2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2017.03.06 (Mon)

批判文しか書けない(書かない)言論人  何が欠けているのか?

一介の市井人が書くにしては、生意気なテーマであることは承知している。
が、書かざるを得ないので書いている。

「ホンモノの思考力」(樋口裕一)という本がある。

ホンモノの思考力

それなりに売れた本であるが、アマゾン古書価格で、1円品が続出している。
要するに、読んだ大多数の人が、手元に置いておく理由がないとみなしていることを意味する。

が、1円品が続出しているからという理由から悪い本だと決めつける必要はない。きちんと読めば、部分的にはなるほどなあということは書いてあるのであるが、この本が扱うテーマ、内容から、なぜ批判文しか書けない(書かない)言論人が続出している理由をこの本の中に私は見出した。

言論人たちの批評の作法としての文章力は、(批評に限定すれば)私よりも数段上手いこと、その流麗な文体は、(そんなに深く考えない)一般社会の人々を納得させるものであることは否定しない。


著者は、思考の概念としての対象について、実社会の実相を想定しておらず、限定的でありすぎると私はみている。

見出しから察するに、「反論して論破すること」に思考のウエートがおかれている。

つまり、既に存在するもの、既に示された概念に対して、どう反論、論破するかという、思考方法の視点で、この本は書かれている。

対して、現実の政治、特に国政の世界はどうか?



8つの側面から国政は成り立っているのではないかと思う。

―――――――――――――――――

①選挙公約など、国家ビジョンの提言
②施政方針演説、長期計画等の策定、談話文等の作成
③国政に係わる種々の提言、今までなかった概念を国政に取り入れようとする試み
④上記に係わる立法措置、実施体制、財源確保等


⑤他の政党、他の議員が書いた政策の批判、添削
⑥外交、行政等に係わる調査、分析
⑦法案等の文書審査
⑧その他質疑・議論

―――――――――――――――――



著者は、文学部出身の学者、実社会経験がない。が、受験生向けの小論文の大家であるそうだ。
受験生レベルの作文ならそれでもいいだろう。
が、実社会、政治の世界を含めて、すべて適用可能とするには無理がある。この本には、書かれていない思考力に係わる領域が存在する。

それは、イメージ、概念等の文章化(定義、シナリオ化)、図式化等に係わる思考スキルに関することではないかと思う。

さて、実社会においては、既成概念が存在しない「無」から「有」を要求されるケースが多々ある。
私個人については、先輩諸氏が負け戦続きの仕事で、上司はおろか先輩諸氏が誰も処置できず、他の部署の仕事ぶりを指を咥えて眺めている状況で、「お前がやれ」と指名され専任でやらされたことがあった。

私は、反論・論破する対象も機会も与えられず、私の書いたもの、提言するものについて、上司・先輩・他の部署が(悪意で書くと)「ホンモノの思考力」のノウハウを駆使して、私に反論・論破しようとする立場におかれたことになる。上司、先輩、他の部署は、処方箋はおろか提言書すら書けないのに!である。

私が、私より年上である、団塊世代の先輩社員の一部を馬鹿にするのは(本来的には失礼な物言いであることは承知している)、仕事に対するスキル的未熟さ、心構えのなさを問題視しているからだなのだ。

あなたが同じ立場なら、こういう場合どうすべきか?
この本に書いてあるノウハウだけでは、突破は不可能である。なぜなら、当事者であるあなたが書類を作成し、会議を徴集しないと、議論のテーマを含めて何一つ決まらないからだ。



この場面で必要となる思考力は何か上記国政のケースでいうと①~④が該当する。

上述で紹介した、「ホンモノの思考力」というタイトルに沿えば、文言的には、①~⑧すべてに適用可能な思考力でなければならないが、この本で想定されている対象は、実は、⑤~⑧でしかない。
受験生向けならそれでもいい。

もちろん、創造、提案的なことは含まない。それを「ホンモノ」というタイトルまで付けて表現すべきなのであろうか?ということなのである。


少なくとも、タイトルを「大学受験小論文対策決定版」と書き換えるべきだった。



ただ、私の受験時代にこういう本はなかったが、あれば読んでいた。
受験生にとっては、良い本なのである。
私は、受験科目が、たったの3科目で小論文が受験科目に含まれる、有名私大を受験したことがある。数学はほぼ満点、英語は9割は確保、小論文では、鉛筆10本、消しゴム3つほど用意して、1時間程度の時間、悪戦苦闘したことがある。



そして、この本には、気になる部分がある。
実は、賛同する、共鳴する対象への配慮がない。
批判、反論する視点にウエートがおかれ過ぎているような気がする。

政治の世界は、同じ保守だとしても、主張が完全一致することはまずない。
個性的な政治家であればあるほど、そうなる。他の政治家の主張について賛同、共鳴するにしても、自分ならかく補強するという主張が生まれて当然なのだ。

他の政治家と区別して評価していただくためにも、提言は必要なのだ。

従って、余程の内容でない限り、(申し訳ないが)言論雑誌を読む気がしないのである。

なぜなら、言論人の書いたものの大半が、上記で言うと、⑤~⑧の領域に集中しているからだ。

二つのケースで示そう。
捏造慰安婦問題で、日韓合意に至る2カ月近く前に、相互に不可逆的みたいなキーワードを安倍首相が発した記事を産経?で読んだ記憶があるが、日韓合意文と安倍政権が処置すべき事項(シナリオと手順等)について、提言できた言論人はいたのか?
一部保守層から何かと批判が多い、安倍談話。私は何度も文章を眺めた。内容的には、アメリカ議会演説の延長線上で書かれたものであるのだが、言論人で、安倍談話の草稿を自主的に提出できた人はいたのか?
どちらのケースも上述の①~④の領域に属する。

そして、これら二つに今も反対される言論人に申しあげたい。日韓合意の外交文書、安倍談話に反対なら、全文について読まれきちんと添削結果を発表すべきだ。

その程度の事が出来ずして、言論人たる資格はあるのかと言いたい。



しかし、①~④の領域の思考力、文章化スキルを身につけるのは、簡単ではない。

それゆえ悩む、私も悩んだ、何年も悩んで来た。

それゆえ、生意気だと言われることを承知で、このテーマで書かせていただいたのである。

以上

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

20:53  |  言論人  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.06 (Mon)

ホンモノとニセモノ  見分ける方法

本稿、私個人、ニセモノ?と気づかない時代があったことを振り返り、反省の念を以て出稿するもの。

三つのケースについて、とりあえずホンモノではなさそうだという視点から寸評を述べさせていただく。


■ケース1 「愛国」的教育方針が強調されることを含め、用地問題で騒動となっている森友学園の場合


見立てとしてはこのブログのスタンスでいいだろう。

―― 参考情報 ――――――――――

森友学園の謎ー見え隠れするカルト・北朝鮮・極右の線
http://blog.goo.ne.jp/kuranishimasako

―――――――――――――――――

私は、この学校の教育方針すべてに精通している訳ではない。何か、教育姿勢的に不自然な点を感じる。愛国であることを異常に強調し過ぎるやり方が気になっている。

韓国の歴史教科書のタイトルが「正しい歴史教科書」であるそうだが、この手法を参考に、正しいとか、愛国を強調する教育方針であるような気がする。

―― 参考情報 ――――――――――

韓国の歴史教科書のタイトルはなんと「正しい歴史教科書」というのだそうだ 
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-229.html

―――――――――――――――――

また、森友学園のあの人物は、政権打倒を託されたスリーパーではないかとみている。

―― 参考情報 ――――――――――

森友学園の小学校設立を手助けしたのが民進党・平野博文(野田政権時の文部科学大臣)だと民進党の定例会見でフリージャーナリスト堀田記者に暴露される
http://snjpn.net/archives/16574

【森友学園】稲田大臣は感謝状を撤回せよと追及する民進党、民主党政権で「文部科学大臣優秀教員」に表彰すると決定した事実判明
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1488180982/-100

―――――――――――――――――

実際そういう怪しい動きを始めた。

―― 参考情報 ――――――――――

森友学園が鴻池事務所の陳情記録は捏造と反論
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4299.html

―――――――――――――――――

本稿紹介記事のとおりだとするとこういうシナリオが見えてくる。

まず、(組合貴族出身の関係で、まともな陳情を受けたことがない?、政界事情をよく知らない?)民主党議員(平野博文)に近づき、民主党政権時代に表彰状を貰うことを画策することに成功した。
その後、首相夫人個人で政治活動することが大好きな、安倍昭恵夫人に近づく。「安倍晋三記念小学校」という学校名とすること、安倍晋三の冠での寄付?などをされた時点で、不自然だと普通の人は気がつく。
安倍首相夫人は名誉校長に祀りあげられたそうだ。首相夫人としてチヤホヤされることに慣れ、単純で騙されやすいという点において、また、異常なまでにヨイショされても誰も自民党関係者が制止できない構図、さぞかし利用しやすい存在であったことであろう。
それでも懲りずに、安倍昭恵夫人は、自身の判断で(誰が何と言おうと)政治集会などに参加するのであろうか?偏差値35の「●●」でもわかる話である。
20170303.jpg

■ケース2 何かにつけて「愛国」、「保守」、「武士道」について言及する言論人が主催する団体の場合


・論点1 保守系団体幹部の前職がAV制作会社だったことを知ったら、その団体愛国的活動に共鳴したであろうか?

―― 参考情報 ――――――――――

モッツ出版。高須基仁氏が語る水島聡氏との関係
http://hitorigot0.blog.jp/archives/1055675778.html

―――――――――――――――――

私のスタンス:その事実を知っていたらその団体には登録しなかった。


・論点2 保守系団体幹部の妻がNHKの番組制作に係わっていることを知ったら、その団体が呼びかけるNHK抗議活動に参加したであろうか?

―― 参考情報 ――――――――――

チャンネル桜とNHK
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53221283.html

―――――――――――――――――

私のスタンス:その事実を知っていたら抗議デモに参加しなかった。


・論点3 保守系団体幹部同士が仲間割れ、一方がその経営する放送会社のテレビ番組でもう一方を放送法違反状態?で批判していても、その団体を支持するであろうか?

私のスタンス:この団体については係わる気が起きない。この時点で、活動に賛同しない人は増えていると予想する。

この団体の運営について、何かおかしいと気づいたのは、都知事選挙立候補表明直前だった。
その人は、田母神と一緒に安倍首相に会い話をしたと番組で語っておられた。
その時点で、私はすべてが氷解した。首相に会おうと思えば会える人が、それまでの活動のほとんどが抗議活動一本槍。集団訴訟も手掛けていたが、政府機関への陳情・要請文書はそれまで皆無?
つまり、成果を出すつもりの活動ではなかったことが、この時点で確定したのである。拙ブログが、提言型に舵をきるきっかけの一つになった。

ただ、映画「南京の真実」の制作が遅れに遅れていたことを根拠に、ニセモノ?と気づいていた人はいるかもしれない。

―― 参考情報 ――――――――――

映画「南京の真実」 水島総の詐欺、横領疑惑
http://kokuhatsu11.blogspot.jp/2015/02/blog-post.html

北朝鮮系右翼・チャンネル桜「水島総」の末路を予想してみた
http://kenpoukaisei.jugem.jp/?eid=135

チャンネル桜製作 映画『南京の真実』は駄作である。 #チャンネル桜 #水島聡 #呆守
http://ameblo.jp/scorpionsufomsg/entry-12246637094.html

―――――――――――――――――

ただ、そう批判する前に、「南京の真実」ビデオくらいなら、1本それぞれ3カ月くらいで500万くらいの制作費で制作可能であると、私なら考えてしまう。よって下記内容にて出稿した。

―― 参考情報 ――――――――――

「南京の真実」3部作  1500万で制作可能かもしれない?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-366.html

―――――――――――――――――

本当に制作されてしまった場合、反論の余地は消滅するのである。田母神俊雄が監修した「南京の真実」ビデオなら、飛ぶように売れるかもしれない!?ということである。アパホテルの経営者に、次の懸賞論文のテーマとして、持ちかけてはどうかと思っているくらいである。

■ケース3 その他のケース


私は、ここ数年、歴史について興味を持ち始め、キリスト教がアジア諸国とどう係わったか、どういう災禍をもたらしたかについて、読み始めている。

今段階だから言えることだが、アジア各国を植民地化し、異民族を奴隷の如く扱い、戦国時代、宣教師たちが日本人奴隷貿易に係わり、ローマ教皇も宣教師たちの一連の行為を是認した歴史を振り返れば、キリスト教の教義書が「聖書」と名付けられていることに反発を持ち始めている。
そのキリスト教会は、慰安婦問題について、日本政府に対し、謝罪と補償を求める中核組織だった。

要するに、キリスト教会は、植民地支配、奴隷貿易、慰安婦問題について、謝罪すべきことを為したのである。


次は、「美談」好きな数千人が集結、メーリングリストでバーチャルに語り合った団体と称する団体のケース。
ここに過去の論争の痕跡が読める。
http://blog.livedoor.jp/t6699/

書かれていることの大半は、おそらく事実であろうと推定する。
この団体は、「徳育」という言葉にこだわったように記憶する。
韓国の歴史教科書のタイトルは、「正しい歴史教科書」となっていることを参考にすれば、名称をそれらしく(美しく受け止められるように)脚色することにこだわった一例ではないかと思う。
多くの伝えられる美談話が創作だらけであること、それは研究者レベルの世界では常識である。忠臣蔵がその代表格と言っていい。
(歴史の)素人を感動させる(保守ビジネス)素材として、「美談」ものが重宝された時期があったことは確かだ。それは、マスコミがこぞって反日自虐・日本叩き・愛国議員叩きに走り、保守政党だったはずの自民党が内紛に明け暮れ、民主党が進めようとする政策に迎合した時代の、逃避的な性格を伴う産物である。

また、ある「真正保守」を強調する地方議員は、何かにつけて「特攻」隊員のことを引用した。その方は、批判文しか書けない(書かない)方だった。「特攻」隊員たちが、政治や戦争について余計なことは何一つ言わず、突撃していったことを知れば、その思いに応えるつもりがあれば、残され託された人がすべきこと、それは「批判」ではなく「提言」することであることは明白であろう。
何一つ提言しない人が、「特攻」を強調して引用することに、私は怒りを覚えるのである。




■総括


ケース1~3を教訓として受けとめると
「愛国」、「保守」、「武士道」、「正義」、「美談」、「特攻」、「徳」、「善」、「聖」という言葉を強調することに、私は、違和感を覚えている。そう語る人ほど、自ら実践しないどころか、真逆の人物である可能性はないのか……………………

従って、私は、自分のことを「愛国者」であると語るつもりはない。
従って、私は、自分のことを「真正保守主義者」であると語るつもりはない。
従って、私は、「美談」を強調するつもりはない。
もちろん、「善意」でブログ活動していると強調するつもりはない。

そう書くのは、歴史教科書を「正しい歴史教科書」と名付ける韓国政府、歴史について論争する最中に「正しい歴史認識」という「偽り」の言葉を平気で使う韓国の大統領、本稿で紹介したニセモノ?、と一緒にされたくないからである。

最後に、テレビ番組「なんでも鑑定団」出演者の、鑑定人「中島誠之助」の著書「ホンモノの人生」から、ホンモノとニセモノの見分け方について言及している(印象に残った)箇所について、紹介し、本稿を終える。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

「ホンモノの人生」(中島誠之助)からの抜粋
―――――――――――――――――

所詮、舞台装置のパネルのような拵え物、すなわち「こさえもん」は見てくれだけの美しさです。ホンモノの美しさにはどう逆立ちしたって絶対かないません。
私たちはきらびやかなモノや口先の上手な人に心を奪われがちです。そんな人からうまい話を耳元で囁かれながら、こさえもんのニセモノの器を見せられたらば、心が動いてしまうのもわかります。その器は「ゴージャスな袈裟」をまとっていて、やきものの茶碗なら二重箱仕立て、掛け軸なら太巻きで三重箱、これを「キモノがいい」といいます。そのために真の姿が見えなくなってしまう。それが騙しの手口です。

―――――――――――――――――

ホンモノ人生を歩むうえで必要なことは、裸の王様に向かって「裸だ!」といえる子供のような純粋な目をもつことです。ただそれを口に出すか出さないかです。そのときの状況を見極めることも重要です。これが「世渡りのコツ」になります。
さて、本題に戻りますと、ニセモノの中には「非常に優れたニセモノ」があります。これが厄介なトラブルを引き起こします。「ホンモノ」と寸分たがわぬ出来具合です。ところが、目利きにかかると、「よくできているが感動がない」の一言で見破られてしまいます。

―――――――――――――――――

欲を捨てて初めて、真実が浮き彫りになるのです、ですから、ニセモノ人間を鑑定する極意は「欲を捨てること」の一言に尽きます。
さらに、相手の人格と品性がわかるようになるためには、自分の感性を磨く必要があります。骨董のニセモノがわかるようにです。山は高くなればなるほど裾野が広がります。それと同じように、感性も磨けば磨くほど鋭くなり、程度の低いものがわかってくるのです。

―――――――――――――――――

ニセモノ人間はニセモノ人生しか歩めません。私は輝かしい天下の大道を歩きたい、とずっと強く願ってきました。その気持ちをもちつづけたことで、ホンモノ人生を歩むことができたのだと思います。

―――――――――――――――――

心、そして命。人間が今まで残してきた歴史は取り返しがつかないし、やり直すことができない。そして、国家であれ、個人であれ、家族であれ、これからつくりあげていく歴史は未知数で空白でなにがあるかわからない。だからこそ、カネで取り返しのつかないハートで責任をもって生きていかなければならない。
カネで買えないものは、もうひとつあります。私はよくいう「いい仕事」です。それはカネをかける、かけないの問題ではありません。カネと権力を結集してつくりあげるものは、システムと時間がありさえすれば可能だといってもいいのではないでしょうか。

―――――――――――――――――


||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


以上

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

06:25  |  保守活動  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |