2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.05 (Fri)

トランプ外遊の安全保障外交上の意味

トランプ大統領が、就任後初めて、イスラエル、バチカン、サウジアラビアを訪問するそうだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sankei.com/world/news/170505/wor1705050010-n1.html

トランプ米大統領がローマ法王と会談へ 初外遊で3カ国歴訪

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は4日、今月下旬にイタリアで開かれる先進7カ国(G7)首脳会議に先立ち、就任後初めての外遊先としてイスラエル、バチカン、サウジアラビアの3カ国を訪問する方針を固めた。米政治専門サイト「ポリティコ」などの米メディアが複数のホワイトハウス高官の話として報じた。

 ローマ法王庁は4日、トランプ氏は24日にローマ法王とバチカンで会談すると発表した。

 トランプ氏は3カ国を訪問した後に、25日にブリュッセルで開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席。26、27両日のG7首脳会議に臨む。

 これに先立ち、トランプ氏は3日、パレスチナ自治政府のアッバス議長とホワイトハウスで初めて会談した。トランプ氏は会談後の共同記者発表で、2014年以降、中断しているパレスチナとイスラエルの和平交渉の再開に強い意欲を示し、「必要な全てのことを行う」と述べた。

 アッバス氏はトランプ氏の交渉力に期待を示し、イスラエルとの「歴史的な合意」に向けて米国と協力すると約束した。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

この記事から読み取れること、表面的には、イスラエルとパレスチナ和平合意に向けた介添えをやろうとしている。

では、オバマ政権時代だったらどうなるか。何もしないか、おそらくトランプとは正反対の構想だったと予想する。

そういう前提で、ローマ法王との会談、イスラエル訪問、サウジアラビア訪問の意味を考えたい。

まず、ローマ法王。2015年のパリ同時多発テロ事件でのコメントから参照したい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

「世界戦争を仕掛ける市場の正体 グローバリズムを操る裏シナリオを読む」(宮崎正弘、馬淵睦夫)

22頁
馬淵
二○十五年十一月十三日に起きたパリ同時多発テロ事件について私が注目した点は二つあります。
ひとつはローマ法王フランシスコ一世の発言です。パリ同時多発テロを「このような行為を神の名を使って正当化するのは神に対する侮辱だ」とイスラム国の暴挙を強く非難(『朝日新聞』十一月十六日)したうえで、「これは第三次世界大戦の一環である」と発言しました。英語のテロップは「Part of World War Ⅲ」
でしたから第三次世界大戦で間違いありません。
それからもうひとつは、これは「戦争行為だ」とフランスのオランド大統領が宣言したことです。「暗殺者はいかなる文明も代表していない」から文明国同士の「戦争」ではないが「戦争状態」であると。つまり、フランスは宣戦布告されたということです。したがって、フランスはすぐさま非常事態宣言を発布し、シリアのISの拠点への空爆を始めました。
ここで私が指摘しておきたいのは、「九・一一」への投影です。

191頁

馬淵
私はローマ法王がおないだのパリ同時多発テロを評して、これは第三次大戦の一環だと発言した、その真意を汲み取ってもらいたいですね。
ところが日本はね、どういうわけかローマ法王の発言を重視しません。日本はクリスチャンの国じゃないかとらということかもしれないけれども、ローマ法王はクリスチャンとして発言してるわけじゃないんでね。

192頁
馬淵
世界中の十億のカソリックからさまざまな情報が集まって来るのです。ローマ法王は世界でいちばんの情報通といえるでしょう。

馬淵

習近平の訪米時期をローマ法王にわざとぶつけたアメリカの底意は、「中国よさようなら」ということだったと思います。アメリカが中国の対外的暴走を抑えにかかったということは、習近平の権力闘争にマイナスでしょう。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

トランプは宗教的にはカトリックだそうだ。

トランプは、ローマ法王に対し、第三次世界大戦を避けるための知恵を貰いに行くつもりなのであろう。
なぜなら、アメリカ大統領選挙で、クリントンが当選した場合、第三次世界大戦に向かうことは必定と考えられたからだ。

次に、イスラエル訪問の意味を考えたい。産経報道では、パレスチナとの和平交渉の進展だとしている。

「世界戦争を仕掛ける市場の正体 グローバリズムを操る裏シナリオを読む」(宮崎正弘、馬淵睦夫)から該当箇所を参照する。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

48~49頁
ISの台頭で利益を得たイスラエル

宮崎
現時点での中東アラブ情勢の趨勢から結果を出すというのは非常に時期尚早なんですが、ひとつはっきりと断言できるのはISの登場と中東政治の攪乱によって、イスラエル・パレスチナ問題が中東紛争という大きな枠組みのなかで完全に横に置かれた。
焦点ではなくなったんですよ。その前は中東といったらパレスチナとイスラエル問題しかなかったのですから、それが完全に隅っこに消え、マスコミの情報からも消えた。

中略

宮崎
毎日、ISがどうしたこうしたって話になっちゃった。そういう点では、大きなイスラエルの工作があったのかもしれないけれど、問題は、馬淵さんがいみじくもおっしゃったように、ISを誰が作ったんだと。アメリカが作った。そして、その前のアルカイダは誰が作ったのか。これもアメリカが作った。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ISの登場によってイスラエル・パレスチナ問題が中東紛争という大きな枠組みの中にいなかったということは、ISが消滅する前提で考えると、イスラエル・パレスチナの恒久和平を実現するまたとないタイミングということになる。

クリントン大統領だった場合は、次なる戦争準備に向けた仕込みとなるが、トランプ大統領の場合はそうはならない。

では、サウジアラビアはどうなのか。私は、サウジアラビアをISの支援国?、中東の隠れイスラエル支援国家=イスラエルの兄弟国とみている。

また、産油国でもある関係で、サウジアラビア訪問時の議題は、ISの後始末、石油価格の取扱い、オバマ政権の後始末となるような気がする。

つまり、トランプは、ローマ法王との会談、イスラエル・サウジアラビア訪問を通じて、中東の緊張を鎮静化させると予想する。

では代わりに何をしたいか?というと

中共との全面戦争が避けられない場合、それに備えすべての勢力を東アジアに振り向ける、
言い換えると世界各地における余計な小競り合いは、中共との全面戦争前に終結させたいのではないかと、予想するのである。

以上

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

11:58  |  アメリカ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.05 (Fri)

鳩山一族以外にソ連のエージェントだった自民党の大物がいる?

ソ連時代からの「KGBエージェント」と「無意識の協力者」は意外に多い。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://wldintel.blog60.fc2.com/blog-entry-77.html

“エージェント”と“無意識の協力者”

 ところで、シベリア抑留者の洗脳工作を担当し、その帰還者を足掛かりに戦後日本へ浸透、対日工作の“黒幕”として君臨したイワン・コワレンコは、回想録の中で何人もの日本人の“友人”の実名を挙げている。そのほとんどは私とのインタビューでも語っていたが、それはつまり、逆にエージェントの可能性は低いということなのだろう。
 参考までにそれらの人々を挙げておく。(一部にレフチェンコ・メモ公安版に登場する名前もある)。
 政治家では、自民党が石田博英、鳩山一郎、河野一郎、赤城宗徳、田中角栄、中川一郎。社会党が成田和巳、石橋正嗣、勝間田清一、飛鳥田一雄、土井たか子、五十嵐広三、高沢寅男、山本政弘、岡田春夫、岩垂寿喜男、伊藤茂。その他には、三浦甲子二、杉森康二、堤清二、松前重義(東海大総長)、池田大作(創価学会名誉会長)、千田恒(元サンケイ新聞記者)、秦正流(元朝日新聞編集局長)、白井久也(朝日新聞記者)、中村曜子(画廊「月光荘」経営者)、長谷川千恵子(画廊「日動画廊」経営者)、柴野安三郎(札幌日ソ友好会館オーナー)、岡田茂(東映社長)(以上、肩書きは同書のまま)――。
 このメンバーをざっと見渡すと、ソ連通を公言していた人物も確かに少なくない。そうした人々は、ソ連共産党のシンパではあっても、エージェントと呼ぶような存在ではないだろう。
 日ソ諜報戦に絡む資料を目にするたび、私はいつもひとつの違和感にとらわれていた。それは、「何をもって“エージェント”というのか」がいまひとつあいまいなことだった。
 日本のような国では、おそらく「カネを受けとって正式な工作員となった人間」の他に、相当数の“無意識の協力者”がいる。そして、そんな大勢の名前がシャッフルされることで、本当の工作員が隠されているのではないか、という気がしてならない。
 中川一郎は、この“広義のソ連コネクション”のどこかにいた。それは確かに、総裁の座を狙う保守派の派閥領袖としては“弱み”だったかもしれない。だが、それが彼の死に直接関係しているのかどうかは、結局のところ確認のしようがない。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


さて、鳩山由紀夫元首相はソ連から資金を得ていたと言われている。

―― 参考情報 ――――――――――

青山繁晴「鳩山元首相クリミア訪問/日本の情報機関が調べてるのが鳩山資金の出元/巨額子供手当はソ連マネーか?」
http://www.asyura2.com/15/senkyo181/msg/509.html

―――――――――――――――――

ここで、民主党政権発足直前、鳩山由紀夫周辺で不審死が続出したことを想起したい。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://hosyusokuhou.jp/archives/48789009.html

80. 名無しさん@ほしゅそく   2017年03月28日 12:47:47  ID:czMjI4OTY このコメントへ返信
ひところし民進党
09/01/21
小沢一郎との癒着企業・西松建設社長を逮捕。
同じ日に元西松建設専務嶋田武司が死亡。
09/02/24
西松事件で聴取予定の長野県知事の元秘書右近謙一が、
電柱で首吊り遺体で発見。
09/03/01
小沢の闇を追求していた元衆議院議員吉岡吉典が
ソウルで会食後心筋梗塞で死亡 。
09/03/03
小沢第一秘書大久保隆規を逮捕。
09/03/03
民主党岩手支部家宅捜索。
09/03/04
民主党支部の事務所がある相模原卸売市場が
火災で全焼。捜査直前に関係資料燃失。
09/03/22
自民党麻生太郎の祖父 吉田茂邸全焼。
09/06/16
鳩山由紀夫の故人献金問題が報道される。
09/07/ ?
鳩山由紀夫の秘書・芳賀大輔と勝場啓二が行方不明。
秘書の家族も行方不明。
(後に芳賀大輔は罰金刑。勝場啓二は禁固2年の判決)
09/08/29
鳩山由紀夫の個人献金の重要人物
花田順正税理士が露天風呂で謎の死。
09/08/30
衆院選民主党大勝利。
09/11/24
西松事件で賄賂疑惑のあるタイのサマック元首相が
バンコクの病院で謎の急死。
バンコク都庁発注のトンネル工事をめぐる汚職事件捜査が進展していた。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

亡くなられた方は、ソ連からの資金提供の証拠を握る人物だとしたら辻褄が遭う。

また、鳩山由紀夫は、東アジア共同体の発案者の1人。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E5%85%B1%E5%90%8C%E4%BD%93

東アジア共同体構想関係者

中曽根康弘
伊藤憲一
田中均
藪中三十二
鳩山由紀夫 - 祖父鳩山一郎同様、欧州連合の父の一人リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー伯爵から思想的影響を受ける。
藤野文唔
河野洋平
藤末健三
松本健一

||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


鳩山由紀夫の息子は、モスクワ大学の客員講師だった時期がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E7%B4%80%E4%B8%80%E9%83%8E

私は、この破格の対応が、政権交代のご褒美に思えて仕方がない。

同時期、佐藤優は、鳩山由紀夫をかく褒めちぎった。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://yamatonoibuki.seesaa.net/article/269184291.html

http://www.toonippo.co.jp/tenchijin/ten2010/ten20100420.html

2010年4月20日(火) 東奥日報 天地人

バックナンバー▼

 鳩山由紀夫さんは優柔不断で何を考えているのかわからない宇宙人か。「違う。名門スタンフォード大で博士号をとった正真正銘の学者。日本の政治史上まれにみる知識人宰相だ」と元外務省主任分析官の作家佐藤優さんはいう。

 鳩山博士は、与えられた条件の中で最も効率的な態勢を築くオペレーションズ・リサーチ(OR)の専門家。ロシアの天才数学者マルコフの確率理論に基づき「どのタイミングで決断するのが最も有利か」を研究してきた。その力量を佐藤さんが「本の窓」(小学館)の連載「勉強術」で紹介している。

 第2次世界大戦で劣勢の英国がドイツを撃退したのは、自国の欠陥を修正しながら最大の力を導き出したORの勝利だった。鳩山政権の事業仕分け哲学も同じ。国家の部品の総取り換えはできないので、不具合個所を整理し、故障部品である官僚を異動させ、構造改革を進める。

 普天間問題では日米同盟を最大限に強化するという目的関数を設定する。これに沖縄の人々の反発、米国の反発、中台関係、米朝交渉、小沢問題といった制約条件を組み込んだ方程式を立て、時間とともに変化する事態をにらみながら最適解を探ろうとしている。

 「足して2で割る」永田町の算数に慣れきったジャーナリストに微分方程式は理解できないのだ、と佐藤さんはいう。だが、議論の平行線を交わらせようとするのは高等数学をもってしても難しい、と算数あたまは考えてしまう。決断の大家が解を出せずにもがいている。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

本当に、オペレーションズ・リサーチの専門家なら沖縄米軍基地問題をあのような形で木っ端みじんにすることはなかったはずだ。
事業仕分けもそうだ。公約のほとんどが未達成だったのは、実務経験なき、オペレーションズ・リサーチの専門家を装ったに過ぎない。
そして、佐藤優は、エージェントとしての役割を担って、褒めちぎったことは言うまでもない。

ここで、東アジア共同体に名を連ねている大物政治家がいることに注目したい。

中曽根元首相である。

中曽根元首相は、東アジア共同体の発案者の1人。中曽根元首相が重用した、瀬島龍三はソ連のスリーパーと言われている。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/intel_news_reports/archives/31387499.html

インテリジェンスのない国家は亡びる―国家中央情報局を設置せよ!2013/8

佐々 淳行

瀬島龍三は、ソ連の「スリーパー」だった?

ちなみに、本書では、元伊藤忠商事会長で中曽根康弘元首相のブレーンでもあった瀬島龍三氏について、はっきりと「ソ連の大物スリーパー」であったと書かれている(pp. 79-82)。「スリーパー(sleeper)」とは、秘かに他国のスパイや工作員になっている人間のことで、普段は何もしないが、いざという時に工作活動を実行するところに大きな特徴がある。

佐々氏によると、警察関係者の間では、「知らない方がおかしいんで、みんな知ってますよ」というくらい周知の事実であったようだ。実際、警察当局は、瀬島氏がKGB関係者と接触していた場面を押さえていて、監視対象にしていたという。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

次に、中川八洋が政権中枢に巣くうとするエージェントリストを眺めてみたい。

―― 参考情報 ――――――――――

KGB第一総局の操り人形・安倍晋三の対ロ祖国叛逆外交 ──“ロシア対日工作のSVR首魁”ナルイシキンと昵懇の安倍晋三
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/02/28/145619

安倍首相側近
―――――――――――――――――

にわかには信じがたいことであるが、安倍首相自らががそう決断するか、自民党の大物がそういう人選とすることを要求しない限り、そうはならない。

私は、後者をとる。

どうしてか。

決戦投票で、第二次安倍政権を実現させた?、自民党大物の意向には逆らえないと私は解するのである。

自民党の大物は、政界を支配するために、自民党総裁選を利用、有識者会議等の人選にこだわる?と私は見るのである。

有識者会議や政府委員の要職に、GHQ占領~東京裁判時代の歴史認識丸出しの人物、たとえば、北岡伸一や五百籏頭真、読売の主筆渡邉恒雄が重用されるのも、自民党大物の意向と考えれば説明がつくかもしれない。

そういう経緯を振り返ると、鳩山由紀夫と中曽根元首相は、東アジア共同体としての繋がりだけでなく、鳩山一郎と中曽根元首相との関係において繋がっているとの結論に達するのである。

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

05:00  |  保守政党  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |