2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017.02.28 (Tue)

ジャーナリストという仕事 実態的に!彼らは天に唾している?

「ジャーナリストという仕事」(読売新聞東京本社教育支援部)という本がある。新聞記者を志そうとする大学生向けに書かれた本である。
ジャーナリストという仕事


内容的には、納得するのであるが、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙には、この本に書いてあることは、実態的にほとんど当てはまらない。

もちろん、いろんな噂だらけの?チャンネル桜にも該当しない。

―― 参考情報 ――――――――――

北朝鮮系右翼・チャンネル桜「水島総」の末路を予想してみた
http://kenpoukaisei.jugem.jp/?eid=135

―――――――――――――――――


従って、この本、読売の一部の記者、産経の相当数の記者が思っている原則論(いわゆる綺麗ごと?)が纏められた本であるという見方をしている。

私は、この本を、一応褒めている。が、致命的な「間違い」が3つある。
マスコミ業界人が陥りやすい、「勘違い」という意味においてである。


■致命的間違いその1 「記者倶楽部」に言及していないこと

一つ目は、記者倶楽部という独占的に情報入手できるシステムに言及していないことである。読売は販売部数的に記者倶楽部組織の親玉と言っていいだろう。
その昔、記者倶楽部は、それなりの企業にあった。私は、記者倶楽部室が本社のどこにあったのか?、どういう会合だったのかを知っている。
要するに、年に何回か、記者倶楽部所属の記者だけに、4次会くらいまで広報部の社員が接待するのである。

麻生内閣時代に、麻生首相の会食場所にこだわってぶら下がり取材した、長谷川綾という記者がいたはずだが、彼女は接待してほしくて、そういう取材にこだわったのであろうと直観するのである。

―― 参考情報 ――――――――――

これが時の人?北海道新聞長谷川綾様-日本の政治家の良さもあげてみて?
https://yutakarlson.blogspot.jp/2008/10/blog-post_8261.html

―――――――――――――――――

そして、官房機密費、時に、影響力ある有名な記者に支給されることがあるとされる。その手法を使って、宮内庁記者会の記者に、皇室関係者が宮内庁予算の内廷費?を流用する形で、支給し、特定の皇室関係者に係わるヨイショ記事を書かせているという推測が成り立つ。

従って、記者倶楽部は、マスコミを堕落させる、「諸悪の根源」でしかない。もし、記者倶楽部制度を肯定するジャーナリストがいたら、その人物こそ、接待漬けの旨みを知る、とんでもない輩とみなしていいだろう。
また、接待を断った、ジャーナリストの話を聞いたことも読んだこともない。社説やコラムで接待を断った話が載ったことがあったであろうか?


■致命的間違いその2 マスコミの使命としての「権力を監視」に係わる認識

「ジャーナリストという仕事」に登場する元論説委員長は、この本の中で「権力を監視」する必要性について言及している。


3.jpg



が、クリントン候補が出馬した先のアメリカ大統領選挙、読売国際部はどうしたか?

その前に、「ジャーナリストという仕事」に出てくる国際部関係者の指摘を参照したい。

一応、まともなことは書いてある。

2.jpg

が、直近のアメリカ大統領選挙期間中の読売国際部はどうだったか?

当選するだろうという見込みで、クリントン候補に同行し、選挙期間中はトランプ候補をこき下ろし、選挙直後にクリントン本出版化を予定していたのは、ネット情報に詳しい方なら周知の事実である。

読売国際部は、権力を監視することを放棄したのである!
そのうえで、トランプ憎しで、かような記事にて、大統領選挙直後に配信したのである。

トランプ当選国際部


「権力を監視する」と主張するなら、クリントン候補に随行し、選挙期間中にトランプのみを悪し様に扱うべきではなかった。なぜなら、トランプは選挙期間中、公職に就いてはいなかったのだ。
むしろ、クリントンは公職経験者である関係で、「権力を監視する」というなら、メール事件、献金問題、イスラム国事案との係わりを報道すべきだった。

従って、「権力を監視する」という言葉の意味、それは、「読売新聞にとって都合が悪い政策を推進しようとする政権を監視する」、あるいは、C●A東京支局から指示を受け、アメリカの支配層にとって都合が悪い政治家「例えば、愛国政治家だった中川昭一先生」のような政治家の動向について監視するという意味に解釈すれば間違いはない。

また、中川昭一先生にクスリを盛った一味のことは忘れていいことではない。

―― 参考情報 ――――――――――

【おまえら日本をたのんだぜ】あの越前谷は復帰、日テレ原聡子復活、篠原尚之はIMF副理事就任!
http://ameblo.jp/moody-night/entry-11500520514.html

―――――――――――――――――


■致命的間違いその3 事件報道は実態的に事件の再発防止のためになされているのか

読売編集部関係者は、「事件の再発防止のために、事件報道がなされるべき」と書いている。

1

が、昨今の凶悪事件、報道実態はどうなっているか。
産経が韓国籍で本名にて容疑者報道しているのに対し、産経以外は、国籍を報道せず氏名を(本名ではなく)通称名での報道としている。
特に、朝日、毎日が酷い。読売は、この点について、産経と朝日の中間のスタンスである。

従って、「ジャーナリストという仕事」に書いてあることは、綺麗ごとに過ぎない。事件の再発を防ぐために報道するというなら、国籍、本名、住所、犯行動機を四点セットで報道しなくてどうするのか、と申しあげたい。
また、容疑者ではなく、被害者ばかり詳しい事件報道もある。被害者の人権そっちのけのような気がする。



以上が、この本に書いてある、致命的な間違いである。本稿で紹介した本に書いてある原則論(綺麗ごと)と乖離しているのである。

天に吐いた唾を見ているようである。

なぜなら、読売新聞東京本社教育支援部が編集、出版しているからである。

それ以外は、極めてまともなことだらけである。読売記者の一部は健全であることはわかる。だが、厳しい見方をすると、マスコミ業界関係者が、決して守ることがない、「建前の綺麗ごと」と読むこともできよう。


■最近のマスコミにみられる劣化現象、アマチュア化現象について

それでも、「ジャーナリストという仕事」に書いてあることは、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙の記者の教育テキストになりうる。
なぜなら、彼らは、コネ入社、在日枠入社の偏差値50程度の人間であろうと、経験的に知っているからだ。

チンピラ程度の記者としばき隊が取材と称して行う行為、まさに、ジャーナリストのアマチュア化現象の最たるものであろう。

―― 参考情報 ――――――――――

【しばき隊】野間易通(50歳)が激怒 我那覇真子氏に暴言「取材してあげたのだから感謝しろ。汚物は身の程をわきまえろ」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48786105.html

―――――――――――――――――

また、安田浩一なる人物は、プロではなく、アマチュアでもやらないようなことを平気でやる、自称ジャーナリスト程度であることが確定した。

―― 参考情報 ――――――――――

安田浩一と野間易通の強引な取材
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53222651.html

―――――――――――――――――

今度やれば、住居不法侵入扱いで………ということだろう。


話は変わるが、TBS記者の官邸での態度の悪さが話題となったことがあった。

―― 参考情報 ――――――――――

TBS記者の態度がひどすぎるとネットで話題になる画像
https://matome.naver.jp/odai/2135687321150474001態度の悪い記者

―――――――――――――――――

首相に対応する際のTBS記者のこの態度。常識的に考えて、偏差値50以上あると思えない。
読者皆様の大学同期生で、こんな程度の悪いのがマスコミに実力で試験で入社できたのであろうか?



マスコミ取材を受ける機会が多い方、言葉遣いに問題ある記者、態度の悪い記者には、対応の悪さを注意するところから始めるべきだろう。

それ以外にもマスコミはあちこちでトラブルメーカーになっている。
マスコミ記者たちが各地の被災地で起こしたトラブル、たくさんあるのだ。
被災地を見世物のように扱うのだそうだ。

―― 参考情報 ――――――――――

マスコミが報じない「被災者VS記者」トラブル 自治体の要請もむなしく「記者が勝手に...」
http://www.j-cast.com/2016/04/22264981.html?p=all

―――――――――――――――――

事態は、マスコミ監視・追及ボランテイアが必要な状況にあるということである。

―― 参考情報 ――――――――――

被災地支援 マスコミ監視・追及ボランテイアが必要ではないのか?
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

―――――――――――――――――



また、トランプ報道に関して、各紙翻訳ミスまで続出しているのだそうだ。

―― 参考情報 ――――――――――

【マスコミ】トランプ大統領のスウェーデンでテロ発言 実際は「テロ」とは言っていなかった! 日本メディアの翻訳に問題か?
http://hosyusokuhou.jp/archives/48786110.html

―――――――――――――――――

各紙の国際部、翻訳も満足にできない記者揃いのようである。



こんな社説もある。お花畑共産主義に汚染されてしまった、田舎新聞の社説だそうだが、国防の何たるかを知らない?、田舎の新聞記者の書く記事など読めたものではない。

―― 参考情報 ――――――――――

【北海道新聞】中国を見据え防衛力を増強、摩擦や緊張を高め軍拡競争招く。敵基地攻撃は取るべき道ではない
http://hosyusokuhou.jp/archives/48786101.html

―――――――――――――――――

こんなことばかり書き綴るから、所詮田舎新聞記者の書いた作文と馬鹿にしたくなるのである!



本当に、こんな恥ずかしい記者だらけでいいのであろうか?

経済は1流
政治は安倍外交のお蔭で1流?
なのに大半のマスコミ記者は3流以下のアマチュアレベル???

マスコミを規制する法律がないから、こういう事態を招いていることを指摘し、本稿を終える。

以上
スポンサーサイト
05:40  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2017.02.27 (Mon)

田母神裁判 今村直樹さん被告裁判からわかる検察への疑問点

本稿、今村直樹さん被告裁判からわかることについて、疑問点としてリストアップしたもの。

疑問点は全部で10個。


■疑問点1 検察は、告訴人が責任者として判断した事項に瑕疵ないし倫理的問題があっても告訴受付するのか?

―――――――――――――――――

・運動員は、名簿提出される前提で名簿に記入した
・選挙責任者は、選挙はボランテイアで闘うという信念?のもと、運動員の名簿を提出させなかった
・後で金品等を受領した運動員が、逮捕、起訴
・その選挙責任者は、寄付されたお金の余りを自分が事務局長を務める団体に移管することを持ちかけていた?
・告発状提出
・各被告人の裁判

―――――――――――――――――


■疑問点2 田母神事案のような「微罪」の事案、なぜ都知事選挙直後に捜査しなかったのか?

説明省略




■疑問点3 田母神事案のような「微罪」の事案、なぜ東京地検特捜部が担当する必要があるのか?

説明省略


■疑問点4 田母神事案のような「微罪」の事案、なぜ田母神敏雄は他の被告人なら保釈されているのに、長期拘留されなければならなかったのか?

長期拘留されるべき事案は、沖縄の米軍基地反対活動など、たくさんあったあずだ。


■疑問点5 今村直樹さんの刑事裁判において、検察側は、暴力団と何らかの繋がりある人物について、検察側証人として証人させたこと、検察側証人と検察官が証言後握手したことは問題とされるべきではないのか?

―― 参考情報 ――――――――――

今村直樹氏 裁判傍聴レポート「検察側、水島側に寝返った、元支援者の証人尋問に信憑性無し!」せと弘幸 東京地裁 平成29年2月21日
https://www.youtube.com/watch?v=RsNQ2Vl5MiU&t=148s

―――――――――――――――――

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53222249.html#comments

鷲見茂秋氏が政治結社青年自警団の代表だった時期ですが、
この青年自警団は平成24年(2012年)6月頃に
「暴力団排除条例」案に抗議し、6月3日には司政会議、
その下部組織である一宇憂国社と道民共闘会議を開き、
合同で街宣などをしていたもようです。

司政会議、一宇憂国社ですと山口組繋がり。
二代目弘道会会長直属の右翼政治団体が司政会議。
鷲見茂秋氏は大麻合法推進派だというのも納得です。
今村氏が警戒したのも当然でしょう。

チャンネル桜で水島氏と共に罵詈雑言をしていた
鍛冶俊樹氏と鷲見茂秋氏の関係も興味深いですね。


*因みにこの政治結社青年自警団は、北海道選挙管理委員会に
届け出を2011年の7月分としてに提出していますので
この2011年に政治団体として設立されたようですね。
現在、この政治結社はあまり活動していないようで、
帯広市の政治団体としては登録されていないようですし、
2015年に公表された総務大臣届の3,081の政治団体には含まれていませんね。
Posted by M at 2017年02月25日 09:20

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||




■疑問点6 今村直樹さんの刑事裁判において、担当検事は、今村さんを最初から有罪とする目的で対応したのではないか?

―― 参考情報 ――――――――――

今村直樹氏 裁判傍聴レポート「検察の捏造調書に、裁判官、被告、弁護人も呆れる。検察の動揺が隠せない!」代理傍聴せんたく 東京地裁 平成29年2月22日
https://www.youtube.com/watch?v=HvnMVf-3xRs&t=36s

―――――――――――――――――

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53222249.html

 瀬戸様

 お約束通り、今村さんの第3回を聴いて参りました。

スマホで書き起こしたテキストファイルを添付致します。

今日の内容で、今村さんを有罪にするのは難しいという感想です。
当然といえば当然ですね。

今村さんが取調の検事と"雑談"の中で出た話の流れ、「もし○○だったら、●●していたでしょうね」。
その●●が調書には断定的に書かれていると訴えられました。
裁判官と今村さんとのやり取りでしたが、その時に西田検事は苦笑していましたね。

練り歩きの標旗持ちについて、検察からの証拠動画を弁護士が逆手にとり、
スタッフに届けるために【標旗を折り畳んで】手にしている点を指摘しました。
この点は勝負あったでしょう。

 以上

―――――――――――――――――

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53222249.html

 >今村 「そんなことまで覚えていないでしょう。、とにかく覚えていません」
 >検察 「じゃ、なぜ調書にサインしたのですか」
 >今村 「覚えていないと言うのに、あなた方が決めつけて勝手に作り上げたのです。>    サインしないと帰れないなどと脅されました。

 >実際に傍聴していた訳ではないので、分かりませんがこんな質問と
>答弁の繰り返しです。


 色々と考えさせられる事柄があって興味深いと思いましたが、
それにしても検察側の浅はかさがどんどん露呈され
驚きというより憂いにも似た気持ちです。
 法務省を筆頭に法曹界も相当汚染されてますね。

―――――――――――――――――

Posted by M at 2017年02月25日 08:12

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53221852.html

せと先生、詳細なレポートを有り難うございました。
事実上何の罪も無い真面目な愛国者に、無理矢理罪をこじつけるようなことは
絶対にあってはならないと思います。まかり間違って今村直樹氏がこのまま有罪にさせられるような事があったら、過去に遡ってありとあらゆる選挙に関わった多くの皆さんが有罪になってしまうという、おかしな事になると思います。
Posted by hitom at 2017年02月21日 09:02

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


■疑問点7 検察の異常な対応、権力の濫用と判断すると、法務大臣が指揮権発動すべき事案ではないのか?

―― 参考情報 ――――――――――

指揮権 (法務大臣)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%8F%AE%E6%A8%A9_(%E6%B3%95%E5%8B%99%E5%A4%A7%E8%87%A3)

―――――――――――――――――


■疑問点8 疑問点1~7の事象を正ととらえると、口の堅いはずの検察が、第三者と密約しているという疑いをもたざるを得ない、あるいは、外部組織から何らかの働きかけがあって刑事裁判を主導しているのではないか?

「ジャーナリストという仕事」(読売新聞東京本社教育支援部編)には、東京地検特捜部の検事について、こう書いてある。今村直樹さんの刑事裁判を担当した検事は、下記のイメージとは異なるようだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

79~80頁

捜査段階の情報を収集するだけでなく、未捜査の埋もれた事件の芽をつかむのが仕事の検察担当。特捜記者ともなれば、本当に席を温める暇がない忙しさ。逆に言えば、そうでないくてはスクープなど”夢のまた夢”ということです。ところが、この検事という人種は、めったなことでは新聞記者に対して口を開かない。黙して語らず、基本的にサービス精神は乏しい人たちなのです。検察幹部の部屋に入って行くと、「おい、何しに来た?」。新聞記者に対して「何しに来た」もないものですが「用がなければ帰れ」と、そんな感じです。個人的にそんな人が多いということだけではなくて、例えば幹部以外の検事、通称”ヒラ検”に直接取材をかけることは表向き禁じられているんですね。幹部に通報されたりすると、へたをすればその社は出入り禁止にされてしまう。この固いガードを突破するのが、特捜記者の最
大の仕事といっても過言ではないでしょう。

83頁
刑事事件の場合には、常に証拠が重視されます。適正手続きを経ないで得たもの、例えば取り調べで強要された自白などは証拠とは認められません。もちろん、証拠の中身も犯罪の立証に足るものなのかどうか、十分に吟味されなくてはならない。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



■疑問点9 今村直樹さんの刑事裁判を担当した検察官について、「検察官適格審査」対象として過去の対応全般について調査分析する必要はないのか?

―― 参考情報 ――――――――――

今村直樹氏 裁判傍聴レポート-前半 石井義哲氏証人尋問「検察の主張が完全に覆る!?」せと弘幸 東京地裁 平成29年2月20日
https://www.youtube.com/watch?v=4TbJ1h6QoHA&t=83s

今村直樹氏 裁判傍聴レポート-後半 石井義哲氏証人尋問「国士を貶める国賊水島を許すまじ!」せと弘幸 東京地裁 平成29年2月20日
https://www.youtube.com/watch?v=joZKmnE72bU&t=70s

今村直樹氏 裁判傍聴レポート「検察側、水島側に寝返った、元支援者の証人尋問に信憑性無し!」せと弘幸 東京地裁 平成29年2月21日
https://www.youtube.com/watch?v=RsNQ2Vl5MiU&t=148s

今村直樹氏 裁判傍聴レポート「検察の捏造調書に、裁判官、被告、弁護人も呆れる。検察の動揺が隠せない!」代理傍聴せんたく 東京地裁 平成29年2月22日
https://www.youtube.com/watch?v=HvnMVf-3xRs&t=36s

―――――――――――――――――

「ジャーナリストという仕事」(読売新聞東京本社教育支援部編)において、証拠に係わる検事の対応について、こう書かれている。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

83頁
刑事事件の場合には、常に証拠が重視されます。適正手続きを経ないで得たもの、例えば取り調べで強要された自白などは証拠とは認められません。もちろん、証拠の中身も犯罪の立証に足るものなのかどうか、十分に吟味されなくてはならない。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


■疑問点10 最初に出された告発状、逮捕状請求した罪状、諸橋茂一氏が作成、提出した告発状の中で、法と正義の名において、刑事事件として扱われなくればならない、最も容疑らしい容疑はどれなのか?


疑問点を再掲したい。

―――――――――――――――――

田母神裁判に係わる疑問点

■疑問点1 検察は、告訴人が責任者として判断した事項に瑕疵ないし倫理的問題があっても告訴受付するのか?
■疑問点2 田母神事案のような「微罪」の事案、なぜ都知事選挙直後に捜査しなかったのか?
■疑問点3 田母神事案のような「微罪」の事案、なぜ東京地検特捜部が担当する必要があるのか?
■疑問点4 田母神事案のような「微罪」の事案、なぜ田母神敏雄は他の被告人なら保釈されているのに、長期拘留されなければならなかったのか?
■疑問点5 今村直樹さんの刑事裁判において、検察側は、暴力団と何らかの繋がりある人物について、検察側証人として証人させたこと、検察側証人と検察官が証言後握手したことは問題とされるべきではないのか?
■疑問点6 今村直樹さんの刑事裁判において、担当検事は、今村さんを最初から有罪とする目的で対応したのではないか?
■疑問点7 検察の異常な対応、権力の濫用と判断すると、法務大臣が指揮権発動すべき事案ではないのか?
■疑問点8 疑問点1~7の事象を正ととらえると、口の堅いはずの検察が、第三者と密約しているという疑いをもたざるを得ない、あるいは、外部組織から何らかの働きかけがあって刑事裁判を主導しているのではないか?
■疑問点9 今村直樹さんの刑事裁判に関して、検察官について、「検察官適格審査」対象として過去の対応全般について調査分析する必要はないのか?
■疑問点10 最初に出された告発状、逮捕状請求した罪状、諸橋茂一氏が作成、提出した告発状の中で、法と正義の名において、刑事事件として扱われなくればならない、最も容疑らしい容疑はどれなのか?

―――――――――――――――――






最後に、これは問題提起となるが、我々が今何をなすべきか?という視点から申しあげたい。


私は言いたい。

東京地検特捜部は、こんな程度の事案で田母神を取り調べる暇があるなら、他の容疑者について外患罪違反容疑での捜査に着手すべきである!

東京地検特捜部は、こんな程度の事案で田母神を取り調べる暇があるなら、二重国籍議員の公職選挙法違反容疑での捜査に着手すべきである!

東京地検特捜部は、こんな程度の事案で田母神を取り調べる暇があるなら、慰安婦問題を焚き付けた者について、偽計業務妨害罪容疑での捜査に着手すべきである!

東京地検特捜部は、こんな程度の事案で田母神を取り調べる暇があるなら、外国人献金者の容疑者について、政治資金規正法違反容疑での捜査に着手すべきである!

東京地検特捜部は、こんな程度の事案で田母神を取り調べる暇があるなら、国内で反日政治活動を行う外国人容疑者について、何らかの違反容疑で捜査に着手すべきである!


仮に、上記情報だけで判断を下すには十分ではないにせよ、我々は、あることをしなくてはならない様な気がする。

そして、それは、何であるのか、ここでは断定しないが、かつて、田母神支持を表明した一人一人の方、等しく為すべきことであることを指摘し、本稿を終える。

田母神俊雄


以上

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

18:42  |  政府機関  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2017.02.27 (Mon)

組合貴族の最終リゾート「連合」は用済みです! 「連合」は解体されるべきだ

すでに、主力労組の組合員で民進党支持者は激減、自民党支持が増えているそうだ。

―― 参考情報 ――――――――――

これは悲劇か喜劇か 「最大の支援組織」からの支持率で自民党に抜かれた民進党
http://www.sankei.com/premium/news/170224/prm1702240005-n1.html

―――――――――――――――――



そして、「連合」主力労組が民進党に原発ゼロ再考を求めたそうである。

―― 参考情報 ――――――――――

連合・神津里季生会長、原発政策めぐり蓮舫・民進党を厳しく批判「本当に政権を任せられるのか」 定例の意見交換会も急きょ延期
http://www.sankei.com/politics/news/170216/plt1702160023-n1.html

―――――――――――――――――



記憶している限り、連合が動くのは、民進党への要請行為、それも年に数えるくらいのでしかない。

そのために、「連合」は、かなりの人員を配置、傘下の組合には莫大な上納金を求め続けている?と考える。

私には、「連合」幹部は、企業で言う業界団体幹部、それも交際費使い放題、ゴルフ三昧の!みたいな集団にしかみえない。(証拠はないが)



かような、惰性で特権意識丸出しの労働団体と比較すると、アメリカの自動車労組は、自分たちの雇用を守ることに熱心なようだ。


―― 参考情報 ――――――――――

米国で外国産車の不買運動再開も 米自動車労組トップ
http://www.sankei.com/world/news/170217/wor1702170019-n1.html

―――――――――――――――――



対して、日本の労組は誰のための組織なのか、という疑問を抱いている。

「連合」については、誰の味方なのか、という象徴的な見出しの記事がある。

―― 参考情報 ――――――――――

「連合」は誰の味方なのか 神津里季生会長に聞く
http://news.yahoo.co.jp/feature/467

―――――――――――――――――

「連合」は、もはや労働者の味方ではないのだ。そのことは民主党政権時代に経験したことである。
2009年の衆議院選挙で、政権交代を実現すべく、マスコミ、民主党、連合は一体となった選挙を行った。

結果は大勝利。ところが、民主党発足当初から、円高がどんどん進んだ。

パナソニック、ソニー、シャープなど、輸出企業の決算が空前の大赤字を記録。エルピーダーは倒産、シャープは台湾企業傘下で生き残り、サンヨーはブランドのみ残して実態的に消滅。
ビクター、パイオニアなどのオーデイオメーカーも青息吐息。

民主党も日銀も円高を放置した。なぜなら、彼らは、官公労ならびに官公労出身の年金生活者最優先の政治を指向した。

この時点で、連合傘下の、輸出企業労組は、気が付くべきだった。

自分たちの職場と雇用を奪う、民主党という政党を、労組が支持し、その労組が民主党を支援しているという「滑稽な現実」を!

今は、民進党が、韓国電力公社に、日本の原子力産業の雇用を移行すべく、東芝の倒産を狙っているようだ。

―― 参考情報 ――――――――――

民進党が原発ゼロ前倒しを急ぐ本当の理由(東芝倒産を狙っている?)
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-354.html

―――――――――――――――――

労組が、連合が、自分たちの職場と雇用を奪うだけでなく、労組は、組合員から組合費を絞り取り、組合貴族の存在を肯定、維持するための特権組織と化したのである!



さて、現在の日本の労働運動は、GHQ時代に遡る。GHQは、民主化と称して、憲法ならびに労働関係法を充実させた。

企業には、さまざまな規則があるが、労働組合には制約が少ない。

多くの企業が、戦後の労働運動先鋭化の中で、ユニオンショップ制(全従業員が組合員であるとする制度)を採用。

共産党系組合を多数化させないために、民社党系組合を会社ぐるみで支援、その結果、共産党系の組合員は頭打ちとなったが、組合費が自動的かつ安定的に徴集できるシステムが生まれ、あちらこちらの業種で組合貴族が蔓延することとなった。
組合費で生計を立てる、組合専従と組合費をつまみ食いしてふん反り返る「組合貴族」が続出したのである。
そして、官民とも労組中枢は、労働貴族化、一種の御用組合を形成、人事異動、再就職、組合と役員が結託するのだ。組合は、もはや組合員のための組織ではなくなったのだ。

その状況で、あちらこちらで蔓延する労働貴族が、さらなるハーレムの世界を求め、目指した、組織それが「連合」であろうと私はみている。(あくまで私見)

連合の役員クラスは、中央省庁の事務次官並に自分たちは偉いと思っているはずである。

なぜなら、かつての職場の組合委員長は、役員待遇の所得、飲食費用、ゴルフ三昧、タクシー使用であったことを知っているのだ。



従って、連合幹部は、所得、交際費等において、傘下の組合委員長の2~3倍の待遇であろうと推定するのである。

組合費を原資とする、破格の専従給与を貰い続け
組合費での飲食代は月100万?
組合費でのゴルフは年間30回?
組合費でのタクシー月10万(チケット使い放題?)
みたいな状況が数十年続いている。(根拠はないが)

選挙が終わると、余った金で自宅を購入………(そういう事例はあった!)

内情を知っている方は、もっと凄いことを知っているはずだ。

彼らが支持する連合は、民進党支持。

その民進党は、企業献金廃止、政治資金規正法強化を唱えている。
政治資金規正法を更に厳格化すべきだとしている。

「笑わせるな!」と言いたい。

組合貴族社会の方が、実は、その辺の自民党議員よりも羽振りがいいこと、ご存じであろう。

あの日教組幹部でさえ、銀座界隈で飲みまくり、愛人沙汰でスクープされたではないか?

日教組所属の組合員に申しあげたい。
日教組の組合帳簿の使途不明金が、韓国の慰安婦記念館や沖縄などでの反米軍基地活動費に充てられている可能性はないのか?

使途不明金で怪しいのは、企業ではなく、日教組の帳簿の方ではないのか?
上場企業の場合は、有価証券報告書、貸借対照表、損益計算書、ちゃんと公開しているではないか?

では、労組の資金、支出、帳簿として公開されているのであろうか?

されていないのである。

銀座で飲みまくり、浮気三昧だった、日教組委員長は、領収書すべてを公開するのであろうか?


文句あるなら、日教組委員長を国会喚問すればいいではないか?
日教組組合員は、日教組委員長をなぜ横領で告訴しないのか?




ただ、大企業の労組幹部は、その3倍の資金力があるとみていいだろう。

仮に、トヨタクラスの副社長の年収が5000万とする。
おそらくトヨタクラスの労組委員長の年収もそれくらいだろう、ということだ。
そのほかに、飲食代、ゴルフ、タクシー代等の「特権」が付いてくるということだ。

民主党政権時代、トヨタ労組出身議員が、政治的にも政策的にも腑抜けのような存在であったことお気づきであろうか?


かような特権にまみれているので
真面目に仕事をするのが馬鹿馬鹿しい
と顔に書いてある気がするのである。


その連合に支援を受ける民進党は、日米首脳会談に際してのゴルフ外交を批判している。

―― 参考情報 ――――――――――

民進党はやっぱりズレている 「ゴルフ批判」蓮舫代表と「スネ夫」野田佳彦幹事長に思う
http://www.sankei.com/politics/news/170218/plt1702180007-n1.html

―――――――――――――――――

これなども、ある組合幹部の組合費でのゴルフ三昧を知ると、何を言っているのか?と言いたくなる。

組合費の使途を公開するシステムがないから、かような正義感面した言い方ができるのであろう!

それだけではない。
大企業労組の選挙資金は潤沢。組合費だけでなく、選挙カンパも徴収する。そのカンパを裏金にして、選挙戦を戦うのである。

民進党系候補のポスターや服装が派手で立派なのは、そういうことなのだ。

対して、我ら愛国候補は、極貧状態。

選挙の候補者を輩出してきた、労組の経理帳簿こそ、開示されるべきものであろう。

そして、面白い話が一つある。数年前のことだが、この種のことで投稿すると、関係者と思われる反論コメントが湧いた。今はそうはならない。彼らは彼らなりに、実態を知られまいとして必死だったのだ。

そして、第二次安倍政権、安倍首相は経団連に、賃上げ要請を続け、結果、賃金は上がり、雇用状況も改善した。

民主党政権時代、いやそれ以前から、「連合」は何もしていない
労働界などという世界は、組合貴族の特権維持のための世界でしかない
「連合」がなくなっては困るのは、組合貴族だけのように、私には見える。



化学系労組が連合離脱するのは、当然だ。彼らは、特権階級化した労働貴族と決別しようとしているゆようだ。


―― 参考情報 ――――――――――

連合離脱の化学総連が自民党支援へ 次期衆院選、「民進党離れ」加速も
http://www.sankei.com/politics/news/170214/plt1702140011-n1.html

―――――――――――――――――

ここで、最近報道された、読売の提言を紹介させていただく。

育児介護提言


これなどは、まさに、連合の仕事だったはずである。

「連合」は、仲間内の飲食、ゴルフ三昧に満足し、労働者の主たる関心事である、育児、介護の提言すら怠ってきたのではないかという見方もできるのである。

読売は、1000万部販売しているそうなので、こういう提言記事を新聞社に連発されると、「連合」の居場所は言論界にはなくなる。

といっても、新聞記事は、コネ入社、在日枠入社の偏差値50の記者が書いたものであろうという前提での読み物とすれば、それなりのレベルの人が3カ月くらいじっくり調べ、厚生労働省や厚生労働族議員に取材できれば、わかりそうなことではある。

要するに、「連合なし」で誰も困らない社会に突入した。

労働者の賃金は、「連合」が連日連夜、銀座界隈で宴会を繰り返し、「軽井沢」界隈ででゴルフ三昧に興じている間に、安倍首相が経団連と直接交渉して話をつける、政経主導型が確立しつつある。

もはや、「連合」の存在意義はなくなったのである!

そして、ここに来て、民進党の原発ゼロ前倒しに、連合が(珍しく批判的に反応する)理由、それは、労働貴族ごっこに明け暮れ、惰眠を貪っていた連合貴族でさえも、民進党が、東芝倒産を目論見、韓国電力公社のために働くエージェントであることを見抜いた結果という見方ができるのである。

―― 参考情報 ――――――――――

民進党が原発ゼロ前倒しを急ぐ本当の理由(東芝倒産を狙っている?)
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-354.html

―――――――――――――――――

以上

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

07:18  |  反日活動  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2017.02.26 (Sun)

中川昭一先生の名言  中川昭一先生は生きている!

「日本を守るために、日本人が考えておくべきこと」という本にて、中川昭一先生が東京大学五月祭で講演(二○○七年五月二十七日)された際の原稿を読むことができる。

中川昭一2

ものの見方として、参考になることがあると考え、紹介させていただくこととした。

引用箇所内の、カッコ内表示は拙ブログ管理人が付けた要約タイトル。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

(不断の危機意識を持続する必要性)

192頁

いまの世界の貿易は、モノよりも金融・先物など、お金の取引が増えていますが、日本はモノづくりを通じて発展しました。「メイド・イン・ジャパン」は最初「安かろう、悪かろう」でしたが、先人たちが一所懸命頑張り、日本のブランドイメージはよくなりました。それも、危機感をもって努力していかないと、中国、韓国、インド、あるいは東南アジアの国々が虎視眈々とわれわれを、そして世界を見ています。われわれが安心して巡航速度になったとたん、日本は下り坂へと入ってしまいます。下り坂で何が悪いのかというと、先ほど申し上げたように、食料や原材料を買うお金がなくなってしまうのです。


(日本人は優秀族だが、もっと危機感覚に敏感になるべき。時間軸、空間軸、価値観軸という次元で何ができるか常に考えるべき。惰性は衰退を意味する)


199頁

日本の唯一の武器は技術力・人間力
時間軸・空間軸、あるいは価値判断をしっかり立てて、企業活動であろうが皆さんの勉強であろうが、日本の安全・食料・エネルギーを考えるということに、東大の諸君には関心をもち、取り組んでいただきたい。

オシム監督の言葉は面白いですね。こんなこともいっています。島国の日本には国際河川がないから水紛争がない。だから日本には危機感覚がない。サッカーにおいて危機に対する感覚がない。ミスを犯しながらプレーしなくてはならない。われわれは、つねに危機を意識してそれに対応すると。ぜひ、皆さんの知的生産活動刺激のなかで、時間軸・空間軸・価値観軸のなかで、自由に発想していただいて、日本の平和ちお安全、世界の平和と安全、貧困からの脱却に日本は何ができるのかを考えていただきたい。惰性の時代はおしまい。惰性は衰退です。

(無条件の平和、国家の発展はありえず、マンネリ化した生活を続けていると日本はダメになる)

200頁

東大全共闘と三島(由紀夫)さんは、戦後二十年続いた知識的進歩では日本はダメになるということで合意しました。安倍総理のいう戦後レジームからの脱却というのはまさにそういうことです。
いつも同じようなテレビを見て、同じ新聞を見て、どんな事件があったか三日たったら忘れているというのではダメです。東大の皆さんにあえていうなら、朝日・岩波的な発想のまま、平和で何も起こらず繁栄し、発展が続きことは絶対にありえないということをご理解いただきたい。あるいはまた別の新聞を読むだけで日本は大丈夫だということではない。ぜひ、三次元的に情報をとっていただきたい。そして、勉強、発想に生かしていただきたいということを申し上げて、後輩の皆さまへのお話を終わりたいと思います。


||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


文章的な印象を記して本稿を終わりたい。

これだけ、短い文章に、これだけの密度の濃い文章は珍しい。

中川昭一先生の生きざま、議員としての普段の生活を垣間見た気がする。

市井の人間から見て、国会議員の生活は、すべての面において多忙を極めるものであることは疑うべくもないが、極限まで多忙であったがゆえに、忙しさの中でどういうスタンスで愛国議員として行動していたかを証明するにふさわしい文章である、と私は思う。

以上

05:44  |  保守政党  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2017.02.25 (Sat)

今村直樹さん被告裁判について  本来告発されるべきなのは誰なのか?

田母神俊雄逮捕に関連、被告となられた一人、今村直樹さんの裁判の経緯を参照したい。

―― 参考情報 ――――――――――

今村直樹氏 裁判傍聴レポート-前半 石井義哲氏証人尋問「検察の主張が完全に覆る!?」せと弘幸 東京地裁 平成29年2月20日
https://www.youtube.com/watch?v=4TbJ1h6QoHA&t=83s

今村直樹氏 裁判傍聴レポート-後半 石井義哲氏証人尋問「国士を貶める国賊水島を許すまじ!」せと弘幸 東京地裁 平成29年2月20日
https://www.youtube.com/watch?v=joZKmnE72bU&t=70s

今村直樹氏 裁判傍聴レポート「検察側、水島側に寝返った、元支援者の証人尋問に信憑性無し!」せと弘幸 東京地裁 平成29年2月21日
https://www.youtube.com/watch?v=RsNQ2Vl5MiU&t=148s

今村直樹氏 裁判傍聴レポート「検察の捏造調書に、裁判官、被告、弁護人も呆れる。検察の動揺が隠せない!」代理傍聴せんたく 東京地裁 平成29年2月22日
https://www.youtube.com/watch?v=HvnMVf-3xRs&t=36s

―――――――――――――――――



今村直樹さんの刑事裁判に係わる、確認されている事実について簡単に整理しておきたい。

―――――――――――――――――

・運動員は、名簿提出される前提で名簿に記入した
・選挙責任者は、選挙はボランテイアで闘うという信念?のもと、運動員の名簿を提出させなかった
・後で金品等を受領した運動員が、逮捕、起訴
・その選挙責任者は、寄付されたお金の余りを自分が事務局長を務める団体に移管することを持ちかけていた?
・告発状提出
・各被告人の裁判

―――――――――――――――――


被告の今村さんについて、こう弁護する意見がある。上記動画を見られている方なら納得できる話である。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53222249.html

今村さんは警備、送迎と田母神さんの身辺を頼まれて、ご自身のお店を1ヶ月間閉ざしてその任に当たられたそうです。

 容疑は事後の運動員被買収ですが、理屈がわかりませんね。

 例えば選挙期間、海外からプロのボディガードを雇い入れた場合はどうなるのでしょう。
 選管登録をして日当は上限一万円ね、となるのでしょうか。

ボディガードなのだから、要人警護に必要な情報を得るため、行動計画が周知報告される会議体に同席するのは当然です。
 朝令、夕令に今村さんが参加していたかを検察がやたら問うていたのは、選挙運動に属していたと言いたかったのでしょうが。

 体を張って要人を守る仕事が、事務作業と見なされるのもおかしな話ではないでしょうか。
 選管に登録され、日当一万円の事務員として対価が支払われるなら、ボディガードも警備保証会社も呼べません。

その点、吉戒裁判官は今村さんへの質問の一つに"街宣時に暴漢を取り押さえた話"を尋ねられました。
こちらから手出しは出来ないので、体を張って守ってスーツを破られること二回。
 前にも話した内容を何故重ねて聴くのだろうと思いましたが、裁判官は今村さんの役が運動員や事務員ではなく「警備」である事の確認をされたのだとも受け取れます。

 正しい裁きが行われますように。

Posted by けぶり at 2017年02月24日 12:26


||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

また、検察の取り調べは、初めから結論ありきの路線だったようだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53222249.html

 瀬戸様

 お約束通り、今村さんの第3回を聴いて参りました。

スマホで書き起こしたテキストファイルを添付致します。

今日の内容で、今村さんを有罪にするのは難しいという感想です。
当然といえば当然ですね。

今村さんが取調の検事と"雑談"の中で出た話の流れ、「もし○○だったら、●●していたでしょうね」。
その●●が調書には断定的に書かれていると訴えられました。
裁判官と今村さんとのやり取りでしたが、その時に西田検事は苦笑していましたね。

練り歩きの標旗持ちについて、検察からの証拠動画を弁護士が逆手にとり、
スタッフに届けるために【標旗を折り畳んで】手にしている点を指摘しました。
この点は勝負あったでしょう。

 以上

―――――――――――――――――

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53222249.html

 >今村 「そんなことまで覚えていないでしょう。、とにかく覚えていません」
 >検察 「じゃ、なぜ調書にサインしたのですか」
 >今村 「覚えていないと言うのに、あなた方が決めつけて勝手に作り上げたのです。>    サインしないと帰れないなどと脅されました。

 >実際に傍聴していた訳ではないので、分かりませんがこんな質問と
>答弁の繰り返しです。


 色々と考えさせられる事柄があって興味深いと思いましたが、
それにしても検察側の浅はかさがどんどん露呈され
驚きというより憂いにも似た気持ちです。
 法務省を筆頭に法曹界も相当汚染されてますね。

―――――――――――――――――

Posted by M at 2017年02月25日 08:12

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53221852.html

せと先生、詳細なレポートを有り難うございました。
事実上何の罪も無い真面目な愛国者に、無理矢理罪をこじつけるようなことは
絶対にあってはならないと思います。まかり間違って今村直樹氏がこのまま有罪にさせられるような事があったら、過去に遡ってありとあらゆる選挙に関わった多くの皆さんが有罪になってしまうという、おかしな事になると思います。
Posted by hitom at 2017年02月21日 09:02

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


それにしても、思うことだが、今村さんの裁判を担当する検察官は、検察官としてまともなのであろうか?
無理筋であることを承知で引きずっている印象がある。

検察官適格審査に該当する事案かもしれない。

―― 参考情報 ――――――――――

あの検察官は本当に大丈夫なのだろうか?
http://yamatonoibuki.seesaa.net/article/447282648.html

―――――――――――――――――


そのうえで確認したいことがある。

・最初に出された告発状
・逮捕状請求した罪状
・諸橋茂一氏が作成、提出した告発状

これら3点の中で、最も容疑らしい容疑はどれなのか?
本来的に、刑事事件として扱われるべき事案はどれなのか?
どのケースが犯罪と認定するにふさわしいものであるのか、比較検証すべきではないかと思い至るのである。


以上

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

19:36  |  選挙  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT