2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.07 (Wed)

レベルの低い批判では話にならない


拙ブログは、批判文しか書けない(書かない)言論人を批判している。
言論人として、スキル的に問題があるという意味においてである。



批判するだけなら何もいらない、これは事実である。
提言するのは本当にしんどい。
そういう点で、評論家は気楽な商売である。実施計画ないし実績が揃うまで、ダンマリできる点において…………

世の中で、最も不要なのはテレビ番組のコメンテーターではないかと思っている。



さて、産経は、民進党関係者について、「批判」のレベルが低すぎると批判している。

―― 参考情報 ――――――――――

蓮舫代表に元首相、元総裁…「批判」のレベルが低すぎやしないか
http://www.sankei.com/politics/news/170603/plt1706030003-n1.html

―――――――――――――――――

ここで指摘される、批判のレベルが低すぎるとの指摘、実は双方向で対等な議論における批判ではない。

一方通行状態が許される状況での批判である。

感情論丸出し、決めつけでの批判の世界である。
自分が批判された場合の回答を準備していない。



長尾たかし議員は、野党の対応を眺め、反対を貫くことだけが、野党の存在意義なのか、問題提起している。

―― 参考情報 ――――――――――

反対を貫くことだけが、野党の存在意義なのでしょうか??
http://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/67d1c067c91a5bcec682e159e5a14fd2

―――――――――――――――――



自民党の石破茂は、党内の憲法の議論に注文を付けている。

―― 参考情報 ――――――――――

石破茂前地方創生担当相ますます孤立 党改正推進本部幹部会、「対案」なく異議ばかり
http://www.sankei.com/politics/news/170606/plt1706060053-n1.html

―――――――――――――――――

本来は、そうあるべきだ。が、当事者としての石破茂は、韓国のマスコミに報道された慰安婦問題の件、外交的決着した日本政府、政府与党議員の認識すらない、とんちんかんな発言をしたとされる。

―― 参考情報 ――――――――――

【韓国】石破茂「日本、韓国納得するまで慰安婦謝罪すべき」
http://milfled.seesaa.net/article/450168805.html

―――――――――――――――――


石破茂本人は韓国紙の報道を否定している。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/politics/news/170524/plt1705240033-n1.html

韓国紙、自民・石破茂氏が「納得得るまで日本は謝罪を」と述べたと報道 本人は「謝罪」否定

 韓国紙の東亜日報(電子版)は23日、自民党の石破茂前地方創生担当相が慰安婦問題をめぐる平成27年の日韓合意に関し「(韓国で)納得を得るまで(日本は)謝罪するしかない」と述べたとするインタビュー記事を掲載した。

 記事は、石破氏が日韓合意に反する発言をしたと受け取られかねないが、石破氏は24日、産経新聞の取材に「『謝罪』という言葉は一切使っていない。『お互いが納得するまで努力を続けるべきだ』と話した」と述べ、記事の内容を否定した。ただ、抗議はしない意向という。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

否定するなら抗議くらいすべきだ。
政府が締結した外交文書について、一議員が、ああでもないこうでもない、自分の意図と異なることを報道されたことよりも、安倍政権が締結した日韓合意を壊したくて、石破茂はこう発言したのではないのか?

だとすれば、一国民として、石破茂が自民党内の憲法改正議論にこだわるのと同様、石破茂の公的発言すべてについて、石破茂が党内議論で求めるのと同じ精度で「厳密に」追及しなくてはならない。

石破茂は、国民から見て、どれだけとんちんかな発言をしているようにみられている認識があるのだろうか?
時折見せる顔の表情を含めて、こんなとんちんかんな議員、国会議員にふさわしいとは思えない。



見方を変えたい。

「皇室消滅」(渡部昇一、中川八洋)にて、中川八洋は、民族系論客の批判スキルのなさを酷評している。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

28~29頁

中川八洋

「有識者会議」の報告書について、「たった十カ月で書き上げた」「不十分な審議」だとの、的外れの批判が民族系の論客に目立ちます。何とナンセンスで馬鹿馬鹿しい批判であることか。現実を知らないものの”無知な戯言”です。そもそも、何事であれ、内容を批判すべきで、かかった表向きの時間など批判の対象にはなりませんよ。
実際には、『報告書』は、「二○○一年四月から」ですから、四年半の歳月をかけています。十カ月ではありません。文章は高校生レベルだから、一見やっつけ仕事のように見えますが、怖ろしい天皇制廃止のマニュアルとしては、論理明快で、これ以上何もつけ加えるものはない、出来栄えです。

もし問題としたいのならば、あらゆる詭弁と歪曲が、ふんだんに駆使されている『報告書』の内容を攻撃し、具体的に突き崩すべきです。とくに、正常な憲法学説を天皇させた、妄論狂説の”狂った憲法学説”を展開しているのが『報告書』です。これを、正しい憲法理論で粉砕すべきでしょう。
また、『報告書』には、暴力革命時の血腥い雰囲気すら漂っています。天皇・皇族に対する殺意です。批判すべきものは、このような核心部分なのに、民族系論客は、これらを批判することがさっぱりできません。民族系論客の質的劣化は、目を覆うばかりです。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

では中川八洋自身はどうやっているのか。
中川八洋は、上記に書いてある趣旨に沿って実行している。「悠仁天皇と皇室典範」という本にて、憲法学者の重鎮、園部逸夫、横田耕一たちの、(とんでもない)教説をきちんと読み、分析して、ぶった斬っている。

51nrRT2EPtL__SX338_BO1,204,203,200_

批判の手法、論法が、とにかくすさまじい。
園部逸夫、横田耕一たちが心酔していたであろう、ルソー、マルクスなどを熟知、その思想的根源までも批判しているのである。
この本を読めば、スキル不足の保守系言論人と中川八洋自身を比較すると、(中川八洋から見て)スキル不足続出している保守系言論人の意味が理解できる。
文章量、論理、これだけ圧倒的な「批評」を私は初めて読んだ。
おまけに、中川八洋は航空工学専門である。元々の専門を乗り込えて果敢に挑戦している姿勢、アッパレと言うしかない。



私は、一般の文系学者たちのスキル不足を指摘するのである。
中川八洋以上に切り込んで批評・提言する、保守系文系学者の不在を、私は指摘している。



私は、錯乱癖がある、あの方に申しあげたい、日韓合意したのを「許せない」、よって反対、安倍談話についてもどちらかと言うと否定的な部分があった。超有名ブロガーも同調した。
こういう批評に対し、私が思うに「分析」が足りないと思う。結論を急ぎ過ぎているか、感情論で結論を出す癖が抜けていないと言いたい。

ここでいう「分析」とは、多面的に行うことであり、分析結果をそれなりのボリュームで文章化することである。
ツイッターなどで「私は反対だ」と、述べる言論人をみかけるが、みっともないからやめて欲しい。原稿でメシを食っている「プロ」だという自覚あるなら、我々レベルからみて、さすがだと思える手本としての文章と論理と根拠を、それなりの字数で示していただきたい。

そういう意味で、中川八洋の「悠仁天皇と皇室典範」は、批評手法・批判テクニックの最高峰の位置づけとなるのである。



批判文しか書けない(書かない)言論人の皆様、この意味おわかりであろうか?

プロだと自覚あるなら、プロの作法でお願いしたいのである。
それなしに、ツイッター程度の字数にてああだこうだでは、中川八洋が指摘するように「私は劣化言論人です」と宣伝しているとしか、言いようがないのである。

―― 参考情報 ――――――――――

全方位的な「情勢分析」の必要性について
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-428.html

―――――――――――――――――

以上

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

20:57  |  民進党  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2017.06.07 (Wed)

「喫緊の皇室問題」に取組むべきだ

ブログ「BBの覚醒記録」は、不敬問題に特化して活動する団体関係者を皮肉っている。

―― 参考情報 ――――――――――

雅子妃擁護者の低IQ  《転載、ご自由に》
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/077b5e234422d07466bb2c2736b34403

―――――――――――――――――

このブログの管理人さんは、少し言い過ぎな部分はあるかもしれない。しかし、生前譲位に係わる反日勢力の動きに警告を発し続けていたのは事実である。

ちなみに、ノンポリ、にわか保守、3年前まで皇室問題の素人だった、拙ブログ管理人は、覚醒し、生前譲位に関してその時点時点で、重要課題等を分析、以下に出稿した。

―― 参考情報 ――――――――――

■お言葉会見

・今上陛下の生前退位報道の件 政権の意志が働いた結果ではないのか?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-92.html

・天皇陛下お言葉表明に係わる私見 総論編
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-114.html

・天皇陛下のお言葉に係わる措置 ポイントは摂政の配置にある!?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-119.html

・ご学友伝言?を経由した報道 手続き的な問題はないのか?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-229.html

・生前譲位を急ぎたい動機について(小和田某軟禁事案?と関係有り?)
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-260.html


■生前譲位

・生前譲位 旧宮家男系男子皇籍取得+皇室令等復活について
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-299.html

・3年後の「皇室会議」議事次第をイメージすべきだ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-303.html

・宮中祭祀 (即位直後の正月の四方拝)の視点からみた皇位継承のあり方
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-308.html

・生前譲位 重要公務は内閣が承認→「摂政」格確定?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-312.html

・生前譲位  ポイントは譲位後の憲法違反・混乱をいかに防止するかにある?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-318.html

・皇室問題  生前譲位後に予想される最悪の事態とは?問題提起に必要となること
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-321.html

・生前譲位「陛下の摂政否定」と「皇室(自主)外交」は無関係ではない?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-326.html

・生前譲位  秋篠宮家支持派が検討・共有化すべき事項
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-380.html

・生前譲位陳情事案 退位条件付きの即位とすべきだ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-401.html

・生前譲位でうやむやにさせるな!  譲位者の国外財産調書(秘密資産)を提出させるべきだ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-408.html

・国外財産調書で報告されるべき皇室秘密資産の規模 200~3000兆円??
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-410.html

・生前譲位前に今上陛下が為されるべき二つのこと
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-413.html

・国体を破壊するような「生前譲位」であってはならない
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-421.html

・「生前譲位」を巡る政権と陛下の暗闘 勝敗結果
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-463.html

・生前譲位特例法案  「今後の譲位の先例にしない」のではなかったのか?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-498.html

・生前譲位のための「皇室典範改正不要」な4つの理由
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-499.html


■女性宮家

女性宮家検討問題  とっくに「不要」と検討が済んでいることを拡散せよ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-492.html

・女性宮家創設「不要論」資料集 3人の言論人の提言&皇族の意見他 
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-495.html


■その他

・皇室問題 憲法違反は憲法違反と広く認識されるべきだ
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-316.html

・[皇室解体]裏切りのシナリオ あなたは許せるか?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-490.html

―――――――――――――――――

拙ブログは、陳情等を想定したビジネス文書レベル、官邸スタッフの皆様に読んでいただく前提で作成している。

生前譲位に係わる諸問題が表面化し、生前譲位を皇室解体・破壊に導くきっかけとみている勢力の動きを傍観せず、喫緊に扱われるべき重要課題との判断から出稿したのである。

さて、不敬問題に熱心な方々について不可解な現象がある。歴史的に明らかに陛下を侮辱するようなプラカード等を使用してきた、反天連デモに対しダンマリしている印象があることである。

―― 参考情報 ――――――――――

【サヨク画報】「天皇制は差別の根源だ!」吉祥寺で反天連がデモ 機動隊、公安、右翼も集まり大混乱に
http://hosyusokuhou.jp/archives/48794000.html

民進党・辻元清美「天皇とあの一族の気持ち悪さ。ああいう一族が近くで空気を吸いたくない。天皇制を廃止しろ」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48794048.html

―――――――――――――――――

この時期の反天連デモ、スポンサーは「お言葉会見を企画した集団」ではないかとみている。天皇教保守に無条件で生前譲位を受け入れさせること、同時に保守分断目的の可能性があると言いたいのである。

反天連デモのカウンターが在特会が主力となっているのは知られた事実であるが、本来、カウンター、陳情等すべきは、不敬問題を扱う団体であるべきだ。
ひょっとすると、彼らは、在特会との共闘を避けたいのかもしれない。

話は変わるが、ここにきて、頑張れ日本が、11宮家復活のための街宣活動をしている。これは非常に意味がある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

6.7【東京都千代田区】
   宮内庁の情報流出を許さない!
   マスメディアの不敬・無責任報道を許すな! 緊急国民行動

期日
平成29年6月7日(水)

内容
15時00分~17時00分 和田倉門交差点前
(東京海上日動ビル前 大手町駅D1出口すぐ)

※プラカード持参可(ただし、民族差別的なものは禁止)
※国旗以外の旗類・拡声器の持込はご遠慮下さい。

主催
頑張れ日本!全国行動委員会
TEL 03-5468-9222


||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

最近スポンサーが激減した状態での活動なので、●本会議あたりが、スポンサーとなっている可能性はある。ただ、生前譲位の陰で暗躍している勢力対策として、必要な活動であることは確かだ。

拙ブログは、先日、「ポステイング&ポストカード作戦」の重要性を指摘したばかりであるが、

「ポステイング&ポストカード作戦」で日本と皇室を守ろう!
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-501.html

単体のネット情報、マスコミ情報にいつもいつも直ぐに反応するのではなく、今、情勢的に分析して何が課題なのか?、どう行動すべきなのか?、保守陣営を牽引する、団体活動されている方々におかれては、そういう意識と視点が重要であることを指摘し、本稿を終える。


以上

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

04:39  |  保守活動  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |