2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.07.06 (Thu)

小池百合子と稲田朋美 何が違うのか?

小池百合子は都知事選での圧勝に続き、都議会選挙でも都民ファーストの看板を最大限利用し、都議会で過半数を制し、ドン内田某一派は壊滅を余儀なくされた。

これに対する安倍首相のこれまでのスタンスであるが、私見であるが、安倍首相は、内田某との直接対決を避けたがったのではないか。どういうことかと言うと、本心では排除したかったのであるが露骨にやると国政選挙に影響する。そこで、小池百合子の手腕に期待していたのではないか。

小池百合子は、第一次安倍政権の時に内閣総理大臣補佐官(国家安全保障問題担当)だったことがある。

私の見立てとなるが、この時代、小池百合子は、都民ファーストを速攻辞任したのと同様、内閣総理大臣補佐官(国家安全保障問題担当)において、第二次安倍政権と比較して、左程の熱意と努力を示すことがなかった、そういう印象である。

つまり、小池百合子は自分が傷つくことを恐れ、第一次安倍政権を支えようとしなかった、そう私には映っている。よって、都知事選挙での小池支持は、消去法での選択となった。

ところが、都知事選挙に出馬した小池百合子は、なかなかに心得たもので、狙った獲物は絶対に逃さない。都知事のポストはいち早く混戦模様を制し、獲得。築地市場、オリンピックなど、懸案をダシにして、言い方はは悪いが自身の支持率を上げるための(政治的)道具として徹底利用、周囲を振り回すだけ振り回し、あくまで自分のペースで事を進め、一方で自身の政治的スタンスの賞味期限を誰よりも心得、都議会選挙で勝利確認後、直ちに、都民ファーストの会の代表辞任を発表した。

これについては、「都民ファーストの会で当選した議員の中にトンデモ議員が多数いる関係で早く断ち切りたかった」という見方が支配的であるが、私は、「護憲派都議会議員潰し」、「第一次安倍政権を支え切れなかったことへの罪滅ぼし」、「次の首相候補としての実質的立候補」の意味が込められていると解している。

私がイメージする小池百合子、それは二つある。一つは、「狙った獲物は絶対に逃さない、勝負強さ」それがたとえ難航不落の事案でも。もう一つは、自身の政治的利益を優先する「変わり身の異常な早さ」である。

防衛大臣としてみた場合、政治的に勝利する筋道を知っている大臣は、国民の側からみて、いざという時に頼りになる人、ということになるだろう。しかし、小池百合子は、どの時代もそうだが、変わり身が余りに早い、早すぎる、有能さと変わり身の早さが同居する、珍しい政治家ということになる。

従って、政治家としては地味にコツコツやる裏方(内閣総理大臣補佐官など)には適さず、(責任を取らされやすい)表看板の「難しいポスト」には向いている、そんな感じである。仮に、どこかの国と交戦状態に入った場合、防衛大臣にふさわしい大臣はこの人しかいないのではないかと、そう思わせるだけの動きを都知事選挙立候補表明以降、示してきた。

都知事選挙出馬表明以降の勝負度胸、大したものだ。
少し脱線するが、勝負●■を他のどの女性よりも多く所有しているのではないかと思うくらいである。


対して、現職の稲田大臣は、どうだったか。7年くらい前の私は、将来の総理大臣候補になり得るだろうとみていた。その時代の稲田朋美は浮ついたことはなかった。少なくともそう見えた。

が、事務所の内情を知っている人は、当時から批判していたことを知っている。つまり、愛国議員としての演技はうまかった?、ということになる。

が、昨年夏に就任した以降は、どうだっただろう。南スーダン出張の際のガキっぽいファッション、エステ指向、眼鏡フレームを取り換える癖、網タイツ………老人向けのキャバクラのマダム路線みたいなところがある。

政策的には、特定機密保護法案、内閣人事局設置で汗を流したそうだが、もし本当に汗を流してきたのであれば、エステ、眼鏡フレーム、網タイツという、「おじさん受けする女性政治家」として武器となりうる「三種の新器」に、関心を持つはずはなかった、私はそうみている。

同時期、首相の芽がなくなったかに見えた小池百合子が、都知事となり都議会選挙でも勝利をもぎ取り、今や派閥の長以上の存在となった。都民ファーストの会をあっさり辞任し、安倍首相と連携すると宣言、安倍政権に「貸し」までつくってしまった。

対して、稲田大臣はどうだったか?
安倍首相に、女性活用のシンボルとして扱われ、庇われていただけではなかったか?

倉山満は、稲田大臣のことを、「保守女を殺すに刃物はいらぬ、チヤホヤして勘違いさせればいい」と評している。

―― 参考情報 ――――――――――

稲田大臣の自衛隊政治利用発言に思う
https://office-kurayama.co.jp/20170629112417

―――――――――――――――――

私もチヤホヤした一人だったかもしれない、と反省する。


見方を変えたい。

先日、ある防衛省施設内で、稲田大臣は今のままでは一生乗り越えられない部分があることを自分自身の経験を通じて発見した。

私は、外部者として、ある防衛省施設に入所した。私は身分証を提示した。が、素性を名乗らなかったことで、彼らは私をス●イもしくはその予備軍であるかのように扱った。私は受入れた。職務上は当然のことであった。彼らは、私の挙動を観察していた。PC端末を利用させていただいたが、彼らは、私がどの頁を閲覧したか、私のPC操作とほぼ同時に確認していたはずである!

つまり、こういうことだ。戦国時代に、一人の浪人者(私)がとある戦国武将の城を訪問したとしよう。当然、戦国武将の配下の者たちは、浪人者(私)を威嚇するように振る舞い、強そうに見せると同時に監視した。これと同じことが防衛省施設内で起きた。
当然、私も彼らに負けじとオーラを発するような行動に出た。特に、自衛隊幹部の歩き方、歩いている時の眼の様子から、私はあることに気づいた。歩く時に刀を差してなくても、彼らは帯刀しているような雰囲気で歩いていた。そういうオーラが彼らにはあった。

かつて、帝国陸海軍が「武士道の軍隊」と言われたDNAは、今も彼ら幹部クラスに継承されている、私にはそう映った。

ここに、エステ、眼鏡フレーム、網タイツという悩殺指向の夜の蝶みたいなキャバクラマダムが入り込む余地は、まったくない………………………

当然のことであるが、私は退所する際に、目的と素性を告げた。その瞬間に表情が硬かった係官は、友達のような表情に変わったことは言うまでもない。

退所して、靖国神社近くのJR駅に行く道すがら、大臣就任後の稲田大臣の振る舞いは、彼ら自衛官たちが、普段心がけていることと逆であったことに気づいたのであった。

以上











    テーマ : 小池百合子 - ジャンル : 政治・経済

    06:43  |  保守政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
     | HOME |