する。論文を書かなくても大学教官として給与が無条件で貰え、権威?を振り回せる特権を大学の教官たちが持っていることに起因するような気がする。

たとえば、慰安婦問題に係わる裁判闘争を支援する学者たちは、職務上期待されているはずの、論文を書いてきたのであろうか?

―― 参考情報 ――――――――――

吉見義明教授の裁判闘争を支持し、「慰安婦」問題の根本的解決を求める研究者の声明の呼びかけ人のリスト
http://negajap.seesaa.net/article/432990894.html?seesaa_related=category

―――――――――――――――――

我々は大学教官全員に対し、論文を書かない、書けない者はリストラすると宣言すべき時ではないのか?

そういう前提に立って、ノーベル賞受賞、選考に当たって、我々が押さえておくべき情報として、西さんのコメントを紹介させていただく。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-668.html#comment749

いわくつきの「ノーベル賞」と「文学賞」、「平和賞」

ノーベル賞は、自然科学分野においては権威が有るようですが、それ以外の分野では、評価の方がよく分からない所が多いですね。

確かに、過去のノーベル文学賞受賞者には、世界的な作家なども存在しますが、世界的に評価されたのかどうかよく分からない人物でも受賞されていますから、謎が多いですね。

そもそも、「ノーベル賞」自体、創設者の「アルフレッド・ノーベル」が、自然科学において重要な「数学」を除外していますし(ある人物との軋轢が原因だとか)、正確には広義の物理学に含めるのかもしれませんが、「地球惑星科学」を対象にしていない所から見ても、「何だかなあ」と思うところも無いわけではありませんね(日本人ならば、「気象学」では、「藤田スケール」で有名な藤田哲也博士などがいますね)。

厳密には生物学(動植物学等)も含んでいませんね(医学生理学、分子細胞学などの理論生物学とは別です)。

また、以前から、自然科学分野の受賞者についても、「何故、あの人が受賞しなかったのか分からない」というレベルの話も多いですから(北里柴三郎、山極勝三郎、寺田寅彦、鈴木梅太郎(翻訳ミスが原因だとか)、仁科芳雄(理研時代の湯川秀樹と朝永振一郎の師)、坂田昌一等)、ノーベル賞の選定委員に変な「志向」があるような気がしてなりません。

文学賞に至っては、「川端康成」が選ばれましたが、川端自身は、「三島君(三島由紀夫)が受賞するに相応しかったのに、何故自分が」と、嘆いていたようで、確かに、川端康成は一流である事は間違いありませんが、それ以上に相応しい人物がいる中で、その人が受賞せずに、自分が受賞した理由が分からなかったのだろうと思います(選定委員が、三島由紀夫を政治作家だと勘違いしたという噂もありますが(政治家が登場人物にいますが、主題は「政治」がテーマではないにも拘らず)、選定員自体が、何故、そんな凡ミスをするのか分からないですね。選定委員自体がプロではない可能性が高いと思います)。

大江健三郎の場合は言わずもがなです。それ以前に、彼は国外における評価もよく分からないですし、国内でも何故か評価されていますが、氏の作品自体、知らないか、読んだことがあるという人もあまり聞きません(川端康成とは対照的に、国語の教科書などでも取り上げられることもありません)。

安倍公房の方が受賞するに相応しかったのでは、と思うほどです。

また、文芸評論家の小林秀雄は、大江健三郎の作品を「文学ではない」と評していますね(氏の作品は、日本語の意味が難解で分かりづらいですし、氏の世界観は、精神が歪んでいるとしか思えないような内容であり、変なインテリ趣味(無教養な一般人を蔑視する趣味)で脚色を付けたような感じで、何故評されているのか分かりません)。

そこまで文学界(芸能)や、「日本社会」、「日本文化」に影響を与えたとは思えない人物でも受賞しているというのは、やはり変ではないかと思いますね。

日本の文学界などは、他にもよく分からない人物が、芥川賞や直木賞などを受賞している(文学的ではない、各界の知名度も文化的影響力もあまり無い等)所がありますから、今一つ信用できない所がありますね。

「ノーベル平和賞」の場合は、「名誉賞」に近い所があり、どうしても政治的な理由が絡んでくるところがあります(佐藤栄作首相が、非核三原則で受賞していますが、原則を作っただけですし、しかも、戦略核兵器自体、所持していない我が国が受賞するのは、政治的な理由が大きいと思いますし、やはり怪しいですね)から、やはり注意が必要でしょうね(9条信者達は、この賞を狙っているようですが、愚か極まりないと思いますね)。

故に、ノーベル賞の中でも、文学賞と平和賞は、特に「不自然な点」が多すぎますね(それ以外の賞も同様ですが)。

納得できるものあるにはありますが、選定委員の素性、見る目、受賞者の素性、知名度等を見ても、「おかしい」と言わざるを得ないような者が受賞しているケースが多いようです。

西 |  2017.10.07(土) 01:45 | URL


||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


さて、数年前にノーベル賞を受賞した、学者の助手あるいは助教授時代のことを、当時学生だった私は今も覚えている。
その講座は、学内でダントツで不人気、まともに研究する学生すら集まらない、そんな講座だった。しかし、教官、助手、皆さん、非常に覚悟を決められて研究をされている、そんな印象があった。
私は、学内のスポーツ交流の場を通じて、その講座の教官チームだけが持つ、異様な真剣さ、異様に厳しい眼差しに気づいていた。
それゆえ、受賞者の大学名、学部、学科を聞いた瞬間に、その人だ!と直ぐにわかったのであった。

よって、ノーベル賞受賞が期待される学者には、他の一般の学者たちがあまりに怠惰、無気力、私的政治活動三昧であるのと比較すると、一見してそうだとわかるオーラをまとっている、そんな気がする。

似たような現象は、一般企業においても起きていることである。オーラがある人ない人の違いはあるはずだ。

それと比較して、大学文科系教官たち、特に教官室で私的政治活動、政治闘争ゴッコに傾注する教官たちすべてをリストラしたい気持ちに駆られている。

テレビ出演頻度が高い、山口某、金子某あたりの最近の話を聞くと、あまりに言っていることが低次元、馬鹿な話が多いので、その大学の補助金支給対象外にして欲しいと言いたいくらいである。

そういうことなので、私は、国立大学全体の、生産性の飛躍的向上を目的とした、大学や文系学部の統廃合を徹底的に進めるべきとのスタンスである。

ポイントは3つある。

①都道府県に複数あるすべての国立大学を都道府県単位で一つに統合
②国立大学文系学部は、その地域の旧国立一期校に集約
③一ヶ月単位で教官個人の業績を管理する体制を導入、学内の実績を月報で情報公開させる

自民党の公約に、経済再生の最初の項目として「生産性革命」が掲げられているが、これを生産性が低い、国立大学に適用いただきたいところである。


これに対し
論文を書かなく済むことも学問の自由であるとか
論文を書かない学者たちに論文を書くことを強制しないことが大学の自治であるなどと彼らは屁理屈を言うかもしれない。
が、それなら、勤務時間中の教官の私的政治活動を根絶すべきだ。

本稿で示した施策は、私見に過ぎないが、近い将来、国策として、大学の生産性向上の一方策として採用されんことを期待し、本稿を終える。

以上

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

17:45  |  政府機関  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2017.10.09 (Mon)

安倍政権と希望の党が連立与党になった場合、移民受入れが急増する?

現在の時点での各社世論調査結果から、政党支持率は、①自民党、②希望の党で動かない状況となっている。

希望の党は、民進党出身議員が多数派である問題は内包しつつも、保守派にとっては悲願である、憲法改正については、安倍政権よりも右寄りのポジションをとろうとしている。

一方、安倍政権は、移民受入れ推進の政策を堅持している。この政策、業界団体等から個別に打診されて、個別に間口を開けている、全面的開放という訳ではないのだが、保守派の一部は、この政策を含めて移民受入れ反対論を唱えている。
そして、自民党には、移民受入れ拡大の議連が存在した。議連会長は小池百合子である。

―― 参考情報 ――――――――――

小池百合子「移民を受け入れよう!外国人も日本人もウィンウィンの関係になる」 [無断転載禁止]©2ch.net
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/giin/1469891737/l50

―――――――――――――――――

希望の党の公約(読売が10月7日の朝刊で配信したもの)には、「中小企業の人手不足を解消するため、国と職種を限定して外国人労働者の受入れを拡大」とある。
この国と職種というキーワードが曲者なのである。民進党が多数を占める希望の党なので、中韓は除くことにはならないだろうと、私は推測するのである。

もちろん、私は、現状以上の移民受入れ反対派である。中小企業に希望を与える目的での移民受入れにも反対である。
私が知る、ある中小企業は、現時点において、従業員120人くらいなのだが、100人が中国人みたいな感じなのである。
これが中小企業に希望を与える政策なのか?
中小企業で、日本人20人が500人もの中国人や韓国人を雇用することが、日本に希望をもたらす政策と言えるのか?ということなのである。

移民受入れ拡大に対する反論は、ともすれば感情論的なものが多い。感情的なものであればあるほど、政権は、言葉足らずの意見だと評価、この種の意見を無視する。

本稿お読みの皆様、なぜ繰り返し、陳情・要請行為の必要性を訴え続けているのか?

一時期、官邸メール作戦が流行した、ようだ。これについて、官邸筋に知人がいるブロガーは、「同一文面のものが多く、ゴミ箱行きの意見が多いとの情報」を発信した。呼びかけられた事案、一つでも実現したのであろうか?ということなる。

しかし、時と場合によっては、そうしなくてはならない。私もやった。最初にやったのは、小泉政権時代である。

自分の言葉で、ロジック的に明快な論理で、一言聞けば納得する話として、陳情はなされなくてはならない。
要するに、骨太でないと、話にならないのである。

さて、「渡部昇一の移民受入れ反対論、日本人への遺言」(渡部昇一、日下公人にて、渡部昇一は、その辺の検討の際に、必要な普遍的なロジックを示している。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

214~215頁

渡部

まず「移民反対」の概略だけ申し上げておきますとー大量に移民を受け入れるとなれば文化摩擦や治安が悪化するなど、多くの懸念が生じます。いまのところ外国人労働者の受け入れは高度な技術をもつ人材に限られておりますが、毎年二十万人もの外国人移民を受け入れるということになったら……単純労働者がドッと押し寄せてくることになるでしょう。それは国策の大転換を意味します。

とりわけ心配なのは隣国・中国からの移民の大量流入です。中国はべらぼうに人口が多く、しかも「自分の国は悪い国だから一日もいたくない」と思っている民衆が何億人の規模でいます。そんな恐ろしい国がいつ隣にあるというのに、移民に門戸を開放するなど狂気の沙汰です。そんなことをしたら彼らはここを先途と日本に押し寄せて来るに決まっています。先住民であるわれわれはいったいどうなってしまうだろうか……?
そうした観点に立っていいますと、移民に関しては文化摩擦や治安の悪化という主たる問題のほかに二つのポイントがあります。

①移民というのは、経営者が安い労働力を得る手段であるという一面をもっています。移民を入れたら日本人の労働者の給料は絶対に上がらなくなる。このことは国民の生活レベルという観点からしても重要です。
②いまの日本は人手不足で、それでいながら地方などはものすごい不景気です。私が田舎に帰っても、人口十万といわれている鶴岡市で昼間、街を歩いている人を見ることはほとんどありません。車はたくさん通りますが、たまに自転車に乗っている人を見るくらいです。昔は「××銀座」といったところでもそんな有様ですから、ほんとうに地方は不景気です。

「人手不足の不景気」というのは、おそらくアダム・スミスもマルクスも知らなかった現象だと思います。それを克服するにはどうしたらいいのかというと、移民を入れればいちばん簡単ですが、私はそういう手段ではなくロボットとかオートメーションを推進して「人手不足の不景気」という”二重苦”をなんとか乗り切ることができたら日本は超先進国になりうるだろうと考えています。
労働者の賃金を低く抑えて儲けようという企業をのさばらせてはいけません。海外に出て行って外国の安い労働力を使おうというなら、それには「どうぞどうぞ、おやりください」といってもいいのですが、しかし移民を入れて国内の朗ちを下げる結果になっては困る。経済がどんどん縮小してしまいます。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

要するに、希望の党の「中小企業に希望を」という公約は、渡部昇一流に解釈すると、「日本の労働者賃金を低く抑えて儲けようという中小企業をのさばらせる」国家破壊的意味を持つ政策なのである。

現実の中小企業保護政策、ご存じであろうか?中小企業優遇政策目白押しなのである。中高年の日本人を雇用しただけでもお金が中小企業の懐に入る施策もある。一種の聖域なのである。中小企業保護政策について解説したA4の200頁の冊子が無料で配布されていることご存じであろうか?中小企業は、広範囲に課税免除されている、そういう印象なのである。

そうではないとするなら、人手不足とされる業種は何であろうか?日本人20人しかいないのに、100人もの中国人を雇用している中小企業が、果たして人手不足の業種と認定すべきものなのか?ということであるのだ。

業種を限定する前に、「外国人労働者で儲け過ぎている中小企業」の移民受入れをやめさせるべきではないのか?ということなのである。

すなわち、この公約は、(外国人労働者で儲け過ぎている中小企業を放置しているとみなせる点において)下手をすると、移民受入れ拡大急増をもたらすのである。希望の党は、外国人移民と外国人移民で儲けようとする中小企業に希望を与えてしまうのである!

そして、小池百合子は、テレビ漬けの人に対し、法律や公約パンフを隅から隅まで読まない習性を知っていて、希望の党は速射砲で話題を提供し続けている。
主戦場が、テレビであるからだ。

騙されないようにしたいものである。

以上

テーマ : 小池百合子 - ジャンル : 政治・経済

06:08  |  選挙  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |