2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.03.05 (Sun)

マスコミ記者は多忙でも有能でもない?  ネット通信社が全国紙を凌駕する日は近い?

日本のマスコミの海外特派員、何人いるかご存じであろうか?

2006年の新聞協会調べの数字となるが、574人、このうちアメリカは、161人だそうだ。

日本の海外特派員

出典:ジャーナリストという仕事





私は、この数字、ピンと来ない。もっと少ないと思っていたからだ。政治ブロガーであれば、習慣的に1日1原稿出稿する。それがアクセス維持に繋がるからだ。

ネット情報にて、あまり話題となることがない(拡散される事案がなぜか少ない?)ネット新聞社に「やまと新聞社」がある。

http://www.yamatopress.com/

1日何稿ペース、出稿しているか、ご確認いただきたい。
記者原稿ベースでは1日1稿ペースに近い。では、一体、何人の記者でやりくりされているか、ご存じであろうか?

聞いた話だが、記者全員で6人もいるそうだ。6人の少人数でやっていて手一杯で忙しいと電話口で語ったのだ。つまり、記者一人あたり、月数稿ペースということになる。

本稿を読まれている、保守系政治ブロガー諸氏は驚かれることだろう。
6人も部下を持たせてくれるなら、相当のことができると普通は考える。
一方、政治ブロガーの中には、一人で相当のレベルのことをされる方が存在する。



その前提で、アメリカに161人もいる特派員が、一体、年間どれだけの量の記事を配信しているのか、想像したい。

おそらく、新聞の海外欄を読んだ印象となるが、月1~2稿ペース、多い記者で月数稿ペースくらいではないかと、私は予想する。
つまり、日本の新聞社の海外特派員は、生産性が上がらない仕事をしている、惰性でのんびり仕事をしている、可能性があるのだ。


それと比較すると、個人ブロガーは、彼らプロであるはずの記者たちと比較して、文章量的には、圧倒的な量(数倍から最大で10倍)で出力していることになる。
ブロガーたちが、生活をブログ活動のために習慣化、ブログ一筋に打ち込んでいる人たちだとみなせば、生産性評価的には、極限に近いかもしれない。

多くの保守系ブロガーには、部下もいないが上司もいない。ブログ活動家で、付き合いの宴会が月に数回ある方は稀だろう。マスコミのように取引先からの接待などもない。就業開始、終業時間管理、給与管理、出張管理、しなくて済む。余分な付き合いを避けられ、間接管理業務ウエートが皆無となる分、保守系政治ブロガーの生産性が高いのは確定的である。

生産性が高い保守系政治ブロガーの存在は、(コネ入社、在日枠で入社した偏差値50の)マスコミ記者にとっては脅威であろう。彼らは、職務的には多忙だと言われている。夜討ち朝駆け等々。が、私にはそうは思えない。


1日1稿ペースで出稿する保守系政治ブロガーは、「最大で、マスコミ政治記者10人程度の出稿量」に匹敵する可能性がある。
マスコミ記者たちが、こぞって、ネット世論を目の敵にする理由を、私はこの点に見出すのだ。

そこで、個人ブロガーが結束、テーマ分担を決めて出稿すれば(一種のボランテイア通信社感覚)、全国紙の国際欄を凌駕できる可能性が出てくる。

政治ブロガーは1日1稿ペースで出稿
やまと新聞社の記者は、月数稿ペース
全国紙記者は、月1~2稿ペース

出稿量の多い、産経の阿比留記者は、唯一の例外。ひょっとすると阿比留記者はボツ原稿が少ないのかもしれない。



しかし、政治ブログの文章、マスコミ記事と比較して、雑なものが多い。
学歴や職歴を掲示されているブロガーもいるが、文体的に?なものもある。

政治ブロガー全般の印象についてマスコミ記事(コネ入社、在日枠で入社した偏差値50の記者が書いたもの)と比較しておきたい。

―――――――――――――――――

・きちんとした文体、調査・分析前提で書かれているものが少ない。
・テーマ的に、2チャンネルまとめサイトネタのものが多い。
・上司の決裁をとれる文体で書かれている、ビジネス文書スタイルのものが少ない。

―――――――――――――――――

政治を変えたいと主張するなら、せめて、以下のブログレベルは維持すべきではなかろうか?

―― 参考情報 ――――――――――

万国時事周覧
http://blog.goo.ne.jp/kuranishimasako

社会科学上の不満
http://blog.goo.ne.jp/ss007_2007

―――――――――――――――――


本稿の総括に入りたい。

マスコミ記者たちの出稿量と比較すれば、保守系政治ブロガー1人あたりの出稿量は、最大で政治記者10人分に相当する可能性がある。

コネ入社、在日枠入社の偏差値50の記者だらけだからそうなるは必定だ。偏差値とビジネススキルは確実に比例する。三流大学卒は、宴会やスポーツの時が一番元気で、提言書、企画書を書ける人はまずいない。逆に、東大卒は、優秀な人は、その辺の国立大学卒の2倍程度の集中力と処理スピードがある。また、コネ入社の社員は、総じて、肝心な仕事で役に立たず、重大な仕事を任されることがない。

東大卒の官僚たちから見れば、実力的に地方議会議員レベルでブーメラン続出の民進党議員が馬鹿に見えて仕方がないように思える。蓮舫は、言い逃れがうまいだけだ。
民進党議員にブーメランが続出するのは、実力のなさ、色眼鏡で物事を捉えてしまう見識のなさ、そしてビジネススキルのなさ、から来るものだ。

私の会社、コネ入社の人が結構いたが、提言書、企画書、稟議書というものに、無縁の状態で管理職になった先輩の学卒がいた。この方、メール文、情報連絡箋しか書けなかった。この方、もうすぐ65歳で退職する、しかし、何の成果を出すことのない、サラリーマン人生だった。
私は、心底、この先輩を軽蔑している。

私はどうだったか?拙ブログ書いているスタンスと同じことを、配属された各部署にて実行した。
同様の主張は、批判文しか書けない(書かない)言論人にも当てはまる。



そういう人を間近で見ていて、同世代のマスコミ記者たちが、コネ入社、在日枠入社だらけであることから、(私の会社と同様)どの程度のビジネススキルで記事を書いているかがわかるのである。

それゆえ、保守系ブロガー諸氏に、

・我々はその辺の(コネ入社、在日枠入社の偏差値50の)記者と比較して、最大で10人分の出稿量となること
・うまく組織化できれば、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄二紙の紙面を凌駕できること

を伝えたい気になったのである!

うまく組織化できれば、朝日、毎日くらいは凌駕できる可能性があるのに!我々は実に惜しいことをしている!、と言わざるを得ないのである。


以上

06:31  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |