2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017.02.21 (Tue)

証を立てるということ

潔白であることを表明するに際して、なぜそうなのか?「証を立てる」という手法が使われる。


裁判中の田母神俊雄とその関係者たちは、裁判にて「証を立てる」行為を続けている。

支持者たちもそうだろう。

―― 参考情報 ――――――――――

ご参加を!「田母神さんを支援する会」発足
http://ameblo.jp/heartail/entry-12180902357.html

田母神としおを支える女性の会
https://www.facebook.com/tamogamiwomen/?ref=page_internal

―――――――――――――――――




また、拙ブログは、提言ウエートが高い関係で、比較的精緻な表現手法を指向、そうすることで、第三者に、主義主張の正当性を理解、受け入れていただくことを目指した。

後で動機が不純とか、胡散くさいとか言われないためにもそうするべきだと考え、年末のブログにて、こう書いた。

―― 参考情報 ――――――――――

今年一年を振り返って 日米外交史的には歴史的な年
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-date-201612.html

―――――――――――――――――

当然のことであるが、ブログ移転にあたり、自分の政治的立ち位置について、記述した。

―― 参考情報 ――――――――――

ブログ移転について ご挨拶
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

―――――――――――――――――

なお、拙ブログ掲載の「Z旗」、伝説の名ブロガー「花うさぎ」さんのIZAブログから拝借させていただいた画像である。

―― 参考情報 ――――――――――

花うさぎの『世界は腹黒い』保存ブログ
http://hanausagifan.blog.jp/

―――――――――――――――――

常連の皆様には、「花うさぎ」さんの存在、ご存じのことと思う。振り返ってみて、「花うさぎ」さんは、多くの愛国ブロガーにとって偉大な存在だった。

これらは、ブロガーとして、証を立てた行為に近いかもしれない。




話題を変えたい。

さて、当然のことなのであるが、質問をお受けすることがままある。
答えにくいこと、反論しにくいことも多々あるが、できる限り答えるつもりである。

なぜなら、言行不一致=原稿不一致と言われたくないためだ。

ここで言う、原稿不一致にならないための措置としては、書いた時点でそう判断したということである。
人の考えは、政治状況に応じて変わる。
政治的立場が変われば、言うことも変わる。
私が憲法9条改正論者としよう。憲法9条改正についてブロガー時代はそうすべきと書いても、防衛大臣となった場合、閣内不一致をなることを避けるために、そうは表明しない。
別に処世術的なことでの言行不一致ではない。閣内不一致を避けるための当然の措置なのである。




従って、過去の政治的主張というものは

・新たな事実を知った段階
・政治的立場が変わった場合

前提条件が変わったと解すれば、変わるものであろう。

たとえば、過去、自らが主宰する団体の講演会にて、自らを「保守政界のフィクサー」と公言した人物について、瀬戸弘幸ブログにて、今まで関係者でも知らなかったと思われることが書かれている。(田母神裁判関連、奥様が放送事業者の経営に携わる一方NHKの番組製作に係わっていたことなど)

これなどは、「保守政界のフィクサー」評価の前提条件が変わる情報であろう。




一方で、自分の立ち位置を明らかにせず、質問だけされる方、第三者を疑わしい人物と論評される方がおられる。

拙ブログは、人物の論評については、集めた情報について、ビジネススキル的手法を駆使して分析、その対象人物と接触し、書いた時点での評価を下している。人物評価を下すに際しては、その人と直に話をしたり、講演での話しぶり、質問対応などから、判断するようにしている。

従って、ある人物を怪しい、と考える第三者の方、(自分の主義主張を述べる前に)ご自身自身が怪しい人物でない、とする根拠をまずお示しになり、その上でその人物が怪しいと考える根拠を、言論空間の場にて正確に記すべきだと申し上げたい。

怪しさの優先順位には、立場の違いにより2とおり発生することを、ご理解いただきたいのである。

―――――――――――――――――

怪しさの順番のイメージ

・ある人物を怪しいと指摘する人、から見た怪しさの順番

怪しい?「人物A」>「人物A」を怪しいと指摘する「第三者B」

・ある人物を怪しいと指摘された人、から見た怪しさの順番

「人物A」を怪しいと指摘する「第三者B」>怪しい?「人物A」

―――――――――――――――――

「正確に記す」という言葉の意味、文章を日頃書かれている方なら、困難な作業であることおわかりいただけることと思う。

拙ブログ管理人が、時に、コメントされる方に、政治的立ち位置について説明を求めるのは、判断を下すに当たっての手続き上、必要なことなのである。




ここで、瀬戸弘幸が田母神俊雄の支援者に対し、示された証について、言及したい。

―― 参考情報 ――――――――――

田母神先生裁判・今村直樹氏の闘い。(1)
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53221779.html

―――――――――――――――――

これは、田母神俊雄支持者に示された、瀬戸弘幸の証である。

私は、この証に賛同し、支持を表明する。

この証を以て、田母神支持者と瀬戸弘幸(支持者)が一体化した勢力となる政治的効果は生まれるだろう。

我々は、今、過去の「保守活動界」について再評価、出直しを迫られている。




今や、「保守活動界」は、一部を残し、壊滅とは言わないまでも、明らかに機能不全状態に陥っている。
すべての評価を書きたいところだが、書いても綺麗事保守が何をほざいているかと言われる面もあるため、限定的な評価とせざるを得ないこと、ご了承いただきたい。

たとえば、「保守政界のフィクサー」と称する人物のこれまでの行為
具体的には、かつての同志に対する情け容赦ない仕打ち(同士討ち)、成果の出ない事案への寄付要請続出、負け戦続きの集団訴訟、ガス抜きでしかなかった抗議活動、保守政界への実現を求める請願活動が皆無状態、自身が経営する事業での度重なる違反行為などについてである。

これに真正面から対峙しようとしている、瀬戸弘幸は、日本第一党の最高顧問である。
と同時に、今、この局面で、新たに自ら証を立て、田母神弁護団を鼓舞、絶大なる支援を表明している。

そして、最新稿にて、田母神裁判の行方の鍵を握る、今村裁判について、どういう趣旨の裁判が行われたのか、2つの動画で説明している。

―― 参考情報 ――――――――――

田母神先生裁判報告
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53221852.html

―――――――――――――――――




瀬戸弘幸が語るように、「東京地検が、当該選挙に係わる警察当局の捜査終了後の段階において、かような微罪事案になぜ乗り出すのか」、私は理解できない。

他にやるべき重大事案がたくさんあるだろうと申しあげたい。

慰安婦問題を焚き付けた者、二重国籍議員、外国人献金を受けた議員、外患罪等々、検察は、難易度の高い事案を避けようとはしない。

瀬戸弘幸は、裁判中の事案について、選挙管理委員会に名簿届け出がなされない状態で(選対責任者の明らかなミス)であるにもかかわらず、「報酬を受け取った人たちを、検察がこうまでして、愛国者たる今村さんを被告とし、有罪としなければならないのか?」、と二つ目の動画の最後にて指摘している。




私は、瀬戸弘幸が語るように、「検察がこうまでして、愛国者たる今村さんを被告とし、有罪としなければならないのか?」、そう決断した検察組織としての背景を知りたいのである!

今村さんの裁判が、田母神裁判の最大の山場であることは、確定的だ!

そして、一連の瀬戸弘幸の取組みは、田母神支持者、「たちあがれ日本~次世代の党~日本のこころ」の支持者にとって

・瀬戸弘幸と共闘する!
・新たな「保守政界のフィクサー」を誰を軸に据えるのか!

という問題提起を含み、
それが「新たな保守政界」の結成を、近い将来促すことを意味するものであることを指摘し、本稿を終える。


以上


(参考)
―――――――――――――――――

田母神さんを支援する会会長 渡辺眞(nabeshin4216@gmail.com
事務局長 久家武士(takeshi.k.919@gmail.com

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース

07:34  |  言論人  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.02.20 (Mon)

トランプ大統領公式Twitter発表【ニセニュースメデイア】 新聞記者は正確かつ謙虚な姿勢で報道すべきだ

本稿、読売ワシントン支局尾関記者の記事について

具体的な根拠を示さずに書いている部分がある
たった一つの事例だけですべてがそうだと決めつけている可能性がある
と判断

記者の意識改革を促す目的での出稿である。


トランプは、2月17日、ニセニュースメデイアがどれであるか名指しした。
https://twitter.com/realdonaldtrump

トランプニセニュース






共同、サンスポ、時事通信は、かく報道した。


||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

http://www.sanspo.com/geino/news/20170218/sot17021810390002-n1.html
トランプ氏、CNNなどを「米国民の敵」とツイート
トランプ米大統領は17日、ツイッターでニューヨーク・タイムズ紙やテレビ局のCNN、NBC、ABC、CBSを「偽ニュースのメディア」とし「私の敵ではない。米国民の敵だ」と攻撃した。トランプ氏は政権に批判的な報道にいら立ちを強め、メディアへの非難を過熱させている。(共同)

https://news.biglobe.ne.jp/international/0218/jj_170218_8142161699.html

トランプ米大統領「メディアは病気」=ツイッターで攻撃
【ワシントン時事】「フェイク(偽の)ニュースのメディアは私の敵ではない。米国人の敵だ。病気だ!」。トランプ米大統領は17日、ツイッターで、自分に対して批判的なニューヨーク・タイムズ紙やCNNテレビを名指しでこう攻撃した。 さすがにまずいと周辺から諭されたのか、この書き込みは直ちに削除され、約15分後に「病気だ!」を省いた形で再び投稿された。

ただ、大統領はその後、「多くの人が(16日の自身の)記者会見は印象的だったと言っているのに、フェイクメディアは別の評価をしている。不誠実だ」ともツイート。記者会見を「無秩序状態の77分間」(タイムズ紙)などと伝えた米メディアに我慢がならなかったようだ。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

トランプに名指しされていないワシントンポスト翻訳版はここで読める。

―― 参考情報 ――――――――――

トランプ、メディアを激しく非難
http://nangoku851.at.webry.info/201702/article_13.html

―――――――――――――――――

読売の海外特派員の記事には、そういう類の記事が増えている。

2月20日朝刊で配信された記事、私には、見出しに「都合悪い報道はニセニュース」とデカデカと書く理由がわからない。

ニセニュース






そこで、こういう質問が浮かぶのである。
―――――――――――――――――

読売尾関記者に質問したいこと

・「都合悪い情報すべてニセニュース」と断言できる証拠をどれだけ記者は文書的に示せるのか?
・記者は、ホワイトハウスが「ニセニュース」と主張する記事がどれなのか確認しているのか?
・記者は、それが、いつどこのメデイアが配信したどのような内容の記事なのか、全文を読み、全体像が把握できているのか?
・記者は、それが客観的立場でみて、ニセニュースかそうでないのか、検証作業をしたのか?
・上記検証作業の結果、ニセニュースなのかそうでないのか文書的に示せるのか?
・ひょっとすると根拠不十分なままに、たった一つの事例?だけで、すべてがそうだと決めつけている可能性はないのか?

―――――――――――――――――

極めて残念な事だが、尾関記者の記事からはそのような雰囲気は伺えない。検証作業不十分なまま記事に書いている可能性を指摘せざるを得ない。


また、読売国際部は、クリントン候補の遊説に同行、選挙期間中、クリントン応援記事ばかり書いてきた。

凡そ中立的でなかった自らの報道姿勢への反省はしないのか?

繰り返す、凡そ中立的でなかった自らの報道姿勢への反省はしないのか?

だから、かようなたわけた記事が、大統領選挙直後に続出したのである。

トランプ当選国際部 

20161113下 

私には、これら二件の記事の方がニセニュースに近いという認識となるのである。

また、記者自らニセニュースなどという言葉を使えば使うほど、パンドラの箱を自ら開けるという意味で、自らの立ち位置が疑われやすくなる世情となること、お気づきであろうか?

私は、個別の報道記事に言及するつもりはないが、たわけた記事、偏向捏造を意図したもの、特に、クリントン候補を読売全社挙げて応援したことを知ると話は変わっている。

それでも、朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙については、なぜ言及しないかというと、すべからく読売以下であるからだ。




新聞記者諸君

もっと謙虚に
事実関係を正確に記述し
事実と意見を混同せずに
記事を書くべきだと申しあげたい。

でなければ、コネ入社、在日枠で入社した偏差値50の記者であると自ら公言したに等しいのである。

そして、そんな記事ばかりなら、学校図書館などで教育資料として新聞を購読する社会的意義すらないことを指摘し、本稿を終える。




以上

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題 - ジャンル : ニュース

12:51  |  マスコミ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT