2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.08.31 (Thu)

英国メイ首相来日の政治的意味

英国首相が来日した。3日間滞在されるそうだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170830-OYT1T50101.html?from=ytop_main5

メイ英首相が来日、安倍首相が茶席でもてなし

2017年08月30日 19時16分

 英国のメイ首相が30日午後、就任後初めて来日した。

 伊丹空港に到着したメイ氏は京都市に入り、出迎えた安倍首相と茶道表千家「不審菴ふしんあん」を訪れた。お茶会では、安倍首相の祖父、岸信介元首相が「月」と書き、首相在任中の1960年に作られた萩焼が使用された。茶席でのもてなしを通じ、両氏は親睦を深めた。

 4月の安倍首相訪英の際、メイ氏はチェッカーズ(英首相別荘)に招待しており、返礼の意味がある。両氏はこの後、同市内の京都迎賓館に移動して夕食をともにした。

 31日には、首相官邸で開催予定の国家安全保障会議(NSC)特別会合にメイ氏を招き、日英両国の緊密な連携を確認する。同日に行う首脳会談では、欧州連合(EU)離脱後の経済関係強化などについて意見交換する見通しだ。メイ氏は同日、海上自衛隊横須賀基地(神奈川県横須賀市)も訪れ、護衛艦の視察などを行う予定。

2017年08月30日 19時16分

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

遠く離れていても、心は一つ、同志でありたい。そういう配慮を両国代表は続けている。

接待係をやった人なら、京都、茶道(表千家)、迎賓館…………最高のもてなしを企画したことくらいはわかる。
食事のメニューはどうなのか気になる。サッチャー首相来日時のメニューを参考としたような気がする。

今回、異例の3日間という長期滞在である。イスラエルのネタニヤフ首相の滞在も異例に長く、4日間だった。

―― 参考情報 ――――――――――

ネタニヤフ首相の来日日程
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_000875.html

―――――――――――――――――

当時、イスラエルは、日本と武器の共同開発をすすめようとした。実現に至った案件を押さえてはいないが。

さて、英国首相の来日、EU離脱後の経済関係強化がメインだとする。日本は英国の生命線を握りつつある。お気づきであろうか?

英国は、確かなパートナーを求めている。それは日本である。世界に日本しかいないかもしれない。

イスラエルのネタニヤフ首相来日の際の首脳会談の結果などを参照すると、日英の経済関係強化、横須賀基地訪問の意味するところ、日英での軍事機器開発協力であろうと推定する。

―― 参考情報 ――――――――――

安倍外交 イスラエル首相来日が意味するもの
http://nihonnococoro.at.webry.info/201405/article_11.html

―――――――――――――――――

簡単に考えるとこうなる。
日本はいまだ、武器輸出の大型商談が成約に至っていない。英国はEU離脱の影響を最小限に食い止めるため、国内で雇用対策強化、日本との経済関係強化を通じて、政権基盤を何としても強化したい。

英国首相の狙いは、(重厚長大な軍事機器=軍艦、イスラエルとの共同開発により製品化に至った物品?)日本企業を英国に誘致、組み立て工場でもいいので、そこで生産された軍事機器を、日英共同仕様として両国が使用(自衛隊装備)、ついでに英国工場生産品を日英の同盟国ないし同盟相当国に(英国政府扱いで)輸出する、そういう構想ではないか、と推定する。

その英国は、軍事的には海軍に注力してきた国だそうだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.99soft.org/uk-swith-belgium/

イギリスの軍隊の特徴

イギリスでは、世界でもトップクラスの軍事予算を計上している国です。
 世界に属領が広がっているので、その権益を保護するという目的から、特に注力をしているのは海軍のようです。
イギリスの場合、自国でも最新兵器開発が可能であるため、海軍における様々な技術はイギリス海軍によって生み出されてきました。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

英国は、国内メーカーの衰退により、兵器の自国調達が難しくなってきているとの国内事情がある。最近、日本メーカーが白物家電、テレビ、スマホ市場から徐々に撤退しているように、英国はかなり前から自国での軍事機器製造が日本よりも困難になりつつある。
かつて、英国は造船国であり、日清・日露戦争時代、日本が英国製軍艦を購入したことを知っているならば、あり得ないシナリオではない。

英国首相が思い描いている日英共同開発品の本命は、「空母」そして空母艦載機ではないかと私はみている。日本にとっても悪い話ではない。仮に、日本が戦争に巻き込まれる事態となっても、日本の武器製造工場が、英国に存在することは安全保障政策上、非常に意義あることなのである。

いささか妄想めいたシナリオであるが、北朝鮮問題が緊迫化しつつある現在、最優先かつ重要課題の一つとして取り組むべきことを指摘し、本稿を終える。

以上









    テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル : 政治・経済

    14:06  |  外交  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

    2017.08.31 (Thu)

    「谷垣さん」  あなたの旅はまだ終わらない

    谷垣さん復帰をにおわせる新聞報道があったので出稿することにした。
    正直に言うと、私はほっとしている。奇跡が起きたような気がしている。

    これまでの経緯を振り返ってみたい。

    第二次安倍政権、長期政権の本当の立役者、それは谷垣さんである。
    谷垣さんは総裁戦に出馬する資格、経験は十二分にあったが、石原伸晃にしてやられた。
    安倍晋三が出馬、奇跡的逆転劇で第二次安倍政権が発足した。

    野党時代の自民党、悲しいことが続いた。
    我々は、稀代の愛国者、中川昭一先生を失った。

    私は、政治について傍観者であることをやめる決心をした。必ずやマスコミに一矢報いる存在になりたいと、あの晩思った。
    陳情ベースで、新聞法など、条文ベースでの提言活動を続ける原点は、ここにある。

    自民党は離党者が相次いだ。党は分裂の危機にあった。その党を自らの誠実な指導力でまとめ上げたのが谷垣さんだった。

    谷垣さんは率先して全国遊説を行った。
    あの時代の街頭演説、悲壮感が漂った。この動画を見て欲しい。総選挙惨敗数カ月後の滋賀県での辻立ちである。聴衆は100人いないだろう。それでも、淡々と明るく通行する人に語りかけている。

    ―― 参考情報 ――――――――――

    自由民主党_谷垣禎一総裁_石山駅前街頭演説_PART1_2009/12/11
    https://www.youtube.com/watch?v=htu-4wf_od0

    ―――――――――――――――――

    谷垣総裁でなかったら日本はどうなっていただろう。

    あの時代のことは、中島みゆきの名曲、『ヘッドライト・テールライト』のイメージに近い。

    ―― 参考情報 ――――――――――

    男声合唱版 中島みゆき  『ヘッドライト・テールライト』
    https://www.youtube.com/watch?v=5mmPe9a8INY&list=PL6E2kbJPi3KyUItkftHAPH96HZHCQdS5X&index=5

    ―――――――――――――――――

    谷垣さんが歌ったらこういう雰囲気になるだろう。

    そして、第二次安倍政権、石破幹事長の後、谷垣さんは、幹事長に復帰した。政権は盤石に思われたが、谷垣さんは自転車で転倒し長期入院を余儀なくされ、政治生命はこれでおしまいかと思われたが見事に復帰されるそうだ。

    ―― 参考情報 ――――――――――

    「すっかり健康体になった」自民・谷垣禎一前幹事長 自転車事故後初めて側近と面会 秋の臨時国会にも復帰の可能性
    http://www.sankei.com/politics/news/170828/plt1708280026-n1.html

    ―――――――――――――――――

    谷垣さんの功績、それは自民党野党時代にある。小坪しんや議員は、誰よりも押さえるべきことは押さえて以下にまとめた。

    ―― 参考情報 ――――――――――

    【祝】谷垣(元)総裁、復活!「すっかり健康体に」秋の臨時国会にも復帰か【涙が出るほど嬉しかったらシェア】
    https://samurai20.jp/2017/08/tanigaki/

    ―――――――――――――――――

    読めば読むほど、谷垣総裁でなかったら、日本はどうなっていただろう、何度読んでもそう思う。

    安倍政権は、ここに来て、森友・加計事案、北朝鮮ミサイル問題などもあり、いささかペースを乱され振り回され気味にある。

    私は安倍政権支持者ではあるが、自民党に対する親近感は、実は谷垣総裁時代の方が強い。本稿で谷垣さんと書くのは、糞真面目で面白味がない雰囲気でありながら、やるべきことは手を抜かずしっかりやっていた。谷垣さんはそういう政治家である。

    その谷垣さん、とりあえず面会して語るまで回復されたようだ。
    私は、谷垣さんの存在価値は、自民党が困ったときに(谷垣さんの)出番があると見ていた。

    森友・加計事案、自民党はマスコミの総攻撃に晒された。
    稲田朋美議員も巻き込まれた。暫くは動けないだろう。
    安倍政権は、支持率を気にし過ぎ?敵失に便乗することを優先、ソフトランデイング路線であり過ぎた。

    この10年間、自民党を支持され、ギャンブルパンフをポステイングされ、自民党の演説会に駆けつけ、各地のJNS会合に参加されていた方ならわかることがある。

    目下の最大の政治的課題は、憲法改正そしてポスト安倍のレールをどう敷くか、にある。ポスト安倍のレールは、(野党時代に苦労を背負った、悲運の総裁)谷垣さんに敷いていただきたい、そのことを読者の皆様と共有化したい、だから出稿した。

    このままボヤッとしていると、憲法改正路線が後退し、時に刺激的な博打を打ち、大衆操作が得意な、「平成・極道の女 小池百合子」に首相の座を奪われかねない。
    ポスト安倍の世論調査結果が、マスコミ主導の「石破茂」では話にならないのである。石破茂は、幹事長時代も、そして今も、安倍首相を支える気がない、裏切り者である。石破茂がやっていることは、谷垣総裁が耐えに耐え、自民党内に結束を呼びかけた、自民党野党時代を含めた裏切りである。

    谷垣総裁の辞任挨拶、感動的であるが、この動画の冒頭で語られた、新・安倍総裁の言葉どおりであれば、第二次安倍政権で谷垣さんを幹事長に迎え入れたのは、ポスト安倍のレールを谷垣さんに敷いていただくことだったのではないか?

    ―― 参考情報 ――――――――――

    第24代自民党総裁 谷垣禎一 の最後の言葉を忘れるな!
    https://www.youtube.com/watch?v=ctmqIy9MkjQ

    ―――――――――――――――――

    この動画を作成され、中島みゆきの曲をBGMに選ばれた方は、自民党が最も苦しかった時代の、(聴衆が集まらず、拍手まばらな)街頭演説会での閉塞感、挫折感を誰よりも知っておられる。私はそう思う。

    ヘッドライト=下野した時代に先頭に立った谷垣総裁の夜の街頭演説、という意味である。テールライトは、付随する政治家の業績、谷垣総裁支持者の存在という意味になるだろう。

    そして、今、第二次安倍政権の危機、ポスト安倍という重要な政治課題が存在していることに気づいているなら、私は、谷垣さんの完全復活を期待せざると得ない。

    一方で、野田首相の退陣を促す安倍新総裁の発言も見事だった。

    ―― 参考情報 ――――――――――

    歴史に残る党首討論 野田佳彦 vs 安倍晋三 平成24年11月14日
    https://www.youtube.com/watch?v=3ADXNbYFqv4

    ―――――――――――――――――

    安倍新総裁は、野田首相に対し「約束を果たすべきだ」と語っている。



    当然、安倍首相は、谷垣総裁が果たせなかった夢への約束、を果たすだろうと予想する。それは、谷垣さんが数年後に総裁戦に出馬することを含めて(可能性は低いが)、谷垣さんにポスト安倍のレールを敷いていただくことではないかと。


    谷垣さん
    あなたの旅はまだ終わらない!

    少なくとも終わってはいない!

    我々は、谷垣さんの完全復活を待っている!


    安倍首相は、今誰よりも、谷垣さんを必要としている
    、私にはそう思えるのである。


    ―― 参考情報 ――――――――――

    中島みゆき 『ヘッドライト・テールライト』
    https://www.youtube.com/watch?v=kQdBn65S8CI&list=PLnkkyNW2ALGZuBchw-_FrrEM5o7iokNGA

    ―――――――――――――――――

    以上











      テーマ : 安倍政権 - ジャンル : 政治・経済

      05:20  |  保守政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
       | HOME |  NEXT