2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.06 (Sat)

安倍首相  なぜプーチンとの首脳会談が突出して多いのか

直観的な印象なのであるが、ここに来て、安倍首相の会談頻度、1回当たりの会談時間、会談の密度においてプーチンが突出しているような気がする。

たとえば、4月末の日露首脳会談、年末の首脳会談もあったことを踏まえると、今一つ新鮮味がない。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/rss/hoppo/page4_002953.html

今回は、首脳同士会って、墓参の件が一歩前進した感じである。

決して、安倍首相を疑っているのではない。多分、外務省HPに公開できないレベルの協議が行われ、その中の一部、その時点で公開して差し支えないものだけ漸次公開されていると推定している。

安倍首相は、必要があって、戦後を終わらせたい、日本を良くしたい、そういう動機でプーチンと集中的に会談していることは間違いないと思う。

しかし、言論人の中にはそうでない意見、評価があるようなので、どういう見方が為し得るのか、現時点でどういう評価が妥当なのか比較しておきたい、それが本稿出稿の目的である。

プーチンとの会談の頻度、1回当たりの会談時間、会談の密度において、他国の首脳と比較して突出して多い、背景について、とりあえず7ケース想定した。

―――――――――――――――――

■ケース1 平和条約とセットで領土返還を実現したい
■ケース2 時に世界支配層向けにプーチンと外交対応せざるを得ない
■ケース3 北朝鮮指導者の亡命事案の処理と同時に、北朝鮮拉致被害者救出目的でプーチンの協力を得ようとしている
■ケース4 米朝間の紛争となった場合、トランプの名代としてロシアのスタンスについて事前に確認を求めている
■ケース5 国家指導者の中で、世界に対し最も影響力を行使しているのはプーチンなので節目節目でどうしてもプーチンに会わざるを得ない
■ケース6 第二次安倍政権以降、安倍首相がロシアの影響下にある
■ケース7 自民党長老(中曽根元首相)が、プーチンとの会談を催促する

―――――――――――――――――

以下、各ケースについての解説。


■ケース1 平和条約とセットで領土返還を実現したい

外務省HP(日露首脳会談)を読むと、北方領土の墓参について、実施レベルでの協議が進行していることがわかる。

日露首脳会談
http://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/rss/hoppo/page4_002953.html

次回の会談予定の日時も決定していることは、平和条約交渉が順調に進展している証左ということになる。

鈴木宗男は、4月の会談において、平和条約交渉に一歩入っていると、絶賛している。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170501-OYT1T50097.html

「平和条約に一歩入った、大成功」…鈴木宗男氏
2017年05月01日 23時15分
特集 深層NEWS
 民進党の江田憲司代表代行と新党大地の鈴木宗男代表がBS日テレの「深層NEWS」に出演し、4月27日の安倍首相とロシアのプーチン大統領による首脳会談などについて議論した。

 江田氏は両首脳が合意している北方領土での共同経済活動について、「進めても、領土問題をどう解決するのか道筋が見えない」と語った。一方、鈴木氏は両首脳が航空機による元島民の墓参で合意したことなどを挙げ、「平和条約(締結)に一歩入っている。大成功の首脳会談だ」と強調した。

2017年05月01日 23時15分

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


■ケース2 時に世界支配層向けにプーチンと外交対応せざるを得ない

プーチンが、就任以降最初に会談した相手が、英国の首相だった。英国首相は、当然、ロンドンシテイ(国際金融資本)の代弁者であるとみれば、安倍・トランプ会談はその意向に沿った対応となる。
安倍首相は、二番目にトランプと会談、年末と4月の安倍・プーチン会談を経て、今回、再び、日英首脳会談、プーチンから世界支配層向けのメッセージが伝達されたのではないかと私はみている。

なお、4月の日英首脳会談、内容を読むと、日英同盟に近いレベルの協議が行われていることがわかる。

日英首脳会談
http://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/we/gb/page4_002957.html

双方に、重大な懸案はない中で、安倍首相が英国の公式別荘に招かれ、双方、前向きに議論、確認したことは、極めて重要である。(外交会談の成果を、お経の念仏みたいなものとして捉える方がいるかもしれないが)


■ケース3 北朝鮮指導者の亡命事案の処理と同時に、北朝鮮拉致被害者救出目的でプーチンの協力を得ようとしている

本ケースは、4月の安倍・プーチン会談の予定議題の一つではないかと私は認識している。

4月の日露首脳会談では、北朝鮮問題について、「安保理常任理事国かつ六者会合のメンバーであるロシアの建設的な役割を促し,国連の場を含め,北朝鮮問題につき日露で協力していくことで一致しました。」としているが、米露交渉の取り継ぎだけでなく、それ以外のことも協議されていると見るべきだろう。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/rss/hoppo/page4_002953.html

―― 参考情報 ――――――――――

・安倍首相訪露の政治的意味  外交史上稀に見る勝負手を放つ?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-422.html

―――――――――――――――――


■ケース4 米朝間の紛争となった場合、トランプの名代としてロシアのスタンスについて事前に確認を求めている

安倍・トランプ会談の経過、アメリカ海軍の日本海、東シナ海での作戦行動などから、トランプの意向を伝達、ロシアの出方について、日露平和条約締結の前提で、協議する可能性は十分にある。


■ケース5 国家指導者の中で、世界に対し最も影響力を行使しているのはプーチンなので節目節目でどうしてもプーチンに会わざるを得ない

「世界戦争を仕掛ける市場の正体」にて、元外交官馬淵睦夫がかく指摘している。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

141~142頁

世界を動かしているのはプーチン

経済についてプーチンは、率直にロシア経済がマイナス成長であり、二○一六年も、マイナス成長であると発言しているんですが、ここからわかるのは、プーチンの政権が安泰だということです。

中略

いま世界の主役というか、世界を動かしている人物はプーチンだということが、この会見ではっきりしました。千四百人に近い人が集まったことがそれを証明しています。ちなみに米誌『フォーブス』ランキングでも、世界でもっとも影響力のある人物のトップは、三年連続でプーチンでした(二位メルケル、三位オバマ、安倍首相は四十一位)。
本章のテーマである、グローバリズムとナショナリズムの対立を考えるときに、やはりそのカギを握っているのがプーチンだろうと。それであるがゆえに、これは私の持論でもあるわけですが、グローバリストのネオコンからウクライナ危機を仕掛けられ、それから、ある意味でトルコ危機を仕かけられているというのが、私の率直な感想です。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


■ケース6 第二次安倍政権以降、安倍首相がロシアの影響下にある

中川八洋のブログに、以下の記述がある。

―― 参考情報 ――――――――――

KGB第一総局の操り人形・安倍晋三の対ロ祖国叛逆外交 ──“ロシア対日工作のSVR首魁”ナルイシキンと昵懇の安倍晋三
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/02/28/145619

―――――――――――――――――

中川八洋の批判、表現的に過激な部分はある。が、あれだけ長時間、何度も会談、一体何を話しているのか、疑問に思う人がいても不思議ではない。
墓参について着目するのであれば、本来、外相マター、外務省高官マターの次元であるべきものが、なぜ、双方首脳だけで何度も会談するのか?なぜ、今回、確認された中で墓参の件が先行したのか?
双方にとって、漏れてはならないことが、協議に含まれていること以外、考えられない。それが、国益に資するのかどうか。中川八洋は何度も会談が繰り返されている割に、成果としてなかなか公開されないことを訝っているのかもしれない。


■ケース7 自民党長老(中曽根元首相)が、プーチンとの会談を催促する

中曽根元首相が、KGBのエージェント的役割を担う日本側の中心人物だった場合、中曽根元首相に催促される形で、プーチンとの会談がセットされることはありえることと見なくてはならない。

―― 参考情報 ――――――――――

鳩山一族以外にソ連のエージェントだった自民党の大物がいる?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-452.html

―――――――――――――――――

まとめに入りたい。

安倍首相がトランプとの会談が多く長い理由、どれが決定的な原因か特定することは難しい。が、会談ごとに上記7つのどれか一つが原因となっているような気がするのである。

ただ、4月の会談については、上記のケース1~5が該当すると見立てている。

従って、外務省HPにて公開できるものは限定的、外交成果らしいものを求めるのは、もう少し先となる、そういう忍耐強さが、ロシアという国、そしてロシアの国民性が(ソ連崩壊以降)耐乏することに慣れているがゆえに、我々もせっかちになってはいけない、と考えるのである。

以上

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

12:47  |  外交  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.06 (Sat)

活動実務に精通した保守系指導者の必要性

本稿、田母神裁判をきっかけとして、保守陣営の地殻変動が起こると予想、出稿することとした。


田母神を告発した方が、相次いで繰り出す批判の言葉、一人の社会人として聞くに堪えない。
これが、草莽崛起、大和魂、武士道、愛国、保守主義を語ってきた人物かと思うとがっかりする。



そういう私は、自分が、愛国主義者だとか保守主義者だと語るつもりはない。
会社の役員・管理職用の書架にて、所蔵する著名な哲学者の全集を並べたり、執務室に皇室写真を飾るのと同じ臭いがするのである。
田母神を告発したあの言論人の世代は、学生時代は大方共産主義にかぶれ、勉強せず、それでいて高度成長時代に遭遇、社会的には成功者が多い世代である。が、その生き様は、概して裏切りの世界である。
自身が得をする場面で、平気で人を裏切るのである。ちょっとしたことでカーッとなって論争を吹っ掛けてくる方もいた。何人もそういう人を見てきた。また、残念な事だが、悪いことを悪いと言わない傾向が強い。
悪いことを悪いと言わない、それは、彼らが幼年時代を過ごした、社会全体がGHQ占領中のプレスコードに従順に従う世相であったことが起因………………

そういう見方をしているので、前日まで左翼だった人が、一晩で愛国ビジネスに宗旨替え、器用な変身が続出する。私には到底真似ができない。

それと較すると、今の就職氷河期世代、彼らの言動等新入社員時代から観察したが、少なくとも私の世代よりも資格取得に熱心、接遇等において誠意ある振る舞いをしている。携帯ショップで対応する入社直後の若者たちの言葉遣いの誠実さ、巧みさを我々世代は見習うべきだと言いたい。


もちろん、私は、自分が善良なブロガーと名乗るつもりもない。
ある会合にて、相互リンクしようと先方から持ちかけてきたブロガーがいて、「こちらから相互リンクしました」とブログのコメントで報告したところ、コメントに対する反応は一切ない、100%無視して約束を破るのである。それから暫くして、そのブロガーが私の記事をパクり、日本で最初にこのテーマで発表したと書いたのである。
その人物が、「日本の心なるもの」」をある場所で語ったことを知ったので、以後、私は、「日本の心」を語るつもりもない。


そういうことは、人知れず行動にて示されるべきことであって、自ら宣言する性格のものではないからだ。


私は、そういう偽善と同列に扱われたくないのである。進んで、大和魂とか、武士の心得であるとか、善良であるとか、誠実であると自ら名乗る「気持ちの悪い人たちの偽善ぶり」が我慢ならないのである。


人は見た目で判断するものではないが、思っていることは往々にして顔に出るものだ。プロ野球のパリーグ、元捕手だった監督が二人いる。一人は狡そうな雰囲気がもろに顔に出てしまっている監督(私の家内は、狡そうな捕手出身の監督をことのほか嫌っている)、もう一人は最下位で苦しい状況にあるはずなのに淡々と選手にしかるべき指示を怠らない監督、、、私は、パリーグの最下位の監督にかつて巨人の名選手で西武の名監督だった「広岡達郎」の姿を見るのである。その辺に数多あるビジネス書に飽き足らない方、広岡達郎の本に、職人的な視点でのビジネススキルの基本が書いてある。


ただ、彼らが偽善的振る舞いに陥り、その偽善が追及されるに至らないのは、


愛国を標榜する保守層において、国家意識が共有化されていないことが根本的な原因にあるのではないか

共有化した国家意識(教育勅語もその一部かもしれない)がないがゆえに、何をやろうがやったもん勝ちみたいな独善的な行動に走る(一部は、保守と称する)人たちへの歯止めが見出しにくいのではないか


保守活動においても、プロ野球における広岡達郎的な指導者、いや先導者がいたら、状況はもっと変わっていたような気がする。渡部昇一先生は「歴史の虹」を中心に大まかに語った。福田恒存は考え方において優れた人だった。平泉澄は二度と輩出しないような言論人であったことは確かだ。そんな中で私は中川八洋や倉山満には期待している。馬淵睦夫の本は外交分析する際に非常に参考になっている。

が、実務的な事を含め、広岡達郎のように、

職人的な視点でのスキル、指導者としての球団経営のあり方含め、オールマイテイに「基本中の基本」が何であるかを語り、実践した方はいたのか…………

ただし、広岡達郎は冷徹過ぎる面はある。これは、人の持ち味なので、良いとか悪いとか言うつもりはない。少なくとも「他人を貶め自分だけが得をしようとする、狡さでの持ち味」とは異なることは言うまでもない。


ここで、誰が一番手なのか考えたい。

私には、田母神訴訟への加勢を通じて、ある保守活動家が、保守陣営の扇の要のような役割を担うような気がする。

多くの人は、その役割として櫻井よしこが適任だと言うかもしれない。しかし、彼女は、選挙、陳情活動、ビジネス社会の経験がない。原稿料、出演料が確定した場面で発言する印象がある。ボランテイアを嫌う印象があるのだ。主張は、言葉尻はいつも流麗、内容的にはなるほどと思うが、概して大ざっぱである。

選挙、団体活動、ジャーナリスト、出版、各種ボランテイア、農業者、多くの実務的経験を有するがゆえに、瀬戸弘幸が、野球界における広岡達郎的存在に近い、その一番手にいるような気がするのである。
瀬戸弘幸のブログを見ている方なら気が付くことだが、多くの(無名の)人が、瀬戸弘幸を頼り、面会を求めている。最後の命綱として瀬戸弘幸を頼っている人が存在していることがその証左である。

広岡達郎と瀬戸弘幸、タイプが異なる指導者であることは言うまでもない。

何はともあれ、田母神裁判一審にて、無罪判決が出ることを待望する次第である。

9a8012a8-s.jpg 

誰が何のために田母神俊雄氏を追い込んだのか?

横領罪では不起訴となった
田母神事件、これは仕組まれた
ものだったのか!?
チャンネル桜の真意から
検察の思惑まで、法廷の現場から
その全容を読み解く!

〈目次〉
第一章 田母神先生と水島氏の確執
第二章 突然、始まった水島総氏の田母神先生批判と検察への告発
第三章 二つのビデオの存在
第四章 渡辺眞先生と諸橋会長との対談
第五章 第5回裁判
第六章 第6・7回裁判
第七章 島本順光事務局長裁判報告
第八章 平成28(2016)年12月の攻防
第九章 平成29(2017)年1~2月の攻防
第十章 今村直樹氏の闘い
第十一章 最後の公判廷

以上

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

05:55  |  保守活動  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |