2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.10.05 (Thu)

朝日新聞を糺す「戦略・戦術」が示されていない?

朝日新聞に対する集団訴訟、残念ながら二審で控訴棄却だそうだ。裁判戦術を変えなくては、裁判は続けられないことを意味する。
また、朝日新聞と40年以上闘い続け逝去された渡部昇一先生が亡くなられたのであるから、このままダラダラ活動して成果がでるのか、という問題提起もあっていいだろう。

戦略・戦術を再構築し、新戦略・新戦術を示し、それでも寄付が必要なら目的と使途と新活動方針概要を示し、寄付を募るべきだろう。

登壇者をたくさん集めて、朝日新聞の問題を指摘、廃刊させるべきだと言うならシナリオと手順を提示すべきだった。これまでの漠然としたやり方で朝日新聞が変わったのであろうか?朝日と似たような論調の毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙の対応は変わるのであろうか?

また、政権は、朝日新聞を糺す活動に触発され、マスコミ対応方針を変えたのであろうか?

朝日新聞の問題は、基本的には、マスコミ規制に係わる基本法(未整備)、新聞法(未整備)、消費者基本法(マスコミ条項不備)、外患罪改正(マスコミ条項不備)、スパイ防止法(未整備)など、法の不備、政府組織の未整備が招いた問題であると私は認識する。

マスコミを処罰する法律がないから、マスコミはやりたい放題できるのである。

―― 参考情報 ――――――――――

新聞法(私案)
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-595.html

外患罪  こう改正すべきだ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-615.html

―――――――――――――――――

仮に朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙を廃刊に追い込むべきと主張するなら、新聞社を処罰する法律をまず法制化提言すべきだ。

政府機関に陳情せず、裁判という手段だけでは無理があり、組織替え、戦略・戦術を示せる人に託すなど、新体制で臨むべきではないかと思う。

私は、錯乱保守が係わっているから問題だと言っているのではない。
結果を出すために、どうすべきかという視点から書いていること、ご理解賜りたい。

以上







参考
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【朝日新聞を糺す国民会議ニュース】 第25号(H29.10.2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ◇◆ 「朝日新聞を糺す国民会議」参加登録人数 ◆◇

    合計 18,895 名

     [平成29年10月2日現在]


------------------------------------------------------------------


 ※ このメールニュースは、「朝日新聞を糺す国民会議」への
   参加ご登録をいただいた皆様へ、お送りしております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【 第25号 目次 】

  ◇ 「朝日新聞 集団訴訟」 控訴審・判決のご報告
  ◇ 「朝日新聞を糺す百万人署名」ご協力のお願い
 ◇ 「朝日新聞糾弾」活動のご案内
  ◇ 「朝日新聞集団訴訟」 ご支援のお願い
 ◇ 「朝日新聞糾弾」のための参加登録と情報拡散のお願い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「朝日新聞 集団訴訟」 控訴審・判決のご報告

--------------------------------------------------------------


「朝日新聞 集団訴訟」控訴審は9月29日に判決が下され、 残念ながら「控訴棄却」となりました。

 法律上は予期できた判決とはいえ、不条理な結審を迎えた一審と同様、「朝日新聞の誤報があったとしても、日本人の名誉を侵害
するものではない」「名誉毀損の除斥期間(20年)を満了している」と結論づける、あまりに素っ気ない内容でした。

もっとも、この裁判を通じて得られたものが何もなかった、という ことではありません。

 報道の偏向や欺瞞に気付いた人々の努力によって、戦後日本を席巻してきた朝日新聞をはじめとする反日メディアの影響力は徐々に削がれてきています。
 慰安婦問題においても、「強制性」や「性奴隷」説に基づく主張は ほとんど見られなくなりました。

ただ、海外においては今なお“捏造された史実”が定着してしまって いるのが実状です。

 「国民的人格権」や「国民的名誉権」を司法に認めさせる戦いの困難さもより一層浮き彫りとなり、今後はさらなる理論武装の再構築が必要とも思われます。

これまでの戦いによって人々の意識が少しずつ変わってきていること も確かですし、朝日新聞に対する我々の戦いは、さらに新たな切り口で続けてまいります。

 今後とも変わらぬご理解、ご支援の程、何卒宜しくお願いいたします!


--------------------------------------------------------------


【民間防衛】9.29 「朝日新聞集団訴訟」控訴審判決
 ~街頭演説 及び 報告会[桜H29/9/30]
https://youtu.be/AHqJQCShrz8

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「朝日新聞を糺す百万人署名」ご協力のお願い

------------------------------------------------------------------


「朝日新聞を糺す国民会議」では、「朝日新聞集団訴訟」に加え、 「朝日新聞の慰安婦強制連行報道の捏造わい曲に抗議し、
 朝日新聞を糺す百万人署名」を募集いたしております!

この署名は、集団訴訟の参考資料として裁判所に提出するほか、 衆参両議院の国会にて参考人または証人喚問の要求等にも
使用する予定です。 原告にご参加いただけなかった方は、ぜひ、こちらの署名に ご参加ください。

 署名用紙(PDF版 / Word版)は、「朝日新聞を糺す国民会議」トップページよりダウンロードできます。
 一度、ダウンロードしていただいた署名用紙は、コピーしてご利用いただけます。

  「朝日新聞を糺す国民会議」
  http://www.asahi-tadasukai.jp/

署名用紙に必要事項をご記入の上、「朝日新聞を糺す国民会議」まで必ず現物を郵送にてお送りください。
 一枚の署名用紙で、10名までご署名いただけます。

また、署名用紙の住所欄ですが、差支えなければ、 電話・FAX番号、メールアドレス等もご記入ください。
 「朝日新聞を糺す国民会議」からのご案内をお送りいたします。

 皆様のご協力を、どうぞ宜しくお願いいたします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「朝日新聞糾弾」活動のご案内

------------------------------------------------------------------


朝日新聞糾弾のために立ち上がった草莽による活動のご案内です。
ぜひご参加ください!


------------------------------------------------------------------


 ◆ 朝日新聞に対する連続抗議行動 <毎週火曜日>

   日時:平成29年10月3日(火) 12時00分~13時00分
        ※ 毎週火曜日(祝日除く) / 雨天決行
   場所:朝日新聞本社前
      (都営大江戸線 築地市場駅 A2出口すぐ)
   注意事項:
      ・ プラカード持参可(ただし、民族差別的なものは禁止)。
      ・ 国旗以外の旗類・拡声器の持ち込みはご遠慮ください。
   主催:「頑張れ日本!全国行動委員会」有志の会
   協賛:頑張れ日本!全国行動委員会
      <http://www.ganbare-nippon.net/>
     TEL 03-5468-9222


 ◆ 朝日廃刊!第239回 街宣・チラシ活動 <毎週木曜日>

   日時:平成29年10月5日(木) 16時00分~17時00分
   場所:朝日新聞大阪本社前
      (フェスティバル・ホール前、四つ橋筋・中之島)
   注意事項:
      ・ プラカード、チラシは主催者準備
      ・ 雨の時は中止
   主催:マスコミ正常化推進委員会
      事務局・岡島茂雄  TEL 090-5666-1786

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「朝日新聞集団訴訟」 ご支援のお願い

------------------------------------------------------------------


今後、「朝日新聞集団訴訟」の長期に亘ると思われる裁判闘争を闘い抜くための、資金ご支援についてのお願いです。

ご支援金は一口 1,000円で、お一人何口でもご支援いただけます。
ご支援をいただける方は、下記の口座までお願い申し上げます。

なお、ご支援いただいた場合は、お手数ですが、 「住所・氏名・お電話番号・メールアドレス等」を
必ず事務局までご連絡下さい。

どうか、皆様のご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。


------------------------------------------------------------------


 【ご支援の専用口座】

  ◆ 郵便振替用紙の場合
     ゆうちょ銀行 00130-5-634304
    朝日新聞を糺す国民会議

  ◆ ゆうちょ口座からの場合
     ゆうちょ銀行 記号 001305 番号 634304
    朝日新聞を糺す国民会議

  ◆ 他銀行からのお振り込みの場合
     ゆうちょ銀行 ゼロイチキュウ店
     当座預金 0634304
    朝日新聞を糺す国民会議


  【ご支援のご連絡先】

   〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル
  頑張れ日本!全国行動委員会 内
   「朝日新聞を糺す国民会議」事務局
   TEL 03-5468-9222 FAX 03-6419-3826
  MAIL info@asahi-tadasukai.jp

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「朝日新聞糾弾」のための参加登録と情報拡散のお願い

------------------------------------------------------------------


「朝日新聞を糺す国民会議」では、集団訴訟や署名活動のほか、 朝日新聞不買運動、朝日新聞スポンサーへの働きかけ、
ポスティング運動、街頭宣伝活動、デモ行進など、 一大国民運動を展開していくために、引き続き、
ご賛同いただける方達のご登録をお願いしております。

ご登録いただいた方へは、メールニュース等で、 各種情報や活動の進捗などについてお知らせいたします。

 参加登録フォームは「朝日新聞を糺す国民会議」トップページにあります。
http://www.asahi-tadasukai.jp/

なお、郵送や FAX でも受け付けておりますが、ご登録いただいた皆様へのご連絡等、事務作業を円滑に進めるため、なるべく
参加登録フォームやメールにてご登録いただけますと幸いです。

より一層の「朝日新聞追撃」活動拡大のため、 皆様のご賛同とご協力を、宜しくお願いいたします!


------------------------------------------------------------------


Facebook と Twitter でも情報を発信しております。
 周りの方達への周知や、インターネットでの情報拡散等、 皆様のご協力をぜひ、お願いいたします!

  「朝日新聞を糺す国民会議」 Facebook
 https://www.facebook.com/asahitadasukai

 「朝日新聞を糺す国民会議」 Twitter
 https://twitter.com/asahitadasukai


 ------------------------------------------------------------------


なぜ朝日新聞を消さなければならないのか、その全てが分かる充実の1冊です。
ぜひお手に取り、周りにも広めてくださいますよう、お願いいたします!

  『朝日新聞を消せ!』
  (朝日新聞を糺す国民会議 編 / 1,400円+税 / ビジネス社)
  http://www.ch-sakura.jp/publications/book.html?id=2059

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

朝日新聞を糺す国民会議

 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル
頑張れ日本!全国行動委員会 内
TEL 03-5468-9222 FAX 03-6419-3826
 MAIL info@asahi-tadasukai.jp

公式サイト http://www.asahi-tadasukai.jp/
 Facebook https://www.facebook.com/asahitadasukai
 Twitter https://twitter.com/asahitadasukai

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

12:22  |  保守活動  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)

2017.10.05 (Thu)

小池百合子は実は本気ではない?

小池百合子は、飼い主が犬や猫とじゃれている感覚で、希望の党なるものを編み出し、民進党を翻弄しているのかもしれない。

前原誠司は小池百合子に騙されたふりをして、民進党を分裂させ、
小池百合子は、民進党候補の中で都合がいい候補者だけを選別し終えた。

実際、小池百合子が集約した一次承認の候補者リストを眺めると大半が民進党、もしくは旧民主党関係者。

考え様によっては、小池百合子は、希望の党を乗っ取らせる前提で、希望の党を設立。前原誠司は無所属で出馬するものの、最終的に、希望の党に入り込み、党首選を経て党首に座る。

小池百合子と前原誠司、互いに騙されたり、騙されたふりをしつつ、政界再編劇を演出するつもりかもしれない。

ふざけた見解かもしれないが、小池百合子の変わり身の速さ、引き際の速さなどを勘案すると、騙し騙されるシナリオがまずあって、有権者の動きを支配しようとした、そういう可能性を考えてみる必要はあるかもしれない。

そのシナリオがいつ書かれたかということになる。

私は、笹川の山荘であろうと予測した。

―― 参考情報 ――――――――――

小池百合子はなぜ突然「党首」に就任したのか?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-649.html

―――――――――――――――――

数多あるユダヤ本的発想でシナリオ化するとこうなるだろう。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

4人の自民党首相
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53252469.html#comments

1.この8月23日に、山梨県の鳴沢村(なるさわむら。河口湖の南で、富士山の北の山麓)の 日本財団の会長の笹川陽平の別荘(villaヴィッラ)に、4人の自民党の元首相たちが集合した。ここで次の政界再編が語られ、決められたようだ。イニシアティヴを握ったのは、小泉純一郎と安倍首相だったようだ。自分の子分を一人も持たない(誰も育てなかった)小泉が何の勢力を背景に、力を持つのか?

2. 黒幕は、笹川財団の 笹川陽平(ささがわようへい)会長だ。笹川財団(日本財団、東京財団っもその一部)が、安倍首相たちを操(あやつ)っている。ササガワ財団が、世界的な特殊な宗教団体である、統一教会(とういつきょうかい、Moonie ムーニー)の大きな資金源である。 安倍首相の鳴沢村の土地も、笹川財団の所有する広大な土地の一部のはずである。安倍晋三は、何かあるとこの別荘に隠れて秘密の政治をやってきた。

3.小池百合子は、小池新党「希望の党」を26日に立ち上げた、と思ったら、今度は都知事を辞めて、首相を目指す、という動きに出ている。それと連動して、日本維新の会(大阪が主力)を作ってきた 橋下徹(はしもととおる。彼を日本のムッソリーニだと、私たち学問道場は6年前から認定してきた)が、大阪から衆院選に出て国政に、「ムッソリーニのローマ進軍」(1922年)のように、「東京進軍(しんぐん)」で攻め上がってくる、のかと思ったら。

 
Posted by 見通し、分析1 at 2017年10月03日 11:12
何と、小池が辞任した後の都知事選に出る、という動きになっているらしい。 橋下徹の資金源も明らかに笹川陽平である。大阪の寝屋川市?の笹川陽平の邸宅に橋下はよく出入りしている。

 笹川良平( ー )という日本ファシスト(大日本翼賛会=よくさんかい=)の大物が作って、戦後は世界反共(はんきょう)運動の重要な拠点になってきた笹川財団こそは、統一教会の大きな資金源である。 小池百合子(現在65歳、1952年生)も、親の代からの、熱心な勝共連合(しょうきょうれんごう)の活動家であった。つまり、少女時代から、統一教会の熱烈な信者だったということだ。 そして30歳ぐらいから、テレビのニューズ・キャスターとしてデビューして有名人になった女性だ。

 彼女は、関西学院(かんせいがくいん)大学の学生を1年生で辞めて両親と共に、エジプトのカイロ大学に入学した。小池の両親は、現地で日本料理店を経営していたという。日本人が、イスラム教とアラビア語を勉強するのだったら、アル・アズハリ学院に行くはずなのに。
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/
Posted by 見通し、分析2 at 2017年10月03日 11:13

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


こういう推理などを踏まえて、都民ファーストの古参議員たちがなぜ離党したか、考えたい。

もし私が、都民ファーストの古参議員の立場なら、小池百合子がやっていることは、ふざけている、ないし誠実でない、そういう評価を下す気がするのである。

―― 参考情報 ――――――――――

「都民ファースト」都議2人離党へ 「希望の党応援できない」…小池都知事の政治姿勢に反発
http://www.sankei.com/politics/news/171003/plt1710030083-n1.html

「都民ファースト総崩れ」音喜多駿さん離脱で、小池百合子都知事に都議会で不信任案が可決か(訂正あり)
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20171003-00076510/

―――――――――――――――――

つまり、小池百合子は、自らの存在基盤が危ういことを承知で、希望の党を立ち上げつつ、民進党を解体させ、民進党議員を翻弄、一部民進党議員の取り込みを図り、一方で都民ファーストの離反を招いた、と言いたいのである。


なお、小池百合子が掲げる「しがらみのない政治」とは、

・前任者の管理責任については、無制限、無期限で追及できる権利を有すること
・ぶら下がり取材など、自身が想定していない質問に答える義務はないこと
・自身の政治的主張は、イメージ戦略上の掛け声に過ぎず、責任の所在は実務担当者にあること
・自身が、公約履行責任にかかわる、しがらみから無縁であること
・自身の任期中の、実務的な判断、計画、実施に際しての、責任というしがらみから無縁であること

である。要するに、都議選直後に、都民ファースト代表をいち早く辞任したのは、想定外の当選者が引き起こすトラブルから、自身が無縁でいたいことへの意志表示なのである。


小池百合子事務所に問合せされたことがある方なら、しゃーしゃーとした対応にお気づきであろう。

都議会での不信任決議が表面化するのはまだ先のこととなろうが、そういう事態となった場合、民進党候補者は総崩れとなり、一方で民進リベラルと相打ち、自民党の独り勝ちとなる結末を予想するのである。

それゆえ、安倍自民党は、ゆめゆめ、浮足立ってはならないのである!

以上

テーマ : 小池百合子 - ジャンル : 政治・経済

03:35  |  保守政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |